07年11月17日

CHAKA-POCO Diary 2007

10月2*日:
●続・優先座席について。
 席を譲っても「そんなに、おばあさん扱いしないで、おほほ」みたいに、言い方は
柔らかいけど、結局は断られた、みたいなことが何度かありました。そういう時、半
分立ちかけた手前、ってか、そのまま座ってるのって、何となく気恥ずかしい。だか
ら、明らかに人生の大先輩だなぁと想う人や、席が必要だと思う人にしか譲れなくなっ
ちゃったことがありました。判断、難しい。

 で、実際に「ありがとう」と言ってもらえて、ま、当然としてのほんの少しの真心
を受けて頂けた時でも、そのまま、そこに立ってるの、なんか気恥ずかしいし、座っ
ている方も気まずいかな?と思うから、別の車両に行く。元気な時で、まぁ、空席が
ちょっとしかない、という状況の時は最初から、座らない、かな・・・

 とにかく、ほんの少しでも余裕のある人が、他からの助けが必要な人を思いやるの
は、普通、当然のこと、と、私は思う。

●mixiのPSY・Sのコミュニティーを拝見。みんな、応援してくれたり、今度リリース
される紙ジャケット版を「買うよ!」と書き込んでくれてたり、この私のサイト
のBlogがコメント受け付けなくなったことを理解してくれてたり、嬉しいです。私は、
今でこそ言うけど、PSY・S現役当時は、お客さんから、暖かい言葉を言ってもらった
ことより、批判の方を多く受けたと感じていましたので、解散して十年以上経つ今で
も、私の歌が良いと言ってくれる人がいるなんて、本当に嬉しいです。

 PSY・Sの曲を、森雪之丞さんのアルバムで、柴咲コウさんが歌ってくれていること
に「ファンとして複雑」と書いている人が数名いました。でも「許せない!」って言
うような書き方じゃなくて、PSY・Sのファンはみな、素晴らしく心の広い人が多いと
感じて、嬉しいです。

 柴咲さんがどうの、じゃなくて(私は彼女のファンです。だから、カバーして下さっ
ていること自体、嬉しく思います)、PSY・Sの音楽と共に歩いた時期があるというファ
ンのみなさんにとっては、私のこの特徴ある声がきっと耳から魂や細胞の奥深くまで
刻み込まれているのではないか?と思います。とても嬉しいし、責任重大なことです。
それ程の想いで聴いて下さっていた方にとっては、他の誰であろうと、なんだか違和
感が、と思っちゃうのも理解出来ます。私にも「この曲はやっぱり、あの人の歌で」
と思うものがありますから。もちろん、思うだけですけどね。そんなことは私には強
制する権利などないし。

 オリジナルのアーティストへの想いが強い故に「他の人は歌わないで」という風に
なっちゃうのも、理解はできます。過去、私もある女性アーティストのファンから
「あなたなんかに歌われたら、イメージが壊れる」と、コンサートのアンケートに書
かれて、すごく心を痛めたことがあります。カバーをすることは決して犯罪でも何で
もないですからね。もし、私がその曲をレコーディングしたとしても、そのバージョ
ンが嫌だったら、聞かなければいいだけのこと。コンサートにも来なければ良いだけ
のこと。だけど、そういう風に言われちゃうのが私も嬉しくはないから、その人の歌
は歌わなくなりました。そして、そのことで、オリジナルのアーティストのことを嫌っ
たりは当然しませんし、その人のファンのすべてがそうだとは当然思いません。それ
は、私の最も嫌いなことの1つ「偏見」になっちゃいますから。でも、**さんのファ
ンの1人に「あなたなんか」って言われた、ということはデータとして私の中には残
ります。私としてはその曲が好きだから歌おうと、練習もして、真面目に取り組んで
いるのに「あなたなんか」と言われたら嫌ですもんね。

 どう思うかは自由だけど、歌とは、誰かが歌わないことには存在しません。いつか、
埋もれてしまいます。ジャズのスタンダードナンバーでも、誰かが歌い継ぐから残っ
て行ってスタンダードになったのです。だから、これは私個人の意見で、作曲者の松
浦さんがどう思っているかはわかりませんが、私は、柴咲さんでも、どなたでも、良
いと思って一生懸命に歌って下さったなら、嬉しいことです。柴咲さんのファンの方
が、ちょっとでもPSY・Sを知って下さるなら、それも嬉しいこと。実際、mixiのPSY・
Sコミュにそういう風に書いてくれていた人もいました。

 以前、女性に人気のあるロックバンドのメンバーがPSY・Sのコンサートを見に来て
くれた時のこと。彼らは色々と誉めてくれましたが、一番嬉しかったことは、その人
達が「PSY・Sのファンのみなさんは、音楽をしっかり聴いて、CHAKAさんの言葉も受
け止めていた。心から羨ましいと思う」と言ってくれたことです。彼らは「俺らのコ
ンサートに来る人は、俺らが何をやろうが、歌おうが、しゃべろうが、きゃ〜〜〜〜、
という声と、メンバーの誰かの名前を叫ぶ声しか聞こえない。来てくれるのは嬉しい
が、ちゃんと音楽を聴いてくれない。それは、とてもつらい」と言っていました。確
かに、私が彼らのコンサートに招待されて行った時、それを強く感じました。ヴォー
カルの人が何か大切なことを言おうとしているのに「きゃ〜」「かわいい〜」「だい
すき〜」そして、その人の名前を叫び続けている声で、その人のメッセージは、全部
かき消されていくのですから。その人はMCの度に「は〜い、すみませ〜〜ん。聞いて
くださ〜〜い」を連発していました。そのお願いの言葉さえ、みんなの「かわいい〜」
と言う声にかき消されて、可哀想でした。

 騒ぐところ、聞くところ、もっとちゃんと分けて、彼らのことを応援してあげれば
いいのに、と、私個人の感想としては、そう思いました。私は、彼らに、私達PSY・S
のファンのみなさんの素晴らしさを誉めてもらったこと、とても嬉しく誇りに思いま
した。ありがとう。
 
●今日、ちょっと高級感あるブティックでお買い物をしていたら、急にBGMが、静か
めのゆったりしたインストゥルメンタルから、ばっちり歌入りの音頭に変わってびっ
くり!お店の従業員の女性も「大変失礼しました〜〜〜」って、オロオロしてるし、
なんだか面白かった。別に音頭が悪いわけでも、失礼なわけでもないけど、店の雰囲
気と全然合わない。やっぱり、合う合わないって、あるよな〜〜なんて、再確認。す
ごく面白かった、あはは・・・

●別れた後に、恋人や夫婦だった人のプライベートなことを暴露すること。これは、
大人として、しちゃいけないことの1つだと思ってる。女同士、男同士、恋愛の話に
なったり、過去の経験の打ち明け話とか、かなりきわどい話になったりすることはあ
ると思う。でも、相手が誰だかということを、不特定多数にわかるような話し方をし
たり、その相手と例え憎しみあって別れたとしても、その腹いせとして、その元恋人
や夫婦だった相手のプライバシーを第三者に暴露するのはみっともないし、してはい
けないルール違反だと思う。

 犯罪行為ではない限り、そのカップル同士が納得していれば、例えば、少しアブノー
マルに思われるようなことも私は構わないと思う。だけど、その時には納得していた
くせに、後になって、状況や自分の相手への想いが変わったからと言って、愛し合っ
ていた時のことを暴露するのは、人間が出来て無さすぎる。小さいし、すごく下品だ
と思う。どれだけ腹が立っても、暴露本を書かないと食べていけない状態であっても、
相手の個人的なことを書くのだけは、してはいけないと、私は、そう思う。

●わぁ、やっぱり、あの人の音だけは、アルバムクレジット見なくてもわかる。どの
曲で演奏しているかが、わかる。damn! 良いミュージシャンはいっぱいいるし、似
たアプローチをする人もいる。みな、それぞれに素晴らしく魅力的だ。でも、あの人
のグルーヴだけは私に直接届く。私の胸の中を、大胆に、油断なく、でも無理なく入っ
てくる。 It is a mysery of music.

●夢見た。 
 コモちゃんと、JINOと3人でうち合わせの夢。なんと、場所がないから、コモちゃ
んが新しく買った(ことになっている)スポーツカーを駐車場に止めて、しかも、前
方を上にあげておいて、その下でうち合わせ。私もその車の下に行こうとしたら、手
が少し何かに当たって、車が降りて来ちゃった。コモちゃんとJINOが何とかしてくれ
て、車は停まったけど、また降りて来た。私は危うくはさまれてぺっちゃんこになる
ところだった。恐かったけど、寝覚めは別に嫌な感じじゃなかった。変な夢だぁ。

●昔、冷たい対応された、ある音楽業界人から仕事依頼。
 わお!なんで?私のこと気に入らなかったんじゃないの?と思ったけど、プロです
から、どこから頂いたお仕事でも、私がお願いしているほんの少しの条件に合う内容
なら、個人の感情は別として、大切に致します。

 でもさ、あの時のこと想い出したら「ちょっとなぁ」と思うような感じだったのに、
今更なんで?きっと、何か事情があって、歌う人がいなくて困ったんだろうなぁ。

 もし、そうだとしたら、そういうことだって可能性あるんだから、どんな出逢いも、
軽く考えちゃいけない、よね。私が、30歳ぐらいになった頃に決めた、いくつかの
「決意」の1つ。

「これから先の人生。会いにくい人を作らない」ってこと。なんか、自分の方が不義
理をしたり、人間的な小ささで、会いにくい関係の人を作らない。例えば将来、どこ
かでばったり会ったり、仕事等で会ったりした時にも気持ちよく挨拶したり、お仕事
ご一緒出来るように、一回一回の出逢いを大切にする、ということ。

●私の作品のレビューなんぞ、拝見。
 たくさんの人が誉めてくれてた。世界で一番好きと言ってくれる人や、日本で一番
の歌唱力だと思っている、と言ってくれる人や、色んな人がいて、改めて、その人に
恥をかかせない歌を歌おうと思った。

 あ、それから、ここで言っても仕方ないけど、平井堅さんと作ったMoonstruckは、
彼が作曲で私が作詞です。


11月*日:
●1日のロイヤルホース、じんわりと良いライブだったなぁ、と思う。終わった後、
メンバーみんなそう言い合ったの。嬉しいな、そういうことが出来たことも、そうい
う想いをシェア出来る仲間や、お客さんがいてくれることが。ありがとうございまし
た。
 でも、私が一番最初に暮らしたリスは、やっぱり名前はなかったのだろうか?

●未唯さんのライブ。楽しかったよぉ。未唯さんは、ものすごく有名です!でも、ご
く普通の女性って部分を内面にいっぱい持ってらっしゃるだろうな、と思うような感
じは、かいま見えるわけ。これから、もう少し仲良くなれたらな〜と思う。でも、やっ
ぱりすごいスターなんだなぁ、ってのも思う。だって、見た目は決して普通の女性じゃ
ないよ。きれい!だもん。美人で、プロポーションも驚くほど綺麗。やっぱり衣装も
普段に着てらっしゃるお洋服も映えるよね。うん・・・だけど、1人の女性として、
人間として、いっぱい頑張ったり、努力したり、耐えたり、乗り越えたりしてらっしゃ
るとも思うんだ。
 It must be himというフランスの有名な作家が書いた曲があって、私がコーラスす
るところはないんだけど、私には歌いこなせないタイプの曲で、彼女の後ろで聞きな
がら、いいなぁ、なんて思う。未唯さんのシャンソンも聴いてみたいな。

●無駄遣いしない!と決めてから、香水は本当に買ってない。昔と比べたら、全然買っ
てないも同然。だけど、一応ネットや雑誌や香水の本などをチェックは、してる。気
ままに、香水ばなし。

*ケリーカレーシュ/ エルメス:エルメスもこういう企画物を出すんだな・・・ケリー
バッグとカレーシュのテーマがが合体して出来た香り。どんな香りなんだろ?ブラン
ド物には興味がほとんどないけど、エルメスのオータクロアは素敵だと思う。私にも
し、色んな物を譲ってあげられる子供がいたら、買う、かもな。カレーシュは、気品
のある香りだと思う。

*ケイト・モス:こういう、有名人の名前の香りってのは、その人が好きな香りをプ
ロデュースしたものなのか、それともその人のイメージで創られた香りなのかが、今
いちわかりづらい。ボトルやパッケージのイメージからいくと、割と好みっぽい香り
だし、香調もなかなか、どこにでもある香りって感じじゃなさそう。だけど、ケイトっ
てなんか悪いことしなかったっけ?そういうのって、別にいいのか・・・
 試香したけど、私には今ひとつぐっと来る感じはなかった。ケイトがオピウムのC
Mをやっていたからか、甘い香りでオリエンタルなTabuみたいな香りのイメージがあっ
たけど、全然似てなかった。

*コベット/ サラ・ジェシカ・パーカー:彼女の出てたドラマ好きだったし、気になっ
てるけど、前回のLovelyが、わたし的には今ひとつぐっと来なかったから、ちょっと
これも足踏みして、買ってません。チョコレートが配合されてるみたいだけど、それ
も、どうかな?と思ってます。実は、ヴァニラ系の香りは、強すぎると苦手なんだ。
でも、これも試香してみたら、いかにもチョコ!って感じじゃなかった。

 同じサラの香りでコベットより先に出た、Lovelyは買ったよ。前に好きだったコリ
アンドルに少し似てるところがいいかな?とは思ったけど、つけてみたら、自分の肌
では、今ひとつ香りの拡散の仕方が合わなかったのかも。体温高めの人にはいいかも
ね。

*ウッド・ウォーカー/ パルファム・レジェンド・オブ・アロー:これはね、出た時
にテスターで試してからずっと欲しくて、我慢に我慢を重ねている香り。う〜〜ん、
欲しい!

*外国のサイトを見ていたらTresor Sheerなるものがあった。う〜む。ほんと、
Sheer志向なんだな、香水業界全体が。。。

 私が子供の頃とか、それ以前の香りはtabu/ 禁断、my sin/ 私の罪、intimate/ 親
密な、Zen/ 禅、fleur d'amour/ 愛の花、femme/ 女、mystere/ 謎、等々、官能的だっ
たり、神聖な感じとか、少し影のある名前が多かった。70年代はそうでもなくなって、
80年代に入ると女性が強くなり、poison/ 毒、を覗いて、ほとんどが、明るかったり
力強い名前が多くなったかも。そして、90年代以降は、幸せっぽい名前や明るい名前
が多くなったね。なにか、時代と香水の流行って関係あるような気がするよ。

 香水って、香りそのものが好きじゃないともちろんしようがないけど、私は、自分
の肌と合う感じがすると、とっても好きになるんだ。例えば、今、これを書きながら
つけてるのは、たまたま、久々にEstee LauderのPleasures。この香りは、つける人
によって、香りがかなり変わるタイプとは違って、香りそのものが、あまりどの人の
肌の上でも変わりにくい、主張のある香りだと感じてる。それは、ある意味ではいい
よね。人がつけてて「いいな」と感じたものを自分がつけても、同じ感じがする、と
いう点ではね。香りは肌でかなり変わるから、人がつけてたのを買ってつけても「あ
れ?」みたいになるのがほとんどだからさ。でも、つけてみたら、香りだけ浮く感じ
がしちゃうこともあると思う。それは、つける側の嗅覚が鍛えられてないせいもある
かもしれないけど。以前は、その「肌馴染みがいまいち」という点でPleasures、あ
んまつけなかった。大流行のせいもちょいあって、かぶりたくないからというのも。
だけど、最近、ちょっとずつ、つける量の加減も付け方も上手になってきて、
Pleasuresも肌馴染みがよくなってきた気がして。

 自分の肌に馴染むという意味で私が好きなのは「Vivre(ヴィーヴ)/ Molyneaux
(モリニュー)」「LC/ Les Copains」「Woman/ Gianmarco Venturi」「Ghost
Summer Moon」(これはすごく好きで、私の定番。だけど元々が限定なので、今の二
本目がなくなると必然的にさようなら。復刻版みたいなものを待つしかない。この素
晴らしい香りを定番のラインに変更してよぉぉ!!)「Sensetions/ Jill Sandar」
(パルファム限定で大好き!)

 すでに製造しなくなったもので馴染みが良かったのは「Ombre Rose Fraiche/
Jean-Charles Brassau」(これがなくなっちゃったのは本当に寂しい。この香りの後
がまとして、少し似てるかな?と思う「212/ Carolina Herrera」それから
「Oxygene/ Lanvin」まで行ったけど、でもやっぱりOmbre Rose Fraicheほどは愛せ
ない。「212]は好きだけど、なんだか急に流行っちゃって、自分のつけてた2本目の
がなくなってから3本目はリピートしてない。最近はまた、少し流行も落ち着いてき
たから、つけようかな?

●もう11月なのに、まだ12月のライブのスケジュールなどが入ったりします。とっ
てもありがたく、嬉しいです。特に今年は年末、京都ラグで久々の三人会(土岐英史
さん、三谷泰弘さん、CHAKA)、渋谷7th floorでコチ・ヂャン(仮)、上町63で西村
君との年越しduoがあり、みんなとすぐ傍で会える機会が多いから、楽しい年末にな
りそう!!

●私は、やっぱり、良いと思わないものを良いとは言えない。自分も含めて、今以上
に向上しない歌を、味があるなどという言葉でごまかせない。

●あ、そうだ「有閑倶楽部」ってドラマになったんだよね。あの漫画はスケール大き
いし、スピード感もすごいから、なかなか実写では、難しいと思うけど、でも関ジャ
ニ、かな?横山君が、あの生徒会長の清四郎かな?清司郎かな?字がわかんない、ご
めん。彼の役で出てるなんて、すっごい意外。だけど、横山君は横山君で、とても魅
力的です。私は、彼がとても好きです。ジャニーズのアーティストの全員を知ってる
わけじゃないけど、えっと、嵐の櫻井翔さんと関ジャニの横山裕さんが、いいな〜〜
と思います。もちろんKinki Kidsは別格(^_-)-☆

●何年も前。ある友人の歌手Gからメールが来た。仲良かったのに、有名になって忙
しくなったら、連絡も来なくなった人。でも私は友達と思ってた。Gは、結構悩んで
いて「スタッフにもマネージャーにも相談出来ない。CHAKAさんにしか言えない」と。
初めてメールくれた。私は答えた。私なりに、考えて、その人のこと考えて答えた。
そうしたら私の心が届いたようで「ありがとう。そうしてみます」と言ってくれた。
その後、Gは、その問題を完全に克服したのかどうかは知らない。私はそれに対して、
半分冗談めかして「私の生徒で貴方の歌を歌っている人がいるから、今度、こっそり
レッスン見に来てくれないかな〜なんちゃって」というようなことを書いた。
 当然、そんなことは、もし来てくれることになったら事務所通さないといけないこ
とも、私はわかってるし、来てくれることを強制したわけでもない。同業者として、
ちゃんとわかってる。
 でもGは、それに対しては一切返事はくれなかった。言い方はきついけど「知り合
いである関係を利用して、自分に厚かましいお願いをしよう」とする人、というのは
私にもたまにいる。本当にきつい言い方でごめんなさい。そこまでの関係じゃないで
しょ?って人。それは、私には事務所との契約上出来ません、という内容を言ってく
る人。私はそれはしたくない、という内容を言ってくる人。などなど・・・
 そんな時でも、私はちゃんと返事をする。私がするから、Gもしなきゃいけない、
わけじゃない。だけど、私は、友達と思っていたし、そういうことを、少なくとも、
迷惑だ、とか、私を利用するな!とか言われるとは思っていない、仲だった。
 でも、その後、一切、メールは来なくなった。忙しい?そんなことはない。同業者
だから、その生活は想像出来る。メール一本書けないほど忙しいはずはない。
 私は「あぁ、Gは、自分で偉くなってしまったのだ」と、寂しかった。


11月1*日:
●Live Jam Meet Jazz終了。かなりバタバタした所もあったんだけど、ま、終わって
みれば、楽しかった。両親が見に来てくれてて、舞台から見えてた。みんなで歌う曲
の時、私が歌うとゲラゲラ笑ってる。聞いてみたら「お前の声、めちゃくちゃでかかっ
たぞ」だってさ・・・なにさ!自分らの方が大きい声のくせに。あは〜

●夏の想い出、という大好きな曲の歌詞の中に出てくる「尾瀬」。実は、尾瀬という
のは、山とか谷とか池とか干潟とか、そういう土地の状態の名前だと思ってた。その
尾瀬は、気軽に行けるイメージがあるが、本当は標高も少し高く、夏でも遭難しちゃっ
て、凍死に至ることもあるという。
 その尾瀬で、携帯電話の使用を許可するかどうかで、もめているというニュースを
見た。

 なんでそんなことでもめているのだろう?と不思議でならない。
 賛成派の人達は、マナーさえ徹底すれば、携帯が通じたら、遭難とか熊に遭遇した
時など、救助を求めることも出来るから、という。
 反対派は、自然なのだから、それを安易に壊す可能性のある携帯はNOだと。

 そんなの当然NOだろ?
 世の中、規則をちゃんと守る人ばかりだったら、こんなに乱れた時代にはなってい
ないよ。携帯電話を許可したら、マナーを守らない人が絶対に現れるし、それを注意
して逆ぎれされて、喧嘩になって、下手したら、事故になる可能性は大だ。

 ピクニック気分で行っても大丈夫なところか、ちゃんと登山用の準備をして、その
場所の特徴を勉強してから行くべきところか、中学生ぐらいになったら判断出来るは
ず。
 危ないところに、ミニスカート・キャミソール・サンダル、みたいな軽装で行くこ
と自体もおかしいし、遭難するかもしれないところに1人で行くのもおかしい。
 自然というのは、美しいものだが、なんでもかんでも自然イコール、イエイ、イエ
イ、大好き!とは言えないと思う。ドカ雪が毎年降って、家の屋根が雪の重みで壊れ
てしまうような地域で「雪は美しいですね」「自然は素敵ですね」と言っちゃうのは
安易だし、家屋を倒壊させ・人の生命を奪う可能性のあるハリケーンだって、地震だっ
て、自然なのだ。自然とは美しさと恐ろしさが紙一重だと私は思う。
 もちろん美しい自然もある。でも、それを満喫するにはリスクも伴うことを知る人
が、本当に自然を愛でる力のある人だろう。
 しかも、携帯電話など、以前にはなかったのだし、そういうところには、後でフィ
ルムを現像するタイプのカメラを持っていけばいいのだ。

 日本人はなんでもかんでも規則で物事を決めようとするが、一人一人の自覚や意識
を高める教育をちゃんとすることをもっと考えなくてはいけないと思う。いざ、何か
が起きた時「誰の責任?」ってなるのを避ける為に、自然を愛でる為の場所にも、柵
を作れ!とか、そういうことしちゃうのよね。馬鹿だと思う。柵なんか作ったら自然
じゃなくなる。個人個人の責任において、危険なところには行かないで少し遠くから
眺めを楽しむことをしなくちゃ。子供にもそういうところは厳しく指導しなくちゃ。

 あまりに「危険」を強調すると、観光客の足が遠のく、という理由もあるようだが、
そんなのは、それこそ世界からエコノミック・アニマルと馬鹿にされる日本人的な発
想だと思う。人の安全より金儲け?自然保護より金儲け?もしそうだとしたら、文化
の水準が低すぎるよ。

●聖林と書いてハリウッドだ。みんな「なるほど聖なる木、holy woodだもんね」と
か言ってた。でもno no no! アメリカ西海岸にあるハリウッドのスペルはHollywood
だよ〜〜ん。この聖林は、まったくの当て字、なのです。hollyとは、ひいらぎ(柊)
のこと、だと思うんだけど。

●ホームページ開設11周年を記念して、分家blogのデザインもリニューアルし、これ
までコメントを受け付けていませんでしたが、また受け付けるように致しました。ど
うか、ルールやマナーを守って、皆が楽しめる様に、書き込んで下さいますように。

●「みどりのマキバオー」毎日読んでる。たれ蔵になる。たれ蔵の様に生きる。

●Salsa Swingoza、楽しかったなぁ。

●十川さん、しょうちゃん、名越さん、みこっちゃん、種子田さんとお好み焼きを食
べた。十川さんは「美味しいお好み焼き屋ってないよね」と言うので、近所で美味し
いと思うお店をご紹介しました。気に入って下さった様子。
 とても楽しかった。閉店時間までいちゃった。みんな発想が豊かだし、博識だし、
楽しいです!!ありがとう。思いがけなく、会えた、ミュージシャンの先輩もいて、
なんか今日は楽しい夕べ、だった。忘れない、よ。

●手乗りサイズの動物がいたら、どれが一番可愛いと思う?って話に、私はちょうど
昨日、テレビでこびとカバを見たばっかだったから「象かな?」って言った後でカバ
も可愛いよねと言おうとしたら、一緒にお好み焼き食べてたメンバーの1人がカバ好
きだそうで「カバだよ、やっぱし」と言うので、驚いた。しかもその人は、こびとカ
バが良いらしい。ふ〜〜ん、by coincidence。 
 カバって、ピンク色の汗をかく、んだよね。

●ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、バーバリーのブリット・シアーが欲しい!でも、
今ある香水だけで、多分、量としては、せっせと付けてもほぼ20年分ぐらいはある。
だから、我慢、我慢!ちょっと目標があるしね。だから、ワイハで買ったドルガバ
のthe Oneをつける。これは、中々大人っぽいセクシーさ漂う香りだ。

●気に入ってよく穿いてるコーデュロイのカーゴパンツ。お尻のところがすり切れて、
ひどい状態に。でも、他の部分は普通だし、すごく履き心地良くて大好きだから、傷
んだ部分をワッペンで補強することにした。ワッペン屋で見てみたら、ローリングス
トーンズのベロ出しワッペン、KISSのロゴワッペン、どくろ、ミシュラン、ジャック
ダニエル、スマイル、コカコーラ、Ford、Honda、76、などなど、色んな定番のから、
すごくユニークなのまでいっぱい。その中で、すり切れた部分に合わせて、長方形の
やつでRedhot Chilipeppersのカラフルで可愛いやつを買いました。股上の部分なの
で、普通にしていたらわからないでしょうけど、可愛いのをと思って。

 なんか、ワッペンて懐かしいなぁ。昔、お金全然なかった頃、2本ほどの同じジー
ンズを交互にずっと仇の様に穿き続けていて、破れたらワッペン、すり切れたらワッ
ペンを縫いつけてたっけ。でも、それでも自分で買ったワッペンは少なく、「8・
8Rock Day」のワッペンとか、ローリングストーンズのワッペンとか、もらいもんばっ
かし。
 あるジャズ喫茶でバイトしてて、そこの店主は、ものすごく偏った人で、自分が好
きなジャズミュージシャンだけが良いミュージシャンだと豪語する人で、Rock Dayと
書いてある私のワッペンにまでケチをつけていたのを覚えている。同じジャズファン
として、ああいう人は迷惑だと思った。今も、その変な信念というか癖みたいなのは
変わってないらしい。
 でも、ワッペンって、改めて、面白いし楽しいものだなと思う。着飽きたジージャ
ンとか、ミリタリージャケットなどに、お気に入りのワッペンを1つ付けるだけで、
なんか新しい気分になるもんね。

●今日つけてる香りは、アザロのBlue Charm(ブルーシャルム:eau de toilette)。
今いち、自分でつけている感じがしない香り。なんだろ?私の鼻がちょっとおかしい
のかな?香りそのものは、体臭の延長でつけられる様な感じで、あんまり「香水だ!
どうだ!」みたいなのではないので、身だしなみとしてつけたい、みたいな人には、
オフィスでもキャンパスでも、あまり場所を選ばずつけられますよぉ。ボトルも、可
愛いです。Eau BelleやOrange Tonic、Pink Tonicなどと同じ形の色違いです。綺麗
な色だぁ。

●「マキバオー」全巻揃った。ベアナックル最高!猫魂!でも、やっぱ、たれ蔵最高!
みんなに馬鹿にされたり、可哀想な生い立ちなのに、なんでこんなに素直で可愛いん
だろう?自らが光る発光体。私もいつもそうでありたい。

 第16巻の「わしと一緒に鵡川へ帰ろう」で、だだ泣き・・・(T_T)(T_T)(T_T)

 一番早い馬はジェネシスやエルサレムかもしれないけど、一番強いのはたれ蔵だよ。
だって、あんな小さいんだよ!あんな小さくて、正々堂々としていて、いつも一緒に
走る仲間のことを心配して。
 それに、絶対あきらめないんだよ。ひどい骨折して、普通なら安楽死か引退なのに、
治療中に「こんなんで終わりたくないのね」って頑張って復活!この気持ちこそが才
能だよ。才能ってのは、自分はこんなもんじゃないはずだ、って前進を続けられる力
だよ。だから、たれ蔵はものすごい才能あるんだよ。漫画だけど、でも、そうなんだ
よ。それが才能なのさ。
 そして、ピークを過ぎても、かっこよく引退はせずに、有馬記念に出て、そして二
位!偉い!「もうこれでいい」とか「どうせ、自分なんて、大したことない」って決
めるのは本当の謙虚じゃない。結果はどうあれ、たれ蔵は、最後まで挑戦し続けた、
本当に謙虚なやつだ。「太陽のマキバオー」の単行本が届くのが楽しみだな。
 私に影響を与えてくれたミュージシャンや格闘家はいっぱいいる。でも、架空の世
界では、たれ蔵だね。漫画とは言え、この漫画に出逢えて良かったよ。私は、たれ蔵
になるよ!

●「今度、ゆっくり飲みに行きましょうね」とか「今度、ご飯でも」と言ってくれた
人と、その中で実際に連絡をくれた人の数は、40%ぐらいかな?お互い忙しいからだ
と思うけど、それに「きっとCHAKAさんは忙しいから」とかって、ある意味の思いや
りなんだろうけど、寂しい。私は、社交辞令しないもん。まじ、行きたいと思ってい
るから。

●11月後半は割とゆっくりだけど、12月は、反面、猛烈に忙しくなるのだ。気合
い入れて行くよ〜〜〜〜
 今日から、大きい、12月のスケジュール表を作って壁に張ろう。そして、準備と
か頑張ってやんないと、大変なことになりそうだ。レコーディングの予定も複数ある
し!!うわ〜〜〜〜('〇';) 
 横浜、目黒、七尾、大阪、横浜、二子玉川、六本木、京都、渋谷、横浜ですね・・・
んあ〜〜〜〜(たれ蔵風に)

 12月、たくさん、みなさんとお会いできますように。


CHAKA

[Prev] [Up] [Next]