【第18回】福島康之(バンバンバザール) さん


 
 チャカさんと初めてお会いしたのは、ついこの間のことで2005
年の年末のことです。SOUL BOSSA TRIOのゴンザレス鈴木さんが
プロデュースする「KIDS meet JAZZ」というイベントに、僕とし
ては珍しくボーカリストのゲストとして「お呼ばれ」しまして、その
セッションのメインボーカルがCHAKAさんだったのです。僕はい
つもお祭りごとを自分仕切りですることが多いのとバンドでの活動が異
常なくらい多いので、人のイベントに呼んでいただく、しかもバンドで
なく個人で呼んでいただいたのは非常にうれしかったのです。しかも
チャカさんと一緒なんて。チャカさんのことはPSY'Sのころから
一方的には知っておりましたが、特に「チャカと昆虫採集」で古いカ
バー曲を選んで歌われているのを知り、僕の中の要注意人物になりまし
た。
 その後、僕はギターを始めて、曲を作ったり、ジャズが好きになり、
まあ、いろんな巡りでその要注意人物とお会いできたのですが、やっぱ
り最初はどうやって話そうなんて思って横に座ってるだけで、やや緊張
しました。リハーサルの時から、歌のうまいのはともかく、音楽にまっ
すぐ向き合ってる人独特の空気感がビリビリ来て、なんか一緒に横に
立ってるだけでイエイって感じだったのです。ライブが始まり、袖で出
番を待っている間響いてくる「星に願いを」を聞いて、緊張も寝不足の
疲れもサーッと引くのが分かりました。音楽はその人そのもの、そして
歌はやっぱり生き方そのものだから、僕はチャカさんの歌にはイエイと
しか言えないです。そう、チャカさんにも僕のことはもろバレ!だか
ら、僕はこういう人で云々みたいな会話をする意味がなくて、「何しゃ
べろー」なんて心で思ってたんです。
 その後、三茶で韓国チゲを食べに行き、両国でちゃんこを食べに行き
ました。チャカさん、僕にとっては運動部の先輩みたいです。練習後の
飲み会で教えるでもなく、しかるでもなく、正しい走り方のヒントを鍋
と一緒によそってくれるような感じです。駆け出しの新入部員ですが、
学生時代の部活と違って長い活動になりそうなので、そこんとこ一つ先
輩、「鍋」よろしくお願いします!


福島康之(バンバンバザール)


from Chaka

 楽しくて、お洒落で、初めて聴く人でもなんかどこかが懐かしくて、暖かいバンバ
ン・バザール。名前とCDだけでしか知らなかったんだけど、その福島くんと思いが
けない時に共演出来て、とても嬉しく思っています。
 これからももっといっぱい共演があるといいなぁ・・・運動部の先輩みたいな風
に思ってくれてありがとう。小さい頃から話の合う友達とか中々いなくて、寂しかっ
たけど、好きな物を好きと言い続け、音楽を続けていて、そんな風に言ってくれる人
に出会えました。
 忙しい中、素敵なメッセージ書いてくれてありがとう。

今回登場して頂いたバンバンバザール福島さんのホームページは
http://www.ban-ban-bazar.com/です。
[Prev] [Up] [Next]