07年 8月 2日

CHAKA-POCO Diary 2007

7月*日:
●ところで、Moodyというのは、気まぐれなことで、ムード満点という意味ではあり
ません。

●ロジャー・フェデラーさんって、すごいテニスプレーヤーだなぁ。
 私の好きなプレーヤーは(敬称略):ナブラチロワ、クッツァー、セレシュ、モレ
ズモ、みんな女性ばっか。最近はモリガミさんという日本の女性がすごいなぁと思う。
これまでに見た日本の女性プレーヤーでは一番好きだ。男性は、ボールが早すぎて、
もうわかんないよぉ。フェデラーさんは体つきが色っぽくていいなぁ。分厚い体つき
に、ぐっと来るタイプなの。


7月*日:
●新津きよみ著「女友達」読了。これは、タイトルは、色んな風に受け取れるね。見
栄っ張りの女性が、一見、人畜無害に見えるが中身は薄気味悪い女性にかかわったか
ら故に、悲劇に巻き込まれた話なので、誰にでもお薦めは出来ない。一応、20代後
半以上の女性に、って感じかな。


7月1*日:
●新津きよみ著「悪女の秘密」読了。短編〜中編集。なんか、恐い。

●映画「40歳の童貞男」DVDで観賞。なんか、面白かった。Friendsに出てくる俳優さ
ん(Pheobeと結婚する人、Mikeだっけ?Paul Ruddさんという俳優さん)がメインキャ
ラの一人だったので、なんか笑っちゃった。独占欲強くて、彼女にうざがられてフラ
れ、それをずっと引きずっている男性の役だった。
 ヒロインの女性、スーパー美女!じゃないけど、魅力的な人だったなぁ。

 ちなみに、私は、男女ともに、何歳でsex未経験だろうが、全く、気持ち悪いとか
かっこ悪いとか思いません。一切、そういうことは感じません。人には色々な考え方
や事情があるし。
 それより、どっちかって〜と、100人斬りとか1000人斬りを目指したり、自
慢している人の方が、良い印象がありません。人を一生懸命愛した結果、異性と愛し
合った経験が豊富になっちゃったのなら、話は別ですよ。でも、ただ単に性体験の豊
富さを自分から吹聴する人の人間性は信じません。なぜなら、そんなことは、別に自
慢でもなんでもなく、その人の勝手ですから。いるんですよ、たまにね。

●最近、私が大変忙しくしていて、なんだか今が人生の最盛期みたいに言う人がいる。
感謝しなさい!だってさ・・・してるよ〜〜〜〜だ( ̄ー ̄)やっぱりさ、今だけを
見て、判断されると、そういう風に言われるのかな。

●群ようこ著「ひとりの女」1日で読了。この人の本を読むのは2冊目だけど、とて
も爽快で面白かった。1冊目より、ずっと良かった。

●「Big Fat Cat and the Mustard Pie」(シリーズ第一弾)あっという間に読了。
今日は2冊も本を読んだことになる。このシリーズは前から興味があった。英語の勉
強というより、ストーリーに興味があった。だから、また次を買うよ。

●N女史が、私と、G氏の関係を誤解していたから「え?違うよ、G氏とは何ももめ
たりしてないよ」と普通に言ったら、N女史は後でQ氏に「CHAKAさんが、G氏との
こと、必死で否定してましたよ」と、Q氏に私とG氏の関係が悪いとでも匂わせる様
に言っていた。
 え?必死?
 私は「誰がこういうこと言ってた、ああいうこと言うてたらしい」という又聞きは、
鵜呑みにしない。乗せられない。踊らされない。何かあったら、必ず本人に確かめる。


7月13日:
●今日は、番組プロデューサーのOさんに誘われて、横浜のMotion Blueで、和泉宏隆
さんのライブを観賞。なんとOさんの送迎車つき!感謝、感謝です。自宅の最寄り駅
まで来て下さいましたが、歌手の山口瑠美さんも一緒です。初めましてって感じでO
さんに紹介して頂きましたが、彼女は以前、私のライブを見に来てくださったことが
あるそうです。
 とてもcuteな方で、楽しい人だったので、お話しも結構はずみました。楽しかった
です。ありがとう!また、今度は瑠美さんのライブにも行こうっと。

 帰り道、ちょうど、Endlicheri☆Endlicheri Water Tankの跡地のすぐ横を通って
いたのですが、Oさんと瑠美さんに「去年はここに80日以上通ったんですよ」という
話をしていました。
 Tankの楽屋ドアを開けると、独特の匂いがすることを想い出し、懐かしさでいっぱ
いに。あの頃工事中だったマンションも、既にちゃんと出来上がり、あちこちの部屋
に灯りがついていて、不思議な感覚がしました。私の音楽人生の中でも、めったにな
いだろうと思うような一年だったな〜〜なんて。そう言えば、去年の今頃は、Bootsy
の曲聞きながら、毎日暑い陽射しの中、みなとみらいに通っていたっけ、と、色んな
ことが、走馬燈の様に甦って来たの。
 すると、そこに、しょうちゃんからメールが入って、びっくり!わぁ、奇跡ぃ!

●瑠美さんは演歌を中心に歌ってらっしゃる方だそうです。「演歌はお好きですか?」
と聞かれ、私は「良い音楽は何でも好きです」と答えた。「好きな演歌歌手は誰です
か?」と、とっても嬉しい質問をされたので、答えた。瑠美さんは、私の答えに少し
驚いておられましたが、瑠美さんの好みと重なる部分が結構あるらしく、笑顔で聞い
てくれた。ありがとう。

 改めまして、ここに、その答えを書きます。演歌と言っても色々あるし、演歌だけ
ではなく、CHAKAの好きな・またはCHAKAが素晴らしいと思う日本で(中には外国でも)
活動をしている歌手:
 (敬称略)三橋美智也、村田英雄、美空ひばり、渡辺まり、たまこ、ロス・プリモ
スの小川さん(フルネーム知らなくてすみません、でも歌は大好きです)、岸洋子、
二葉百合子、北原ミレイ、ちあきなおみ、尾崎紀代彦、ロザンナ・ザンボン、朝崎郁
恵、カルロスとしき、ロベルト杉浦、やまもときょうこ、三谷泰弘、石嶺聡子、天
野SHO、五島良子、堂本剛・・・


最近のFAQにも、CHAKA-POCO日記で、少しずつお答えします、ね。

Q:緊張したりしますか?
A:緊張するのは嫌いなので、随分昔にやめました。

Q:好きなタイプの男性
A:譜面が読める人、声が甲高くない人、黒髪、打てば響く人、偏食しない、何か最
低1つ趣味とかオタクな対象を持っていること、泳げる。性格は、卑屈じゃない人で、
傲慢じゃない人で、見栄っ張りじゃなくて、女は男より無能だと思いたがる人じゃな
い人、お願いしま〜〜す。

Q:好きな食べ物
A:だいたい全部。美味しく作られていれば、何でも。
 お好み焼き、韓国料理、タイ料理、中華料理。

Q:高い地声を出すのはどうしたらいいですか?
A:これは質問というより、相談だけど。何故、高い声を出さなくてはならないか?
の 答えをはっきりと自分で持っていること。内股禁止。大きな口を開けられて、そ
の開けた 口の形を音符いっぱいいっぱいキープできる表情筋を鍛えること。瞬間に
たくさん息が吸え  て声を出すスピードが速いこと。全部兼ね備えていてください。

Q:好きなところ
A:New York、銀座、福岡、あんまりのんびり・ゆったりし過ぎていないところ、本
屋、香水屋、靴屋

Q:歌う為に一番大切にしていることは
A:歌っていない時と歌っている時の境目を作らないこと。常に歌手として生き、人
間として  歌うこと。

Q:羨ましい人はいますか?
A:あの人とたくさん共演出来る歌手

Q:好きじゃない人
A:自分の役職や立場の権利を、自分自身の権利と思っている人。見栄っぱり。自分
の常識が世界の常識と疑わない、自己否定ゼロの人。

Q:苦手
A:三拍子や八分の六拍子の曲。ボサノバ。虫。会話や文章の中で、規制の言葉(例:
「何とか大好き人間」「ストレス解消法」「なんとかフェチ」などなど)を頻発する
人。形式などにこだわりすぎる人。


●そう言えば、ちょっと前に、十川さんのブログにピアノのことが書かれてあった。
 ピアニストの娘でもある私は、ピアニストとピアノの関係について、ちょいと敏感
に感じながら育ったと言える。
 ピアノというのは、チューニングとメンテがちゃんとしていたら、それでいいか?
というと、そんなことはない、ということに数年前気付いた。遅い!私は長い間、ピ
アノに良い音とそうでない音があるなんて、気付きもしなかった。声と違って、同じ
楽器なのだから、誰が弾いても、音そのものは同じだなんてぼんやりと思ってたんだ
ろうな。なんと鈍感だったのだろう?音色よりも、その人のフレーズや勢いやノリな
どの方を重視していた傾向が強いのだ。
 でも、マブだち:西村和彦氏と割と良く仕事をする様になってから「ピアノの音色」
というか、ピアニストの「楽器を素晴らしく鳴らせる能力と愛情」というものに、はっ
きりと気がついた。彼が弾くピアノの音は、どこまでもきれいで純度が高く、そして
力強い。どちらか、という人は多い。綺麗な音の人も多いし、力強い人も多い。でも、
両方が感じられる人というのは、本当に一流のピアニストだけだ。
 んで、ピアノってのは、チューニングやメンテ以外に、その楽器が日頃、どれぐら
い愛情を持って弾いてもらってるか?で、音は変わってくると感じている。私ごとき
が弾いたって、変わらない。だけど、本当にピアノを鳴らせる人が弾いた時のピアノ
自体が持つ応力というか響力というか(そんな日本語ないだろうけど)、が、違う。
愛情を持って弾かれているピアノほど、その応力・響力が高い。
 ジャズのお店には、チューニングもメンテも、今ひとつ、いや、今ふたつ、今みっ
つ、って店はざらにある。ピアニストの宿命として、そのお店にあるピアノを弾くし
かないし、プロはみな、その日の条件でベストのライブを目指すように自分で自分を
訓練しているから、「今みっつ」のピアノでも、一流のピアニストは文句言わず頑張っ
て弾く。もちろん、自分の好きな楽器を運んで持ち込むことは出来るだろうが、ジャ
ズのライブハウスの世界では、それはまず無い。
 ピアニストがその日、会場入りして、まずピアノを弾いてみる瞬間、そのピアノが
とても良かった時、ピアニストから自然とにじみ出る歓びのオーラというものは、多
分ピアニスト自身が気付いているよりも、はるかに多い。ピアニストほど耳が良くな
い私は、チューニングなどについては良くわからなくても、そのオーラで、こちらも
すごく嬉しくなる。
 旅などの場合、毎日色々な違うお店で弾くので、本当にそれがよくわかる。だから、
ピアノの状態というのは、共演者の気分、ライブ全体にまで大きくかかわっているの
だ。

 まだ、実家に住んでいた頃、父が、たまに「今日の会場のピアノはすごく良かった」
と、本当に嬉しそうにニコニコ、たまには興奮した様な状態で帰宅するのを見て育っ
た私なので、特に敏感に感じるのかも知れない。
 逆に言えば、私の耳どんぶり(おおざっぱな耳という意)で「これは、ちょっとひ
どくない?」と思うピアノは「絶対に」ひどいのだと思う。音程という意味では大体
音感の私だが、そういう意味での「絶対音感」ではあると自負している。

●ちょっと前、デビューしたばっかりという若い女性シンガー(仮にBさん)にお会
いしました。Bさんのプロデューサーは、私が古くから知っている人(仮にCさん)
です。Cさんは「僕が大好きな歌手のCHAKA」って、Bさんに紹介してくれました。
Bさんは「宜しくお願いします」って挨拶してくれました。私も「こちらこそよろし
く」と挨拶しました。
 お二人は、ライブを終えて、ビールを飲んでらっしゃいました。エビスの缶ビール
でした。Bさんは「今日は、ちょっと贅沢」って言いました。ビール全く飲まない私
もエビスは他のブランドより少し高いことは知ってました。CさんはBさんに笑顔で
「ライブ頑張ったんだから、いいじゃん?」って言ってました。二人、いい感じでし
た。
 私はその時「ミュージシャンなんだから、飲みたいの、飲みなさいね」と、そっと
言いました。「高いと言っても、1本、千円も2千円もするものじゃないなら、無茶
をしているわけじゃないから、ケチらず、本当に飲みたいものを飲みなさいね」と。
 
 私は、1985年、大阪から上京し、まだまだ収入も少なかった頃、決めていることが
ありました。それは、無駄遣いはいけないけど、本当に必要なものを買う時は、値段
でひるんで妥協しないということでした。
 それは、食事などに関してもそうでした。自分のその時の食費予算が千円だとして、
店に入った時に、2つのメニューで迷ったとします。980円の**焼き、を食べるか、
850円の**炒めを食べるか?その時、私は必ず高い方を選ぶことにしていました。
今でもそうです。これが、収入はさほどないのに、5〜6千円するような料理なら、無
茶して、見栄張って、みたいなことは、あまり賢いことではないかもしれませんが、
でも、その日の予算内で、のことなら、必ず高い方を食べようと今でも決めています。
 それは、将軍学などというようなものじゃなく、なんていうか、いつもいつも、値
段のことばっかり気にしている、みみっちいところには良運や幸運は来ない、と思う
からです。こういうことを言うと「10円20円のお金を馬鹿にしてはいけない」と叱ろ
うとする友人もいましたが、馬鹿にする、というのではなく、自分にとって苦しい額
ではないなら、そのお金を自分に投資するという意味です。何回も言います。決して
浪費をしろと言っているのではありません。いつも、心を大きくかまえて、前進して
行きたいなぁと思うのです。

 Cさんは、私のこの考え方に賛同してくれました。

●上ケンちゃんのブログは面白い。人には言いたくなる単語がある、みたいなことを
書いていた。この通りの言葉ではないけど、そういう様な意味だと受け取りました。
あるある!
 私の場合は「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩」です。意味もなく、こ
の言葉を言いたくなる。これは、昔のシャンプーの成分表で覚えた、CHAKAが知って
いる一番長い単語。メリー・ポピンズのスーパーキャリフラジェリステック・・・も
長いし、知ってるし、逆さまからも言えるが、やっぱりポリオキシエチレンラウリル
エーテル硫酸塩なのだ。

 それから、すごく不思議な風に私には聞こえるサウンドの言葉や名前にものすごく
興味をそそられることがある。
「ぷーあるだちゃ:中国のお茶の種類」「すぐき:関西方面の人が比較的食べる植物」
「ハヌマーン:中国の伝説のお猿さんの神様みたいな存在」「ぬたあえ:食べ物」
「アヌーチカ:ロシア女性の名前」「こぶしめ:イカの一種」「ドングサシビリ:ロ
シアの名字」「維新力:元力士でレスラーになった方のリングネーム」「ンダバニン
ギ・シトレ:アフリカの作家」「エステル・ド・バルローズ:香水メーカーの名前」
「シモーヌ・シニョレ:フランスの女優」「熱海:日本の地名」「へてから:古い大
阪弁で、それから、の意味」


7月14日:
●大久保さんとのゆるゆるセッション、ありがとう。ようやく、なんとか一回出来た
ね。これから、改善を繰り返し、また続けていくのかどうかは、わからないけど。ま
た、やれたらいいね。

●エンドリ・ファミリーに関しては、みんなそれぞれのブログやサイトなどを見てい
ると、色んなところで色んなことしてて、いい感じだなぁ。また、いつか再会の時が
あれば、きっと離れていた間にお互いが養ったものをぶつけられて、きっと素晴らし
いことが出来るはず。
 Steveと上ケンちゃんは米国東海岸あたりで楽しんでいるみたいだし、優香ちゃん
もどこか海外で仕事してきて、TAMAちゃんは沖縄あたり(台風心配しましたよ)、十
川さんとセンセは相変わらずお仕事が大変お忙しい様子で、しょうちゃんも色々な人
とのコラボやったりとか、キーダさんはエミちゃん(エレオノーラ嬢よん)とのライ
ブのお知らせくれた、それがなんと今日だったから、自分もライブだったので行けな
かったけどきっと素敵だったろうなぁ、下ちゃんは今日Hey Joeに来てくれたしさ、
みんな、あちこちで楽しそうだ。剛君は、きっと相変わらず忙しくしていると思う。
最近、色々な雑誌等で写真を拝見する機会も多くなったからKinki Kidsの十周年のコ
ンサートなどで忙しいんじゃないかな?
 そんなことで、CHAKAもKids Meet Jazz、 自分のジャズライブ、コチ・ヂャン(仮)
、その他色々と、毎日頑張ってるよ。


7月16日:
●いえ〜〜〜い、誕生日!
 十川さんも、おめでとうございます!

 今年は、お父さんから「もう、誕生日を祝われても嬉しい年齢ではないでしょうが」
という、お祝いメールは来なかった。私が去年、言ったから、かな?そういう考え方、
寂しい。もっといい考え方があるんだったら、選択肢があるなら、いい方を選んで生
きる。それが、CHAKA。
 だいたいね「もう**歳になっちゃった」とかって言葉、本当に意味ない。言ったっ
てなるじゃん?逆に、**歳になれたことを感謝するべきだと思う。前にも書いたけ
ど、私の幼馴染みや、がっこの同級生で、既に亡くなっている人も結構いる。一緒に
47歳になれたかもしれない人なのに、なれなかった。でも、私はなれた。だから、
47歳であることは、万々歳のこんこんちき、なんです。
 それでも、世の中の多くの人は、若いイコール良いと思う人の方が圧倒的に多いで
しょう。だけど、いいんだ、CHAKA、これで。いえ〜〜〜〜い。誰かが決めた枠や尺
度には、はまらないんだ。
 
●数日前だけど、道を歩いていたら、なすびとキュウリのお馬さんを玄関に飾ってあ
る家があった。懐かしいな。お盆か・・・そういえば、博多・祇園山笠も終わったし
ね。もうすぐ学校は夏休みだね。(写真はbackstage talkのページをご覧下さい)

●最近眠る時はピエール・ロッシーのディスクロージャーをつけることが多い。なん
でかなぁ?この香りは不思議な香り。だいたい香水というのは、最初つけた時(トッ
プノート)は、爽やかな感じがする。2~30分後、段々と落ち着いてきた時(ミドルノー
ト、またはハートノート)、甘味が増して、香水に寄ってはすっごく甘く濃厚な感じ
になることもある。そんでもって、残り香って感じになった時(ラストノート)は、
ほのかな甘さだけが残ったりする。
 でも、このディスクロージャーは、最初「あ、これは、このまま行くとハートノー
トで結構甘ったるくなっちゃうかな?」と思うんだ。特に私は甘く香っちゃう体質だ
から。でも、だんだん不思議と、さっぱり感が強くなっていくんです。本当に不思議
だ・・・そんな香りは中々ない。
 人とかぶることも少ないと思うから、ちょっと甘めで可愛い香り、だけどくどくな
いってのを捜している人は、ちょっと試してみたら?CHAKAとはかぶっちゃうけど、
ま、ね。

●しかし、上ケンちゃんのブログ、笑えるね〜〜〜〜。イラストだし・・・

●さて、誕生日ももうすぐ終わり。食事しようって約束してる友達がいるので、行っ
てきま〜〜〜す。おなか、すいたぁ。いっぱい食べるぞ〜〜

 今日は本当にたくさんの方からメールや、色んなメッセージ、素敵な食器がついた
電報まで頂きました。ファンのみなさん、友達、家族、つい数日前知り合った人、随
分長い間会ってない友達、等々、本当にありがとうございます。みなさんに、守られ
てること、感謝して、少しでも何かお返し出来る人になります。ありがとうございま
す。

●ただいま。もう日付変わってるけど。
 今日は、本当に素敵な1日だったよぉ。素敵なお花ももらって、プレゼントももらっ
た(毎日、身につけようっと)、ケーキも料理も飲み物もご馳走になった。ほんとう
に、ありがとう。(backstage talkに写真載っけるよ)

 あ、香水誉められた。CK one summerをつけてったんだ。
 
●ケリーの夢を見た。ケリーのお姉さんと、ケリーと、私とで曲を作っている。お姉
さんが詞を書き、ケリーがギター片手にメロディーをつけて口ずさみながらギターで
コードをつけている。お姉さんは「そこは、五日目、じゃなくて、五日、にしたい」
と言った。ケリーは「うん」と言いながら、コードを、あれこれ「こっちの方がいい
かな」と言いながら、三人で曲を作った。おもしろい。
 その夢の前に見た夢は、なにやらライブの夢で、私の大好きなあの人が出た。でも、
すぐ終わった。

●コモちゃんとリハしてる時、トロンボーン奏者(その他、指笛とか折り紙もプロ級)
の佐野聡さんの話をしていた。すると、その2〜3日後に、地下室の会で佐野さんと
共演。なんと、佐野さんのお兄さんは昔私と共演してくれた時、指笛を教えてくれた
人だった。
 名古屋である人のサポートメンバーとして安部潤さまと吉田太郎ちゃんと宮崎隆睦
さんが一緒になって、打ち上げで私の話になったらしく、太郎ちゃんからメールが来
た。
 河野啓三さんとリハした次の日もスタジオで河野さんに会い、そのスタジオで共演
した村上聖さんが翌日知らずに見に行ったコンサートのベーシストだったし、そのコ
ンサートでは主役の和泉宏隆さんがemceeで河野さんのことを話してた。その翌日に
は河野さんとの本番のライブをHey Joeでやり、そのライブのサックスは宮崎さんだっ
た。
 なんか、すごい・・・

 このまんま行くと、私は近い将来、サンウとトッポギデートをして、ジェームズと
NYでプライムリブを食べ、あの人と一緒に暮らし、セルマー社の社長とマブダチに
なって、アンティアンティの香水モニターになって、英・韓・西語がペラペラになり、
タイのプミポン国王とジャズを語る友達になって、気がついたらプリンスのバンドで
ワールドツアーをしながら、武蔵さんのヴォイストレーナーをやっているかもなぁ・・
・そう思おうっと


7月18日
●朝から、色々なものが届き、めったにかからない電話が自宅にかかり、寝不足だぁ。

●コチ・ヂャン(仮)、ライブ、まじで楽しい。ストリングスのお店の雰囲気もいい
んだろうな。みんな、是非、来て下さいね。楽しいこと請け合い!ですから。色んな
曲やるし、あんまり有名じゃない曲でも、楽しめる様な工夫を、コモちゃんと二人で
しっかり準備して、お迎えしてますので。いや〜〜〜、まじ、小畑さん、素敵。名人!
です。

●私は、英語の、あるコミュニティーに自分のページを持っている。そこでも、年齢
は公表してるし、写真も公開している。ある20代前半の男性(英語圏の白人の方)が、
自分のページと「リンクして下さい」と申し込んで来た。私のそのページは、リンク
に関しては一切フリーにしているので、もちろんOKを出した。音楽学校の学生さんで、
プロのジャズミュージシャンになりたいとのこと。日本のシーンに興味があるらしく、
ジャズのライブハウスの情報とかも教えて欲しいと言うので、それなりに、ちょっと
調べたりもしながら返事を書いた。割と早いペースで10往復ほどメールのやりとりを
した。音楽のことだけじゃなく、もちろん自分のこともお互い、少しは書いた。
 その男性は、私のことを「あなたはとても面白そうな人ですね、メール交換が興味
ぶかいです」と書いてくれた。そのうち「何歳ですか?」と訊いてきたので「プロフ
ィールに公表している通り46歳(当時)です」と答えたら、それっきりメールは来な
くなった。その人が知りたがっていた日本のライブハウス事情の質問に、別に答える
義務もないのに、私にとっては外国語である英語で、ちゃんと答えて、調べてあげら
れることは調べて(その人が英語を書くより、ずっと私には大変な作業)、普通に友
達づきあいのつもりでメールの返事を書いていたのに、なんだか、悲しくなった。
 これまでの私の経験で判断して、英語圏の方に対しては、例えば傷ついた時には傷
ついたと言うことが必要だと思っているし、思うことはストレートに言った方がいい
と思っているので、もし今度連絡が来たら訊いてみるつもりだ。
 「先日、47歳になりましたが、メール交換は続けますか?」と。「以前、貴方に訊
かれたから年齢を言ったらメールが来なくなったので、私とのメール交換には興味が
なくなったのかと思っているのですが、推測で決めつけるのは失礼なので、お訊きし
ます。これからも続けますか?その意志がない方の為に、ライブハウスのことなど色々
調べる為に使う労力も時間も私にはないので、教えてくれたら嬉しいです。私自身は
どういう人とでも、お知り合いになりたいと思っていますが」と書いてみる強い決意
を持っている。

 私の経験など微々たるものだが、過去、アメリカ、イギリス、オーストラリアの人
には、何か傷ついたり気分を悪くした時、何も言わずに「わかってね」という風な波
を出しても、何も動かなかった。そういう意味では日本とは全く違う。こちらが悪い
ことをした場合じゃなくても、相手に少し理不尽に責められても、ただ黙って、傷つ
いたことをゼスチャーで示して、周囲の人が味方になってくれるのを期待しても、そ
んなことはダメだった。自分に非がないなら、はっきりと言わなくてはならなかった。
そうでないと、ただ「言い負かされた→だから、悪人ではないが、自分をしっかり持っ
ていない、または、とことん闘わない」「非を認めた」と思われるだけだった。
 だから、言い方やタイミングは考えるけど、ちゃんと言いたいことや言うべきこと
は言う、と心に決めている。

●Big Fat Catシリーズ第二弾、届いた。いえ〜〜い!ゆっくり読も。

●「困った女を黙らせる技術」という本を読んでいる。著者も女性だ。わはは〜〜。
我が身を振り返るつもりもあって、購入した。1日で読んだ。
 この本の中に書かれてあることが本当なら、私は半分以上女じゃないかも、と思っ
た。中に「女性というものは、基本的に自己否定ゼロ(自分は悪くない!)だという
ことを、男性は知るべきだ。でないと、いくら正論をはいても、ただただ話がこじれ
るだけである」と言う意味のことが書かれてあった。なるほど。思い当たる人が、少
しいる。

 この本の中には色んなパターンの女性の口癖が出てくるが、一番気分が悪かったの
が「わたし、頭悪いから・・・」って開き直るってやつだったなぁ。私は、失敗を指
摘されても、開き直らないで、前進できる人になろうっと。そういう人って「ほんと
だね、悪いよね、頭」なんて言おうものなら、噴火して溶岩どろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜。自分から言うたくせにね。

●今年は、中々梅雨があけないね。涼しいの好きだからいいけどさ。

●最近知り合った、若い女性アーティスト(プロじゃない)が、私の歌っているとこ
ろの絵をコンピューターで描いてくれた。すごく良い作品で、なかなか私の特徴も掴
んでて、似てるし。お礼に、何か私も差し上げようと思うのだが、なかなか。絵はダ
メだから、キルトのポーチを作ろうかな?馬鹿の一つ覚えだけど、買うより、作った
ものを差し上げたくて。

●アフリカのある地域には「〜するべき」という言葉がないと、大好きな映画の「ア
ミスタッド」で言ってたなぁと思いつつ・・・
 出逢うべき人とは、絶対出逢う。それは、待つのではなく、自分を高めようと闘っ
ている人のみ。嫌な人と出逢っても、それは出逢わないといけない人。その時に、そ
の人との問題を避ける人、ただ延期する人、誰かが助けてくれるのを待つ人、解決の
為に闘う人、その人のせいにし続けてずっと苦しむ人、色々いるけど、嫌な人と出逢
うのも自分の運命。出逢うべき人だったんです。だから、その人が自分を素晴らしい
人間にしてくれると、腹をくくって、逃げずに延期せずに、自分を高めるのだ。
 そうしたら、その嫌な人でさえ、自分を成長させてくれる人にできるから。

●私の性格はいい加減です。だからこそ、ちゃんとしようと毎日堅苦しいことを言う
わけです。ちゃんとしていたら、こんなこと毎日思ったり、書いたりしなくてもいい
もんね。
 いい加減なくせに、欲張りなんです。成長したい!しあわせになりたい!って。だ
から、毎日こんなに、好きなことだけ、ぎんぎん練習したり、あれこれするんです。
嫌いなことは全然しないし、苦痛なのだ。だから、当然下手で、上手になる努力すら
しない。だから、人は歌っていない時の私にがっかりもするし、驚き、呆れる人もい
る。

●柔道は、まず、負けるところから練習する。受け身。ころんでもいいのよ。ころぶ
ことが上手になるから。上手にころんだら、立ち上がりも早くて、また挑戦できるか
ら。一生に一度もころんだことない人は、何にも挑戦したことのない人。それから、
一度も転ばないなんて、その人はとっても弱い人になってしまうと思うよ。

●しかし、上ケンちゃんは、無事帰国できるのか?心配になってきちゃう(;^_^A お
誕生日イベントの日、私は残念ながら、東京にいないの。お互いがんばろ〜〜〜〜。
イベントの途中、電話でも入れてやろうかしらん、らん、らん。


7月21日:
●上町63でのライブでしたが、リハーサルの為に5時半頃入りました。前夜、時間
を連絡したら「早くない?」ってマスターから言われていたけど、なんだかせわしな
いの嫌いだから。で、6時頃になりそうと言っていたユキさんも早く着いて、一曲だ
け音合わせして(この顔ぶれは、リハーサルをしない方がいつも上手くいくから)、
ユキさんもお腹空いてるし、いつもの美味しいお店に。たくさん食べたよ、結構。

 ライブは、お客さんもたくさん来て下さって、本当にありがとう。判子もだいぶた
まったね。だから、またプレゼント用意しておかなくちゃ。

●昔、あるミュージシャン(B)が、別のあるミュージシャン(C)のことを「Cっ
て、上から目線で物言うね」と言って、嫌っていた。私は、BともCともつきあいが
あり、どちらも別に嫌いじゃないから、そうかな?と思って、何もコメントしなかっ
た。でも、Bとつきあってみると、Bも時々そういう時がある。要するにBとCは、
お互い鏡の法則ってやつだったのね。
 山いも入らんように、気をつけよ・・・

●Big Fat Catシリーズ、すっごい気に入ってる。今、もう第5弾!「Big Fat Cat
v.s. Mr. Jones」このシリーズ、猫はこれまであんま関係なかったんだけどね。がん
ばれEd!私、Edだ〜〜い好きだよ。


7月2*日:
●琴光喜関、大関昇進!いえ〜〜〜い!おめでとうございます。これで30日のロイ
ヤルホースのライブのテーマが決まりましたぁ。いやぁ、やると思ってたよ!まじ。
でも、ちょいと待たせられちゃったわねぇ。今度(横綱へのステップアップ)は、あ
んま待たせないでね。いぇ〜〜〜〜〜い!!

●最近はルチアーノ・ソプラーニのフラーティッシモが気に入ってる。トップが、本
当に桃を食べる時の香りなのね。わお!そして、しばらくしたら甘く落ち着くけど、
甘すぎず、そっけなくなく、落ち着きすぎず、いいね〜〜〜〜〜〜〜〜〜(*^_^*) 人
とかぶることも、まず今はまだないしね。エンドリ女子楽屋では、意外や意外、トゥ
ルース、オムニア・クリスタリンが評判良かった。オムニア・クリスタリンはわかる
けど、トゥルースみたいな、若干意志の強い香りが人気なんて。

●Big Fat Catシリーズ読了。最後、泣いてしまいました。いい本だ〜〜〜〜

●上ケンちゃん、スティーヴ、共に、無事帰国!いえ〜〜い、あ、スティーヴは入国
か?ややこしいが、とにかく「おかえり〜」(*^_^*)  話し色々聴かせて欲しいなぁ。

●テレビで、都内某所で起きた酷い事件のニュースを見た。その場所と、その被害者
にあてはまる人(仮にU)を知っているので「まさか、そんなことないよね」と思っ
てニュースを聞いていたら、やっぱりUではなかった。(その被害者の方のことは全
く知らない人だけど、心が痛いから「Uじゃないから安心した」とは書けない。どう
か、負けないで、強く生きて行って欲しいと思う)そうして、ふと携帯電話を見たら
なんと、ほんの1分ほど前に、Uから電話がかかってきてた。びっくり!
 
●ゆうべ、ある二人組女性アーティストの夢を見た。その人たちのことは名前と、ちょ
っとだけ歌を聞いたことがあるだけで、ちゃんとは知らない。で、今日、そのアーティ
ストのマネージャーさんと会った。その時、新譜のサンプル盤を頂いて、パンフレッ
トも頂いた時、夢で見た二人はまさにその通りの顔とファッションだったので、嬉し
かった。一方の人が夢の中では帽子をかぶっていて、そのパンフレットでも夢で見た
ような帽子をかぶっていたので、驚いた。

●私が寂しそうにしている時に、大切な言葉を教えてくれたり、救いの1アクション
をくれたりする人。私が弱ったから、ここぞとばかりに、何かを言いたがる人。両者
は、一瞬似てるけど、大違い。
 前者は少ない。でも後者は、普段はどこにいるの?と思うぐらい、うじゃうじゃと
湧いてくる。この2つの違いは何だろう?多分、発言にどれだけ責任持っているか、
と、私とのつきあいの深さを承知の上言ってくれてるかどうか、だろう。前者は包容
力。後者は?

●夢を見た。大阪の環状線で、交野(かたの)の方に行こうとしている。(環状線に
は交野という駅はありません。私が大阪に住んでいた頃は京橋から乗り換える電車の
沿線にあったと記憶します)Endlicheri☆Endlicheriが学園祭だか何かに出演する予
定だ。私はいくら電車に乗っても乗っても間違えた方向に乗ってしまい、全然目的地
に着けない。マネージャーさんに電話したら、マネージャーさんはもう会場に到着し
ていて、移動用の車の中にいた様子。でもぐっすり眠っていて、かなり寝ぼけている
ので、呂律が全く回らず話しにならない。そこで私は夢の中で買ったばかりの携帯電
話を切り「十川さんに電話するべきか、センセか、ケリーか」などと迷っている。環
状線なのに、東京の中央線も走っている。変なの。すっごく、もどかしかった。この
夢、何なんだろ?
 駅を色々乗り換えて、ちゃんと行こうとしている途中、ある乗り換えの駅に、いく
つか美味しそうな食べ物屋があった。そのうちの1つに、超いい匂いがしてくるお好
み焼き屋があった。私は、ここのお店で働きたいなとぼんやり思って、きっとここで
働いたら幸せになるよな〜と思った。着物に割烹着のおばさんが二人ぐらい準備して
いて、でも全体的にオープンスペースのお店なので、全部見えてる。なんか、いいな
〜と思いながら、必死で自分の仕事現場に行く電車を捜していた。

●りんちゃん、優香ちゃん、TAMAちゃんとで、焼き肉。私は、肉にはついている。だ
けど、何の因果か、東京で美味しい焼き肉屋をあまりたくさん知らない。Korean
Barbecue以外の肉になら東京でも結構ついてるんだけどな。だけど、今日教えてもらっ
たところは美味しかった。ありがと!お誕生日プレゼントも頂き、なんか、ほんと、
ありがとう。嬉しいです!二件目に行ったお店も、お洒落で素敵だった。わんこを二
匹:ちょっと気の弱そうなアイボリーのフレンチブルドッグと、テディベアカットの
ベージュっぽいトイプードル。湿気いっぱいだったけど、美味しかったし、楽しかっ
たね。ありがとう。
 しかし、4人で移動してると、まぁ、派手なこと、派手なこと。

●英語の発音って要するに法則性があるから、それを覚えてしまうと、大丈夫ってこ
とある。
「*a*e」という形で*に子音が入る場合のaは「エイ」と発音する。late, snake,
brave, ache, make, chase, Dave, gaze, Jane, quake, whaleなど。

 だけど「*a*e」でも、例えばchocolate, desperateみたいな単語の最後について
いる「*a*e」の並びは「エイ」という発音じゃない。chocolateはチョコレイトじゃ
なくチャカリットに近いし、desperateはデスパレイトじゃなくデスポリットに近い。
このエイと発音するのか、イットと発音するのかの違いは、今のところ私には丸覚え
するしか区別の仕様がなく、なかなか大変だ。purchaseはパーチェイスじゃなくポー
チスに近いし、surfaceもサーフェイスじゃなくスーフィスに近いし、grimaceもグリ
メイスじゃなくグウィメスに近い・・・う〜む。スターウォーズのPhantom menaceも、
メネイスじゃなくメネスだしね。
 「*i*e」にも同じことが起きる。bike, line, fine, dive, mineなどは「アイ」
と発音するのに「〜〜〜*i*e」の場合「イット」みたいになる。oppositeはオポサ
イトじゃなくアパズィット、definiteはデフィナイトじゃなくデフニット。

 以前、これと似たことで、わからなかったことがあった。それはimmature,
premature, matureの発音だ。natureはネイチャーなのにmatureはメチョアに近く、
しかもチュにアクセントがある。当然、イメチョア、プウィメチョアで、それぞれチョ
に最もアクセントを強く置く。英語って、ほんと、面白い。prerogativeはプリロゲ
イティブじゃなくプリラガティヴだし、kilometerはキロメートルじゃなくキラミラー
だし。featureはイーと伸ばすのにmeadowはメドウと伸ばさない。readはゥリードと
伸ばすのに、threadやbreadやthreatenは伸ばさない。ほんと、大変だこと。
 でも丸覚えも楽しいものだ。音楽だと思って覚えたら、意外といける。いえ〜〜い。

●「Star Wars」 episode 1~3、観ました。「恩知らずは人間が犯す最大の罪である」
という誰か偉人の言葉を想い出した。恩知らずだけは絶対にしたくない。
 これからStar Warsを見る人は、4~6を見てから1~3を見ること。そうでないと、必
ず後悔すると思う。この映画を気に入った人であればあるほど、その後悔は深い。だ
から、どうか4から見てね。
 ダースベイダーって、なんであんな恰好になっちゃったのかな?と思っていたら、
あの人とのあれが原因なんだね。昔年の想い。だけど、それはどう考えても筋違い。
3〜4の間のことを想像すると、なんか恐いなぁ。ダースベイダーは、何のために暗
黒面に入ったのか?それも結局、おっさんに裏切られたのに(状況によって姿を変え
る、情けないやつ)、それでもおっさんをマスターとして生きるしかなかったのか?
 アミダラさんの描き方が、本当につまらなかった。最初良かったのに。
 R2、可愛い。

●お好み焼きを食べた後で、いつも行く、お洒落なのに安いブティックに行った。姉
と一緒に服をあれこれ見ていたら、店員が「お好み焼き食べて来はったでしょ?」と
聞いて来た。私は、その後の接客態度も含めて「無粋な店員」と思った。
 確かに、匂いがついていたかもしれないが、そういう指摘で気分を害したり、恥ず
かしくて店を出てしまう客もいるだろうに。
 私はかなり可愛いチュニックを購入。本当は、もう一着、かなり派手なワンピース
を見ていたが、その店員が、後を着いて来て、見たらわかることを色々言うので、面
倒くさくなってやめた。
 例えば「それは、さっき見てはったあのワンピースの色違いやね」とか「夏だけじゃ
なく、中にタートルとか着たら秋まで着れますしね」とか、そういうことを、こちゃ
こちゃと。
 私は、一旦その場を離れ、その店員が着いて来ないことを確かめてから、その派手
な服のところに戻った。すると、やっぱり後をついて来て「着てみはったら、可愛い
ですよ」とか言うので、やめた。私は買い物で値切らない、ひやかすこともしない。
買う時はさっさと買う。その店員が何も言わずに放っておいたら買ったのに。
 客の性質を見抜けず、どの様な客にでも同じことを話し、同じように接し、ため口、
それで損もしてる。それではやっぱり無粋と言われても仕方ないよなぁ。

●でもね、私も昔、無粋だったの。
 人のつけてる香水を、ちょっと得意げに「あ、**つけてるでしょ?」なんて当て
て、少しマニアを鼻にかけてた。人の香りを言い当てて、しかも得意げ、なんて、あ
んまり品のいいことじゃないよね。ある人の本を読んで、大反省。それ以来、一切やっ
てません。

●藤堂志津子著「絹のまなざし」読了。なんだか、登場人物のほとんどが、ちょっと
ずつ悲しい話だった。どうなっていくのか?面白くてすぐ読んじゃったけどね。
 大阪からの帰り道で読んじゃったから、何か途中読むものが欲しくて、駅のキオス
クで桐野夏生さんの「残虐記」を買った。おのしうに又言われそうだ。「おどろおど
ろしいのばっか、読んでますよね」って。でも、今のところ、すごく面白い、よ。

あ〜〜〜、8月だぁ

CHAKA

[Prev] [Up] [Next]