【第1回】 水野正敏 さん


「俺が思う、俺にとっての、俺が知ってるCHAKA」
初めて会ったのが20年程前の鳥取は5ペニーと云うお店。あの時
は東原力哉と今出哲也とのトランスポートてなBandだったと思う。
Live終了あたりに力哉の紹介でCHAKAと知り合った。そこでセッショ
ンの形を取ったが音楽を楽しむよりもマスターのオヤジが心配だっ
たのだ。
と云うのもこのオヤジが歌嫌いでねぇ、セッション中ずっと「歌やめ
ろ!!」とヤジを飛ばしていたのを憶えている。もちろんCHAKAが嫌
いと云う意味でのヤジではないのだが・・・そちらが気になって仕
様がなかったなぁ。その為私はCHAKAの歌がどうだったか憶えていな
い始末。

それから東京へ来るまで出会うこともなかったが、ひょんな事から
私の演っていたセッションに参加要請をした。快く承諾してもらっ
てセッションを2回程演ったわけだ。

彼女の歌を一言で表すと

「様式美を破る破壊力」かなぁ〜

古今東西、多くの音楽は様式美を追い求めているのにも関わらず
CHAKAにはそれがない。これは凄いんではないでしょうか?まぁ
CHAKA自身が実は様式美を求めているかも知れんが・・(CHAKAのCD
を聞いたことがないのだゴメン)

ともあれ客観的な立場よりこれからどうなっていくかが楽しみな歌
姫であります。私との共演は又近い内に実現して欲しいでんなぁ

from Chaka
水野さん、原稿ありがとう。But! 鳥取のあの時はピアノは今出さん
じゃなく古川初穂さんでっせ。それから20年も前じゃなく、14~15年
前ですよ。お正月だったね。ははぁ、店のおやじがそんなことを言っ
ていたとは、全く気付きませんでした。It Could Happen To You を
歌ったのです。あの時、水野さんはライブ後、蟹食いじじぃと化して
ました。うふふ、とお〜い昔のことでございます。今度CD送りますか
ら聴いてね。ところで、様式美?な、なに、それ?  -Chaka-

今回登場して頂いた水野正敏 さんのホームページは
http://members.jcom.home.ne.jp/mizuno-method/です。
[Up] [Next]