08年 3月 2日

2月*日:サンフランシスコから帰ったよ。濃い1週間。素晴らしいsoul sister
との出会い。
さぁ、また今日から、日本で頑張るよ!2月はなにげにライブも多い。

2月3日: 今日は、あじの干物、お刺身用マグロのサイコロ切りしたのとトロロ
入りの納豆スペシャル、白味噌系のお味噌汁、ほかほかご飯、頂いたお漬け物数種、
お茶は大好きな玄米茶。まじで久々に自炊。いえ?い? 明日の朝食用のサラダを作っ
ておいてから寝よう。珈琲もお茶もしこたまあるから、とにかくがぶ飲み!

岡嶋二人さんの本、読み終わったから、今、ようやく念願だった、宮部みゆきさん
の「模倣犯」読み始めた。いきなり面白い。宮部さん、久々だぁ。この方の作品は、
色々な事件が起きても、最後には希望を感じる。素敵な女性なんだろうなぁ。

2月4日:INSPiの渡辺くん、吉田くんをゲストに、コチ・ヂャン(仮)のリハ最
終日。いや〜、素晴らしい。嬉しいです、ありがとう。13日、楽しみましょうね。

2月*日:演歌歌手ジェロさんの歌を拝聴。いいですね。あんまりびっくりしません。
おばあさまが日本の方なんですね。「黒人なのに、演歌が歌える」なんてことで変
にびっくりしたら「日本人がジャズなんか歌えないだろ」と自分が思われ・言われ
たのと同じ目で、ジェロさんのことを見ることになるから。ジェロさん、いえ〜い!
日本の楽しい音楽を、色んな人に届けてください!

「ロリータ」という名前のベッドが販売中止?なんでかな?ロリータって、そうい
うタイトルの映画がきっかけで「幼女のみに性的興味がある人のこと」みたいな意
味になっちゃったけど、元々は単なる人の名前、だよ。でも、ま、そうなんだろう
な。イメージがそうだから、そのベッドの会社も気にしたのかも。ふむ。

話すのが上手じゃなかったせいで、好きな人に誤解されたら、寂しいね。すっごく
寒いね。

すぐ「もう年だ」って言う人とは、どう話していいかわかんない。言ったって年取
るんだからさ。それにさ、あなたより私が年上なんだから「もう、年だよ」って言
われると、私までも巻き込むことになりませんかね?

2月1*日:声が調子の悪い時だってありますよ。人間だもの。でもさ、わざとか
すれてる声を出すことだってあるのです。物事の一部だけを、聴いたり見たりして、
あれこれわかったようなことをぶつける人っている、よね。プロを甘く見てはいけ
ません。

シャイで無頓着(無神経という意味ではないよ)でちょっと強引な男性はきっとセ
クシーに違いない。スレてて、自分の魅力に全部気付いてて、しかも自分から一歩
踏み出してくれない男性は、魅力感じない、なぁ。個人的な好みですけどね。

松岡錠司監督、受賞しましたね。日本アカデミー賞。以前「きらきらひかる」の時
にお会いして、私のラジオ番組にも来て下さって、とてもいい感じでお話しが出来
たのを覚えています。おめでとうございます。

すごい記事を読んだ。「自分は死にたかったけど、死にきれないので、誰かを殺せ
ば死刑になると思ってやった(人を殺そうとした)」というもの。結局は殺人未遂
だったようで、被害者の方がどのような状態かはわからないけど、頭蓋骨が割れて
重傷だって。亡くなってはいないみたいだけど安心できない。どうか、無事で!も
し身体の傷がいつか癒えても、心はどうかな?人を信じられなくなったり、または
信じようとしても、外に出るのが怖くなったりするんじゃないかな?もう平気と思っ
ても、忘れた頃にフラッシュバックで思い出して怖くなったりしないかな?全然知
らない人だけど、頑張って下さいね!!
その記事をただ読んだだけじゃどんな経緯かはわからないけど、文面のみで判断す
ると、最悪の人迷惑だ。どうすればこのような発想に至るのだろう?自殺も決して
良くないけど、でも自分が死ねないからって、他人を巻き込んでそんなことするな
んて。この記事の文面の意味だけで判断できないけどさ。その人には、信頼できる
友達や家族がいなかったのかな?どうなんだろ?でもさ、人ってさ、煮詰まっても
落ち込んでも、誰か、たった1人でも2人でも、わかってくれてる人がいると思う
と、ちょっと頑張れるってことない?私には計り知れない孤独や闇があるんだろう
か?
みんな、もっと隣の人と会話しようよ。「おはよう」「ありがとう」「今、お帰り
ですか?」「ご苦労様」「気をつけて行ってらっしゃい」「お帰りなさい」etc… 
みんな、普通のこと、もっとたくさんしようよ。ほんのちょっと余裕があったら、
お隣や友達や家族に、小さなお土産買って帰ろうよ。安いのでいいの。別に記念日
とかじゃなくていいの。少し遠い友達には、小さなカードなんか送ってみようよ。
理由はなくていいんだよ。

歌姫と呼ばないで。私はdivaなんかじゃないし。私はa girl from just around.そ
こいらへんの子。
以前、無料でレコーディングを手伝って、その人のラジオ番組の音楽を歌ったのに、
オンエアーされた時「歌は:そこいらの女の子」という風に紹介され、私は気分を
害し、お父さんはすごく怒ってたことがあったっけ。そらそうだわな、自分が言う
のと、人に言われるのとでは意味が違うってこと、世の中にはあるよね。無料で手
伝ったのにさ。もうちょっと別の名前なかったんかい?でもね、私はそんな歌姫や、
ましてdivaなんて言える様な歌手はめったにいないと思ってる。自分にとっての歌
姫ってのはいるだろけど。
私はクラシックなどは全く詳しくないから言えないけど、Maria Callas、Edita 
Gruberova、ポピュラー音楽の世界ではdivaなんて言えるのは Sarah Vaughan, Ella 
Fitzgerald, Aretha Franklin, Gladys Knight, Ellis Regina, Edith Piafって感
じじゃない?思いついた人を書いただけなので、もちろん他にもい〜っぱい素晴ら
しい人はいるけどさ。

メール打ったり、文章を書いている時、クレイジーキャッツのCDをかけてみる。
すると、なんだか暗かった気持ちが、バカみたいに思えてきて、よ〜し、いっちょ、
頑張るか?!!ってなる。いいなぁ、クレイジーキャッツ。谷啓さん声が高いよぉ〜。
Cute!

「すみません、すみません」言いながら話している人に会った。言ってること全然
間違ってない。しかも、いろんな意見を出し合う場所。だけど、その人は「こんな
こと私が言うのも生意気ですが」という意味のことをいつも言う。全然いやな感じ
じゃなくて、悪く卑下してる感じも無い。意見を出し合う場所なのに、ちゃんと意
見を出していて、場を盛り上げようとか、問題を解決しようとしている人なのに、
謝ってる。もし、これまでに色々言われてきた結果そういう癖がついたのなら、そ
んなの(前向きな意見を出す人のことを悪く言うみたいなこと)早くなくなればい
いのに、と思った。精神の自立、精神の成熟、日本人にもっと必要なことじゃない?
それが少ないから、人をむやみに批判する。

2月2*日:「画面に映っていることは事実。だけど、その画面の枠の外にも色々
ある。映っている時間の前と後にも色々ある。だけど、人はどうしても映っている
間、枠の中に見えていることに大きく影響されてしまう。」それから「どんな物も
人も、目に見えているところだけがその物や人じゃないし、見る側の目にもよるし、
話していることだけがその人じゃないし、聴く側の受け取り方にもよる。」
これを、普段はわかるけど、いざという時にわかれない人が意外と多いことを感じ
る。私は「あの人に言ってもどうせわかってもらえないし」で済ますのはとても好
きではないので、「 」内に書いたことをわかろうとしない人とのつきあいは、自
己との闘いになってしまう。どう消化したらいいのだろう?
私がここに書くことは私が思うことばかりを書いているのではなく、相談されたこ
とや、人が私に対して言ったことの答えとして書いているのであって、私がいつも、
こういうことのみをブータレているのではないことを、わかって頂けたら嬉しいで
すよ。

自分のこれまでの時間の中で最も反省していることの一つは「それを言ったり書い
たりしたことで、相手がどういう風に思うか?感じるか?を思いやらずに、自分の
心に湧き上がったことを瞬時に表してしまってはいけない場合がある」ということ。
自分にとって良いと思うことが、別の誰かにとってもそうだとは限らない、なんて
ことは、考えたらすぐわかる。だけど、自分がすごく嬉しいときや悲しいときには、
その感情をあふれさせてしまう。コントロールもきかないほどの時があるしね、仕
方ないときもあるけどさ。
だから、あなたにとって嬉しいことでも、私にそのまんま伝えると、ちょっと嫌な
感じになるかもしれないことがあるって想像してもらえませんか?一度、二度は、
仕方ないと思う。みな完璧じゃないもん。でも、何度も何度もってのはね。

ORITOさんのこと。
素晴らしいソウルシンガー:ORITOさんが亡くなりました。ブログでもお知らせしま
したが、急性心不全だったそうです。持病があったわけではなく、突然、亡くなら
れました。待望の共演は実現しませんでしたが、マービンでのライブ、Sassy Tomo
ちゃんと星川薫さんと私とで何とかやりました。お客さん、まびマス、スタッフ、
の力と、みんなのORITOさんへの想いが手助けしてくれました。
最初の曲は、ORITOさんの十八番でもある、Let's Stay Together。私のレパートリー
にもありますが、歌詞がうろ覚え。急遽、ネットで検索して、歌詞を確認してやり
ました。
でもタイトルが「一緒にいようよ」って・・・おれるもんなら、一緒におりたかっ
たわい!!と、半分悲しく半分腹立ってました。そんなこんなでライブは何とかや
り終えました。まじで考えたら、悲しくてよう歌わんよ。でもね、私が泣いて歌え
ない様になってしまったら、ORITOさんのせいになるやん?だから、事実は受け入れ
なあかんから。ORITOさんを悪くひきずったら、ORITOさんがうまいこと成仏でけへ
んから。だから、私だって悲しかったよ。つらかったよ。でもさ。仲間として、同
じ歌手として、舞台は勤めなあかんわけよ。Show must go on やもん。一旦幕を開
けた舞台は最後までやらな。それが私達の道やから。
CHAKAって冷たい、とか、言わんとってくれたら、嬉しい。ORITOさんの代役やねん
から、一生懸命勤めました。

2月29日:今年は閏年。a leap yearだ。安部潤さまのお誕生日だぁ。忘れないよ。
茶は風邪引いた。昨日の上町63では鼻声でしたが、声は出ます。感謝。
先日亡くなったORITOさんの貴重な音源がオークションで法外な値段で取引されてる
とのこと。本当のファンのみなさんは、どうか、欲しくても買わない様にお願いし
ます。あくまでもお願い。
ひばりさんが亡くなった時、追悼番組を見て、後悔した。舞台上の彼女は威風堂々
としていて、孤高の虎の様で、あんな風に若くして亡くなるなんて思わなかった。
だから、ちょとは興味あったのに見に行かなかった。不覚中の不覚。同じ舞台人と
してアホでした。それからは、いつか行こうじゃなくて、行けたらとにかく行こう、
に変わり、後悔していません。ORITOさんが今、私に教えて下さっていること。
本当に1人のアーティストを応援するとはどういうことなのでしょうね?私も1人
のmusic loverとして、考え行動します。
いつか行こうと思っているうちに、行けなくなることだって、世の中、自分が思っ
ているより多く、ある。

さぁ、3月、はやくあったかくなるといいな〜

CHAKA

[Prev] [Up] [Next]