瀋陽・つまみかんざし三代展 2

2002年6月21日(金) 〜 25日(火)



 おめでたい事は派手に行うのが中国流のようです。6月21日(金)の開会セレモニーには、遼寧省人民対外友好協会々長・瀋陽故宮博物院々長・瀋陽日本総領事等の要人が参加し、助手を務めてくれた女性も男性も清朝時代の衣裳をまとい華を添えてくれました。この日は、6月だというのに真夏のような日射しが照りつけていました。 セレモニー
<開会の挨拶>
テープカット
<テープカット>
 テレビや新聞等の取材もあり、初日の評判も良く滑り出しも好調、最終日まで多くの入場者がありました。つまみかんざし三代展は入場無料なのですが、瀋陽故宮博物院は入場料が必要です。学生さんや日本文化に興味を持った多くの方々が、つまみかんざし三代展の為に入場料を払い見学に来てくれました。また瀋陽故宮博物院に観光に来て、偶然につまみかんざし三代展を見つけ興味深く見学していく人たちの姿もありました。
 会場は一見「お寺」のようにも見えますが、瀋陽故宮の中の独立した建物です(当時の建物を修復して、使っているそうです)。普段は、清朝時代の宝物を展示しているそうですが、今回私たちの為に一時その宝物を片づけてこの場所を提供してくれました。 入場者
<たくさんの入場者>



戻る
目次
次へ

電子メールにて、ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

kanzasi@ask.ne.jp