08年1月サンフランシスコ日記(2)

ターキーサンドイッチ ターキーランチ別角度
 <ターキーサンドイッチ>
前日、リッチモンドで買ったchallar(ハラ)というユダヤのパンで作って くれたターキーサンドと、ビーツ(赤かぶ)スープでランチ。珈琲とルイ ボス茶とアップルジュースもある。とにかく徹底したオーガニック生活。 いいな。

 <ターキーランチ別角度>
別角度。光が差し込んで気持ちいい。

cheese cake factory Godiva choco cheesecake
 <cheese cake factory>
ダウンタウンの Macy'sの上にあるCheesecake Factoryの受付。ここで名前を 言って、15分待った。

 <Godiva choco cheesecake>
そして、やっぱ、もっかい載せよう。別角度のGodiva(ゴダイヴァ) Chocolate Cheesecakeとラテ。ホットでも、厚手のグラスに入って出てくる。 ケーキは三日かけて食べた。隣のカップルが甘〜〜くて、むかついた!!!

fortune bamboo 金門苑
 <fortune bamboo>
これがReddyの為に買って帰ったfortune bamboo。竹を割った様な性格とか 言うけど、これじゃちょっとね・・・。でも可愛いでしょ?うしろの鶴と マッチしてる。

 <金門苑>
さて、サンフランシスコ滞在最終日にはゴーデンゲートパークにある 藤原 tea gardenへ。金門苑。なんかお寺みたい。中はやっぱり中国と日本が混 ぜこぜ状態だった。

金門苑の茶屋 ほとんど中国茶
 <金門苑の茶屋>
今日は本当にいいお天気。こんなところで玄米茶を飲みながら俳句を作った。 一緒に出て来たクラッカーはなぜか中国のフォーチュンクッキーと柿の種。

 <ほとんど中国茶>
金門苑の茶屋では色んなお茶が飲めるし、買うことも出来るんだけど、ほと んど中国茶。どうしてもごっちゃになっちゃう、のね。

de Young museumにて de Young museumにて2
 <de Young museumにて>
ゴールデンゲートパークの中にあるde Young museumは素敵だった。色々あっ たけど、アフリカの美術品の展示が一番私にはぐっときた。何に使うものか わからないものもいっぱいあったけど、どこかコミカルでしかも迫力があっ て、いい。

 <de Young museumにて2>
これなんか、すごいファンキーだよね。本当の髪、骨、羽根などが使われている。

エレベーター内 津軽海峡?
 <エレベーター内>
全面が鏡のエレベーター内で、Reddyが急に「ここで写真を撮ろう」と 言いだして。

 <津軽海峡?>
美術館の後、なんだか名前忘れたハイキングコース。ビーチの方なんだけ どね。こんなところってサンフランシスコのイメージには全然ないよね。 津軽海峡冬景色歌っちゃったよ。私がハイキングってのも、ものすごくレ アだけどさ。鷹が私達の頭の上をずっとホバリングしていて、面白かった。 歓迎してくれたのかな?どこへも行かず、翼に風をいっぱい受けて、ずっと 同じ場所で浮いてたの。遊んでたのかな?

大自然モニュメント 咸臨丸モニュメント
 <大自然モニュメント>
ハイキングコースを歩いていると、こんなモニュメントが。この前に、別の 場所に戦死した人達の名前が刻まれてある記念碑があったんだけど、Reddyは 「なんでいつも戦争の記念碑ばかりなの?って思っていたけど、こんな自然 を讃えたモニュメントがあるなんて嬉しい」と言っていた。同感です。 みんな、色んなモニュメントを心にいつも建てながら、生きて行こう!

 <咸臨丸モニュメント>
大自然モニュメントからもう少し歩いていると、また記念碑が。これは戦争 関係で、咸臨丸の入港100年を記念したもの。建立当時の大阪市長の名前が 刻まれている。サンフランシスコと大阪は姉妹都市だそうだ。Reddyとの出 会いはやっぱり、過去世からの約束だったんだなってことを確かめるような ことばかり起きる。

diploma SF空港にて
 <diploma>
最初は80点だったけど、最終テストは100点だった。満点も嬉しいけど、 進歩が嬉しい。そしてもらった証書。
「Reddy Lieb大学」の短期コース終了証書だよ。うふ。

 <SF空港にて>
さて、いよいよ帰国。手続きもかなりスムーズで、搭乗までに時間たくさん あって、le mondoカフェで珈琲を飲みながら、前の日に チョコレート屋で おまけでもらったトリュフを食べた。ありがとう、サンフランシスコ!!

 
CHAKA


[Prev] [Up] [Next]