CHAKAライブ レポート

2006年8月25日(金) 東京倶楽部
メンバーは、CHAKAさんの紹介では、
髪はきっちり真ん中分けの青木弘武さん(ピアノ)、
ラーメンに詳しい藍沢栄治さん(ベース)、
CHAKAさんは数時間前に初めてお会いしたという矢藤健一郎さん(ドラム)です。

曲の説明、感想をいくつか書きます。
1部目
「Magic Carpet Ride」
アルバム「Delicious Hip」に入っています。
James Gadsonさんが作った曲です。
収録スタジオは、最新設備でも、
ドアは開けたままだったそうです。
犬(スタジオで暮らしている?)が、
トコトコトコと歩いてきたりしてたとか。
「Please don't talk about me when I'm gone」
久しぶりに歌ったそうです。
スキャットよかったです。

2部目
「ローズマリー」
このタイトルは、歌の中には一言も出てこないです。
好きな曲なので、聴くことが出来てうれしいです。
「Night And Day」
有名な曲なのだそうですが、知りませんでした。

3部目
「渡良瀬橋
ピアノ演奏が、いつもと違うので、
アレンジなのかなと思いました。
アンコール前、青木さんに譜面で何か説明しているようでした。
マイクを持ったCHAKAさん、
「只今の協議についてご説明致します」
↑大相撲で度々聞く台詞をここで言うとは流石です。
アンコールでは、アレンジされてなかったです。

11時過ぎると、電車がなくなりそうなので、
すぐ会計を済ませて、お店を出ました。

曲目リスト
1ー1 Everything Happens To Me
1ー2 On the street where you live(君住む街角)
1ー3 Magic Carpet Ride
1ー4 Please don't talk about me when I'm gone

2ー1 You Belong To Me
2ー2 Rose Marie
2ー3 Night And Day
2ー4 I'll Walk Alone
2ー5 Bye Bye Blackbird

3ー1 I got the world on a string
3ー2 You've Got A Friend
3ー3 渡良瀬橋
3ー4 Cheek To Cheek

アンコール 渡良瀬橋


reported by みど


from CHAKA

東京倶楽部は、今年五月に続いて2度目の出演でした。
お客さん、たくさん来て下さってありがとうございます。
この日は久々の青木さん、お初の矢籐さん、おなじみの「麺食い」藍ちゃん
というトリオ。面白かったです。みどさん、レポートありがとう。
スタジオのわんこの名前はLinus(ライナス)。
優しい性格で人になついているゴールデンレトリーバー風の大型犬だった。


戻る