体験教室
――現実世界のキャットハウス――
当サイトを見て頂いている方々からお寄せ頂いた
体験談・目撃談です。

貴重な情報をお寄せ頂き、ありがとうございました。


〜2000年
〜2001年
〜2002年
〜2003年8月
〜2003年10月
〜2003年12月
〜2004年3月
〜2004年7月
〜2005年3月
〜2005年9月
〜2006年1月
〜2006年6月
〜2007年1月
〜2007年6月
〜2008年3月
〜2009年3月
〜2010年3月
〜2011年3月
〜2012年9月
〜2015年5月
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2016/5/18
私は、高校2年生の 宏恵 と言います。宏恵 は、スゴく恥ずかしいけど、正直に話します。
宏恵 は、チアガール部に所属していますが、先日の部活動のことでした。
宏恵 は、恥ずかしいので、人前でトイレに行きたいとは、絶対に言えません。
宏恵 は、部活動の途中で、おしっこがしたくなりました。でも、宏恵 は、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えないです。宏恵 は、必死に我慢するしかありません。宏恵 は、必死に我慢しながら、部活動を続けました。その日最後のミーティングがあったので、宏恵 は、イスに座って必死におしっこを我慢しながら話を聴いていました。でも、宏恵 は、我慢するのが精一杯で、話を聴いている余裕は全くありません。
ミーティングが終わっても、宏恵 は、立ち上がることも出来ないです。宏恵 は、ゆっくりと立ち上がった瞬間、我慢が出来なくておもらしをしてしまいました。アンダースコートをはいていても、ショーツと一緒にスゴく濡れてしまいました。宏恵 の足元は、水溜まりが出来ました。

宏恵 は、スゴく恥ずかしかったです。でも、宏恵 は、恥ずかしくて、人前でトイレに行きたいとも言えないです。
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2016/6/3
私は、高校2年生の 宏恵 と言います。先日の 宏恵 のことですが、スゴく恥ずかしいですけど、正直に話します。

宏恵 はその日最後の授業を受けていると、トイレに行きたくなってきました。でも、宏恵 は恥ずかしいくて、人前でトイレに行きたいとは絶対に言えないです。宏恵 は、必死に我慢をするしかありませんでした。やっと授業が終わったので、宏恵 はトイレに行きましたが、女子トイレは満員で並んでいました。最後のホームルームの時間がきたので、宏恵 は、仕方なく我慢をしながら、教室に戻りました。
最後のホームルームが長くなりましたが、宏恵 は必死に我慢するしかありませんでした。
ホームルームが終わっても、宏恵 は我慢していたので、立ち上がることが出来なかったです。
しばらくして、宏恵 が立ち上がった時、我慢の限界がきて、おしっことうんこが出てしまいました。宏恵 は、恥ずかしくて、泣くしかなかったです。宏恵 は、周りの処理だけをして、教室をあとにしました。

宏恵 は、帰る途中は、スゴく気持ち悪かったですが、我慢するしかなかったです。宏恵 は、そのショーツをはいたまま帰りました。
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2016/6/18
私は、高校2年生の 宏恵 と言います。
宏恵 は、スゴく恥ずかしいですけど、先日のことを正直に話します。

宏恵 は、クラブ活動の時におしっこがしたくなりました。でも、宏恵 は、恥ずかしくて人前でトイレに行きたいとは絶対に言えないです。
宏恵 は、仕方なくおしっこを我慢しながら、クラブ活動を続けました。休憩時間になったので、宏恵 はトイレに行こうとしたら、麻由 先輩に呼ばれました。宏恵 は、麻由 先輩との話をするため、一緒にクラブ室に行きました。でも、宏恵 は、おしっこを我慢するしかなかったです。宏恵 は、だんだん我慢の限界になりました。
麻由 先輩の話が長くなって、宏恵 は余裕がなくなりました。麻由 先輩の話の途中で、宏恵 は我慢出来なくて、仕方なくおもらしをしてしまいました。
宏恵 は、恥ずかしくなってその場で泣くしかなかったです。
すると、麻由 先輩 は、宏恵 にそっとキスをしてきました。宏恵 は、麻由 先輩の優しさにビックリしました。

でも、宏恵 は、恥ずかしくて、人前でトイレに行きたいとは絶対に言えないです。
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2016/7/18
私は、七恵 と言います。七恵 は、高校2年生です。先日の 七恵 のことを、恥ずかしいですけど、正直に話します。
先日、七恵 が、追試験を受けた時のことでした。
追試験を受けたのは、七恵 を含めて、5人だけでしたが、女子は 七恵 だけでした。追試験の途中で、七恵 は、おしっこがしたくなりました。でも、追試験中だから、七恵 はトイレに行きたいとは言えないです。七恵 は、必死に我慢するしかなかったです。追試験が終わる30分間、七恵 は、必死に我慢するだけでした。七恵 は、追試験を2割くらいを回答するのが精一杯でした。
七恵 は、追試験を回答する余裕がなくなり、必死に我慢するだけでした。
30分が過ぎて、追試験が終わりましたが、七恵 は、必死に我慢するだけ。七恵 は、動くことが出来ませんでした。数分後に、七恵 は我慢出来なくて、そのままおもらしをしてしまいました。七恵 は、恥ずかしくて、泣くしかなかったです。
七恵 は、試験中だし、男子たちの前では、トイレに行きたいとは言えないです。七恵 は、どうしたらいいですか??
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2016/7/18
私は、高校2年生の 宏恵 と言います。先日のことてすが、宏恵 はスゴく恥ずかしいですけど、正直に話します。

授業が終わったので、宏恵 がトイレに行こうとしたら、トイレの前では、男子の先輩たちが話し合いをしていました。宏恵 は、恥ずかしくて人前では言えないので、我慢しながら教室に戻りました。
次の授業は、抜き打ちテストでした。宏恵 は、トイレを我慢しながら、テストを受けるしかありませんでした。宏恵 は、20分を過ぎるとテストを回答する余裕はなくなりました。宏恵 は、テストどころではなく、必死に我慢するだけ。宏恵 は、必死に我慢し続けました。何とか、テスト時間は終了しましたが、宏恵 は、動ける余裕はまったくありませんでした。 宏恵 は、何とか立ち上がってしばらくすると、我慢出来なくておもらしをしてしまいました。宏恵 は、恥ずかしくて、ただただ泣くしかなかったです。

宏恵 は、人前では恥ずかしくて、絶対にトイレに行きたいとは言えないです。
宏恵 は、どうしたらいいのですか?? 宏恵 は、我慢するしかないのかなぁ??
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2016/8/3
私は、高校2年生の 七恵 と言います。七恵 は、先日の追試験の後日のことを、スゴく恥ずかしいですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、トイレが使用禁止になっていました。七恵 は、別のトイレに行こうとすると、追試験の担当の男の先生に呼び止められました。七恵 は、男の先生なので、恥ずかしくてトイレに行きたいとは言えないです。七恵 は、面接室に男の先生と行きました。七恵 は、トイレに行くのを必死に我慢していたので、先生の話を聞く余裕はありませんでした。七恵 は、先生の話にうなづくだけでした。先生の話が長くなりました。七恵 は、必死に我慢をするだけ。しばらくすると、七恵 は、「先生、ごめんなさい。」と思わず言って、その場でおもらしをしてしまいました。七恵 は、恥ずかしくて、ただただ泣くしかありませんでした。
七恵 は、恥ずかしくて、男の先生の前では、トイレに行きたいとは言えないです。七恵 は、我慢するしかないのかなぁ??
主成分: 目撃者:KY 掲載日:2016/8/3
7月の半ば頃、朝の通勤電車での目撃です。
その日、座席にありつけなかった私は最後部車両の車掌室の近くに立ち、車掌室の窓越しに外の景色を眺めていました。
車掌さんは20代半ばくらいの小柄な女性でした。白い半袖シャツに青系のベスト、ベストと同色のズボンという格好。やや鼻にかかった低めの声が印象的で真面目そうな雰囲気の女性でした。
何気なく見ていると、彼女の様子に少し違和感を感じました。どことなく落ち着きがないように見えるのです。
彼女の身体は小さく左右に揺れていました。勿論電車の揺れとは全く異なるリズムです。時々脚を揃えてもじもじと動かしたりもしています。その日はかなり暑く、車内の空調もさほど効いていなかったので寒いとは思えません。トイレに行きたいんだろうと思いました。
しかし駅間の短い鈍行ではなかなかタイミングがないのか、我慢して乗務を続けているようでした。表情や車内放送の声には全く違和感がなかったので、殆どの乗客は気づいていないようでしたが…。
ところがある時、そんな彼女と一瞬目が合ってしまいました。その瞬間、はっとしたような表情になって脚の動きを止めてしまったのです。私は慌てて目を逸らしました。
それからの彼女は、さっきまでの仕草を殆ど見せなくなりました。程なくして職場の最寄り駅に到着してしまったので、仕方なく電車を降りました。本音を言えば、終点まで乗って彼女の様子を観察したかったのですが、そういう訳にもいきませんでした。
外に出ると、ホーム上で安全確認をする彼女の姿が目に入りました。一見すれば何気ないいつもの光景でした。しかし、彼女の左足のつま先は軽く浮かされ、不規則なリズムで小さくホームの床を叩いていました。
「発車します。ドアにご注意ください。」
落ち着いた声でマイクにそう吹き込んだ後、一瞬だけぐっと表情を引き結んで、彼女は再び電車に乗り込んで行きました。

終点までの約40分、彼女は耐え抜けたんだろうか……。
今でもその事が気になって、悶々としてしまう出来事でした。
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2016/8/18
私は、高校2年生の 宏恵 と言います。先日の 宏恵 のことですが、秘密のことを正直に話します。
宏恵 がトイレに行こうとしたら、麻由 先輩に呼び止められました。
麻由 先輩は、宏恵 に「宏恵 ちゃん、好きよ。」と言って、宏恵 にそっとキスをしてきました。その後、宏恵 は、麻由 先輩に更衣室に連れて行かされました。宏恵 は、おしっこを我慢したままでした。
麻由 先輩は、更衣室のカギをかけて、宏恵 に「宏恵 ちゃん、好きよ。宏恵 ちゃん、今から気持ち良くしてあげるわ。」と言って、宏恵 にキスをしてきました。宏恵 は、「麻由 先輩、こういうことは……。」と言うと、麻由 先輩は、宏恵 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。宏恵 は、恥ずかしくて、麻由 先輩に従うがままで、おしっこを必死に我慢するしかなかったです。
麻由 先輩は、宏恵 のセーラー服のチャックを上げて、宏恵 のブラジャーの上から、宏恵 の胸を触ってきました。麻由 先輩は、「宏恵 ちゃんは、かわいいブラジャーを着けているのね。」と言って、宏恵 のブラジャーのホックを外して、宏恵 の胸を触ってきて、宏恵 の胸をしゃぶってきました。宏恵 は、不思議な感じになりましたが、麻由 先輩に従うがままでした。麻由 先輩は、宏恵 のスカートをめくって、宏恵 のショーツの上から、宏恵 の大切なところを触ってきました。麻由 先輩は、「宏恵 ちゃんは、スゴくかわいいショーツをはいているわね。」と言って、麻由 先輩の手は、宏恵 のショーツの中へと侵入して、宏恵 の大切なところをイヤらしく触ってきました。宏恵 の頭の中は、真っ白になって、麻由 先輩に従うがままでした。しばらくすると、宏恵 は、我慢が出来なくなって、宏恵 は、「麻由 先輩、ごめんなさい。ごめんなさい。」と言って、宏恵 は、我を忘れて、おもらしをしてしまいました。
麻由 先輩は、そのまま 宏恵 の大切なところを触り続けてきたので、宏恵 はスゴく感じてしまいました。
麻由 先輩は、「宏恵 ちゃん、これから大切なことを少しずつ教えてあげるわね。」と言って、更衣室を後にしました。

宏恵 は、麻由 先輩にこのまま従えばいいのかなぁ?? 宏恵 は、恥ずかしくて、絶対に人前では、トイレに行きたいと言えないです。
主成分: 体験者:わふー 掲載日:2016/8/18
実は私、中学1年のころお漏らしてしまいました。
授業前にトイレに行きそびれ、ずっと膀胱がある辺りのおなかをこすり、
授業が終わることだけを考えてました。
もう今にも決壊しそうで、教室でお漏らししてしまった時の事を考えただけでおしっこがたまっていくのが実感できました。
そして授業終了。やっと乗り越えられたと思って、トイレに走ったその時。
トイレの入り口の前(廊下)で、おもらししてしまいました。
パンツや太もも、靴下を伝い、おしっこがダダ漏れなのが分かりました。
その時、逃げれば何とかなるかな?と考えましたが、その時私は「白のハイソックス」で、それには黄色のシミがついており、逃げてもすぐばれると悟りました。
脱ごうにもハイソックスなわけですから、いきなり靴下がなくなっても違和感があり、ばれてしまう。そんな思考がめぐらされ、私はその場で泣いてしまいました。
長い髪が垂れて邪魔なことも、眼鏡が涙で曇っていたことも、おしっこで制服を汚してしまったことも、全部お構いなしに泣いていました。
その後、保健室に行って下着と靴下、ジャージを貸してもらった後、早退しました。
次の日は特に何も言われませんでした。
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2016/8/18
私は、高校2年生の 七恵 と言います。先日の 七恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、補習の担当の杉浦 先生に呼び止められました。
杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 ちゃん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言われました。七恵 は、杉浦先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えないです。その後、七恵 は、杉浦 先生に面接室に連れて行かされました。七恵 は、おしっこを我慢したままでした。
杉浦 先生は、七恵 に「七恵 ちゃん、先日の試験の結果はどうしたんだ?? 七恵 ちゃん、どうかしたのか??」と言われました。七恵 は、「杉浦 先生、何でもないです……。」と言いました。すると、杉浦先生は、七恵 に「 七恵 ちゃん、キミのことが好きだよ。」と言って、七恵 にそっとキスをしてきました。七恵 は、「杉浦先生、こういうことは……。」と言うと、杉浦 先生は、七恵 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。七恵 は、恥ずかしくて、杉浦 先生に従うがままで、おしっこを必死に我慢するしかなかったです。
杉浦 先生は、七恵 のセーラー服のチャックを上げて、七恵 のブラジャーの上から、七恵 の胸を触ってきました。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃんは、こんなかわいいブラジャーを着けているんだね。」と言ってきました。七恵 は、「杉浦先生、七恵 は恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 のブラジャーのホックを外して、七恵 の胸を触ってきて、七恵 の胸をしゃぶってきました。七恵 は、恥ずかしくて、不思議な感じになりましたが、杉浦 先生に従うがままでした。杉浦 先生は、七恵 のスカートをめくって、七恵 のショーツの上から、七恵 の大切なところを触ってきました。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃんは、スゴくかわいいショーツをはいているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦 先生の手は、七恵 のショーツの中へと侵入して、七恵 の大切なところをイヤらしく触ってきました。 七恵 の頭の中は、真っ白になって、杉浦 先生に従うがままでした。しばらくすると、七恵 は、我慢が出来なくなって、七恵 は、「杉浦 先生、ごめんなさい。ごめんなさい。で、でちゃう。ごめんなさい。」と言って、七恵 は、我を忘れて、おもらしをしてしまいました。
杉浦 先生は、そのまま 七恵 の大切なところを触り続けてきたので、七恵 はスゴく感じてしまいました。
杉浦 先生は、「 七恵 ちゃん、これから特別に大切なことを少しずつ教えてあげるからね。」と言って、面接室を後にしました。

七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ?? 七恵 は、恥ずかしくて、絶対に男の人の前では、トイレに行きたいと言えないです。
主成分: 体験者:静香 掲載日:2016/8/18
私は、高校1年生の 静香 と言います。先日の 静香 のことですが、先輩との秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
静香 がトイレに行こうとしたら、美穂 先輩に呼び止められました。
美穂 先輩は、静香 に「 静香 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言われました。静香 は、美穂先輩の指示には従わないといけないし、恥ずかしいので、トイレに行きたいとは言えないです。その後、静香 は、美穂 先輩と一緒に更衣室へと行きました。静香 は、おしっこを我慢したままでした。
美穂 先輩は、静香 に「静香 さん、今から特別に秘密のことを教えてあげるわね。 静香 さん、これからのことは、2人だけの秘密だからね。」と言われました。静香 は、「美穂 先輩、秘密のこと……ですか??でも、静香 ……、どういうことか分からないです……。」と言いました。すると、美穂先輩は、静香 に「 静香 ちゃん、静香 ちゃんのことが好きなの。もう、我慢出来ないから、大切にするわね。」と言って、静香 にそっとキスをしてきました。静香 は、「美穂先輩、こういうことは……。」と言うと、美穂 先輩は、静香 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。静香 は、恥ずかしくて、美穂 先輩に従うがままで、おしっこを必死に我慢するしかなかったです。
美穂 先輩は、静香 のセーラー服の脇のチャックを上げて、静香 のブラジャーの上から、静香 の胸を触ってきました。美穂 先輩は、「 静香 ちゃんは、こんなかわいい白いブラジャーを着けているのね。」と言ってきました。静香 は、「美穂先輩、静香 は、恥ずかしいです。」と言いました。すると、美穂先輩は、 静香 のブラジャーのホックを外して、静香 の胸を触ってきて、静香 の胸をていねいにしゃぶってきました。静香 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、不思議な感じになりましたが、美穂 先輩に従うがままでした。
その後しばらくすると、美穂 先輩は、 静香 のスカートをめくって、 静香 のショーツの上から、静香 の大切なところを触ってきました。美穂 先輩は、「 今日の 静香 ちゃんは、こんなにかわいい白いヒモのショーツをはいているのね。」と言ってきました。 静香 は、「美穂先輩、 静香 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、美穂 先輩は、手に何か道具を持って、静香 のショーツの中へと侵入しました。そして、静香 の大切なところをその道具でイヤらしく触ってきて、静香 の大切なところにその道具を入れてきました。すると、その道具が動き出しました。 静香 の頭の中は、真っ白になって、もう何が何だか分からなくなってきました。もう、 静香 は、美穂 先輩に従うがままでした。しばらくすると、 静香 は、我慢が出来なくなって、 静香 は、「美穂 先輩、ごめんなさい。ごめんなさい。で、でちゃう。ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、 静香 は、我を忘れて、おもらしをしてしまいました。
美穂 先輩は、その道具でそのまま 静香 の大切なところを刺激し続けてきたので、 静香 はスゴく感じてしまいました。
美穂 先輩は、「 静香 ちゃん、これから特別に秘密の大切なことを少しずつ教えてあげるからね。」と言って、更衣室を後にしました。

静香 は、美穂 先輩にこのまま従えばいいのかなぁ?? 静香 は、恥ずかしくて、絶対に、美穂先輩の前では、トイレに行きたいと言えないです。
主成分: 体験者:Y 掲載日:2016/9/3
家に帰宅中からトイレ我慢してました。コンビニよったら、トイレが空いてなく一か八かで家まで行ったんですが、鍵開けてトイレのドアまで来たところでパンツが暖かくなりました。
主成分: 体験者:くすこ 掲載日:2016/10/3
私は女子高2年のくすこです。私のくすぐり体験を書きます。私の高校の女子の制服の夏服は半袖とノースリーブ(襟付きのポロシャツ)があります。私を含めて5人で将来の夢とか話をしてたらいつの間にかくすぐりの話になっていました。人間はずっと長い間くすぐられたらどうなるか?と話したら実際に誰かをくすぐってみようとなり私がその餌食になりくすぐられました。私以外の子たちは半袖で私だけがノースリーブだったのでくすぐりの餌食になりました。(ノースリーブで腋の下丸見えだから)それで4対1腋の下を中心にくすぐられました。下はミニスカートだから暴れるからスカートの中も丸見えでしたしくすぐられて息も出来ないでくるしかった。この次は誰かをくすぐります。
主成分: 体験者:恵梨子 掲載日:2016/11/3
私は、高校1年生の 恵梨子 と言います。先日のことですが、スゴく恥ずかしいですけど、恵梨子 のことを正直に話します。

先日のクラブ活動の時のことでした。
恵梨子 がトイレに行こうとしたら、男の先輩たちがいたずらをしてきました。 恵梨子 は、仕方なく我慢するしかなかったです。男子の先輩たちは、おもしろがって、 恵梨子 にいたずらばかりしてきました。 恵梨子 は必死に我慢するだけ。しばらくすると、 恵梨子 は、我慢出来なくなって、仕方なくおもらしをしてしまいました。しかも、男の先輩たちの目の前で……。 恵梨子 はスゴく恥ずかしくて泣くしかなかったです。
お願いだから、 恵梨子 にこういうことは、ヤメて欲しいです。
主成分: 体験者:恵美 掲載日:2016/11/3
私は、恵美 と言います。恵美 は、高校1年生です。

昨日、恵美 がトイレに行こうとしたら、先輩たちに邪魔をされました。恵美 は、仕方なく必死に我慢するしかなかったです。恵美 は、どうしよう、どうしよう、どうしようと思いました。
20分くらい後、恵美 は、またトイレに行こうとしたら、またまた先輩たちに邪魔をされました。恵美 は、我慢していましたが、数分後に我慢出来なくて、仕方なくおもらしをしてしまいました。
恵美 は、恥ずかしくて、ただ泣くしかなかったです。恵美 は、我慢するしかないのかな??
主成分: 体験者:恵梨子 掲載日:2017/1/3
私は、恵梨子 と言います。恵梨子 は高校1年生ですけど、先日のことを話します。

恵梨子 がトイレに行こうとしたら、男の先輩に呼び止められました。恵梨子 は、その男の先輩と一緒に校舎の裏へと行きました。すると、男の先輩は、恵梨子 のことを抱きしめて、キスをしてきました。男の先輩は、「 恵梨子 ちゃん、好きなんだ。好きなんだから、いいじゃないか、いいじゃないか。」と言いました。恵梨子 は抵抗したけれど、男の先輩は、「好きなんだ。好きなんだからいいじゃないか。」と言うので、あまり抵抗出来なかったです。男の先輩は、恵梨子 にキスをしながら、恵梨子 の胸と大切なところを触り続けてきました。男の先輩の手が、恵梨子 のショーツの上から、恵梨子 の大切なところを触ってきました。 恵梨子 はおしっこを我慢していました。恵梨子 は、「先輩、ごめんなさい。ごめんなさい。恵梨子、で、でちゃう。ごめんなさい。ごめんなさい。」と言いましたが、男の先輩の手が、恵梨子 のショーツに入ってきたら、恵梨子 は我を忘れておもらししてしまいました。恵梨子 は、恥ずかしくて、恥ずかしくて、泣くしかなかったです。それでも、男の先輩は、恵梨子に、「 恵梨子 ちゃん、好きだよ。好きなんだからね。」と言って、キスをしてきました。恵梨子 は男の先輩に従えばいいのですか??
主成分: 体験者:恵美 掲載日:2017/1/3
私は、恵美 と言います。恵美 は高校1年生です。

先日、恵美 がトイレに行こうとしたら、男の先輩から、「 恵美 ちゃん、好きだよ。恵美 ちゃんのこと、好きだよ。」と言って、いきなりキスをされました。恵美 は男の先輩に手をひかれて、倉庫へと行きました。すると、男の先輩は、「 恵美 ちゃん、好きなんだ。恵美 ちゃん、好きなんだ。」と言って、恵美 を抱きしめてきました。恵美 は抵抗したんだけど、男の先輩は、「 恵美 ちゃん、好きなんだ。恵美 ちゃん、好きなんだから、いいじゃないか。いいじゃないか。」と言うので、恵美 は抵抗出来なくなりました。男の先輩は、恵美 の胸と大切なところを触りながら、「 恵美 ちゃん、好きなんだ。恵美 ちゃん、好きなんだから、いいじゃないか、いいじゃないか。」と言うので、恵美 は男の先輩に抵抗も出来ずに、されるがままでした。男の先輩の手が、 恵美 のスカートをめくって、恵美 のショーツの上から、恵美 の大切なところを触ってきました。恵美 は必死におしっこを我慢していましたが、男の先輩の手が、恵美 のショーツの中に侵入して、恵美 の大切なところを触ってきたら、恵美 は、「 恵美 、でちゃう、恵美 、でちゃう。ごめんなさい、でちゃう。」と言って、恵美 は我を忘れて、おもらしをしてしまいました。恵美 は、恥ずかしくて、恥ずかしくて、ただ泣くしかなかったです。男の先輩は、「 恵美 ちゃん、好きだよ。恵美 ちゃん、好きなんだからね。」とキスをして、倉庫をあとにしました。
恵美 は、どうしたら、いいのかな?? 恵美 は、このまま男の先輩に従えばいいのかな??
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2017/1/3
私は、宏恵 と言います。宏恵 は高校2年生です。

宏恵 がトイレに行こうとしたら、故障中の案内がありました。宏恵 は、必死に我慢しながら、他のトイレを探しました。宏恵 は、別のトイレに入ろうとしたら、麻由 先輩に呼び止められました。麻由 先輩は、「 宏恵 ちゃん、一緒に来なさい。」と言って、宏恵 は、麻由 先輩と一緒にトイレの個室に入りました。麻由 先輩は、「 宏恵 ちゃん、好きよ。宏恵 ちゃんのことが好きで我慢出来ないの。」と言って、宏恵 のことを抱きしめて、キスをしてきました。宏恵 は、麻由 先輩の優しさに我を忘れて、そのまま、おもらしをしてしまいました。
宏恵 は、「 麻由 先輩、ごめんなさい、ごめんなさい。」と言いましたが、麻由 先輩は、「 宏恵 ちゃん、大丈夫よ。宏恵 ちゃん、気にしなくてもいいのよ。」と言って、宏恵 にまたキスをしてきました。宏恵 は、麻由 先輩に従うがままでした。宏恵 は、麻由 先輩と秘密のことをしました。
主成分: 目撃者:ぬこ 掲載日:2017/1/3
先日イタリアのレストランに行った時のことです。たまたまトイレの近くにいたのですが
20代ぐらいの女の子が早足でトイレに向かいました。
しかしその店はトイレは一つだけなので誰かが入っていれば待つしかないのです。
たまたまトイレにはほかの人が先に入っていて彼女はトイレの前で待っていました。
待っているあいだは足を交差したり前かがみになったり震えたりとおしっこがしたくてたまらないと思える状況でした。先客が出てきた時は慌ててトイレに入っていきました。
主成分: 体験者:恵梨子 掲載日:2017/1/3
私は、恵梨子 と言います。恵梨子 は高校1年生です。クリスマスイブのことを話します。
恵梨子 は1人でスゴく寂しかったです。恵梨子 は、制服のセーラー服を着てベッドに横たわりました。憧れの先生のことを頭に入れて、オナニーをしました。恵梨子 は、寂しかったので、激しくオナニーをし続けました。すると、恵梨子 はスゴく感じて、我を忘れてそのままおもらしをしてしまいました。 恵梨子 は、このままでいいのですか??
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/1/3
私は、七恵 と言います。七恵 は高校2年生ですが、クリスマスイブの出来事を話します。
七恵 は、杉浦先生に誘われたので、初めてのデートをしました。七恵 は初めてだったので、スゴく緊張しました。七恵 は、杉浦先生の車に乗っていて、トイレに行きたいのをずっと我慢していました。七恵 は、どうしよう、どうしよう、とずっと思って我慢していました。しばらくすると、七恵 は、「杉浦先生、ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、七恵 は我慢出来なくなって、おもらしをしてしまいました。すると、杉浦先生は、車を停めて、「 七恵 ちゃん、好きだよ。おもらしするから、七恵 ちゃんのことをとても好きなんだ。七恵 ちゃん、気にしなくてもいいんだよ。」と言って、七恵 を抱きしめて、キスをしてきました。七恵 は、杉浦先生に従うしかないです。七恵 は、杉浦先生にすべてを委ねるしかないですか?? 七恵 は、杉浦先生の好きなように、されるしかないですか??
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2017/1/3
私は、宏恵 と言います。宏恵 は高校2年生です。
先日のクラブ活動でのことでした。宏恵 はお腹が痛くなってきて、トイレにいこうとしたら、麻由 先輩がイラズラをして行かせてくれなかったです。宏恵 は、仕方なく我慢するしかなく、必死に我慢をしました。宏恵 は、どうしよう?、我慢出来なかったら、どうしよう?、と思いました。しばらくして、宏恵 はまたトイレにいこうとしたら、麻由 先輩がまたイラズラをして、行かせてもらえなかったです。宏恵 は、必死に我慢していましたが、どうしても、我慢出来なかったです。少し時間が過ぎると、宏恵 は、仕方なく立ったままで、おしっことうんこを漏らしてしまいました。宏恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。すると、麻由 先輩は、宏恵 にそっとキスをしてきました。麻由 先輩は、「 宏恵 ちゃん、ごめんなさい。宏恵 ちゃんのことが好きだから、2人だけの秘密をたくさん作りたいの。宏恵 ちゃんはこれからずっと私の前でおもらしをしてね。私は、宏恵 ちゃんのおもらしが見たいから。」と言って、また、宏恵 に濃厚なキスをしてきました。宏恵 は、麻由 先輩に従うしかないのかな?? 宏恵 は、このままおもらしをするしかないのかな???
主成分: 体験者:恵梨子 掲載日:2017/1/18
私は、恵梨子 と言います。恵梨子 は高校2年生ですけど、先日のことを話します。
冬休みの補習のことでした。恵梨子 は、補習が終わってトイレにいこうとしたら、鈴木先輩に邪魔をされました。仕方なく、恵梨子 は、我慢するしかなかったです。恵梨子 は必死に我慢していると、鈴木先輩はいきなり、恵梨子 を抱きしめてキスをしてきました。恵梨子 はただ、ビックリしました。すると、鈴木先輩は、恵梨子 のスカートをめくって、恵梨子 のショーツの上から大切なところを触ってきました。恵梨子 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、必死に我慢するしかなかったです。すると、鈴木先輩の手が、恵梨子 のショーツの中へ侵入して、恵梨子 の大切なところを刺激してきました。恵梨子 は、もう我慢出来なくなって、仕方なくおもらしをしてしまいました。鈴木先輩は、「そうか、うれしくておもらしをしたのか。また、君のおもらしが見たいなぁ。」と言って去って行きました。恵梨子 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。恵梨子 は、また、おもらしをしないといけないですか??
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/1/18
私は、七恵 と言います。 七恵 は、高校2年生ですけど、先日のことを話します。
七恵 は、お正月に、杉浦先生から誘われたので、2人で初詣に行きました。七恵 は、車の中では、杉浦先生と2人っきりなので、スゴく緊張していました。 七恵 は、トイレに行きたかったけど、緊張のあまりに、我慢するしかなかったです。
しばらくすると、杉浦先生は、人気のない公園の駐車場に車を停めました。
すると、杉浦先生は、「 七恵 ちゃん、好きだよ。」と言ってキスをしてきました。七恵 は、「杉浦先生、こういうことは…。」と言いました。杉浦先生は、「 七恵 ちゃん、好きなんだ。我慢出来ないんだ。いいじゃないか、いいじゃないか、好きなんだから、いいじゃないか。」と言って、七恵 の胸を触ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、恥ずかしいです。と言いました。すると、杉浦先生は、「 七恵 ちゃん、好きなんだ。好きなんだ。」と言って、 七恵 のスカートをめくって、 七恵 ショーツの上から大切なところを触ってきました。 七恵 は、必死に我慢するしかなかったです。杉浦先生は、 七恵 のショーツのひもをほどいて、 七恵 の大切なところを触ってきました。 七恵 は、それでも必死に我慢するしかなかったです。杉浦先生の手の指が、七恵 の大切なところに入ってきました。 七恵 は、杉浦先生にされるがままで、頭の中は真っ白になりました。 七恵 は、緊張のあまりに、我慢出来なくなって、「杉浦先生、ごめんなさい、ごめんなさい。 七恵 、で、でちゃう。ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、仕方なくおもらしをしてしまいました。杉浦先生は、「 七恵 ちゃん、気にしなくてもいいんだ。こんなことは、気にしなくてもいいんだ。」と言って、また 七恵 にキスをしてきました。
七恵 は、このまま杉浦先生に従えばいいのかな???
七恵 はどうしたらいいのですか??
主成分: 体験者:由美子 掲載日:2017/1/18
私は、由美子 と言います。由美子 は高校1年生ですけど、冬休みのことを話します。
由美子 は、補習授業が終わって帰ろうとしたら、男の先輩に呼び止められました。由美子 はトイレに行きたかったけど、我慢をして男の先輩と一緒に保健室に入りました。保健室には、誰もいなかっです。
男の先輩は、「好きだよ。いいだろう。」と言って、いきなり 由美子 にキスをしてきました。由美子 は、「先輩、こ、こういうことは……。」と言うと、先輩は、「いいじゃないか、いいじゃないか。好きなんだから、いいじゃないか、いいじゃないか。」と言って、由美子 の胸を触ってきました。由美子 は、「先輩、由美子 は恥ずかしいです。」と言うと、男の先輩は、「いいじゃないか、いいじゃないか。好きなんだから、いいじゃないか。いいじゃないか、いいじゃないか。」と言って、スカートの上から大切なところを触ってきました。由美子 は、恥ずかしくて何も言えなかったです。由美子 は、そのまま先輩に押されて、先輩と一緒に保健室のベッドに横たわりました。すると、先輩の手が、由美子 のスカートの中へと侵入して、由美子 のショーツの上から大切なところを触ってきました。由美子 は、必死に我慢するしかなかったです。そして、先輩の手は、由美子 のショーツのひもをほどいて、由美子 の大切なところに指を入れてきました。由美子 は、頭の中が真っ白になって、先輩にされるがままでした。しばらくすると、由美子 は、「先輩、ごめんなさい、ごめんなさい。由美子 、で、でちゃう。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、そのまま、由美子 は、我慢出来なくて、おもらしをしてしまいました。
先輩は、「好きだよ。そんなにうれしくて気持ち良かったんで、おもらしまでしたんだね。もっと好きだよ。これからもしようね。」と言って、その場を去って行きました。
由美子 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。由美子 は、男の先輩に従うしかないのかな??
由美子 はこれからもおもらしするしかないのかな??
由美子 はどうしたらいいですか??
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/1/18
私は、高校2年生の 七恵 と言います。先日の 七恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、補習の担当の杉浦 先生に呼び止められました。
杉浦 先生は、 七恵 に「 七恵 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言われました。 七恵 は、杉浦先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。その後、 七恵 は、杉浦 先生と一緒に面接室へと行きました。 七恵 は、仕方なくおしっこを我慢したままでした。
杉浦 先生は、 七恵 に「 七恵 さん、先日の補習はどうなんだ?? 七恵 さん、大丈夫かな?? 七恵 さん、今度の追試験は出来そうかな??」と言われました。 七恵 は、「杉浦 先生、大丈夫だと思います……。でも、 七恵 ……、分からないです……。」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 に「 七恵 さん、これから先生と秘密のことをしよう。 七恵 ちゃん、キミのことが好きなんだ。もう、我慢出来ないんだ。」と言って、 七恵 にそっとキスをしてきました。 七恵 は、「杉浦先生、こ、こういうことは……。」と言うと、杉浦 先生は、七恵 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。 七恵 は、恥ずかしくて、杉浦 先生に従うがままで、仕方なくおしっこを必死に我慢するしかなかったです。
杉浦 先生は、 七恵 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 七恵 のブラジャーの上から、 七恵 の胸を触ってきました。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃんは、こんなかわいいピンクのブラジャーを着けているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 のブラジャーのホックを外して、七恵 の胸を触ってきて、七恵 の胸をていねいにしゃぶってきました。 七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、不思議な感じになりましたが、杉浦 先生に従うがままでした。
その後しばらくすると、杉浦 先生は、 七恵 のスカートをめくって、 七恵 のショーツの上から、 七恵 の大切なところを触ってきました。杉浦 先生は、「 今日の 七恵 ちゃんは、こんなにかわいいピンクのヒモのショーツをはいているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦 先生は、手に何か道具を持って、 七恵 のショーツの中へと侵入しました。そして、杉浦先生は、 七恵 のショーツのひもをほどいて、 七恵 の大切なところをその道具でイヤらしく触ってきて、 七恵 の大切なところにその道具を入れてきました。すると、その道具が動き出しました。 七恵 の頭の中は、真っ白になって、何が何だか分からなくなってきました。もう、 七恵 は、杉浦 先生に従うがままでした。しばらくすると、 七恵 は、我慢が出来なくなって、 七恵 は、「杉浦 先生、ごめんなさい。ごめんなさい。 七恵 、で、でちゃう。ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、 七恵 は、我慢出来なくなって、仕方なくおもらしをしてしまいました。
さらに、杉浦 先生は、その道具でそのまま 七恵 の大切なところを刺激し続けてきたので、 七恵 はスゴく感じてしまいました。
杉浦 先生は、「 七恵 ちゃん、これからも特別に大切なことを少しずつ教えてあげるからね。明日も、 七恵 ちゃんのことを気持ち良くしてあげるから、一緒に特別な補習をしよう。」と言って、面接室を後にしました。

七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ?? 七恵 は、恥ずかしくて、絶対に男の人の前では、トイレに行きたいと言えないです。
主成分: 目撃者:氷麗 掲載日:2017/2/3
私が今まで生きてきた中で、3人の女のおしっこ我慢を目撃したことがあるので、1人ずつ箇条書きにしてその内容を書いていきたいと思います。

.僉璽ングエリアでトイレ待ちの女性のおしっこ我慢
3年ほど前の正月に実家に帰省した時の帰り道での事です。私は高速の途中でパーキングエリアに寄りました。そこの女子トイレの前には長蛇の列が出来ていました。
その行列の中盤くらいに並んでいた、黒のダウンに赤のピタパンを履いていた20代前半と思われる女性が、絶えず足を上げ下げしたり足をクロスさせたりして、今にも漏れそうな表情でした。少し列が進んだところで、前屈みになり始め、体をくねらせたり太ももをさすったりとかなり辛そうでした。
その女性がトイレの個室に辿り着くまでに私はその場を去ったので、その後にその女性が無事トイレに間に合ったのかは不明。

同級生の女の子のおしっこ我慢
高校二年生の夏、昼休みが終わった後の掃除の時間の事です。
トイレ前の廊下を箒で掃いていると、クラスメイトの女子(以下Wさん)が、顔を強張らせてそのトイレに駆け込んできました。
Wさんはトイレ掃除の見張りに来ていた先生にトイレを使わせてほしいと懇願していましたが、その先生が厳しい方で、「何で昼休み中にトイレを済ませておかなかったの?」と言われ、掃除の時間が終わるまで我慢しなさい、と言われていました。
Wさんは我慢の極限まで達しているのか、ミニスカートの中のパンティの上から股間を押さえつけて(ピンクのパンティが丸見えでした)その場で激しい足踏みをしながら、半泣き状態で「漏れる、マジ漏れそう!!」とか「おしっこもう漏れちゃう!!」とか言っていました。
掃除の時間はたった10分ですが、その時のWさんにはその10分すら耐えるのが辛そうで、その場でしゃがんだり前押さえしながらの駆け足をする動作を繰り返してジタバタしていました。
それを見かねた先生が、「そんなに辛いならトイレ使いなさい」と許可を出してくれたので、それを聞いた途端、Wさんは猛ダッシュでトイレの個室に駆け込んでいました。間一髪で間に合ったようです。
Wさんは小柄で割と可愛い方だったのですが、めちゃくちゃ男勝りな性格でした。でもそんなおてんばなWさんでも尿意が限界に達した時、こんな仕草で我慢するんだ、と幼心ながら少し興奮しました。

2山擽技佞里しっこ我慢
小学生の頃の事です。音楽の授業で当時41歳だった女の教師がおしっこを我慢していました。
太ももを擦り合わせたりしきりに足を組み替えたりして我慢していました。相当辛かったらしく、冷や汗もかいていました。
授業が終わるまでは比較的静かな我慢姿でしたが、授業が終わってトイレに向かおうとした際に、一人の生徒に呼び止められた時には「まって!!先生オシッコ漏れちゃう!!先にトイレ行かせて!!」と言い放ち激しく足踏みをしていました。その後先生は職員用のトイレではなく、教室近くの生徒用のトイレに走って行きました。そのトイレを使っていた女子がビックリしていたそうですが、先生はなんとか間に合ったようです。
更にこの先生は他の授業でもおしっこ我慢していたようで、授業後生徒用のトイレに駆け込んでいた、という事があったそうです。またトイレに行っていた為に授業に遅れてきたこともありました。 元々トイレが近い先生だったんでしょうか。
主成分: 体験者:有希奈 掲載日:2017/2/18
私は、有希奈 と言います。有希奈 は高校1年生ですけど、先日のことを話します。
3時限目の授業が終わって休憩時間になった時、有希奈 がトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちが邪魔をしてきました。有希奈 は、どうしよう、どうしよう、どうしよう、と思って必死に我慢しました。
有希奈 は、4時限目の授業を受けましたが、おしっこを必死に我慢するだけでした。
授業が終わってから、有希奈 は、またトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちがまたまた邪魔をしてきました。有希奈 は、どうしよう、どうしよう、と思って必死に我慢しました。しばらくすると、有希奈 は、「 有希奈、もうダメっ!で、でちゃう!もうダメっ!」と言っておしっこを漏らしてしまいました。男子たちは、有希奈 のおもらしを見て、満足して去って行きました。有希奈 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。
有希奈 は、トイレに行きたいだけなのに、こんなにツラいとは思わなかったです。有希奈 は、おもらしをしたくないです。有希奈 は、また邪魔をされたら、どうしよう?? 有希奈 は、どうしたらいいですか??
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2017/2/18
私は、宏恵 と言います。宏恵 は高校2年生ですけど、先日のことを話します。
宏恵 は、麻由 先輩に呼ばれて、女子トイレの個室に一緒に入りました。麻由 先輩は、「 宏恵 ちゃん、これをあげるから、これからずっと入れておきなさい。」と言って、宏恵 のスカートをめくって、宏恵 のショーツの中へと侵入して、宏恵 の大切なところに何か道具を入れました。宏恵 は、「 宏恵 は、は、恥ずかしいです。宏恵 は、このまま過ごすのですか??」と言いました。麻由 先輩は、「そうよ。宏恵 ちゃん、宏恵 ちゃんは、スゴく良くなるんだからね。」と言いました。宏恵 は、恥ずかしかったけど、麻由 先輩の指示に従いました。宏恵 がトイレの個室から出て、女子トイレの入り口付近まで来ると、道具が動き出しました。宏恵 は、動けなくなって、どうしよう、どうしよう、どうしよう、と思いました。道具はさらに激しく動き出しました。宏恵 は、頭の中が真っ白になりました。宏恵 はだんだん、感じて来ておかしくなりそうでした。しばらくすると、宏恵 は、スゴく感じてしまって、我を忘れておしっこを漏らしてしまいました。宏恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。 宏恵 は、麻由 先輩に逆らえないです。宏恵 はこのままでいいですか?? 宏恵 どうしたらいいですか??
主成分: 体験者:恵美 掲載日:2017/2/18
私は、恵美 と言います。恵美 は、高校1年生ですけど、先日のことを話します。
恵美 がトイレに行こうとしたら、男の先輩に邪魔をされました。恵美 は、仕方なく必死に我慢するしかなかったです。恵美 は、どうしよう、どうしよう、どうしよう、我慢出来なかったら、どうしよう、と思いながら、次の授業を受けました。
また、授業が終わってから。恵美 がトイレに行こうとしたら、またまた、男の先輩が邪魔をしてきました。恵美 はこれ以上、我慢出来そうもなかったです。恵美 は、男の先輩に手を引かれて、体育倉庫に一緒に入りました。
恵美 は、しばらくすると、「 恵美 、もうダメっ! 恵美 、もう我慢出来ない。恵美 、で、で、でちゃう! 恵美 、もうダメっ!」と言って、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。男の先輩は、「そうか、キミはうれしくてうれしくて、おもらしをしたのか。また、キミのおもらしが見たいなぁ。」と言いました。恵美 は、「違います。恵美 はトイレに行かせてもらえなかったから。恵美 は我慢が出来なかったから。仕方なく……。」と言って、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。男の先輩は、「また、キミのおもらしが見たいなぁ。」と笑いながら、体育倉庫から去って行きました。
恵美 は、どうしたらいいですか?? 恵美 は、おもらしをしたくないです。恵美 は、どうしたらいいですか??
主成分: 体験者:美希 掲載日:2017/2/18
私は、美希 と言います。美希 は高校1年生ですけど、先日のことを話します。
美希 が図書館で、勉強をしていた時のことでした。
美希 の隣に男の人が座ってきました。しばらくすると、その男の人が床に何かを落としました。その男の人は机の下で落としたものを探している様子でした。すると、その男の人の手が、美希 のスカートの中へと侵入して、美希 のショーツの上から、美希 の大切なところを触ってきました。美希 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、必死に我慢するしかなかったです。
しばらくすると、その男の人の手が、美希 のショーツの中へと侵入して、美希 の大切なところに、手の指を入れてきました。美希 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、勉強どころではなかったです。美希 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、必死に我慢するしかなかったです。しばらくすると、美希 は、頭の中が真っ白になりました。美希 は、スゴく感じてしまい、我を忘れて、美希 は、おもらしをしてしまいました。美希 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。
男の人は、なぜ、美希 にこういうことをするのですか?? 美希 、こういうことは、ヤメて欲しいです。美希 はどうしたら、いいのですか??
主成分: 体験者:花絵 掲載日:2017/2/18
私は、花絵 と言います。花絵 は高校1年生ですけど、先日のことを話します。
花絵 がトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちが、花絵 の邪魔をしてきました。花絵 は、仕方なく必死に我慢するしかなかったです。
花絵 は、必死に我慢しながら、次の授業を受けました。
花絵 は、授業が終わったのでまたトイレに行こうとしたら、またまた男子たちが邪魔をしてきました。花絵 は、どうしよう、どうしよう、どうしよう、と思って必死に我慢しました。
花絵 は、仕方なく必死に我慢するだけ。しばらくすると、花絵 は、「 花絵 、もうダメっ!で、で、でちゃう!もうダメっ!」と言ったあとに、おしっこを漏らしてしまいました。
男子たちは、花絵 のおもらしを楽しんで見ていました。だけど、花絵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。

男子たちは、どうして、花絵 の邪魔をするのですか?? 花絵、こういうことはヤメて欲しいです。花絵 は、どうしたらいいですか??
主成分: 目撃者:KY 掲載日:2017/2/18
私のおしっこ我慢目撃談はあまり多くありませんが、記憶に残っている中学以降のものをひとつひとつ書いて行こうと思います。なお、小学生時代はまだこの性癖に目覚めていなかったためか、全くと言っていいほどおしっこに関する記憶がありません。

私は生まれつきの弱視で、5歳の頃から21になるまで地元にある盲学校に通っていました。
一般の学校に比べて極端に生徒数が少ない(その割に年代層は広い)ので、1クラスに複数学年が在籍する光景が当たり前でした。そのため、一般的な学校から見れば少々特殊な環境である事を、先に申し添えておきます。
私が中学の頃、隣のクラスに好きな人がいました。といっても、隣は高等部の教室だったので、その人(Kさん)は私より3つ年上でした。笑った時にできるえくぼが特徴的な、少し天然で可愛らしい人でした。
そんなKさんですが、休み時間にトイレに駆け込む姿を度々目撃しました。でもトイレが近い訳ではなく、他の女子がものすごくトイレの遠い子ばかりだったので、相対的に目立っていたんだと思います。
ただ彼女、某男性2人組バンドの熱狂的なファンで、休み時間には教室備え付けのパソコンを占領し、時間も忘れてネットサーフィンに没頭していたので、それが原因でトイレに行きそびれて…というのが真相だったのかもしれません。

そんな彼女の我慢で一番印象に残っているのは、私が中3、彼女が高3の3月のある日の事です。
その日は、午後の2時間に中高の合同授業が入っていました。私たちは2学期の終わり頃から、各自で調べ学習なるものを行っており、その成果を発表する事になっていました。
全員が中学の教室に揃って授業が始まります。私も彼女も発表は6時間目だったので、5時間目は他の人の発表を聞くだけでした。
5時間目も半ばに差し掛かった頃、廊下側の椅子に腰掛けていたKさんの様子がおかしい事に気づきました。何度も座る姿勢を変えたり、ぴったりと閉じ合わせた両脚をもじもじと動かしたりしているのです。トイレを我慢している事はすぐに分かりました。
私はKさんから目が離せなくなりました。まだ休み時間まで20分以上残っています。それでも仕草を最小限に抑えようと必死になっている彼女の姿は、とても色っぽく映りました。
どうにか休み時間まで耐え切った彼女は、すぐに教室を出て行きました。しかし、鞄からハンカチを取り出してトイレに駆け込もうとした矢先、手前のコピー室から出て来た女の先生に呼び止められてしまいました。調べ学習でKさんのサポートをしていた先生でした。
二三会話を交わした後、2人はコピー室に入って行きました。先生から何らかの説明を受けているみたいでした。
数分して彼女がコピー室から飛び出してきました。もう全く余裕がないようで、
「トイレェェエーーーッ!」
と、開口一番絶叫していました。そして、手に持っていた資料を乱暴に手近な机に放り出すと、
「ああああああっ!」
と喚きながら女子トイレに突進して行きました。
トイレから出て来た彼女はすごく恥ずかしそうでしたが、とてもすっきりした雰囲気を漂わせていました。
この目撃が中学時代のベストメモリーになっている事は言うまでもありません。
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/3/3
私は、高校2年生の 七恵 と言います。先日の 七恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、補習の担当の杉浦 先生に呼び止められました。
杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言われました。七恵 は、杉浦先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。その後、七恵 は、杉浦 先生と一緒に面接室へと行きました。七恵 は、仕方なくおしっこを我慢したままでした。
杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 さん、今からこれをあげよう。今日はこれを入れて過ごしなさい。」と言って、 七恵 のスカートをめくりました。 七恵 は、「 七恵 、スゴく恥ずかしいです。」と言いましたが、杉浦先生は、「 七恵 ちゃんは、こんなにかわいいピンクのひものパンツをはいているんだね。」と言って、 七恵 のショーツの中へと手を入れて、 七恵 の大切なところに、何か道具を入れてきました。 七恵 は、「 七恵 、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。
七恵 は、面接室を出ようとして数歩だけ歩くと、 七恵 の大切なところに入っている道具が動き出しました。 七恵 は、少しずつ感じてきました。その道具は、より激しく動いてきたので、 七恵 は、必死に我慢するだけ。 七恵 は我慢するのに必死で、動くことが出来なかったです。 七恵 の頭の中は、真っ白になって、何が何だか分からなくなってきました。しばらくすると、 七恵 は、我慢が出来なくなって、 七恵 は、「杉浦 先生、ごめんなさい。ごめんなさい。 七恵 、で、で、でちゃう。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、 七恵 は、我慢出来なくなって、仕方なくおもらしをしてしまいました。
さらに、その道具でそのまま 七恵 の大切なところを刺激し続けてきたので、七恵 はスゴく感じてしまいました。
杉浦 先生は、「 七恵 ちゃん、これからも特別に大切なことを教えてあげるからね。明日も明後日も、 七恵 ちゃんのことを気持ち良くしてあげるから、一緒に特別なことをしよう。」と言って、面接室を後にしました。

七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ?? 七恵 は、どうしたらいいですか??
主成分: 体験者:有希奈 掲載日:2017/3/3
私は、高校1年生の 有希奈 と言います。先日の 有希奈 のことですが、恥ずかしいですけど、正直に話します。
有希奈 は3時限目の授業が終わってからトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちから、言われました。「お前がトイレに行ったら、お前がおもらししたことを言いふらしてやる。それでもいいのか??」と。有希奈 は、「お願いだから、そういうことはヤメて下さい。有希奈 は、トイレに行かないです。分かりましたから……。」と仕方なく言いました。有希奈 は、仕方なくおしっこを我慢するしかなかったです。
有希奈 は、必死におしっこを我慢しながら、4時限目の授業を受けました。
有希奈 は、4時限目の授業から終わると、廊下の隅に行きました。有希奈 は、どうしよう、どうしよう、どうしよう、と思っていると、男子たちが近づいてきました。男子たちは、有希奈 が必死におしっこを我慢しているのを見て、スゴく楽しんでいました。有希奈 は、「 有希奈 、も、もうダメっ! 有希奈 、で、で、でちゃう! 有希奈、もうダメっ!」と言うと、男子たちは、有希奈 のスカートをめくりました。すると、有希奈 は、我慢出来なくて、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。男子たちは、「お前は白いひものパンツをはいていたのか。白いひものパンツが濡れちゃった。濡れちゃったなぁ。」と言いました。有希奈 は恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。
有希奈 は、おもらしするところを男子たちに見られてしまいました。
有希奈 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
男子たちは、「 有希奈 のおもらしを見るのは楽しいなぁ。これからも 有希奈 はおもらしするんだ。オレたちに従うんだ。ちゃんと 有希奈 がおもらしするところを見せなさい。」と言いました。
有希奈 は、もう、トイレに行けないのかな?? 有希奈 は、おもらしをしたくないです。 有希奈 は、どうしたらいいですか?? 誰か 有希奈 のことを助けて下さい。
主成分: 体験者:花絵 掲載日:2017/3/3
私は、花絵 と言います。花絵 は、高校1年生ですけど、先日のことを恥ずかしいけど話します。 花絵 は、2時限目の授業が終わってからトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちが、花絵 の邪魔をしてきました。
花絵 は、仕方なくおしっこを我慢するしかなかったです。
花絵 は、次の3時限目の授業を受けましたが、おしっこを我慢するのに必死でした。
花絵 は、3時限目の授業が終わってからトイレに行こうとしたら、男子たちは、「ちゃんと、することがあるだろう?? オレたちのものを舐めるんだ。女子なら誰でもすることだろう?? 美味しいぞっ!」と言って、男子たちはズボンとパンツを脱いで、男の人のものを、花絵 に見せてきました。花絵 は、「お願いだから、こういうことはヤメて下さい。」と言いました。花絵 は、おしっこを必死に我慢するだけでした。花絵 は、膝まづいて、おしっこを必死で我慢しました。
すると、男子たちは、花絵 の顔に男の人のものを擦り付けて来ました。そののち、花絵 は、ムリヤリ男の人のものを舐めさせられました。それでも、花絵 は、おしっこを必死に我慢するだけ。しばらくすると、花絵 は、「 花絵 、も、もうダメっ! 花絵 、で、で、でちゃう! 花絵 、もうダメっ!」と言ったあとに、花絵 は、我慢出来なくて仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。花絵 は、泣きながら、男の人のものを舐めて、白いものまで飲まさせられました。花絵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
男子たちは、「これからもキミはこういうことをするように。キミのおもらしを見るのは楽しいなぁ。」と言って、その場を後にしました。
お願いだから、こういうことはヤメて欲しいです。
花絵 は、どうしたらいいですか?? 誰か、花絵 のことを助けて下さい。
主成分: 体験者:恵美 掲載日:2017/3/3
私は、恵美 と言います。恵美 は、高校1年生ですけど、先日の恥ずかしいことを話します。
5時限目の授業が終わったので、恵美 は、トイレに行こうとしたら、男の先輩に邪魔をされました。恵美 は、仕方なく我慢するだけ。恵美 は、どうしよう、どうしよう、どうしよう、と思いながら、次の授業を受けるしかなかったです。
恵美 は、6時限目の授業を受けましたが、おしっこを我慢するのに必死でした。
何とか6時限目の授業が終わったので、恵美 がトイレに行こうとしたら、またまた男の先輩に邪魔をされました。恵美 は、どうしよう、どうしよう、我慢出来そうもない、どうしよう、どうしよう、と思っていると、男の先輩は、恵美 の手を引いて、体育倉庫へと行きました。恵美 は、男の先輩と2人だけで、体育倉庫に入りました。
恵美 は、おしっこがしたい、どうしよう、どうしよう、と思いながら、必死におしっこを我慢しました。男の先輩は、「どうしたんだ?? 我慢しているのか?? ここなら、誰も見ていないよ。」と言いました。恵美 は、もう我慢の限界に来ていました。すると、男の先輩は、恵美 のスカートをめくりました。「キミはこんなにかわいい白いひもパンをはいているんだね。」と言いました。恵美 は、「 恵美 、恥ずかしいです。見ないで下さい。」と言ってしばらくすると、「 恵美 、も、もうダメっ! 恵美 、もう我慢出来そうもない。 恵美 、で、で、でちゃう! 恵美 、もうダメっ!」と言ったあとに、恵美 は、我慢が出来なくて仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。恵美 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。
男の先輩は、「そうか、そうか、キミはうれしくておもらししたんだね。おもらしを見るのは楽しいなぁ。」と言いました。
恵美 は、泣きながら、「違います。恵美 は、我慢出来なかったから。恵美 は、我慢出来なかったから、仕方なく………。」言いました。すると、男の先輩は、恵美 のショーツのひもをほどいて、「このパンツは記念にもらうぞ。オレのコレクションにするから。」と言って、恵美 のおもらししたショーツを強引に奪って行きました。
恵美 は、「恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから、返して下さい。」と泣きながら言いましたが、男の先輩は、「いいじゃないか、いいじゃないか。おもらしの証拠だから、もらうぞ。」と言って、満足した感じで、恵美 のショーツを強引に奪って、体育倉庫をすぐに出て行きました。
恵美 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
恵美 は、仕方なく家に帰るまで、ノーパンで過ごすしかなかったです。恵美 は、スゴく恥ずかしかったです。
恵美 は、おもらしをしたくないです。恵美 は、どうしたらいいですか?? 恵美 は、また男の先輩にイジメられるのかなぁ?? お願いだから、恵美 にこういうことは、ヤメて欲しいです。恵美 は、どうしたらいいですか??
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/3/3
私は、高校2年生の 七恵 と言います。先日の 七恵 のことですが、秘密のことですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、次の授業担当の杉浦 先生に呼び止められました。
杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 さん、授業の準備は大丈夫かな?? 先生が何でも教えてあげるから、安心しなさい。授業を楽しみにしているんだよ。」と言われました。七恵 は、杉浦先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。
その後の時間がなかったので、七恵 は、仕方なくおしっこを我慢したままでした。
授業が始まってしばらくすると、杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 さん、大丈夫かな?? 七恵 さん、気分が優れないようだね。先生と一緒に保健室へ行こうか。」と言って、その後、「みんな、先生は、 七恵 さんと保健室に行くから、自習にする。おとなしく自習をしているように。さあ、 七恵 さん、一緒に行こうか。」と先生は言いました。 七恵 は、「杉浦 先生、分かりました。」と言って、杉浦先生に手を引かれて、保健室に行きました。でも、 七恵 は、おしっこを我慢したままでした。
保健室に着くと、先生は、 七恵 に「 七恵 ちゃん、ベッドに横たわりなさい。」と言いました。 七恵 は、杉浦先生の言うとおりに、ベッドに横たわりました。すると、杉浦先生は、「やっと、2人っきりになれたね。これから先生と秘密のことをしよう。 七恵 ちゃん、キミのことが好きなんだ。もう、我慢出来ないんだ。」と言って、七恵 にそっとキスをしてきました。 七恵 は、「杉浦先生、こ、こういうことは……。」と言うと、杉浦 先生は、七恵 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。 七恵 は、恥ずかしくて、杉浦 先生に従うがままで、仕方なくおしっこを必死に我慢するしかなかったです。
しばらくすると、杉浦 先生は、七恵 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 七恵 のブラジャーの上から、 七恵 の胸を触ってきました。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃんは、こんなかわいいピンクのブラジャーを着けているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 のブラジャーのホックを外して、七恵 の胸を触ってきて、七恵 の胸をていねいにしゃぶってきました。 七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、不思議な感じになりましたが、杉浦 先生に従うがままでした。
その後しばらくすると、杉浦 先生は、 七恵 のスカートをめくって、 七恵 のショーツの上から、 七恵 の大切なところを触ってきました。杉浦 先生は、「 今日の 七恵 ちゃんは、こんなにかわいいピンクのひもパンをはいているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦 先生の手は、 七恵 のショーツの中へと侵入しました。そして、 七恵 の大切なところを手でイヤらしく触ってきて、 七恵 の大切なところに指を入れてきました。もう、 七恵 の頭の中は、真っ白になって、何が何だか分からなくなってきました。もう、 七恵 は、杉浦 先生に従うがままでした。しばらくすると、 七恵 は、我慢が出来なくなって、 七恵 は、「杉浦 先生、ごめんなさい。ごめんなさい。 七恵 、で、でちゃう。ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、 七恵 は、我慢出来なくなって、仕方なくおもらしをしてしまいました。
さらに、杉浦 先生は、手でそのまま 七恵 の大切なところを刺激し続けてきたので、七恵 はスゴく感じてしまいました。
杉浦 先生は、「 七恵 ちゃん、これからも特別に大切なことを教えてあげるからね。明日も、 七恵 ちゃんのことを気持ち良くしてあげるから、一緒に特別に大切なことをしよう。」と言って、 七恵 のショーツのひもをほどきました。杉浦先生は、「 七恵 ちゃんの濡れたひもパンは、先生のコレクションのためにもらうからね。」と言って、 七恵 のショーツを奪っていきました。 七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。 七恵 は、泣きながら、「お願いだから、返して下さい。 七恵 、恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから………。」と言いました。それでも、杉浦先生は、「 七恵 ちゃんとの秘密の証拠だから、先生がもらうからね。」と言って、 七恵 の濡れたショーツを持って保健室を後にしました。
七恵 は、家に帰るまで、仕方なくノーパンで過ごすしかなかったです。 七恵 は、スゴく恥ずかしかったです。
七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ?? 七恵 は、どうしたらいいのですか??
主成分: 体験者:恵美 掲載日:2017/3/3
私は、高校1年生の 恵美 と言います。先日の卒業式の日の 恵美 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
恵美 がトイレに行こうとしたら、男の先輩に呼び止められました。
男の先輩は、 恵美 に「 キミ、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言われました。 恵美 は、男の先輩なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。その後、 恵美 は、男の先輩と一緒に体育倉庫へと行きました。 恵美 は、仕方なくおしっこを我慢したままでした。
男の先輩は、 恵美 に「いいだろう、オレは卒業だからいいだろう、我慢出来ないんだ……。」と言いました。すると、男の先輩は、 恵美 に濃厚なキスをしてきました。 恵美 は、「せ、先輩、こ、こういうことは……。」と言うと、男の先輩は、 恵美 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。 恵美 は、恥ずかしくて、男の先輩に従うがままで、仕方なくおしっこを必死に我慢するしかなかったです。
男の先輩は、 恵美 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 恵美 のブラジャーの上から、 恵美 の胸を触ってきました。男の先輩は、「 キミは、こんなかわいい白いブラジャーを着けているんだね。」と言ってきました。 恵美 は、「せ、先輩、 恵美 は、恥ずかしいです。」と言いました。すると、男の先輩は、 恵美 のブラジャーのホックを外して、恵美 の胸を触ってきて、 恵美 の胸をていねいにしゃぶってきました。 恵美 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、不思議な感じになりましたが、男の先輩に従うがままでした。
その後しばらくすると、男の先輩は、 恵美 のスカートをめくって、 恵美 のショーツの上から、 恵美 の大切なところを触ってきました。男の先輩は、「 今日のキミは、こんなにかわいい白いひもパンをはいているんだね。」と言ってきました。 恵美 は、「せ、先輩、 恵美 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、男の先輩は、手を 恵美 のショーツの中へと侵入しました。そして、男の先輩は、 恵美 の大切なところに指を入れてイヤらしく触ってきました。もう、 恵美 の頭の中は、真っ白になって、何が何だか分からなくなってきました。もう、 恵美 は、男の先輩に従うがままでした。しばらくすると、 恵美 は、もう我慢が出来なくなって、 恵美 は、「せ、先輩、ごめんなさい。ごめんなさい。 恵美 、で、でちゃう。 恵美 、もうダメっ! ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、 恵美 は、我慢出来なくなって、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。
さらに、男の先輩は、そのまま 恵美 の大切なところを刺激し続けてきたので、恵美 はスゴく感じてしまいました。 恵美 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。
男の先輩は、「 卒業の記念に、キミの濡れたひもパンをもらうからね。ありがとう。」 と言って、 恵美 のショーツのひもをほどいて、 恵美 のショーツを奪っていきました。 恵美 は、泣きながら、「お願いだから、返して下さい。恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから………。」と言いました。それでも、男の先輩は、「いいじゃないか。いいじゃないか。卒業の記念だから、いいじゃないか。」と言って、強引に 恵美 のショーツを奪っていきました。そして、男の先輩は、すぐに、体育倉庫を出て行きました。
恵美 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。どうして、男の人は、 恵美 にこういうことをするのですか?? お願いだから、 恵美 にこういうことをしないで欲しいです。
恵美 は、家に帰るまで、仕方なくノーパンで過ごすしかなかったです。 恵美 は、スゴく恥ずかしかったです。
主成分: 体験者:有希奈 掲載日:2017/3/18
私は、高校1年生の 有希奈 と言います。先日の 有希奈 のことですが、恥ずかしいですけど、正直に話します。
有希奈 がトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちに呼び止められました。
クラスの男子たちは、有希奈 に「おまえが、トイレに行ったら、おまえがおもらししたことをみんなに言いふらしてやる。それでもいいのか??」と言いました。有希奈 は、仕方なく「分かりました。有希奈 はトイレに行くのをヤメます。」と言いました。有希奈 は、おしっこを必死に我慢するしかなかったです。
有希奈 は、どうしよう、どうしよう、我慢出来なかったら、どうしよう、と思いながら、次の授業を受けました。有希奈 は、何とか必死に我慢して、授業は終わりました。
有希奈 は、おしっこがしたい、どうしよう、どうしよう、おしっこがしたい、どうしよう、と思いながら、廊下の隅に移動しました。すると、クラスの男子たちは、有希奈 の周りに集まってきました。
有希奈 は、おしっこを必死に我慢しました。しばらくすると、有希奈 は、「お願いだから、見ないて下さい。 有希奈 、も、もうダメっ! 有希奈 、もう我慢出来ないっ! 有希奈 、で、で、でちゃう! 有希奈 、もうダメっ!」と言ったあとに、男子たちは、有希奈 のスカートをめくりました。その後、有希奈 は、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。有希奈 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。男子たちは、「おまえの白いひもパンが濡れちゃった。濡れちゃったなぁ。恥ずかしいなぁ。」と言いました。有希奈 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。すると、男子たちは、有希奈 のショーツのひもをほどいて、「このひもパンは、おもらしの証拠のために、もらうからね。おまえのものは、オレたちのものだっ。」と言って、 有希奈 のショーツを奪っていきました。有希奈 は、泣きながら、「お願いだから、返して下さい。有希奈 のを返して下さい。お願いだから………。」と言いました。しかし、男子たちは、「いいじゃないか、おまえの証拠のためだからな。おもらしを見るのは楽しいなぁ。おまえのおもらしのパンツを集めるのは、楽しいなぁ。」と笑いながら言いました。有希奈 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるだけでした。
その後、男子たちは、すぐに笑いながら、去って行きました。
有希奈 は、トイレに行けないことがスゴくツラいです。有希奈 は、おしっこがしたいだけなのに………。有希奈 は、どうしたらいいですか?? 有希奈 は、おもらしをしたくないだけです。
主成分: 目撃者:KY 掲載日:2017/3/18
これも盲学校時代、中学の頃に思いを寄せていた、3つ年上のKさんとの事です。
私とKさんは、学校の敷地内にある寮で平日を過ごしていました。月曜の朝に出て来て金曜の夕方に家に帰る、という感じです。もちろん寮は男女で分かれていましたが、朝食と夕食は女子寮にある食堂で男女一緒に食べる事になっていましたので、結構おしゃべりする機会がありました。
それは、中学3年の2学期、たしか10月頃だったと記憶しています。夕食を終えて、私とKさんは食堂のドアの近くで、たわいもない雑談をしていました。話題の大半は、Kさんが熱狂的なファンである某男性アーティストの話でした。
食堂のドアの前からは、正面に向かって廊下がまっすぐ延びていて、その廊下は食堂に突き当たるとL字に右折し、女子寮の正面入り口に続いています。そのL字のちょうど内側の角の部分に階段があり、その中腹にKさん、手すりを挟んで正面入り口へ向かう廊下に私、という格好。会話というより、熱弁を振るうKさんに、私が相槌を打つ、と言う形で話は続きました。
階段の中腹に立っているKさんは、何だか落ち着きがありません。急にしゃがみ込んだかと思えば、再び立ち上がって、小さく足踏みするようにつま先で交互に床を叩いています。「催している」事は明らかでした。
最初に気づいたのは、話し始めて10分くらいした頃でした。でも、そんなKさんの姿がとてもかわいく思えてしまった私は、少し意地悪をしてあえて気づかないふり。自分から言い出さなければトイレに行けない状況を作りました。
彼女も話を途中で切り上げるのがいやなのか、それとも単に恥ずかしいだけなのか、脚をもじもじさせながらも、相変わらずのテンションで話し続けました。立ったり座ったりの間隔が、だんだん短くなっていきます。
それから15分くらい話していたでしょうか。Kさんはついに我慢できなくなったのか、話しがひと段落着いたところで、
「ごめん、ちょっとトイレ…」
と、少し気まずそうに切り出して、スタスタとトイレに向かいました。トイレは階段のすぐ近くでしたが、さすがに着いて行く勇気は、当時の私にはありませんでした。
もしかしたら彼女は、夕食の途中からトイレに行きたかったのかもしれません。階段の途中で小さく足踏みし、時々顔をしかめながら熱弁する彼女の姿が、今でも記憶に残っています。
主成分: 目撃者:KY 掲載日:2017/3/18
中学2年の3月の事でした。 当時、母校は耐震補強工事が行われていました。水道関係の工事が入る都合上、昼間や放課後を問わず断水して、トイレが使えなくなる事も結構ありました。
1日の授業が終わって、帰りのホームルームをしていた時の事です。当時、私のクラスには3年生がおらず、私の同級生2人と、1年の女の子の計4人クラスでした。
その日は、1年生の6時間目が長引いた影響で、1年のMさん抜きでホームルームが始まりました。時間割は学年毎に違うので、こういう事は結構ありました。
先生から最初に伝えられた連絡事項は、放課後にトイレの工事があり、3時半からトイレが使えなくなる、というものでした。女子から「えっ?」という声が上がります。それは、先生が話している最中に教室に帰って来たMさんも同じでした。
「えぇー…。そんな事言われても、既に行きたいんだけど…」
いつになく困ったような独り言が聞こえて来ました。後ろのMさんの席を見ましたが、仕草は確認できませんでした。
話の途中で帰って来たMさんは、どうやら「3時半から」の1文を聞き逃していたようです。周りからそう補足されて少し安心したようでした。
その他には、特にこれといった連絡もなく、すぐにホームルームは終わりました。Mさんはすぐに立ち上がり、
「ね、まだトイレこんでないよね?行って大丈夫だよね?」
とすごく慌てた様子で周りに確認した後、
「いって来る!」
と言い置いて、トイレに小走りで向かいました。美形だけど男勝りで、トイレが遠く学校ではめったにトイレに立たない彼女が、あんなに慌てた様子でトイレに駆け込む姿を見たのは、これが最初で最後でした。
それからすぐ、Mさんは何事もなかった様子で帰ってきました。トイレにはまだ誰もおらず、無事に用を済ませる事が出来たようでした。
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/3/18
私は、高校2年生の 七恵 と言います。先日の 七恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、補習の担当の杉浦 先生に呼び止められました。
杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言いました。 七恵 は、杉浦先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。その後、 七恵 は、杉浦 先生と一緒に体育倉庫へと行きました。七恵 は、仕方なくおしっこを我慢したままでした。
杉浦 先生は、七恵 に「 七恵 さん、今から、 七恵 さんのお口で、先生のをていねいにしゃぶりなさい。大丈夫かな??」と言って、ズボンとパンツを脱ぎました。 七恵 は、「杉浦 先生、 七恵 はこういうことは初めてだから……。でも、 七恵 ……、恥ずかしいです。 七恵 どうしていいか、分からないです……。」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 に「 七恵 ちゃん、これから先生と秘密のことをするんだ。 七恵 ちゃん、キミのことが好きだから、先生のをしゃぶりなさい。」と言いました。 七恵 は、恥ずかしかったけど、ひざまづいて、「杉浦先生、こ、こういうことは……。」と言いながら、杉浦 先生のものをしゃぶりました。でも、 七恵 は、恥ずかったけど、杉浦 先生に従うがままで、仕方なくおしっこを必死に我慢するしかなかったです。
数分後に、 七恵 は、「先生、 七恵 は、いつまでこういうことをしたらいいですか??」と言いました。杉浦先生は、「先生が気持ち良くなるまでだよ。ていねいにしゃぶりなさい。」と言いました。少しすると、 七恵 は、我慢が出来なくなって、 七恵 は、「杉浦 先生、ごめんなさい。ごめんなさい。 七恵 、もうダメっ! 七恵 、で、でちゃう。もう我慢出来ないっ! 七恵 もうダメっ! ごめんなさい、ごめんなさい。」と言って、 七恵 は、我慢出来なくなって、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。
しばらくすると、杉浦先生は、「先生は、イッちゃいそうだ。先生のものを全部飲みなさい。先生のものだから、飲めるだろう?? 美味しいよ。」と言いました。 七恵 は、杉浦先生のいう通りに、杉浦先生のものを全部飲みました。 七恵 はスゴく不思議な気持ちになりました。
杉浦 先生は、「 七恵 ちゃん、おもらしするから、大好きだよ。 七恵 ちゃん、これからも特別に大切なことを少しずつ教えてあげるからね。明日は、 七恵 ちゃんのことを気持ち良くしてあげるから、一緒に特別な補習をしよう。」と言って、体育倉庫を後にしました。

七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ?? 七恵 は、どうしていいか、分からないです。
主成分: 体験者:花絵 掲載日:2017/3/18
私は、高校1年生の 花絵 と言います。先日の 花絵 のことですが、恥ずかしいですけど、正直に話します。
花絵 がトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちに呼び止められました。
クラスの男子たちは、花絵 に「お前は、やることがあるだろう?? オレたちのを舐めるんだ。」と言いました。花絵 は、「 花絵 は、舐めないといけないですか?? 花絵 、こういうことは…………。」と言いました。クラスの男子たちは、「お前は、毎日すると約束しただろう?? 約束は守らないといけないだろう。」と言って、ズボンとパンツを脱ぎました。花絵 は、どうしよう、どうしよう、どうしよう、と思ってひざまづくと、男子たちは、花絵 の顔に男子たちのものを擦り付けて来ました。花絵 は、おしっこを必死に我慢するしかなかったです。しばらくすると、花絵 は、男子たちのものを、ムリヤリ舐めさせられました。花絵 は、恥ずかしかったけど、男子たちのものを舐めるしかなかったです。その数分後、花絵 は、「 花絵 、もうダメっ! 花絵 、もう我慢出来ないっ! 花絵 、で、で、でちゃう。 花絵 、もうダメっ!」と言った後に、男子たちは。 花絵 のスカートをめくりました。 花絵 は、もう我慢出来なかったので、おしっこを漏らしてしまいました。 花絵 は恥ずかしくて、泣きながら、男子たちのものを舐めました。男子たちは、「気持ちいいなぁ。イッちゃいそうだ。イクぞっ。ちゃんと全部飲むんだぞ。」と言いました。 花絵 は、仕方なく言われた通りに、男子たちの出したものを飲みました。 花絵 は、不思議な気持ちになりましたが、恥ずかしくて泣き続けるしかなかったです。
すると、男子たちは、 花絵 のショーツのひもをほどいて、「お前のひもパンはもらうぞ。おもらしの証拠だからな。オレのコレクションにしよう。」と言って、 花絵 の濡れたショーツを奪っていきました。 花絵 は、「お願いだから、返して下さい。 花絵 は、恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから………。このことは誰にも言わないで下さい。お願いだから………。」と言いました。すると、男子たちは、「お前は、こんな白いひもパンをはいていて、おもらししたんだ。これからも毎日、オレたちのを舐めるんだ。そして、オレたちの前で、おもらしするんだ。ちゃんと約束は守るように。」と言いました。 花絵 は、「お願いだから、返して下さい。 花絵 のショーツを返して下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男子たちは、「いいじゃないか、いいじゃないか、濡れちゃったんだから、いらないだろう?? 」と言って、 花絵 のショーツを強引に奪って、すぐに去って行きました。
花絵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
花絵 は、男子たちにこのまま従うしかないのかなぁ?? 花絵 は、家に帰るまで、ノーパンで過ごすしかなかったです。
花絵 は、スゴく恥ずかしかったです。 花絵 は、どうしたらいいですか??
主成分: 目撃者:KY 掲載日:2017/3/18
中学2年の頃、私が入っていた寮に、T先生(当時28歳、女性)が臨時の指導員として赴任して来ました。とても気さくで明るい先生で、男女問わず寮生から人気を集めていました。勿論、私もその中の一人でした。
このT先生、私たちのグループの担当で、行動を共にする事も多かったからか、おしっこ関連の話題をいくつか提供してくれました。

T先生が赴任してから数ヶ月が経った頃の話です。その時はたしかお風呂上がりで、男子寮1階の多目的ルームでテレビを見ていました。すると、2階から降りて来たT先生に、
「私の上履き知らない?」
と声をかけられました。どうやら他の生徒に、いたずらで先生の上履きがどこかに隠されてしまったようでした。
本当に全く知らなかったのでそう答えると、
「えぇぇ、トイレ行きたいんだけど…」
と、すごく困った口ぶり。
「そのまま行けばいいのに」
と言ったんですが、床がタイル張りのトイレに裸足で入るのに抵抗があるみたいで、再び上履きを探しに上へ上がって行きました。
なお、私はそこまで親切な人間ではない(本当はテレビが見たい)ので、探すのを手伝ったりはしませんでした。
先生が上履きを見つけて来たのは、それから40分近く経った頃でした。ある部屋の、入り口正面にある扉付きのロッカーの奥に隠してあったようです。
その事を伝え終わると、先生はそそくさとトイレに向かいました。意地悪して引き留めようとしましたが、逃げられてしまいました。
先生の本当に困ったような表情が、今も頭に焼き付いています。
主成分: 体験者:美希 掲載日:2017/3/18
私は、高校1年生の 美希 と言います。先日の 美希 のことですが、正直に話します。
授業が終わった時に、美希 がトイレに行こうとしたら、男の先輩に呼び止められました。男の先輩は、「今日はホワイトデーだなぁ。キミのことを気持ち良くしてあげよう。」と言いました。美希 は、「せ、先輩、美希 は何もしていないから、申し訳ないです。」と言いました。男の先輩は、「気にしなくても、いいんだ。」と言って、美希 のスカートの上から大切なところを触ってきました。美希 は、「せ、先輩、こ、こういうことは………。美希 、恥ずかしいです。」と言いました。すると、男の先輩は、「いいだろう、いいだろう、いいだろう?? 」と言って、美希 のスカートの中に手を入れて、美希 のショーツの上から大切なところを触ってきました。美希 は、恥ずかしくて我慢しながら、「せ、先輩、こういうことは………。」と言いました。すると、男の先輩の手は、美希 のショーツの中へと侵入して、美希 の大切なところに指を入れてきました。美希 は、スゴく恥ずかしかったけど、美希 の頭の中はだんだん真っ白になってきました。美希 は、抵抗も出来なくて、男の先輩に従うしかなかったです。しばらくすると、美希 は、「 美希 、もうダメっ! 美希 、おかしくなっちゃう。美希 、も、もう、我慢出来ないっ! 美希 、もうダメっ!」と言って、その後、美希 は、我慢出来なくて、おしっこを漏らしてしまいました。さらに、男の先輩は、美希 の大切なところを刺激し続けたので、美希 はスゴく感じてしまいました。男の先輩は、「そうか、そうか、そんなに気持ち良かったのか。気持ち良かったから、おもらしまでしたんだね。」と言いました。美希 は、「 美希 は、我慢出来なかったから………。美希 は、我慢出来なかったから、仕方なく………。」と言って、恥ずかしくて泣くしかなかったです。
すると、男の先輩は、美希 のスカートをめくって、美希 のショーツのひもをほどいて、美希 の濡れたショーツを奪っていきました。美希 は、「お願いだから、返して下さい。美希 のを返して下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「これは、オレのものだ。いいだろう?? みんなに言っちゃうよ。それでもいいのか?? 」と言いました。美希 は、「お願いだから、誰にも言わないで下さい。美希 のこと、誰にも言わないで下さい。美希 のこと、内緒にして下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「じゃ、キミのおもらしした白いひもパンはもらうからね。また、キミのことを気持ち良くしてあげるからね。このことは、オレたちだけの秘密だな。」と言って、楽しそうに、去って行きました。
美希 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
美希 は、どうしたらいいですか?? 美希 は、どうしたらいいか、分からないです。
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/3/18
私は、高校2年生の 七恵 と言います。先日の 七恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
七恵 がトイレに行こうとしたら、補習の担当の杉浦 先生に呼び止められました。
杉浦 先生は、 七恵 に「 七恵 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言われました。 七恵 は、杉浦先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。その後、 七恵 は、杉浦 先生と一緒に保健室へと行きました。 七恵 は、仕方なくおしっこを我慢したままでした。
杉浦 先生は、 七恵 に「 七恵 さん、今日はホワイトデーだね。 七恵 さんのことを、気持ち良くしてあげよう。 七恵 さん、ベッドに横たわりなさい。」と言いました。 七恵 は、「杉浦 先生、分かりました……。でも、 七恵 ……、先生には何もしていないから……。」と言って、ベッドに横たわりました。すると、杉浦先生は、 七恵 に「 七恵 さん、これから先生としよう。 七恵 ちゃん、好きだよ。いいだろう??」と言って、 七恵 に熱いとキスをしてきました。 七恵 は、「杉浦先生、こ、こういうことは……。」と言うと、杉浦 先生は、 七恵 のセーラー服の上から、胸と大切なところを触ってきました。 七恵 は、恥ずかしくて、杉浦 先生に従うがままで、仕方なくおしっこを必死に我慢するしかなかったです。
しばらくすると、杉浦 先生は、 七恵 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 七恵 のブラジャーの上から、 七恵 の胸を触ってきました。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃんは、こんなかわいいピンクのブラジャーを着けているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 のブラジャーの肩ひもの金具と背中のホックを外して、七恵 の胸を触ってきて、七恵 の胸をていねいにしゃぶってきました。 七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、不思議な感じになりましたが、杉浦 先生に従うがままでした。
その後しばらくすると、杉浦 先生は、 七恵 のスカートをめくって、 七恵 のショーツの上から、 七恵 の大切なところを触ってきました。杉浦 先生は、「 今日の 七恵 ちゃんは、こんなにかわいいピンクのヒモのショーツをはいているんだね。」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、杉浦 先生は、手に何か道具を持って、 七恵 のショーツの中へと侵入しました。そして、杉浦先生は、 七恵 の大切なところをその道具でイヤらしく触ってきて、 七恵 の大切なところにその道具を入れてきました。すると、その道具が動き出しました。 七恵 の頭の中は、もう真っ白になって、何が何だか分からなくなってきました。もう、 七恵 は、杉浦 先生に従うがままでした。しばらくすると、 七恵 は、我慢が出来なくなって、 七恵 は、「杉浦 先生、ごめんなさい。 七恵 、も、もうダメっ! 七恵 、で、でちゃう。 七恵 、もう、我慢出来ないっ! 七恵 、もう、ダメっ! ごめんなさい。」と言って、 七恵 は、我慢出来なくなって、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。
さらに、杉浦 先生は、その道具でそのまま 七恵 の大切なところを刺激し続けてきたので、七恵 はスゴく感じてしまいました。
七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣くしかなかったです。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃん、気持ち良くなって、おもらししたんだね。」と言って、 七恵 のショーツのひもをほどいて、 七恵 のショーツを奪っていきました。 七恵 は、「お願いだから、このことは誰にも言わないで下さい。お願いだから、 七恵 のを返して下さい。お願いだから、返して下さい。」と泣きながら言いました。杉浦先生は、「いいだろう?? 濡れちゃったんだから、いいだろう?? ホワイトデーのプレゼントとしてもらうからね。」と言って、 七恵 の濡れたショーツを奪って、保健室を後にしました。

七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ?? 七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、もう、どうしていいか、分からないです。
主成分: 体験者:有希奈 掲載日:2017/4/3
私は、高校1年生の 有希奈 と言います。先日の 有希奈 のことですが、恥ずかしいですけど正直に話します。
昼休みになった時、有希奈 は、おしっこがしたくなりました。クラスの男子たちは、有希奈 の周りに集まってきました。有希奈 は、おしっこがしたい、どうしよう、どうしよう、我慢が出来なかったら、どうしよう、どうしよう、と思っていました。すると、男子の1人が、有希奈 の目の前で、ズボンとパンツを脱ぎました。そして、「さぁ、オレのを舐めるんだ。言うことに従わないとどうなるか分かっているよな。」と言いました。有希奈 は、「分かりました。有希奈 は、おちんちんを舐めますから、有希奈 のことは絶対に内緒にして下さい。お願いだから………。」と言いました。男子は、「内緒にしてやるから、早く舐めるんだ。気持ち良くなるまでだぞ。」と言いました。有希奈 は、おしっこを我慢しながら、男子のおちんちんを舐めました。有希奈 は、おしっこがしたい、どうしよう、どうしよう、我慢出来なかったら、どうしよう、どうしようと思いながら、男子のおちんちんを舐めました。10分くらい過ぎると、有希奈 は、我慢の限界になりました。有希奈 は、「 有希奈、もうダメっ! 有希奈、もう我慢出来ないっ! 有希奈、で、で、でちゃう! 有希奈、もうダメっ! 有希奈、で、でちゃう!!」と言ったら、男子たちは、有希奈 のスカートをめくりました。しばらくすると、有希奈 は我慢出来なくて、おちんちんを舐めたまま、おしっこを漏らしてしまいました。有希奈は、泣きながら、おちんちんを舐めました。すると、男子は「イッちゃいそうだ、オレのを全部飲むんだ。イッちゃいそうだ、イッ、イッちゃうぞっ!!」と言って、何かスゴく濃いものを出しました。有希奈 は、男子たちに従って、男子の出した濃いものを全部飲みました。有希奈 は、スゴく不思議な感じになりました。すると、男子たちは、有希奈 のショーツのひもをほどいて、有希奈 の濡れたショーツを奪っていきました。有希奈 は、「お願いだから、返して下さい。有希奈 のを返して下さい。お願いだから………。」と言いました。男子たちは、「このおもらししたひもパンはコレクションだから、ダメだ、ダメだ。」と言いました。有希奈 は、泣きながら、「お願いだから、返して下さい。有希奈 のを返して下さい。お願いだから……。」と言いましたが、男子たちは、「やっぱり、有希奈 のお漏らしを見るのは楽しいなぁ。やっぱり、有希奈 は、お漏らしがお似合いだなぁ。」と笑いながら、その場を去って行きました。
有希奈 はトイレに行けなくて、スゴくツラいです。
有希奈 は、男子たちに従うしかないのかなぁ。
有希奈 は、おもらしをしたくないです。
有希奈 は、どうしたらいいですか???
主成分: 体験者:宏恵 掲載日:2017/4/3
私は、高校2年生の 宏恵 と言います。先日の 宏恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
最後の授業が終わってから、 宏恵 は、トイレに行こうとしたら、稲葉 先生に呼び止められました。
稲葉 先生は、 宏恵 に「 宏恵 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言いました。 宏恵 は、稲葉先生が男の先生なので、恥ずかしくて、トイレに行きたいとは言えなかったです。その後、 宏恵 は、稲葉 先生と一緒に面接室へと行きました。 宏恵 は、仕方なくトイレにいくのを我慢したままでした。
稲葉 先生は、 宏恵 に「 宏恵 さん、3年生の 鈴木 麻由 といつも何をしているんだ?? 宏恵 さん、正直に話しなさい。」と言いました。 宏恵 は、「実は、麻由 先輩は、 宏恵 の胸や大切なところを触ってきますから、 宏恵 はどうしたらいいか、分からないです。 宏恵 は、麻由 先輩の指示には従わないといけないですから……。」と言いました。稲葉先生は、「これから、 宏恵 さんに大切なことを教えてあげよう。」と言いました。すると、稲葉先生は、 宏恵 のセーラー服の上から、 宏恵 の胸と大切なところを触ってきました。 宏恵 は、「せ、先生、こ、こういうことは………。」と言うと、稲葉先生は、 宏恵 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 宏恵 のブラジャーの上から、 宏恵 の胸をていねいに触ってきました。稲葉先生は、「 宏恵 さんは、こんな白いブラジャーをつけているんだね。」と言いました。 宏恵 は、「せ、先生、 宏恵 は恥ずかしいです。」と言うと、稲葉先生は、 宏恵 のブラジャーの背中のホックを外して、 宏恵 の胸をていねいに触って、 宏恵 の胸をしゃぶってきました。 宏恵 は、不思議な感じになり、稲葉先生に従うだけでした。
しばらくすると、稲葉先生は、 宏恵 のセーラー服のスカートをめくって、 宏恵 のショーツの上から 宏恵 の大切なところを触ってきました。稲葉先生は、「 宏恵 さんは、こんな白いひもパンをはいていたんだね。」と言いました。 宏恵 は、「せ、先生、 宏恵 は、スゴく恥ずかしいです。」と言いました。すると、稲葉先生の手は、 宏恵 のショーツの中へと侵入して、 宏恵 の大切なところを触ってきました。その後、稲葉先生は、手の指を 宏恵 の大切なところへ入れてきました。もう、 宏恵 は、頭の中が真っ白になって、稲葉先生に従うしかなかったです。しばらくして、 宏恵 は、我慢が出来なくなって、「 宏恵 、も、もうダメっ! 宏恵 で、でちゃう! 宏恵 、もうダメっ! 宏恵 、我慢出来ないっ! 宏恵 、も、もうダメっ!!」と言って、おしっこを漏らしてしまいました。稲葉先生は、さらに、 宏恵 の大切なところを刺激してきたので、 宏恵 は、「 宏恵 、も、もうダメっ!! 宏恵 、イッ、イッちゃうっ! 宏恵 、もうダメっ!」と言って、 宏恵 は、スゴく感じてしまいました。 宏恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて泣くしかなかったです。その後、 宏恵 は、「お願いだから、誰にも言わないで下さい。お願いだから……、内緒にして下さい。お願いだから……。」と泣きながら言いました。すると、稲葉先生はズボンとパンツを脱いで、「 宏恵 さん、誰にも言わないから、先生のものをしゃぶりなさい。先生が気持ち良くなるまで、ていねいにしゃぶりなさい。いいだろう??」と言いました。 宏恵 は、恥ずかしかったけど、稲葉先生のものをしゃぶりました。 宏恵 は、稲葉先生のために、ていねいに稲葉先生のものをしゃぶりました。10分くらいすると、稲葉先生は、「先生は、イッちゃいそうだ。先生の出したものを全部飲みなさい。いいだろう??イッちゃうぞ。」と言ったあとに、稲葉先生は、何か濃いものを出しました。 宏恵 は、稲葉先生のために、先生の出した濃いものを全部飲みました。 宏恵 は、スゴく不思議な感じになりました。
その後、稲葉先生は、 宏恵 のセーラー服のスカートをめくって、 宏恵 のショーツのひもをほどいて、 宏恵 がおしっこを漏らして濡れたショーツを奪っていきました。稲葉先生は、「 宏恵 さんがおもらししたひもパンをもらうからね。 宏恵 さんがおもらしした証拠だからなぁ。」と言いました。 宏恵 は、「お願いだから…、返して下さい。 宏恵 のを恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから………。 宏恵 のこと、絶対に誰にも言わないで下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。稲葉 先生は、「 宏恵 さんは、これから毎日欠かさずに、先生のものをしゃぶるんだ。そして、先生の出したものを全部飲むんだ。いいだろう?? 先生と 宏恵 さんとの2人の約束だからね。 宏恵 さんが約束を破ったら、 宏恵 さんがおもらしした証拠をみんなに見せびらかすからね。いいかな???」と言ってきました。 宏恵 は、「稲葉先生、 宏恵 のことは、恥ずかしいから、絶対に誰にも言わないで下さい。 宏恵 は、稲葉先生のものを毎日欠かさずにしゃぶりますから……。 宏恵 は稲葉先生のものをしゃぶって、出したものを全部飲みますから……。」と泣きながら言いました。すると、稲葉先生は、 宏恵 のセーラー服をめくって、ブラジャーの金具を外して、 宏恵 のブラジャーも奪っていきました。 宏恵 は、「お願いだから…、 宏恵 のを返して下さい。お願いだから…、返して下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。稲葉先生は、「 宏恵 さんのものは、先生のものだからね。 宏恵 さんのものは先生が全部もらうからね。いいだろう??」と言いました。 宏恵 は、泣き続けて、稲葉 先生に従うがままでした。
その後、稲葉 先生は、 宏恵 のブラジャーとおもらししたショーツを奪って、面接室を出ていきました。
宏恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けてるしかなかったです。
宏恵 は家に帰るまで、ノーパンノーブラで過ごすしかなかったです。
宏恵 は、これからもお漏らしするしかないのかな?? 宏恵 は、稲葉 先生にこのまま従えばいいのかなぁ??
主成分: 体験者:美希 掲載日:2017/4/3
私は、高校1年生の 美希 と言います。先日の 美希 のことが、恥ずかしいですけど、正直に話します。 授業が終わってから、美希 がトイレに行こうとしたら、男の先輩に呼び止められました。男の先輩は、「キミ、ちょっと一緒に来てくれるかな?手伝ってくれるかな??」と言いました。美希 は、おしっこを我慢していたけど、男の先輩に付いて行きました。
その後、美希 は、男の先輩と一緒に体育倉庫へと入りました。すると、男の先輩は、「キミ、かわいいなぁ。我慢出来ないんだ。いいだろう??」と言って、美希にいきなりキスをしてきました。美希 は、「せ、先輩、こ、こういうことは………。」と言うと、男の先輩は、美希 のセーラー服の上から、美希 の胸をていねいに触ってきました。美希 は、「せ、先輩、こういうことは………。」と言うと、男の先輩は、「いいだろう??我慢出来ないんだ。」と言って、セーラー服の脇のチャックを上げて、美希 の胸をブラジャーの上からていねいに触ってきました。美希 は、不思議な感じになり、男の先輩に従うがままでした。男の先輩は、「キミはこんなかわいい白いブラジャーを着けていたんだね。キミの胸は大きいなぁ。キミの胸のサイズは??正直に答えなさい。」と言いました。美希 は、恥ずかしかったけど正直に、「 美希 は、Eカップです。だけど、他の人には、内緒にして下さい。」と言いました。すると、男の先輩は、美希 のブラジャーの背中のホックを外して、美希 の胸をていねいに触りながら、美希 の胸をしゃぶってきました。美希 は、不思議な感じになり、男の先輩に従うがままでした。
しばらくすると、男の先輩は、美希 のスカートの上から、美希 の大切なところを触ってきました。美希 は、「せ、先輩、こういうことは………。」と言うと、男の先輩は、美希 のスカートをめくって、美希 のショーツの上から、美希 の大切なところを触ってきました。美希 は、不思議な感じになってきました。男の先輩は、「キミはこんなにかわいい白いひもパンをはいていたんだね。」と言ってきました。美希 は、「 美希 は、スゴく恥ずかしいです。」と言うと、男の先輩は、手を 美希 のショーツの中へと侵入してきて、美希 の大切なところに指を入れてきました。もう、美希 は、スゴく不思議な感じになり、美希 の頭の中は真っ白になって、男の先輩に従うしかなかったです。美希 は、おしっこがしたくなりました。美希 は、「 美希 、もうダメっ! 美希 、もう我慢出来ないっ! 美希 、もうダメっ! 美希 、で、でちゃう! 美希 、も、もうダメっ!」と言うと、男の先輩は、美希 のスカートをめくりました。すると、美希 は、我慢が出来なくて、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。
男の先輩は、さらに、美希 の大切なところを刺激してきたので、美希 は、「 美希 、もうダメっ! 美希 、イッ、イッちゃう! 美希 、も、もうダメっ! 美希 、イッ、イッ、イッちゃう!」と言って、美希 はスゴく感じて不思議な感じになって、恥ずかしくて泣くしかなかったです。男の先輩は、「そうかそうか、キミはそんなに気持ち良くなったのか。キミは、気持ち良かったので、おもらしまでしたんだね。」と言いました。美希 は、「違います。美希 は、トイレに行けなかったから。美希 は、我慢が出来なかったから、仕方なく…………。」と泣きながら言いました。その後、美希 は「お願いだから、美希 のことは、誰にも言わないで下さい。お願いだから、美希 のことは、絶対に内緒にして下さい。お願いだから………。」と泣きながら言うと、男の先輩は、美希 のスカートをめくって、美希 のショーツのひもをほどいて、美希 のショーツを奪っていきました。美希 は、「お願いだから、返して下さい。美希 のを返して下さい。お願いだから………。」と泣きながら言うと、男の先輩は、「いいだろう、濡れちゃったから、いらないだろう。キミのおもらしの証拠として、もらうからね。オレの言うことに従うだろう。」と笑いながら言いました。美希 は、「お願いだから、美希 のことは誰にも言わないで下さい。お願いだから、美希 のことは絶対に内緒にして下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「またキミとこういうことをしよう。キミの濡れた白いひもパンはもらうからね。次を楽しみにしているよ。」と言って、美希 の濡れたショーツを奪って、笑いながら体育倉庫を去って行きました。美希 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
美希 は、男の先輩に従うしかないのかなぁ?? 美希 は、またおもらししないといけないのかなぁ。
スゴく恥ずかしかったけど、美希 は、家に帰るまで、ノーパンで過ごすしかなかったです。美希 はスゴく不思議な感じでした。
主成分: 体験者:花絵 掲載日:2017/4/3
私は、花絵 と言います。花絵 は高校1年生ですけど、終業式の日のことを話します。
花絵 は、終業式の時は、おしっこをずっと我慢していました。終業式が終わってから、花絵 はトイレに行こうとしたら、クラスの男子たちに邪魔をされて、「終業式が終わったからなぁ。ちゃんと、今からオレたちのものを舐めるんだ。ちゃんと、5人全員気持ち良くさせるんだ。終業式だからなぁ。」と言って、男子の2人は、ズボンとパンツを脱ぎました。花絵 は、おしっこがしたい、どうしよう、どうしよう、おしっこがしたい、どうしよう、と思いながら、男子たちのものを仕方なく舐めました。
10分くらいすると、男子の1人が「気持ちいいなぁ。イッちゃいそうだ。イッちゃいそうだ。イッちゃうぞっ!オレのを飲むんだ。」と言って、男子は濃いものを出したので、花絵 は仕方なく全部飲みました。花絵 は、スゴく不思議な感じになりました。
その後、花絵 は、2人目の男子のものを舐めました。しばらくすると、花絵 は、「 花絵 、もうダメっ! 花絵 、もう我慢出来ないっ! 花絵 、もうダメっ! 花絵 、で、で、でちゃう! 花絵 、も、もうダメっ!」と言ったあとに、男子たちは、花絵 のスカートをめくって「今日は、こんな白いひもパンをはいているのか。」と言いました。花絵 は、恥ずかしかったけど、我慢が出来なかったので、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。すると、男子たちは、「おまえは、今日もおもらししちゃった。白いひもパンが濡れちゃったなぁ。」と言ったので、花絵 は恥ずかしくて、泣きながら男子のものを舐めました。
しばらくして、男子の1人は「気持ちいいなぁ。イッちゃいそうだ。イッちゃいそうだ。イクぞっ!全部飲めよ。」と言って、男子は濃いものを出したので、花絵 は、言われた通りに全部飲みました。花絵 はスゴく不思議な感じになりました。
すると、男子たちは、花絵 のショーツのひもをほどいて、花絵 のショーツを奪っていきました。花絵 は、「お願いだから、返して下さい。お願いだから、花絵 のを返して下さい。お願いだから………。」と言いました。男子たちは、「おまえはおもらししたんだから、これは、コレクションにするに決まっているんじゃないか。もらっていくからなぁ。」と言いました。花絵 は、「お願いだから、花絵 のを返して下さい。恥ずかしいから……。お願いだから………。」と言いました。男子たちは、「ダメだ、ダメだ。この濡れたひもパンは、オレのものだな。」と言って、花絵 のショーツを奪って去って行きました。
花絵 は恥ずかしくて、恥ずかしくて、泣き続けるしかなかったです。
仕方なく、花絵 は、ノーパンのまま、残りの3人の男子たちのものを舐めて、男子たちの出した濃いものを全部飲みました。
花絵 は、スゴく不思議な感じになりました。

花絵 は、これからも舐めないといけないのかな??花絵 は、おもらししたくないです。花絵 は、どうしたら、いいですか??
主成分: 体験者:七恵 掲載日:2017/4/3
私は、高校2年生の 七恵 と言います。終業式の日の 七恵 のことですが、秘密のことを恥ずかしいですけど、正直に話します。
終業式が始まってしばらくすると、 七恵 はおしっこがしたくなりました。 七恵 は、どうしよう、どうしよう、おしっこがしたい、どうしよう、どうしよう、と思いながら、終業式に参加していました。すると、杉浦 先生は、「 七恵 さん、気分が優れないようだね。一緒に保健室に行こうか。」と言ってきましたので、 七恵 は、「分かりました。」と言って、 七恵 はおしっこを我慢したままで、杉浦先生と一緒に保健室へ行きました。
保健室に入ると、杉浦 先生は、 七恵 にキスをしてきて、ズボンとパンツを脱ぎました。杉浦先生は、「 七恵 さん、2人っきりになれたね。約束したように、 七恵 さんのお口で先生のを気持ち良くしなさい。」と言ってきたので、 七恵 は、恥ずかしかったけど、「分かりました。」と言って、 七恵 はひざまづいて先生のものをていねいにしゃぶりました。数分後に、杉浦先生は、「先生は気持ち良くなってきた。先生は、イッちゃいそうだ。イッちゃいそうだ。イッちゃうから、全部飲みなさい。」と言いました。 七恵 は、杉浦先生が出した濃いものを、先生のために全部飲みました。その後、 七恵 は、スゴく不思議な感じになりました。
その後、 七恵 は、「杉浦 先生、 七恵 、もうダメっ! 七恵 、で、でちゃいそうです。 七恵 、もうダメっ! 七恵 、我慢出来ないっ! 七恵 、も、もうダメっ!!」と言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 のセーラー服のスカートをめくって、「今日の 七恵 ちゃんは、こんなにかわいいピンクのひもパンをはいているんだね。」と言いました。 七恵 は、「せ、先生、 七恵 は、スゴく恥ずかしいです。 七恵 、も、もうダメっ!! 七恵 、で、でそうっ。 七恵 、もうダメっ!」と言って、そのまま、ショーツをはいたまま、おしっこを漏らしてしまいました。すると、杉浦先生は、「あれっ?? 七恵 ちゃんのひもパンが濡れちゃったなぁ。 七恵 ちゃん、何をしたのか、正直に言いなさい。」と言いました。 七恵 は恥ずかしかったけど、正直に、「 七恵 は、おしっこをしました。 七恵 は、トイレに行けなかったから……。 七恵 は、我慢が出来なかったから………、仕方なく………。」と言って、泣くしかなかったです。その後、 七恵 は、「お願いだから、誰にも言わないで下さい。お願いだから……、内緒にして下さい。お願いだから……。何でもしますから………。」と泣きながら言いました。
その後、杉浦先生は、 七恵 のショーツのひもをほどいて、 七恵 の濡れたショーツを奪っていきました。杉浦先生は、「 七恵 ちゃんがおしっこを漏らしたひもパンをもらうからね。 七恵 ちゃんがおしっこを漏らした証拠だからなぁ。」と言いました。 七恵 は、「お願いだから…、返して下さい。 七恵 のを恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから………。 七恵 のこと、絶対に誰にも言わないで下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。杉浦 先生は、「 七恵 ちゃんは、これから春休みにも毎日欠かさずに、先生のものをしゃぶるんだ。そして、先生の出したものを全部飲むんだ。いいだろう?? 先生と 七恵 ちゃんとの2人の約束だからね。 七恵 ちゃんが約束を破ったら、 七恵 ちゃんがおしっこを漏らした証拠をみんなに見せびらかすからね。いいかな???」と言ってきました。 七恵 は、「杉浦先生、 七恵 は、恥ずかしいから、絶対に誰にも言わないで下さい。 七恵 は、杉浦先生のものを、春休みも毎日欠かさずにしゃぶりますから……。 七恵 は杉浦先生のものをしゃぶって、出したものを全部飲みますから……。」と泣きながら言いました。すると、杉浦先生は、 七恵 のセーラー服の脇のチャックを上げて、ブラジャーの金具と背中のホックを外して、 七恵 のブラジャーも奪っていきました。 七恵 は、「お願いだから…、 七恵 のを返して下さい。お願いだから…、返して下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。杉浦先生は、「 七恵 ちゃんのものは、先生のものだからね。 七恵 ちゃんのものは先生が全部もらうからね。いいだろう??」と言いました。 七恵 は、泣き続けて、杉浦 先生に従うがままでした。
その後、杉浦 先生は、 七恵 のブラジャーとおしっこを漏らしたショーツを奪って、保健室を出ていきました。
七恵 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けてるしかなかったです。
七恵 は家に帰るまで、ノーパンノーブラで過ごすしかなかったです。
七恵 は、これからもお漏らしするしかないのかな?? 七恵 は、杉浦 先生にこのまま従えばいいのかなぁ??
主成分: 体験者:純子 掲載日:2017/4/18New
私は、新入学の高校1年生の 純子 と言います。先日の 純子 のことですが、恥ずかしいですけど、正直に話します。
入学式が終わってから、 純子 はおしっこがしたくなって、トイレに行こうとしたら、男の先輩に呼び止められました。
男の先輩は、 純子 に「 キミの名前は??」と言いました。 純子 は、「私は、1年C組の 純子 です。」と言いました。男の先輩は、「 純子 さん、大切な話があるから一緒に来なさい。」と言いました。 純子 は、仕方なくおしっこを我慢したまま、男の先輩に付いて行きました。 純子 は、男の先輩と一緒に、体育倉庫に入りました。
男の先輩は、 純子 に「 純子 さん、今から大切なことをしよう。いいだろう。」と言って、 純子 にそっとキスをしてきました。 純子 は、「せ、先輩、こういうことは………。」と言うと、男の先輩は、「いいじゃないか、いいじゃないか。」と言って、 純子 のセーラー服の上から、 純子 の胸と大切なところを触ってきました。 純子 は恥ずかしくて恥ずかしくて、男の先輩に従うがままでした。すると、男の先輩は、 純子 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 純子 のブラジャーの上から、 純子 の胸をていねいに触ってきました。男の先輩は、「 純子 は、こんな白いブラジャーをしているのか。 純子 の胸のサイズを言いなさい。」と言うと、 純子 は、「 純子 は、Dカップですけど、恥ずかしいです。」と言いました。すると、男の先輩は、 純子 のブラジャーの背中のホックを外して、 純子 の胸をていねいに触って、しゃぶってきました。 純子 は、不思議な感じになり、男の先輩に従うがままでした。
しばらくすると、男の先輩は、 純子 のセーラー服のスカートの上から、 純子 の大切なところを触ってきました。 純子 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、男の先輩に従うがままでした。すると、男の先輩は、手を 純子 のスカートの中に入れてきて、 純子 のショーツの上から大切なところを触ってきました。男の先輩は、「 純子 は、こんな白いひもパンをはいているんだ。」と言ってきました。 純子 は、「 純子 は、スゴく恥ずかしいです。」と言うと、男の先輩の手は、 純子 のショーツの中へと侵入して、 純子 の大切なところを触ってきて、 純子 の大切なところに指を入れてきました。 純子 は、頭の中が真っ白になって、男の先輩に従うがままでした。しばらくすると、 純子 は、「 純子 、も、もうダメっ! 純子 、我慢できないっ! 純子 、で、でちゃう! 純子 、も、もうダメっ!」と言って、 純子 は、我慢出来なくて仕方なく、おしっこを漏らしてしまいました。男の先輩は、そのまま、 純子 の大切なところを刺激してきたので、 純子 は、スゴく感じてしまいました。
男の先輩は、「 純子 は、そんなに気持ち良くなったんだ。気持ち良くなったからおもらししたんだね。」と言いました。
 純子 は、「お願いだから、 純子 のことは、誰にも言わないで下さい。お願いだから……、内緒にして下さい。お願いだから……。」と泣きながら言いました。
その後、男の先輩は、 純子 のセーラー服のスカートをめくって、 純子 のショーツのひもをほどいて、 純子 のショーツを奪っていきました。男の先輩は、「 純子 がおもらししたひもパンをもらうからね。 純子 がお漏らしした証拠だからなぁ。」と言いました。 純子 は、「お願いだから…、返して下さい。 純子 のを恥ずかしいから、返して下さい。お願いだから………。 純子 のこと、絶対に誰にも言わないで下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「 純子 は、毎日、オレの指示に従うんだ。オレの指示は、絶対なんだ。いいだろう?? オレと 純子 との2人の約束だからね。 純子 が約束を破ったら、 純子 がお漏らしした証拠をみんなに見せびらかすからね。いいかな???」と言ってきました。 純子 は、「せ、先輩、 純子 は、恥ずかしいから、絶対に誰にも言わないで下さい。 純子 は、先輩の指示に従いますから……。 純子 は先輩の指示に何でも従いますから……。」と泣きながら言いました。
 純子 は、泣き続けて、男の先輩に従うがままでした。
その後、男の先輩は、 純子 のお漏らししたショーツを奪って、体育倉庫を出ていきました。
純子 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けてるしかなかったです。
純子 は家に帰るまで、ノーパンで過ごすしかなかったです。
純子 は、これからもお漏らしするしかないのかな?? 純子 は、男の先輩にこのまま従えばいいのかなぁ??
主成分: 体験者:恵美 掲載日:2017/4/18New
私は、高校2年生に進級した 恵美 と言います。先日の 恵美 のことですが、恥ずかしいですけど、正直に話します。
最後の授業が終わってから、 恵美 は、トイレに行こうとしたら、男の先輩に呼び止められました。
男の先輩は、 恵美 に「キミの名前は?? クラスは??」と言ってきたので、 恵美 は、正直に「私は、2年C組の 恵美 と言います。」と言いました。男の先輩は、「 恵美 さん、大切な話があるから、一緒に来なさい。」と言ってきたので、 恵美 は、「分かりました。」と言って、男の先輩に付いて、保健室へと行きました。 恵美 はおしっこを我慢したままでした。
男の先輩は、 恵美 に「 恵美 さん、いいかな?? 大丈夫かな??」と言って、 恵美 にそっとキスをしてきました。 恵美 は、「せ、先輩、こういうことは………。」と言うと、男の先輩は、「いいじゃないか、いいじゃないか、いいじゃないか。」と言って、 恵美 のセーラー服の上から、 恵美 の胸と大切なところを触ってきました。 恵美 は、「せ、先輩、こういうことは………。」と言いました。男の先輩は、 恵美 のセーラー服の脇のチャックを上げて、 恵美 の胸をブラジャーの上から、ていねいに触ってきました。男の先輩は、「 恵美 は、こんなピンクのブラジャーをしているんだ。 恵美 の胸のサイズは??」と言うと、 恵美 は恥ずかしかったけど、「 恵美 、恥ずかしいです。 恵美 は、Dカップですけど、内緒にして下さい。」と言いました。すると、男の先輩は、 恵美 のブラジャーの背中のホックを外して、 恵美 の胸をていねいに触って、しゃぶってきました。男の先輩は、「 恵美 のおっぱいは美味しいなぁ。」と言って、 恵美 の胸を触りながらしゃぶり続けました。
しばらくすると、男の先輩は、 恵美 のセーラー服のスカートの上から、 恵美 の大切なところを触ってきました。 恵美 は恥ずかしくて、男の先輩にされるがままでした。すると、男の先輩は、 恵美 のスカートをめくって、男の先輩の手は、 恵美 のショーツの上から、 恵美 の大切なところを触ってきました。男の先輩は、「 恵美 は、こんなピンクのひもパンをはいていたんだ。あれ?? 恵美 、濡れてきたなぁ。」と言いました。 恵美 は、「 恵美 、スゴく恥ずかしいです。」と言うと、男の先輩の手は、 恵美 のショーツの中へと侵入して、 恵美 の大切なところを触ってきて、 恵美 の大切なところに指を入れてきました。 恵美 は、頭の中が真っ白になって、男の先輩にされるがままでした。
少しすると、 恵美 は、「せ、先輩、 恵美 、もうダメっ! 恵美 、で、でちゃいそうです。 恵美 、もうダメっ! 恵美 、我慢出来ないっ! 恵美 、も、もうダメっ!!」と言いました。すると、 恵美 は、我慢出来なくて、仕方なくおしっこを漏らしてしまいました。男の先輩は、「 恵美 のピンクのひもパンが濡れちゃった。 恵美 は、そんなに気持ち良くなったのか。」と言いました。 恵美 は、「せ、先輩、 恵美 、スゴく恥ずかしいです。 恵美 、我慢出来なかったから。 恵美 、我慢出来なかったから、仕方なく………。」と言いました。男の先輩は、そのまま、 恵美 の大切なところを刺激し続けたので、 恵美 はスゴく感じて、頭の中は真っ白になってしまいました。
すると、男の先輩は、 恵美 のショーツのひもをほどいて、 恵美 のショーツを奪っていきました。 恵美 は、恥ずかしくて、「お願いだから、 恵美 のを返して下さい。恥ずかしいから、 恵美 のを返して下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「 恵美 は、何をしたのか、正直に言いなさい。」と言いました。 恵美 は恥ずかしかったけど、正直に、「 恵美 は、おしっこをしました。 恵美 は、我慢出来なかったから……。 恵美 は、我慢が出来なかったから………、仕方なく………。」と、泣きなから言いました。その後、 恵美 は、「お願いだから、誰にも言わないで下さい。お願いだから……、内緒にして下さい。お願いだから……。何でもしますから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「じゃ、 恵美 のものは、オレのものだ。誰にも言わないから、オレの言うことにすべて従いなさい。濡れたひもパンは、オレのだろう、いいだろう??」と言いました。
 恵美 は、「お願いだから………、 恵美 のこと、絶対に誰にも言わないで下さい。お願いだから………。」と泣きながら言いました。男の先輩は、「 恵美 、これからも欠かさずに、 恵美 を気持ち良くしよう。いいだろう?? オレと 恵美 との2人の約束だからね。いいかな???」と言いました。 恵美 は、泣き続けて、男の先輩に従うがままでした。
その後、男の先輩は、 恵美のお漏らししたショーツを奪って、保健室を出ていきました。
恵美 は、恥ずかしくて恥ずかしくて、泣き続けてるしかなかったです。
恵美 は家に帰るまで、ノーパンで過ごすしかなかったです。
恵美 は、これからもお漏らしするしかないのかな?? 恵美 は、男の先輩にこのまま従えばいいのかなぁ??

戻る