09年 3月 1日

2月*日:<今日の夕食の献立>
 あきたこまち(無洗米)、最近ハマってる鮭のハラスの薫製(焼いて食べる
んだけど、超美味しいよ!)、納豆(おかめ納豆が好きです。卵の黄身と大阪
のネギ入り)、わかめと麩のお味噌汁、ポテトサラダ、レタスとキュウリとプ
チトマトの野菜サラダ(オニオン系のドレッシングがけ)、八女茶の玄米茶
(安いのに美味しい)、デザートは苺、仕上げに珈琲を飲みました。ポテトサ
ラダ以外は自分で作ったよぉ。いえ〜〜い。

 1月、あんまり日記書けなかった。たまには無口なチャカもいいかも。って
言いながらblogはしょっちゅう書いてるから、無口でもなんでもないけどね。
書いたら書いたで、色々言われるし、書かなかったら書かなかったで「最近、
疲れてる」とか言われるから、好きにしようと思ってさ。伝えたいことがある
時だけ、書く、ね。

コピ・ルアックはコナのドラゴンコーヒー以来の感動。いえ〜い。
すごく美味しいです。

ChanelのSycomoreに惚れました。すごいです。
やっぱvetiverとJacques Polgeの魔力かな?

2月*日:出川哲朗さんや泰葉ちゃんの、偽ブログってのが作られて問題にな
りかけたんだってね。情けないことするね。何なんだろ?スマイリーキクチさ
んというお笑いの方も、全く関係ないのに、誰かの殺人事件に関与していると
いう書き込みをずっとされていたらしいし。
 でも、昔、森進一さんのファンの女性が、全くの嘘なのに、森さんの子供を
妊娠したとか言い出して大変なことになったことがあった。あの頃の日本のマ
スコミは、今ほどちゃんとしてなかったから(最近でも、桶川ストーカー殺人
とか、松本サリン事件の河野さんとか、人権を踏みにじったような報道があっ
たけどね)、週刊誌等で大変なことになったんだよね。私は子供だったけど森
さんの事件、うっすらと覚えている。
 韓国の崔真実(チェ・ジンシル)さんもバッシングの書き込みを苦にして自
殺と報じられている。これはどういうことなのか知らないけど、私は昔、韓国
にペンパルがいて、名前の真実はジンシルと読むんだよと教わってて、同じ名
前だから、この女優さんが亡くなった時のこと覚えてる。
 mixiニュースを見ていたら、そのニュースに対して色んな人が書いているコ
メントに愕然とした。「泰葉さんなら、当然かも」みたいな意見があって驚い
た。泰葉ちゃんがワイドショーを騒がせたことがあるからと言って、彼女の偽
物がblogを作って、彼女に迷惑をかけてもいいと思う人がいるなんて。みんな、
あまりにも考えが浅すぎません?彼女がワイドショーを賑わせたことと、それ
とは、話が別でしょ?こんなんで裁判員制度、大丈夫か?と思っちゃいます。

 あ、この間、テレビのクイズ番組で、日本の女性の参政権が認められたのは
1945年だと知った。学校で習っただろうけど、私は英語と国語以外は寝て
たから。それで本当に驚いた。私が生まれるたった15年前まで女性って一人
前の人間扱いされてなかったんだ。なんだか、これで色んなことの納得が行っ
た。私は結果的に、大抵のこと、男性の意見に賛成って場合が多いけど、go go 
ladies!女性のみなさん、立ち上がるんだ!

2月1*日:PSY・Sで歌っていた時、4枚目のアルバムが出た頃かな?アルバ
ムが段々とたくさんの人に買ってもらえるようになりました。その時、テッチー
という雑誌で騒動が起きました。その雑誌に「PSY・Sがこれ以上売れないでほ
しい。遠くへ行かないで」という手紙を書いた人がいたのです。(仮にNさんと
呼びます。)その雑誌の中で、Nさんの発言はどういう訳か大問題になって行き
ました。人の心はコントロール出来ないけど、ものすごく寂しかった。
 私は、ただ有名になりたいから、お金持ちになりたいから、ということを最
終目的に音楽をやってません。でも、売れるということは悪いことではありま
せん。お金があると、たくさんの予算をかけて次のアルバムも作れるし、コン
サートだって衣装や舞台装置や色々なことにその予算を使える。たくさんの人
と音楽でつながりたい。だから、そういう意味も含めて、自分の家業である音
楽をやっているのに、なんだか「もう、CHAKAはこれ以上、色んなことに挑戦し
ちゃだめ」って言われているみたいだった。「それ以上向こうに行くと、私は
もうあなたのファンをやめますよ」って線を引かれたようで、正直言って私は
驚いたし、本当に悲しかった。そんな人が世の中にいることを、それまで私は
想像もしなかったから。
 自分が常に志を高く持って生きていれば、音楽での知名度や人気が上がるこ
とは、悪いことよりも良いことの方が多くなると私は信じています。
 私が、「今以上に、成功(という言葉はピンとこないけど、続に言う成功)
を納めてはいけない」という想いを私にぶつける人は、ただただ私を悲しくさ
せるだけです。Nさんが私を知る前にも、私のファンは他にたくさんいてくれた
はずです。Nさんが私を一番最初に見いだして、仕事を与えてくれた人ではない
のに、Nさんが私を知った時点までを「CHAKAの音楽の世界」と線を引き、私は
そこからはどこにも行ってはいけないと言われるのなら、違うと思う。
 ミュージシャンは成長しなくちゃいけません。音楽をやり続ける限り、永遠
に。たくさんの人との出会い、応援してくれてる人への感謝、色んなものが私
を成長させます。でもNさんは「CHAKAはこれ以上、誰とも新しく出逢ってはい
けない。成長せず、売れず、そのままいて欲しい」と言っているのと同じだと
感じました。
 Nさんは、その騒動がかなり盛り上がった頃、もう一度お便りを書いてきまし
た。「はい、私が、この騒動を巻き起こした張本人のNです!」と得意げに。
本当に悲しかった。それまでは「この人はこの人なりに私を愛してくれている
のだ」と思うようにしていましたが、その瞬間に、決して私を応援してくれて
いる人ではないと思いました。
 その手紙に、Nさんはこう書いていました。「なぜ、これ以上PSY・Sに売れ
て欲しくないかと言うと。ただ単純に距離が離れてしまうからだ」と。もっと
売れるとコンサート会場が広くなり、側では見れないと。でも、私は、その人
の手紙を読み、遠くなっているのは貴方の心じゃない?と思いました。私だっ
て人間ですから、以来、口外はしないけど、心はその人から離れて行きました。
 Nさんは、わかっていません。ある程度、仕事として歌を続けていけるだけの
興行収入があるから、今日、私達アーティストは舞台に立てるということを。
そして、その興行収入をあげるのは、決して楽なことではないということ。
 この間も、SOMETIMEのライブ中、トロンボーンの佐野さんとそういう話にな
りましたが、我々は楽そうに遊んでいるように見えるかもしれません。でも、
みんな必死に音楽やっているのです。あれもやってみたい・これもやってみた
い、と思うことを、予算の関係で出来ないこともある。だから、もっと人気が
出れば出来ることも、予算がないから出来ずに残念な想いをすることもありま
す。
 世の中、お金がたくさんあって、健康で、生命を維持することには支障がな
くとも、もっと寂しいのは存在を認められないことではないでしょうか?
 お金持ちで健康で能力があっても、友達も1人もいない、恋人もいない、仕
事でも自分の存在は認められていない、みたいな状況ってすごくつらいと思う。
でも、お金はまぁまぁでも、信頼し合える友達がいて、時には素敵な恋もして、
自分の努力が認めてもらえてると感じながら仕事をする人生は幸せだと思う。
 だけど、Nさんは「CHAKAはもう、これ以上、認められてはいけない。何故な
ら、私から遠くなるから」という考えを私にただぶつけました。とてもとても
寂しかった。Nさんだって、Nさん以前に多くの人が私の歌を認めて応援してく
れたから、だから私を知る機会があったはずなのに。まるで自分が一番最初に
私を見つけたみたいに言っているなぁと。
 その騒動は、なんとか鎮火し、テッチーという雑誌も、現在では廃刊になっ
ていますが、私は本当に寂しかった。
「CHAKAは歌が下手だ」「ただ高い声を出しているだけで表現力がない」「もっ
と美人だったら良かったのに」「なんだか体型のバランスがきもい」など色々
言われましたが、私はそれらのことは全部私の個性であり、歌の実力であり、
言われると傷はつきますが、納得しています。でも「これ以上、認められては
いけない」という考えを投げつけられた時は、本当に寂しかった。
 「これ以上売れないで欲しい」という思いを投げる人というのは、私が生き
て来た道、私の家族がやって来た道を、否定しているのとほぼ同じです。少な
くとも私にはそう感じられます。いくら私が、強い人に見えても、やっぱり、
それは、とても傷つくこと、だよ。
 「どうせ、私1人の言うことなんて、どうってことないだろう」と思って、
色々な言葉を発する人はいますが、それは自分への過小評価です。人は良くも
悪くも、すごく力があります。
 例え悪気がなくとも、人を殴ったら痛いです。例え、そんなつもりはなかっ
たと言っても、そんなに切れるとは思わなかったと言っても、ナイフで人を刺
したら血が出ます。その傷が治っても、跡が残ったり、雨の日には傷がうずい
たりします。Nさんは、そこまでして私の心に自分の跡をつけたかったのでしょ
うか?こんな悩みも、痛みも、私が歌をやめてしまえばそれまでです。その人
に近くなるも遠くなるも関係のない世界に行けます。「CHAKAは、何を言われて
も傷などつかず、いつも笑顔で元気に、生きている限り永遠に歌っていく」と
思って、疑いもしないのでしょうか?
 そして、Nさんは、その後、別に私のことを応援してくれたわけではありませ
んでした。今はどうしているのでしょう?私は今、PSY・Sの頃よりずっと近く
で見て頂けるライブをし続けていますよ。
 確かに、有名になると味が落ちて、従業員の態度も悪くなるレストランとい
うのはあります。私も、そうなると、決めつけていらっしゃるの、かな?

2月2*日:たまには私も、マイナスな気持ちになるよ。ってか、よくそうな
るよ。でもね、そんなことblogやHPに書いても、なんだかみんなを嫌な気持ち
にさせるかもしれないから、黙ってるんだ。だけど、そうすると、傷なんかつ
かない強い人って言われるから、それはそれでちょっと寂しい。だから、ここ
までならいいかな?って思う範囲で、正直に素直に色んなことをここに書く。
わがままだね。どこかで、みんなに「わかってもらいたい」「私だって優しい
気持ちで包んでもらいたい」と思っているんだと思う。

あぁ、今月もあんま書けなかった。
今月はね、内緒だけど、ちょっと素敵な想い出があった。この想い出、大事に
する。
来月も、毎日楽しく過ごそう。

CHAKA

[Prev] [Up] [Next]