07年12月 2日

CHAKA-POCO Diary 2007

11月1*日:
●Rythmのコンサート@品川ステラ・ボール。初めて行ったよ。到着するやいなや、
関係者入口のすぐそばに、PSY・Sの元マネ:田中しげちんが見えた。いえ〜〜い!
 今日はサポートメンバーってかバンマスの種子田健さんの招待で入れて頂いたんだ
けど、しげちんや、その他の以前のPSY・Sチームの顔も見れて、嬉しかった。種子田
さん、演奏もご本人も('-'*)かっこよかったぁ。
 Rythmは、大変失礼ながら、あんまりちゃんと知らないで行ったの。でもね、可愛
くて、曲や詞も等身大な感じがして良かった。たくさんタイアップなんかも決まって
るみたいで、これからどんどん大活躍してね。また、時間が合えば、見に行かせて頂
きたいです!

●そ、Rythmのお二人はとっても可愛い、昔の言い方で言うギャルなの。私は人生で
一度もギャルっとしてたことない。それが私の個性。だけど、羨ましいなとも思うの。
 お台場とか、そんなとこにデートつれてってもらえたり。クリスマスなどに、ちょっ
とだけ豪華なディナー連れてってもらえるしさ。私なんか18歳の時から、クリスマ
スもゴールデンウィークも、人が休む時は仕事だもん。って言うとみんなが悲しむよ
ね。歌でみんなと会えるの幸せです。ただ、やっぱり違うのかな?自分は・・って思っ
たりするだけ。
 うさぎが蛇に憧れ、獅子がハムスターを嫉み、バッタが「俺、もう少しだけイナゴ
だったらよかったのに」と愚痴を言い、孔雀が蛙に憧れ、鰐がシャム猫を真似し、ゴ
キブリがふんころがしに「俺の方が嫌われてるからお前はまだ大丈夫や」と慰め、おっ
とせいが必死で鶴のように飛ぼうとする様なことがあるのだろうか?
 牡丹がぺんぺん草を嫉妬し、薔薇がたまねぎを嫉み、月下美人は芝生になりたいと
はいつくばり、カトレアがわかめに恋し、スイートピーがサボテンの方がラッキーだっ
たのにとブータレて、スズランが泰山木を羨ましがることなど、あるのだろうか?
 多分、ない。だから、CHAKAもこれでいい。

 私は歌っている時以外は、本当に危なっかしい。今日だって、帰り、楽屋から舞台
に降りる階段でこけそうになったし、目が悪いからすぐガラス戸に体当たりするし、
信号で走るとこけるし。コーラと思って飲んだら麺つゆだった。あんまり何にも出来
ない。でも歌っているところだけは威風堂々でしょ?だから、男の人にも、可愛がっ
てもらえないんだな・・・
 Rythmのお二人だってそうかも。でも、きっと違う感じがする。何だか男の人が守っ
てあげたいみたいな可愛いさがあるんじゃないかな?CHAKAだって、全然別のタイプ
で、守ってもらわないと、かなり大変なことになっちゃうんだけどな。ふふ。

●「バカとは何か」という本を読んでいる。書いた人は大阪の人みたい。小さい頃か
ら、スポーツなどは苦手で、勉強はかなり出来た方だから、勉強で頑張るしかなかっ
たんだって。だからバカと言われたり、人にそう思われることが恐怖だったらしい。
随所に「バカと思われないようにするには」という意味の言葉が出てくる。私には、
わからない感覚だ。本は面白いからいいけど、バカと思われないために生きるのは、
大反対だ。いいじゃん?どう思われようと。バカじゃないんだから。
 人にどう見られているか、よりも、大切なことがある。自分がどう満足しているか?
だ。それを考えず、どう見られているかばかりを気にする人は(考えるのと気にする
のは大きな違い!)あんまり幸せにならない気がする。
 その本は、バカと呼ばれる状態などを色々例をあげて面白く解説しているから、楽
しいけど、随所に出てくる「バカと思われないために」という考えは、私には違和感
がある。バカと思われないことが大事なのか?

 昔、自分のことを頭がいいと豪語していた人に出会った時思った。
「一切、他の役に立たない天才は、一切、他に害を及ぼさないアホと同じである」と。
でも、それは瞬間のことを切り取ってそう言っただけで、他の役に立たない天才は、
自分より知能が低いとか学歴が低い人を、自分の中で見下している人が多い気がする。
それならば、他を尊敬し、素直な気持ちを持っている、害のないアホの方がずっと、
いいのではないか?と思うし、長い目で見たら、後者の方が幸せになる気がする。ど
うだろう?

 んで、CHAKAが思うバカは、例えば「歌バカ」とか「芝居バカ」とか言うのは、あ
る種、良い意味もあるからいいけど、そうじゃなくて、本当にダメな意味でのバカは、
今何をする時か、が見抜けないことが原因で、自他共に利益がない結果になっている
状態のこと、かな?

 今は耐える時、今は遊ぶ時、今は待つ時、今は休む時、今は攻めの姿勢で臨む時、
今は黙る時、今は発言する時、今は食べる時、今は他と歩調を合わす時、今は己に生
きる時、今は訴える時、今は聴く時、などなど・・・意地、嫉妬、無知、無目的、怠
惰、など、さまざまな理由で、「やるべきこと」を見抜けないで、自分か、他の人か、
または自他共に、金銭的にも精神的にも、何の利益もない、または損な結果になって
いること、だと思う。

 例えばテレビタレントさんがクイズ番組等で、本当か演技かわかんないけど「お馬
鹿で可愛い」回答をしている時がある。あれは少なくとも誰かの役に立っているから
バカだとは思わない。もし本気だったら、知識の著しい欠如だとは思うが、それで番
組視聴者などを癒しているなら、別にバカとは思わないし、実生活でも、それが直接
その人の不幸につながらないなら、バカというより個性だと思う。
 そりゃ、冗談でそういう人に「アホやなぁ」と言う時もあるけどさ。

●大阪弁で「お前はあほか?」という時と「あの人、あほちゃう?」という時とでは、
意味が違うのですぞ。

●世の中、自分のことを棚に上げて、もの申すべき時はある。だけど、実際には、そ
の人と同じだけのことが出来てから言わないと、誰も聴いてくれないってか、逆に、
それこそ笑われる、よ。
 「高い声が出ても仕方ない」なんてのは、自分もその高い声が出せてから言わない
と遠吠えだし「英語が出来ても日本人なんだから、日本語が大事だ」なんてのは、英
語が出来る人が言って初めて意味があるんだよ。

●悪い人じゃないな、と思っていたのに、実は、いい加減な人(金銭的に)だって、
わかったことがあった。残念だ。

●今日は、去年から、普通のカメラ(私の自慢のカメラ!)で撮ったフィルムを現像・
プリントに出した。去年のE☆Eの時の写真が多いはず。去年の1月、初めてケリーさ
んと出逢い、なんだか不思議な感覚があって、その後140本近い公演を共にするとは、
全く、微塵も思っていなかった。最初46本と聞いていた時は、高い山を見上げて「い
ざ、登らん!」という気分だったけど、あれだけ盛り上がった公演が出来て、しかも、
追加、再追加なる新しい言葉も出来てしまった。
 みなとみらい、私は83本出演させて頂き、これまでの歌手人生の中でも、すごい記
録破りだった。まさか翌年にも公演があるとは思っていなかったので、本公演の千秋
楽と、Water Tankでの全ての公演の最後の日、私はこの一年のことを一生覚えておこ
うと、たくさん写真を撮った。楽屋入りした時間から、リハ、準備や休憩時間、公演
後の打ち上げなどなど。。。たくさんの写真を撮った。
 歌手としても、また1人の女性、人間としても、みなとみらいでの日々は大きな意
味のあることでした。ケリーさんにも教わったし、私がケリーさん、またE☆Eのみん
なに提案したこともあった。
 びっくぼさんは私や十川さんのことを「歴戦の勇者」という言い方をしていたけど、
中々言い得て妙って感じ。確かに、色んな仕事をさせてもらった。時には闘いと言え
るような状況の時もあった。体力、気力、アイデア、己の音楽力、人間力、経済面、
新鮮さを保つこと、などなど、色々なものと闘って今日まで来た。
 私はこれまで、ミュージシャンで、自分以外に闘うという言葉を使う人にはケリー
さんにしか会ったことがない。彼と私は随分違うけど、でも、時として「yeah!」と
感じるところが、同じこともあり、自分の運命には感謝している。
 そして、Water Tank2。こちらは、また場所も変われば、内容も変わり(ってか、
内容は毎日変わってたけど・・・あは、今考えてもすごいな)、別の思い入れがある。
 私が過ごした時間は私にしか感じられない。それでも、写真という技術が身近にあ
ることに感謝します。ほんの少しでも、あの時間を印しておけることは、とても嬉し
い。
 私には老後なんてない。でも、いつか私が体力的に、今と同じペースで色々なこと
が出来なくなった時には、この写真を見て、誇りに思うことだろう。

●ゆうべ見た夢は、たなかたい、と、たなかとめ、という、双子のおばあちゃまが作っ
ているというミネラルウォーターを飲む夢でした。ボトルはガラス製でした。マイク
ロバスをチャーターして、どこかへ行くの。やけにはっきりした夢だったなぁ。

●アマゾンズのコンサート。楽しかったです。しょうちゃんと行ったんだけど、会場
は知り合いだらけで、笑っちゃった。しかもPSY・Sのディレクターや、PSY・S時代の
販売促進のスタッフだった人達までいる!色んな人に会って、笑っちゃった。
 ドラムは超久々に会った沼澤尚ちゃん。ドラムは場所が固定なのに、目立つのなん
の。
 ベースは、LGを抜いて、CHAKAランキング堂々一位の種子田健さん(^з^)-☆
 Rythmの時とはまた全然違う感じで、元々black music好きなので、またまたすっご
いかっこよかった。音もご本人も('-'*)ね。やっぱ、音と音の間がグイン・グインっ
て言ってなきゃイヤなのね(たれ蔵風)。だから、彼のベースでライブやりたいなぁ、
ファンキーなやつ・・・おいらだって、グイン・グインってやるからね!


11月2*日:
●カシミアは温かいにゃ〜〜ん。

●ゆうべの夢は、大昔、大阪時代に住んでたアパートがゴージャスになっていて、びっ
くり。私の部屋もすごく綺麗だった。

●「Mo' Cool Jazz」の収録。この番組はLAにまでbroadcastされているのね、う〜〜
ん、素敵。

 ジャズのことを、身近に話すのは得意よ。だって、そうやって暮らしてきた、から
ね。私が相撲が好きなのはジャズに似てるから。それから、人形浄瑠璃を見た時も、
全く言葉で合図を発することなく、3人で一体の人形を動かすところなどが、ジャズ
だぁ〜〜〜と思ったしね。ジャズの要素は色々なところにある。

●以前、歌のレッスンの時、ある歌手のCDをお聴かせしたところ、生徒さんが「男
の人なのに優しい声ですね」と感想を述べた。でも、それは女性シンガーだった。そ
の生徒さんは、間違えたことを恥ずかしく思い、それ以降、色々なCDを観賞しても、
必ず「この人は男性ですか?女性ですか?」と質問をしてからでないと、自分の感想
を述べられなくなった。
 間違えたことを恥と思うのではなく、男の人なのに、女の人なのに、という枠にこ
だわって音楽を感じる、その固定観念を捨てた方がいいよとアドバイスした。捨てた
方がいいというより、捨てなきゃ、と思う。

●誰かのことを紹介する時や説明する時の「はっきり物を言う人」という言葉には、
大抵、その言葉の純粋な意味以外のものが含まれている気がする。そこには「きつい
物言い」とかのニュアンスが含まれているような。
 でも、前にも言ったけど、過去を振り返ると、私に嫌なことをした人や、悪く利用
した人、傷つけた人、は、みな「はっきり物を言わない人」または「心と言っている
ことが違う人」だったという事実。

●貴方の職業が音楽家なら、素敵な自分の音楽をやることが仕事。誰かと競ったり、
誰かに負けないように頑張ることが想いの根底にあったとしても、それよりもっと大
切なのは、音楽をすること。する限りは、素敵な、自他共に楽しいものをやること、
じゃないかい?
 私もね、まさに通って来た道、だからわかるのよ。でもね、今の貴方には、この言
葉は通じないかも、ってことも、わかるのよ。だって、私も通って来た道、だもの。

●自信と慢心の壁はどこ?

●甘やかしてくれる言葉だけくれる人を、優しいと思って生きません。

●同じ楽屋で誰かが煙草を吸っても、私は文句を言ったことはない。以前は、喫煙者
も「吸ってもいいですか?」などとは訊いてくれなかった。それは、今よりもっと喫
煙者が多かったから、かな?
 ただ、文句じゃないけど、別のことで、言いたいことはある。同業者の皆さんに、
私に聞こえる場所で「あぁ、緊張しちゃうわ」とか「今日は**さんが見に来てるか
ら、緊張する」など、プロとして、意識の低いことを言わないで欲しいです。
 それは、煙草の煙が体に悪いのに、平気で他の人に吹きかけてるのと似てます。
 煙草は体に悪いだろうけど、そういう甘えを、当たり前にしたままのプロは、他の
人の心と、プロの世界全体に悪いです。煙草の煙を吸わない為に息は一瞬とめられる
けど、耳はとっさに塞げません。そして、こういうことを言う私のことを「恐い」と
思うのは勝手だけど、決めつけないでください。

 昔は今ほど喫煙者のマナーってなってなかった。喫煙者はたくさんいたし、喫煙可
能な場所も多かった。誰かが「煙草の煙、いやなんだよね」などと言うと、その人が
わがままみたいな風にされた。昔、すごく不思議なことを言う人もいた。「今、みん
なが煙草を吸ってるこの中で、煙草を吸わないCHAKAが一番悪い空気を吸っているん
だよ」だった。え?なんで?そしたら、その人は普通に呼吸をせずに煙草吸ってるの?
他の人の煙草やみんなが吐いた煙や二酸化炭素を吸ってるだけの私と、私と同じ汚れ
た空気を吸いながら、煙草もその上に吸っているその人の方が体に悪いんじゃないの?
と思ったが、言わなかった。
(私のことを、何でも思ったことの全てを口に出す人間と思ってる人多いみたいだけ
ど、全然そんなことないのね。たれ蔵風)

 でも、時代は変わった。喫煙者の態度や発言も変わってきた。
 だから、仮に甘えと闘わずにプロとして歌っている人に対して「そんな意識が下がっ
ちゃうような言葉言わないで」と言う人が増えれば、きっと、今の私を「恐い」と思っ
ている人も変わるのかも。もし、変わって「CHAKAさんの言う通りだわ」と言う様に
なったのだとしたら、少しはいいけど、少し情けない気もする。周りによって自分の
主義の様なものが変わるなんて。
 ミュージシャンは心も体も柔軟な方がいい。だから、敏感に対応したり、新しい物
を吸収して、自分の色んな面を発見することはいい。でも、自分の一番の根本の信念
が、周囲の状況によって変わるのは、クリエイターとは相反している。
 あ!ってことは、元々、その人達はクリエイターを目指していたわけではなかった
、ってことなのかな?そうなの?

●一個一個のその人の癖や考え方なんかを考えると、それほど好きじゃないのに、そ
の人まるごと好きってことない?不思議だね、愛情って。

●ネットのお店でコートを買った。キルティングで、なんと私には珍しくアイボリー。
ものすごい派手な、スワロフスキーのストーンがギッラギラのボールペンをおまけに
もらった。すごい・・・しかも、そのストーンが取れちゃった時の為に、10個ほど
予備のストーンもついてる。いたれりつくせり。

●「Tabloid Tokyo」という英語の本で勉強中。外国の人達は、日本というと、禅、
侍、相撲、芸者、着物、富士山、秋葉原、アニメ、という感じのイメージを持ってい
るでしょうけど、当然それだけが日本じゃない。カナダやオーストラリアや、その他
の英語圏の新聞記者が、俗な話題満載の週刊誌の記事から選んだトピックについて書
いた101の記事が一冊の本になっている。
 一番最初の文章が「若い女性のスカートの中を、下から覗くことが、日本の男性の
長年の切望である」みたいに書かれてて「そんな・・・日本人だけか?(;^_^A」と思っ
たけど、笑っちゃった。無茶苦茶に語弊がある文章だけど、その本自体は英語の勉強
にもなる口語的な表現や、知らない単語が満載で、面白い。native speaker向けに書
かれているので、上級者用。ちょいムズ。

●この間の西村家お好み焼き会で、こんな話になった。
 自分の間違いや不注意やいい加減さで、何か大なり小なり問題が起きた時、その原
因である自分を反省せずに、迷惑をかけた人やクレームを出した人に対して「そんな
に、怒らないでね」と言うタイプの人は、もしかしたら、ほんの少しこの世の中を悪
い方向に動かしているかもしれない。
 私はその意見に賛成である。「怒らないで」とか「まぁまぁ、そんなに怒らないで
ね」とか言うのは、問題がどうであろうと、その問題でとばっちり受けた人の気持ち
は考えず、自分を守る為の言葉であり、その人がちゃんとしていれば無かった問題な
のに、まるで、自分が悪いのではなく、とばっちりを受けた人が「必要以上に怒りっ
ぽい人」みたいな立場にしてしまおうとする言葉だ。これは、第三者がその場だけを
見た場合、クレームを出した人が、きつい性格であるかのように演出できる、大変に
パワフルな言葉である。
 一言で言うと、ずるい。

 例えば、一度、すごい問題を起こして、こちらに大迷惑をかけておきながら、また
時間が経ったら、何事もなかったかのように「どうも〜」とか言ってつきあえる人っ
て、時々いるが、こういう人達のことを、みな「前のこと、もう忘れたんかな?」と
言うけど、違う。全然忘れてない、らしい。または、その人の中の記憶がこちらとは
違う。でも「ま、過ぎたことだし、もういいじゃん?そんな怒らないでね」と、自分
の常識を世間の常識にしたい、ずるい行為なのだ。

 ちょっと前まで違うことを言っていて、立場変わったら、全然違うことを言う人と
かも、決してその人は以前に言っていたことを忘れていない。私の知り合いにも、い
た。「この間と言ってること違うやん?」と言うと、逆に軽く怒って「え?そんなの
忘れたよ」と、勝ち誇った様に言い、腹が立つから「意外と、頭悪いんだね」と言っ
たら、その人にとって頭が悪いという言葉は、最大級のパワーを持つ罵倒なので、やっ
ぱりまた怒って「何言ってるの?人間ってのは変わる生き物だし、忘れることだって
出来る人間なのだ」みたいに言って、話をすり替えて、人間の脳が持つ能力について
の講釈が始まる、そんな人だった。少し話していると、その人の言う「頭の良さ」に
は「狡猾さ」というのが含まれていて、「根が悪いんだなぁ」と思って、ますます寂
しくなった。

●「たいようのマキバオー」単行本1と2が、届いた。週刊プレイボーイに連載され
ているだけあって、大人向けの展開だね。イントロ、ちょっと長くない?と思ったが、
少しずつ面白いことになりそうです。
 でも、最近、ちょっと本の買いすぎ!反省!

●うん、やっぱりね、サックスは太い音でなきゃ。それからタンギングが甘いとやだ。
んでね、エレクトリックベースはね、太い音でね、音と音の間が、グイ〜ン、グイ〜
ンって、グレアム先生みたいに、なってないとやだ。ヴォーカリストは一音一音、最
短距離で次の音に行かないとやだ。変にしゃくったり、例えば「キミが」という言葉
なのに「キミが・ぁ」と歌う人はやだ!!単語の途中で息を吸う人もいやだ。ドラマー
は、自分だけで叩いているみたいな人はいやだ。ギタリストで、腰が低すぎるのもい
やだ。

●自分とは違う価値観や考え方の人が「変」で、自分は「普通」っていう風に心でい
くら思っても、それは勝手です。でも、それを私に押しつけたり決めつけたりしない
で欲しい。ただそれだけです。

●その人と私との関係は、純粋に仕事関係。だけど、私は女だから意見を言ったりし
てはいけないの?女だから、言い方に気をつけないといけないの?意見があれば出し
合うとか、言い方うんぬんは、男女同じじゃないの?瀟洒で、控えめで、従順だった
ら、それが女性の場合はいい人なの?人間性は?実力は?心で何を思っていても、表
面的に言わなければそれがいい女なの?
 場所じゃないけど、今からでも遅くないから、外国に住む、かなぁ?今、私には夫
も子供もいない。だから、pippinにはちょっとだけ辛抱してもらって、やつが元気な
うちに飛行機に乗る、かなぁ?
 女のくせに、子供のくせに、なんてのは、欧米では、日本よりもっと敏感で繊細な
問題として扱われている。職場などで「女のくせに」なんて言おうものなら、訴えら
れかねない。
 人の心の中なんてわからないけど、少なくとも、表面的には、これまで欧米の人達
の中では、私は私として扱ってもらえた。それに、私ぐらいの主張なら、欧米では普
通のことだと何人にも言われた。主張もない、意見も出さない、って人の方が信頼さ
れない。そうだよね。そんな黙っている人なんて、どんな人かも何考えているかもわ
からないから、逆に恐い。私はずっとそう思って来た。
 きっと欧米なら、今度はアジア人のくせに、ってのがあるかもしれないけど、闘う
よ。少なくとも欧米では、闘った人の方が、ただ辛抱してるだけとか、何かを待って
いる人より、認められるから。
 場所じゃないけど、ある意味での養生の為に、行ってみる、かな?きっとエンター
テインメントの世界では、日本よりずっと厳しいから、経済的に困るとは思うけど。
やるだけやってみる、かな? 
 「あの人は強い人」というのは、日本では決して、まるごと誉め言葉じゃない。で
は、アメリカでは?イギリスでは?それを確かめる為に、行ってみる、かな。

 りんごに向かって「お前はなぜミカンじゃないのだ!」と怒鳴って責める人がいた
ら、バカだ。なのに、どうして、人に向かっては、誰かと誰かを比べて、責める人が
大勢いるの?

●なんか、この日記では、CHAKAは文句ばっかり言ってるみたいに見える、ね。だけ
ど「まぁまぁ、いいじゃない、そんなこと」「穏便に、穏便に」って言う風に、主張
すべきことも、飲み込んで、でも心の中にはちょっとだけイヤな感じを残したまま生
きるって、心の何かが摩耗していくみたいで、いやなの。
 人間はただ丸くなるのではなく、大きく柔らかく、しなやかにならないといけない。
自分の大きさは変わらずに、ただ丸くなったら、角が削られてる分、小さくなる。大
きくなっただけじゃ、凡庸になったり大雑把になっていく。柔らかくなっただけじゃ、
脆くなる。大きく、柔軟で、しなやかになりながら、きめ細かくなって、いつも瑞々
しく新鮮でいたいの。その努力なら、いくらでもする。
 自分には、あまり、物を教えてくれる人、特に歌のことを指摘してくれる人はいな
い。素晴らしいと言ってもらえることを疑ってはいないけど。でも、ごくごくたま〜
〜〜に「CHAKAは、もっとこういう風な感じで歌うって、どう思う?」みたいに言っ
てくれる人がいる。大切にしたい。誰だって本当は気が強いから、その瞬間には、ど
きどきするし、カ〜〜〜っとなる時もあるけど、ちゃんと受け入れられるよ。人に指
摘されたり、アドバイスされたことが、本当だなと思ったら、私は、その時ものすご
くちゃんと受け止める。これが出来なくなったら、慢心を起こしてると思う。だから、
前にも書いた、指摘されたことを受け入れず「怒らないでよ、まぁまぁ」って言う人
が苦手、というか、会いたくない・触れたくないの。これ以上、成長しません!って
言いながら、まるで指摘してくれた人が怒りっぽい人みたいにしてるんだもの。それ
はもう立派な慢心で、しかも責任転嫁のずるい人でしょ?

●だけどね、私1人がいつも主張したり、あれこれ厳しいわけじゃないよ。「ポテト
サラダの林檎は許せない」とか思ったことないし「この曲は、必ずこのキーじゃない
と!」ってことで喧嘩してる歌手も大勢いるのに。
 私は、何でも食べる。全部、好物か大好物。歌う曲のキーも半音ぐらいなら上でも
下でも全然かまわない。
 喫煙者がテーブルに同席していても、その人がちゃんと気を使ってくれているのな
ら、嫌煙権なんて振りかざさない。だいたい、嫌という言葉は出来る限り使いたくな
い。
 「なんだこの歌?(-_-;)」と思うような、覚悟がない歌を聞いても、「なんだろこ
の人?(`´X)」と思うような、意識の低い生き方を省みない人と仕事しなくちゃ
いけなくても、その場を離れたり出来ない場合「この人から、何を学ぶことが出来る
だろう?」という風に、接することが出来るよ。ただ「嫌だ嫌だ」と思っていたら、
苦痛なだけ、じゃん?でも、そこで何とか精神的利益を!と思うわけです。

 みんなが私を相手にしていないだけ、かもしれないけど、確かにそういう可能性も
あるけど、私は、あまり仕事現場や、それ以外のプライベートな場所でも、喧嘩には
ならない。会いにくい人、会えない人、もいないよ。自分の中では、一度、ミュージ
シャンとして、または人間として、大変なルール違反をした人に関しては、出来る限
り再度の共演はしたくないという人は、ほんの一握りいますけどね。でも、絶対に、
ではないです。

●その言葉を言ったり、書いたりしたことで、誰が幸せに近づくの?ってことをはず
して、言葉を使ってはいけない、ってこと、自分に課してます。他の人のことは責め
ません、当然。でも、チャカはそうしま〜す。上手くできない時があっても、改善し
ます。

●中国で虎が共食い。ひどい・・・お願いだから、自然にしておいたら、そんなこと
はなかったはずなのに、やめて。虎は群で生活する生き物でもないし、共食いっての
は、よほどひどい状況で起きることなんですよ。人間と違って、動物は、まずは種の
存続の為に、本能にインプットされたルールで生きてますから、彼らは。
 だから、同種の生き物を食べるというのは、本当に最悪の状況なのです。6頭いる
檻の中で、1頭が他の5頭に食べられていたそうです。写真も見ました。可哀想に。
可哀想に。しかも絶滅危惧種。
 これは事故でもなんでもなく、人間の罪だと思う。餌を満足に与えていなかったと、
動物縁側も認めているし。

●「どうして男性にも乳首があるの?」という本を読んでいて、おもしろかった。チョ
コレートとにきびは無関係とか、いろいろ知れる。
 先日、テレビで劇団ひとりさんが発表してた「猫舌は、テクニックの問題だった」
というやつも、へへ〜〜んと思った。
 ちなみに、哺乳類で猫舌じゃない動物はいない。何故なら、野生には熱い食べ物は
ないから、みな猫舌だ。だから猫舌、ライオン舌、ペンギン舌、ヌー舌、ハイエナ舌、
虎舌、言葉はなんでもいいのだ。

●私もその場にいたけど「子供さんは、作る予定はないのですか?」と聞かれた知り
合いの女性。私はその人と少しだけ知り合いで、その人にまだ子供さんがいらっしゃ
らない理由を知っていたし、彼女が少しつらい想いをしているのも知っているので、
私はどきどきしていた。
 過敏かな?そんなことないよね。思いやり、のつもりなんだけど。
 他にも「その質問だけ、傷つく」と言っている既婚女性を3人知っている。だから
ね、どうしても知らなくてはならないことじゃないなら、訊かないであげてよ。変に
気を使うのもどうか?という意見もあるかも知れないけど、今、本当に色んなことが
ある時代だから、欲しくて出来ない人だっているし、母胎に宿っても生まれて来れな
かった命もあるのよ。わかる、よね?
 日本人は初対面でつっこんだこと訊きすぎなのよ。「結婚してるか?」「子供はい
るか?」「親は仕事何してる?」訊くだけならまだしも「はよ、結婚せい」「子供つ
くれ」「二人目は?」・・とちょっと説教口調?あれ〜〜?なんだかおかしいぞ、そ
んなの。だいたい、はよ結婚しろとか言う人に限って、別に見合いの話を持ってきて
くれるわけじゃないしね。 

●今日はね、自分は自分の両親を選んで生まれてきて良かった!って、本当に大感謝
する出来事があったの。だから、夜10時半ごろ実家に電話した。ママは元気。来年、
私と共に子年で年女。パパとは電話替わってもらわなかった。親孝行、したい。
 彼らは、決して綺麗な美しい球体の様な人達ではない。両親の生き方の話をすると、
大抵の人が驚くほど。彼らは、誰よりもオリジナルなでこぼこのデザインの人達。だ
けど、いびつでも、素晴らしい。
 何と言っても、自由な発想。70歳を過ぎても自分の未来の可能性を活き活きと語
る。そして、本当に頑張り時を知って実行出来る、すごい根性の持ち主。
 この二人を、私は選んで望んで生まれてきたのだと思う。だって、欲張りやもん。
色々あるだろうけど、でも私は親を見る目があった!それが一番の幸せ。
 ありがとうございます。未来では、私があなた方を生み・育てさせて頂きます。そ
の時は、本当に頑張ります。

●安倍前総理と手をつないで駅みたいなところをウキウキ歩いている夢を見た。誰か
別の政治家が軽いミーティングをしているような場所に行った。
 それから、アメリカに場所は移ったが、市場。野菜やフルーツの競り。女性が、あ
る農家の人が作ったカリスマ野菜で競り合っていた。競り落とした人は、以前テレビ
で、外国人妻がみんなで討論している番組で、いつも怒っているような関西弁のメラ
ニーという人だった。なんだか私とその人は友達で、その人が見たこともない葡萄の
様なものを食べさせてくれようとして、でも私は自分で勝手に1つ食べちゃったら、
その人は怒った。でも言い訳して「自然に落ちたやつを食べてただけですよ」って。
あは。そのフルーツはラズベリーの様な赤で、美味しく新鮮だった。その女性は実は
料理科で、大変腕に自信を持っていた。隣の女性は日本製の調味料なども使うのに、
彼女は一切、自分のお国のものしか使わないって、こだわってた。数種類の塩があっ
た。そんな夢。

●ちくしょ〜〜、香水め!次から次へと新しいのが出やがって・・・

●「甘いものが欲しい」と思っていたら、尊敬する人から、大変に美味しい有名なお
菓子を頂いた。嬉しい!ありがとうございます!

●「私らしさ」について、考えたことは、これまで一度もない。あんまり興味がない。
私にとって「私らしさ」にこだわることは、自分を制限していること、だから。

●天璋院篤子さんって、すごかった、んだなぁ。興味あるなぁ、こんな女性!

●大奥見てると、天璋院、実成院、月光院、桂昌院、みたいに、将軍の正室だった人
や、将軍生母だった方が、落飾して、なんとか院って名前になるけど、これっていわ
ゆる出家したことと同じという考え方で、二度と結婚しませんし、異性と個人的な関
係は持たないって意味やんね?常に、将軍のお墓参りをしなくちゃいけないんだよね?
なんか、その時代を生きていないけど、ものの本を読んでいると、本当にすごい職業
差別と男女差別がありましたね、昔って。

 ま、それはそうとして、その「**院」って名前、それって誰がつけるのだろう?
やっぱりお坊さんかな。物の本によると、ものすごい数のお坊さんや女性だけどお坊
さんみたいにしてる人が、江戸城にはいたらしい。ちゃんと覚えてないけど400と
か500みたいな数だったはず。坊さんだらけ・・・
 だから、戒名みたいに、つける係の人がいるのかな?そうだろうね。だって、落飾っ
てのは出家のことだもんね。昔は女性の髪ってそんなに大切なものだったんだね。で
も、大奥の将軍の正室などは付け毛をつけていたらしいじゃん。ま、時代劇で見る鬘
の様に素晴らしい髪質をしている女性ばかりじゃないだろうから、付け毛も必要だわ
な。(私が当時生まれていたら、ものすごい美髪で、伸びたら伸びた分だけ、鬘とし
て誰かに使ってもらえたし、人も羨む髪だったんだけどな〜〜〜えへへ)

 んで、仏教には、もともと戒名って無かったんだよ。戒名ってのは、意外と歴史の
浅い習慣なの。お釈迦さんとは関係ないの。だから、つけたくない人はつけなくても、
遺族に罰があたったり、死者の魂が迷ったりはしない、よ。私は必要ないですから、
宜しくお願いします。

 でもさ、いくら将軍正室とはいえ、子供を持たなかったり、世継ぎを生まなかった
ら、男子を生んだ側室の方が事実上、立場が上だったりとか。例え、世継ぎを生んだ
将軍生母だったとしても、その将軍が亡くなったら、城内での力みたいなものは薄く
なる。女性って、ほんと、昔も今も、自分に力を持つとか、自分という1人の人間と
して見てもらうってことが難しい性なんだね。名前もコロコロ変わっちゃう可能性も
あるしさ。現代は随分、女性にもチャンスが増えてきたと思うけどさ。

●アメリカン・イーグルのピーコートが欲しい。私は今ひとつ、自分の普段のファッ
ションの傾向を統一出来ない。可愛い服を着る人なのか?カジュアルで統一する人な
のか?綺麗目路線なのか?あれもこれも、なの。だから、こんなに家中服だらけ、な
のか。香水を一本に決めたりする人もいるけど、無理、絶対。

●クレジットカード会社からヴィトンのカタログが届いた。あんまりたくさんバッグ
あってもなぁ。でも、デザインもよくて持ちやすそうと思うものもあって、目の保養
です。私は、あんまり小さいバッグはどうも苦手。あれもこれもぜ〜んぶ入れて持ち
歩いちゃうから。最近は、エナメル加工で、でもくしゃ〜っとしてるやつに目が行っ
ちゃうよ。

●「モテ系のコーディネート」とかって本などに書いてあると、ごめん、笑っちゃう。
コーディネートでモテるなら、そんな楽なことはない、からさ。

●誕生日に頂いたお茶類、せっせと飲んでようやく無くなりそう。たくさん頂いて、
今一度改めてお礼をいいます。ありがとうございます。今、最後の一缶。Lupicia
のAssam CTC です。美味しい!

●うわ!熱が!と思って計ったら、36度2分だった・・・冷血人間か?私は。でも
自分では自分の顔がすごく熱い!と思ったの。

●私のお友達というか、先輩なんだけど、歌手の山本愛さんのアルバム「Melodies
of Love」が出ました。すごく良く知っているわけじゃないけど、それにしばらく最
近はお会いしてないけど、会うと、優しい気持ちになる女性です。
 愛さんの、そのアルバム、買いました。まだ、振り込んでないけど。謙虚で、愛ら
しいお人柄が、そのまんま歌に出ていて、私にはたくさんたくさん学ぶ物があるな〜
と、羨ましく思いました。私に足りない物は何か?教えてくれました。
 愛さん、ありがとう。私はもっと素直になります。人に愛されるとはどういうこと
か?感じました。ありがとう。

●あ〜あ、万年筆、買っちゃった。プラチナのキンギョ。届くのが楽しみだよ!いえ
〜〜い!届いたら、写真blogに載せるね。

●ゆうべ、パチンコをしている夢を見た。うふふ、なんだか数字が揃って、すごいた
くさん玉が出たんだよ。だから「きゃ〜〜〜助けて!」って叫んだら、一緒に行って
いた友達が助けてくれた。でも、なんか私はすごく恥ずかしかったんだよね。変なの。

●風邪、治りましたぁ。

いよいよ、12月〜〜〜。みんな締まって行こ〜〜〜〜

CHAKA

[Prev] [Up] [Next]