14年11月1日

4月12日:大好きな桂吉弥さんの独演会を聞きに、永田町の国立
演芸場へ行ってきました。ずっと行きたかったんだけど、中々スケ
ジュールが合わず、念願叶いました。

出囃子を聞いていると、なんか、相撲を見に行く時と同じような、
わくわくする気持ちになる。日本人だぁ〜〜って、誇りに思う。日
本の文化、音曲、素敵だな。内容はとても楽しかった。江戸の落語
には出囃子って無いの?

隣の男性が、補聴器かと思っていたら、録音してたことが最後の方
でわかって、興ざめ。お噺の間も、なんか評論めいたことをずっと
ノートに書いてる。マナー悪いなぁ。たまに独り言を言うんだけど、
関西人だ。。。残念

4月1*日:Twitterに先日の独演会のことをつぶやいたら、吉弥さ
んからリプもらった。感激です。なんと、PSY・Sのアルバムを買っ
て聞いてくれていたそうです。吉弥さんは歌もお上手。音楽がお好
きなんですね。何か、すごく嬉しいです。また聴きに行きますね!

4月2*日:最近出来た、格闘技観戦友達のYさん。格闘技の動きを
取り入れたフィットネスのようなジムに通ってらっしゃって、とて
も綺麗な女性です。彼女と、そのジムの友人が、私が通っているジ
ムの体験レッスンを受けたいとおっしゃったので、私も一緒に練習
しました。

4月2*日: 今日は、近所の大好きなおじいちゃんが亡くなったと
連絡をいただきました。とても、ショックです。

5月*日: 古いTV放送をyou tubeで見ていたら、ヒンズー教の国
の男性が、デヴィ夫人を「あなたはヒンズーの恥だ」と大きな声で、
責めていました。

本当の本当に駄目なことをしたら、どの世界も破門されますが、宗
教というのは、人間の為の宗教でなくてはなりません。宗教の為の
人間であっては、絶対にいけません。でないと、本来、人を救うべ
きものが、人を責めて苦しめてしまうからです。だから、その番組
を見て、もしデヴィさんがヒンズーの教えに反することをしていた
なら、導いてあげるべきで、罵倒したり責めたりすると、人間には
反発する自然な感情がありますから、中々、受け入れられないし、
その男性の責めて罵倒するという行為もヒンズーに反したりはしな
いのでしょうか?という疑問。

あ〜〜ややこし。CHAKAは、お弁当を作ったり、don't mean a thing
練習したり、紅茶楽しんだり、キルトしたりしながら、こういうこ
とを良く考えます。堅苦しい性格かな?ごめんね。そんなことない
よ、アホなこともいっぱい言うし、アホと言うなら、私は香水ばか、
格闘技バカです。

夢を与えるお仕事なのに、色っぽくないよね。でも、自然と湧いて
来る疑問や、自分の想いなのです。自分らしく、って言葉は意味が
わからないから、あんまり使わないけど、自分らしく生きるなら、
別にこれでいいんだと思う。

5月*日:ジムで、キックボクシングのチャンピオンの方とスパー
リングしたの。その方(外国の男性)が「やろう」って目で合図し
てくださって。笑っちゃうほどの実力差。その方は優しく私のレベ
ルに合わせてくれました。        

去年、まだ、格闘技習い始めて2〜3ヶ月の頃、私の大好きな前田
吉朗さん(総合格闘技の2冠王者)がパーソナルで教えて下さった
時、臆病になっちゃったんです。スパーリング出来なかった。それ
をすごく後悔しているので、それ以降は、どんな人が「来なさい」
と言っても「行く!」と決めていたので、頑張りました。やっぱり、
少しは恐いですし、身体が動かせなくて情けないし、相手の方にも
申し訳ないと思います。全然出来なくてかっこ悪いです。 

でもね、やらないと後退するじゃん?だって時は流れて、私は老け
て行っているのだから。やらないってことは、その場に留まるんじゃ
なくて後退してるってことだよね。                        
歌を練習してるみんなも、アドリブスキャットやりたいのに尻込み
してるみたいな人がワークショップなどでもたまにいらっしゃるけ
ど、もったいないよ。 あと、レッスンもそう。見学はもちろんい
いけど、いつかやるなら、今やろうよ。早くやらなくちゃ。だって、
次回なんて、本当はないんだよね。だから、勇気出して、今、やろ
うよ!               ?
こないだもね「CHAKAさんのレッスン受けてみたい」と言って東京倶
楽部に来てくれた。あそこでやってることは、レッスンなんて内容
じゃないけど。でも、その人は、やっぱり見学で「ちょっとでも歌
えば?」って言っても「また来月」って、おっしゃってた。無理強
いはしたくないけど、来月は必ず来て歌うとおっしゃってたから、
じゃぁ、いつかやるなら、早くやった方がいい。一ヶ月も、才能を
そのままにするなんて、もったいないよ。それにね、来月ったって、
CHAKAはもういないかもしれない。何が起きるかわかんないじゃん?
だからさ。        

私は、どんな人から「スパーリングです!来なさい」と言われても、
行きます!心に決めています。                 

5月1*日: 一生に一冊でいいから、何か翻訳に挑戦したい。

「なんでそんなに格闘技練習するの?好きだね〜」って、呆れたよ
うに、また言われたよ。同じ人から、これで2回目だよ。しかも、
その人、シンガーだよ。他にも、シンガーから、聞かれたことある
けど、その質問自体がすごく不思議だよ。「なんで?」て言われて
もな。。試合に出なくても練習していいじゃんね?これが、例えば
テニスとか、エアロビとか、やってたら言われないんだろうね?私
が女で、自分と同じ50代だから?だから、その人、不思議なのか
な?格闘技は、男性で、若いと言われている年代の人だけがやるも
の?って、そんなこと決まってないよね。でもさ、仮に、ライブ出
るつもりない人が、一生懸命歌を練習してても「なんでそんなに歌
練習するの?」って、きっとその人は聞かないよね?「楽しんでね」
とか「頑張ってね」とか、励ますと思う。
あと、シンガーに言われたってのも、ちょっと嫌だなと思う原因で
す。だって、シンガーは自分の理想とか自分の世界を作って、人に
届ける仕事だし、人とは違う自分のものを追求する仕事じゃん。だっ
たらさ、他人の価値感、尊重するのが表現者の基本の1つと思うけ
どな。
まぁ、何と言われても、私は格闘技、練習するんですけどね。?
CAVE行きた〜〜い。こんな夜中には無理!!   

こないだ、ある格闘家のことを「コツコツやってればいいわけじゃ
ないが、あまりにコツコツ感がなく、同胞感がないから、応援しに
くい」とツイッターに書いた。それは、私のことを書いたまで。
「全ての格闘家を愛してみせる」と言っているくせに、まだその能
力が自分に無いということを書いたのに、その格闘家はわざわざ自
分の名前で検索したんだろうね、私のそのツイートをRTした。する
とその格闘家のTwitterをフォローしてる人から、いきなり「病んで
る」と書かれた。「コツコツやってないといけないと思う日本人は
病んでる」んだって。私は、ちゃんとコツコツやってればいいわけ
じゃない、と書いているのに、病んでるとか言われて、わろた。知
らない人のツイートにいきなりそんなことを書いて来る、その人の
方が病んでると思うなぁ。

で、その格闘家は「世界の**」と言われることを目指しているわ
りには、小さいなと思った。「『コツコツ頑張ってる』ということ
を負けのいいわけにはしたくないから、コツコツ感がないと言われ
るのは誉め言葉と思ってRTした」と書かれてあった。うそ!としか、
思わない。もし、そう思うなら、お気に入りに入れるはずでしょ?

でも、その私のツイートは別にそこから膨らまなかった。それは、
読んだ方の良識か、無関心かのせいだとは思うが、私の考えにある
種同意してくれてる人もいるからだろうというのは、間違いじゃ無
いと思う。だって、**選手のことを人から言われる時「彼のこと
は、色々みな言うけど、一生懸命頑張ってるし、いいやつなんだよ。
だから、応援してやってね」としか言われたことがない。「コツコ
ツやってることを言い訳にしたくない」と言う本人が聞いたら残念
ではなかろうか?                   

それにね、そんなこと『コツコツがんばってる』は、特別に言うこ
とじゃない。何人も格闘家と知り合いだし、面識なくても色んなイ
ンタビューを読んだり、blogを読んだりするけど「コツコツ頑張っ
てるんだから」ということを、負けの言い訳にしてる格闘家など、
一人も会ったことがないですよ。

例えば、コツコツやるということ。コツコツやってなければダメだ
みたいな考え方は私は絶対しないよ。自分のエッセー集にも書いた
よ。でもね、その**さんは、あまりに、その感じが伝わらない人
でさ、同胞感もないの、日本人なのにね。まぁ、日本に住んでない
しね。

で、もし、私のこの感覚が「病んでておかしい」と言うならば、な
ぜ、格闘技の試合前の煽りヴィデオには、格闘家の私生活も写して、
どれだけ生活が大変か?とか、どれだけ頑張ってるか?という場面
も写したりするわけ?日本の格闘技は、ただ試合だけを見せれば盛
り上がるというものではなく、やっぱり、その対戦に至るまでの、
ある程度のストーリーみたいなものがあるから、さらに盛り上がる
と思うの。それを「病んでる」と言うのかな?

7月16日:バースデーライブ@ロイヤルホース。ありがとうござ
いました。鳴り止まぬ拍手を頂きました。これからも、さらに頑張っ
て参ります。

7月27日:桂吉弥さんの落語を聞きに、新宿・紀伊国屋サザンシ
アターへ。いい劇場だな。柳家三三さんと2人の会。全然違うタイ
プのお2人。楽しかったです!

8月1日: 昨日の「ウタノコトバ」にご来場下さったみなさま、
ありがとうございました。今回も、また、鳴り止まぬ拍手を頂きま
した。とても評判が良く、驚いているほどです。また、いつか、こ
のメンバーで再演出来ます様に。

8月2日:大好きな桂雀々さんの落語を見に行きました。サインし
て頂きました。雀々さん、大好き! 著書を読ませて頂いて、益々
好きになり、尊敬するようになりました。共演のゲストの方が皮肉っ
ぽく毒舌な方で、からみにくい芸の人でも、あのキャラで、可愛く
対処されてることがよくあって、凄いなと思います。熟練されたと
ころと、元々の天性のところと。両方が凄いんだなって。

8月2*日:時々、お店などに「今月の定休日」と書いて、ランダ
ムな日付を書いてあることがあるよね。私が昔よく言ってたジャズ
喫茶がそうだった。あれって国語的におかしいよね。定休日という
のは、必ず決まった日に休むってことでしょ? 例えば、日付の一桁
が「3のつく日 = 3、13、23」 とか 「毎週火曜日」 とか
「毎月必ず10日と20日」って意味でしょ? だから 「今月の定
休日」 という言葉自体がおかしいのかな。。。?

8月29日:浦和のカフェトーンでコチ・ヂャンのライブでした。
4年ぶり ? ぐらいでカフェトーンで歌える機会があって、良かっ
たです。来てくださった皆様、ありがとうございました。
浦和に、自力で始めて行きましたが、東京からだと、湘南新宿ライ
ンがあって、とっても便利で近いですね。湘南新宿ライン、いえ〜
い! 明日は日暮里バー・ポルトだ。

8月30日:2日続けてライブ。今日は日暮里のBar Porto。師匠こ
と小畑和彦さん(gt)と。2日ともduoだけど、duoは自由で素晴しい。
ほとんどアドリブでやってるって、思って見てくださるとさらに楽
しさは増すかもですね。帰り、お腹すいたので、師匠もお腹すいた
ので、秘密の食べ物屋さんに行きました。安くてめちゃ美味しかっ
た。夜中に、普通のご飯:魚とご飯とお味噌汁、みたいなのが食べ
れるの、嬉しい。あぁ、もうすぐ9月。

10月31日:ハロウィーンだそうだ。外国のイベントもいいが、
もっと、お釈迦様の誕生日とか、祝おうよ。今日は珈琲美学でコチ・
ヂャンでした。楽しかったなぁ。お客様、一番よいお席を取ってお
いたのに、予約だけ入れて連絡なしの人が1組。ん〜〜〜

CHAKA

[Prev] [Up]