12年12月15日

10月*日
# あっと言う間に今年もあと3ヶ月を切った。もう10月になってい
ることに気付かず、サインにSeptemberと入れてしまった。ごめん
なさい。
 
# 「バックドラフト」という映画が好きです。Ron Howard監督。こ
の人はいい映画を作りますね。彼が若い頃、コメディー番組に俳優
として出ていたのを、よく父と一緒に見たものです。アメリカン・
ジョークは今ひとつわからないけど、ちょっとした台詞の中に、日
本とは違った考え方やセンスがあって、アメリカの他愛もないドラ
マには、時々おもしろい発見があります。ただ面白いだけじゃなく、
そういう発見が楽しかったな。
 私が英語が得意になって行ったのは、言語だけを学ぶのではなく、
好きな音楽や、そういうドラマなどで見たアメリカの生活や文化な
どを知って興味を持ったからだと思う。
 バックドラフトはカート・ラッセルという俳優の魅力、そして、
ウィリアム・ボールドウィン演じる弟との兄弟の深い絆が素晴しい
です。欧米人は日本人より旅や引っ越しをします。アメリカには住
民票はあっても戸籍はないそうです。だから、いつしか連絡が取れ
なくなることが家族間でも結構あるんだって。だから、クリスマス
には家族が集まることがとても大切だったりするね。個人主義の結
果、絆を確かめ合う機会もなかったりするのかな。だから、こうい
う映画の素晴しさは、日本人よりも欧米人の心により深く訴えかけ
るのかもしれません。他にも色んな問題提議がなされていて、本当
に良い映画だと思う。
 ロバート・デ・ニーロの自然な演技、ドナルド・サザーランドの
マジで “きしょい” 演技。BTW、きしょい演技ということではD・
サザーランドはすごいレベルだと思う。いつの間にか狂人俳優みた
いになっちゃったアンソニー・ホプキンスとは違う、もっと心底き
しょい感じ。日本の俳優でここまでの人って中々いないね。
 「Jaws」「Willow」「Green Mile」などと共に、いつ途中から見て
も最後まで見てしまう映画だね。最後の方で “見ろ、俺の弟だ”っ
て言うところで泣いてしまう。もし、まだ見てない人には、是非お
薦め。
 余談だけど、アメリカの消防署にはなぜファイヤードッグってい
るんだろね?それも、何故「むく犬」が多いのかな?

# 大滝秀治さんが「辞めようとするのも俳優の才能」と言う意味の
ことをおっしゃってたらしいですね。その通りだと私は思います。
自分が持っているものは全部、才能です。納得して、別のことを始
めるという選択も、それは負けではないと思う場合が多々あります。
大滝さん、R.I.P.

10月*日
# こないだ、私のライブにシンガーが見に来てくれた。だから、一
曲どうですか?と訊ねた。そのシンガーは「いいですか?ありがと
うございます。では」と言って歌ってくれた。そういうことはジャ
ズの世界にはよくあること。そのシンガーは私よりずっと若い人。
私もその人ぐらいの年齢だった頃、先輩のミュージシャンから「一
曲どや?歌え」と言ってもらって、チャンスもらった。ジャズ界や
音楽界の発展の為にも、お返ししなくちゃね。
 すると、お店の関係者から後で「チャカ、ありがとう」と感謝さ
れた。そういうことは意外となかったりするらしい。私は少し驚い
た。その関係者が教えてくれた。例えば、誰々さんは「新人シンガー
に一曲歌わせてやってくれないか?」と頼んでも「自分のライブの
流れを変えられるのが嫌だから」という理由で断わることが多いの
だ、と教えてくれた。その誰々さんという人は優しいイメージの人
で、私はびっくり。
 で、昔のことを考えて、気付いた。自分が十代後輩から二十代前
半、ジャズをメインにやってた頃に、色んなライブを観に行ったり
した時に「チャカ、一曲どや?」とか「何かやれ!」と言ってくれ
たのは、ほとんどの場合、楽器プレーヤーの先輩だということに。
 中には、とても優しくして頂いたボンビ柿本さんの様な先輩シン
ガーもいますけどね。ボンビさん、今さらながらありがとうござい
ます。
 で、自分は損をしてるかな〜〜って少し感じた。その、誰々さん
と私を比べたら、どう見ても誰々さんの方が優しそうで、私がきつ
そう。誰々さんの方がおおらかで、私は堅そう。でも、その1点で
は、全然そうじゃないわけで。。。そういう時、ビジネス下手な自
分を感じるけど、でも、ま、いいかと思う。きつくて堅くて恐い人
と思われててもいいか。実際、そうじゃないなら、と。
 もちろん、その誰々さんは悪い人じゃないよ。自分のライブの理
想を、その人のやり方で通そうとしているだけだから。それは当然
のことだもんね。

10月1*日
# こないだ初めてフリマに出店した。今月の始めに髪を切りに行っ
た時、長い間通ってるサロン「Cure」の芦澤さんとフリマの話をし
ていて、やろうと思ったの。私があまりに早く段取りをするから芦
澤さんはびっくりしてた。
 ものすごくお尻は重いけど、これだ!と思ったことには、周囲が
驚く勢いでとことん行ってしまうタイプだから。音楽、英語、香水、
相撲、格闘技、ね。そこにフリマも加わったの。
 色々コツを学んだ。場所に寄って、お客さんの層も違うから、求
める物も違うわけ。だから、場所に寄って出品するものも少しは変
えた方がいいね。
 持って行くととても役立つ物も参考になったよ。途中から、シン
ガーの芽芽ちゃんと黒澤綾ちゃんが来てくれて、綾ちゃんはフリマ
結構慣れてて、彼女が持参したもので「なるほど!」と思うものも
あったので学習させてもらおう。
「目指せフリマ・マスター!」な〜〜んて、まぁ、冗談。楽しいこ
とが一番だよね。それに、大した収益額じゃないけど、お金よりも、
捨てずに誰かに使ってもらえるということが、なんか気持ちいいん
だよね。出来る限りやろうと思う。そして来年はすっきりして引っ
越すだな。。。良いものしか出してないから、見に来てね。ヒヤカ
シ大歓迎。

10月1*日
# 頭くらくらして、風邪気味でもあり、メーザーを休ませて頂きま
した。私はこういうこと3ヶ月に1回ぐらいある。私が少し具合が
悪くなると「鬼の撹乱」と言う人がいるけど、そうでもないんだよ
ね。私は割と弱い。だけどいいや、鬼のふりしておこう。

# とうとう、前から欲しかった電動コーヒーミルを買ったのが今日
届いた。嬉しい。珈琲豆(種類が選べる)500g×2とペーパーフィ
ルターもセットで3000円切ってた。送料無料。すごい!
 思ってたより少しだけ大きかったけど、コードも巻き取り式で邪
魔にならなくていいな。というわけで、手動のミルは手放そう。あ、
まだまだ綺麗だからフリマ、かな。いや、故障した時のために置い
ておこうか?

# 光TVで「プレイガール」見てる。この番組は、私が小学生の頃、
1人で留守番してる時に見るのを毎週、ものすごく楽しみにしてた
“憧れの中の憧れ” の番組。
 「おねえ」こと沢たまきさんと、浜かおるさん、片山由美子さん
が1番好きだったけど、おねえの存在感は観た目の妖艶さだけじゃ
なくて、やっぱシンガーだから声がすごく素敵なんだね。倍音がす
ごい。おねえも浜さんも今では故人。残念です。
 リアルタイムで見てた頃は、後に可愛がって頂けるようになるな
んて、当然、まったく思ってなかったけど。今、この番組を見ると、
おねえのしゃべり方とか仕草がとても懐かしい。今さらだけど、R.I.P.
大好きだよ。

10月21日
# フリマ第二弾。新宿大久保公園。場所が良かったこと、お天気が
良かったことなどが原因だと思う、たくさん来てくれてたくさん売
れた。参加費、交通費、買ったハンガーラック、付箋、ビニールシー
トなど、かかった経費を差し引いても6千円以上の売り上げ。すごい!
 捨てるのはどうしても抵抗がある。だから、儲けよりも “誰かに
使ってもらえたら” ということでやってるので、まぁ赤字じゃなけ
ればいいんだけど。
 以前、フリマをやったことがあるという方が来てくれて、新品の
ビニールのショッピングバッグをたくさん頂きましたので、今度か
ら「袋が欲しい」と言う方がいても入れてあげられます。ま、フリ
マに来られる方は慣れてる人が多くて、みなエコバッグ的なのを持
参されますから、これまで一切トラブルはなかったけどね。ありが
とうございます。
 ほんと、色んなことを学ぶ。出来る限りやって、ほんと、断捨離。
そしてシンプルに生きよう。無駄をなるべく減らそう。来年は引っ
越したいな。

10月2*日
# ついに、セルフネイル始めようと、道具を購入。あんまりのめり
込まない様に頑張る。コンパクトなLEDライトで、ジェル硬化時間たっ
た10秒だというから。しかも、そのライトは充電出来るタイプだ
し。ある程度までは上手になれる自信がある。楽しみだな。

# 宮本輝さんの「春の夢」読み終えました。宮本さんの作品は、何
か特異なことを書いているわけじゃないのに、とても印象的。結構
な問題を抱えた人が登場するのに、諦めや逃げじゃない解決がある。
ごくごく普通の登場人物なのに魅力的。庶民的でリアルで風通しが
良い。生命の躍動感がある。この作品は、トカゲの存在がちょっと
普通ではないけどね。
 私がミステリーやノンフィクションじゃない本を読むのはちょっ
とだけ珍しい。新しい装丁で発売されるに当たって、宮本さん自身
が付け加えたあとがきにあるように「この物語の中の恋は、若者の
全てが携帯電話を持っている時代には生まれなかっただろう」と、
私もそう思う。
 筆者のあとがきにあった、
「待つという時間が若者たちの心を鍛えていた時代を、私はなにか
しらとてもありがたいものとして、思い出している」
 という感覚、本当にその通りだと思う。

# twitterもFBも、時々、息苦しくなる時がある。インターネットが
出来る前は、1人の人間が一日に得る色んな情報は、今よりもっと
少なかった。友達が何を食べた、みたいなことから、もっとシビア
なことまで。今は、ただ目にするだけでも、ものすごく色んなこと
を知ってしまうね。
 そう言えば、あるTV番組で、すごく長寿の女性にインタビューし
てて「長生きの秘訣は?」って質問してた。その女性は、いくつか
答えてたけど、その中に「ワイドショーは見ない」ってのがあった。
なるほどと思う。私は、いま、もうほとんど地上波は見てなくて、
ケーブルでドラマと格闘技番組と動物のドキュメントみたいなのし
か見てないとも言える。
 今は、なんと「おしん」を第一話からぶっつづけで毎日、見てる。
3人の女優がおしんを演じているけど、小林綾子ちゃんが1番印象
的だ。彼女の存在感は素晴しい。
 しかし、いくら1年間、視聴率をキープする為とはいえ、おしん
を襲う不運や不遇は、なんかひどいね。前世、どういうことしてき
たんだろ?とか、考えてしまう。

# あるタレントが重病になった。ファンがそのタレントに偶然会っ
た時に握手を求めた。その場を通りかかった、その病気に無知な人
が「その人と握手すると感染る(うつる)わよ」と言い、偏見に傷
ついた。握手では感染したりしない。握手してもらってたファンに
「うつりません」と言っても、ファンも動揺してその場を離れた。
 その病いについては、あまり知られてないから、そういうことも
あるだろう。なんか、私は誰も悪いと思わない。人間は自分の身は
自分で守らねばならない。握手ぐらいではうつらないってことを知
らない限りは、やはり正直怖いと思ってしまう。
 悪いのは無知ということであって、その人でもファンでも「感染
るわよ」と言った人でもないと思う。もちろん言われたタレントさ
んはすごくショックだと思う。だからこそ、色々な病気のことを私
はちゃんと知りたいと思う。
 エイズも最初の頃はそうだった。マジック・ジョンソンが比較的
早い時期に本を出して、肌が接触したぐらいではうつったりしない
ことを知った。でも、知らないうちは、ただただ「怖い病気」と思っ
てた。学ばなければ、ね。テレビなどでも、人の噂話ばっかり放送
せず、流行のきざしがある病気など、ちゃんとしたこと教えて欲し
いなと思うよ。

10月2*日:
# きゃ〜〜、届いた!ジェル、ラメ、ストーン、LEDライト。キット
じゃなくて欲しい物を別々に購入。でも意外と高くなかった。やっ
てみた。まぁまぁ上手く行った。これからもっと上手になるよ。1
回サロンでやってもらうのとほぼ同じぐらいの値段で全部揃った。
難しいアートは出来ないけど、なんとかラメを乗せて、ストーンも
乗せたら格好がついた。かなり格安だな。やってて楽しいし。嬉し
い〜〜〜。
 昔から爪のお洒落は好きだった。ジェルなかった頃はせっせとマ
ニキュア塗ってたけど、ジェルは楽ち〜ん。

10月28日:
# 今日はフリマ出店の為に目黒船入場まで行きました。午後から雨っ
てことだったのでハンガーラックは持って行きませんでした。で、
9時頃から始めて、文庫本3冊、ベージュのキルティングコートが
すぐ売れた頃に雨が降って来て、すこしマシになったけど、やっぱ
り中止にしました。
 一緒に出品する為に中目まで来てた瞳ちゃんも、買いに来てくれ
た酒匂くん、彩ちゃんとお友達、あと、facebook見て来てくれてた
方、本当にごめんなさい。本降りにはならなかったけど、にわか雨
がたまに来るので、賞品もお客様も濡れるから、今日は諦めました。 
 次は11月25日に新宿の三井ビル。今度も、可愛い服(新品・
新品同様)、本(文庫本、英語のペーパーバック)、アクセサリー、
帽子やスカーフなどファッション小物、バッグ、雑貨など、持って
くから、是非、見に来てね。

# 今日は、Facebookでシミちゃんが「はり重でランチ」と写真付き
で投稿していたから、なんかいいな〜って、大阪を想い出した。子
供の頃、はり重がどういうお店か、おじいちゃんやお父さんから聞
いてた。サラリーマンが「はり重」でランチを食べれたら一人前だ
と、おじいちゃんは言ってた。昔ながらの建物も、どんどん様変わ
りする町の中で、ほっとするような感じ。松竹座とか、私の好きな
大阪。変らないで欲しいなぁ。はり重でおいしいお肉、今度大阪帰っ
たら食べてみよう。

# 私のアルバム名「CHAKA・JAZZ」というロゴを試合用のパンツに入
れてくれているパンクラス王者の清水清隆さんが、格闘技の雑誌を
送ってくださいました。「僕のことを載せて頂いたので」というこ
とで。ありがとうございます。

# 「英語、出来ないんです」と、なんとなく申し訳なさそうに言う
人は多い。けど、実は単語だけなら、日本人はものすごい多くの英
語を知っている。今、ふと自分の身の回りにあるものだけでも言っ
てみよう。
television set(テレビ), dinning table(食卓), coffee cup
(コーヒーカップ), perfume(香水), CD player(CDプレーヤー),
cosmetic(化粧品), necklace(ネックレス), window(窓), 
door(ドア), basket(かご), remote controller(リモコン),
cotton(綿), bag(鞄), carpet(絨毯), cat(猫), light
(電灯), air conditioner(エアコン), oil heater(オイルヒー
ター), mirror(鏡), clock(時計), tower(タオル)、curtain
(カーテン)、book(本)、magazine(雑誌)、newspapers(新聞)、
hanger(ハンガー)、今いる部屋のほとんどのものを私は英語で言
える。英語ペラペラだ。

CHAKA

[Prev] [Up] [Next]