CHAKAライブ レポート

2009年9月13日(日) カナート洛北
reported by きみたぬきさん

JAZZ LIVE in カナート洛北
2009年9月13日 日曜日

山口武(G)
CHAKA(Vo)
村松泰治(B)

セットリスト

(1)15時〜の回
inst2曲
「September In The Rain」
「On The Street Where You Live」
「Tennessee Waltz」
「Hold me, Hold me, Hold me」
「Bye Bye Blackbird」
「Lucky To Be Me」

(2)17時〜の回
inst2曲
「Love You Madly」
「Please Don't Talk About Me When I'm Gone」
「Moon River」
「プロポーズ」
「Rainbow Connection And Me」
「Day By Day」
「Smile」


CHAKAさんが関西ツアーということで
数日間関西のあちこちでライブをされると知り、
これは行かなきゃ!って思いました。

ほんとは別の日のライブに行こうと思っていたのですが
会場のお店に電話したらsold outだったので
少し足を伸ばして、カナート洛北のフリーライブへ行くことにしました。


開演時間の15分ほど前にに到着すると、椅子席はすでに満席!!
後方で立ち見で見ることにしました。
吹き抜けになっているので
上の階にもたくさんのお客さんが。



客層は、普段CHAKAさんがライブされている夜の遅い時間帯には
きっと寝てはるやろうなぁという
高齢の方々や、お子さん、若いお母さんお父さんなどが目立ちました。

そういう意味でも、こういうショッピングセンター内でのJAZZ LIVEって
素敵な試みだと思いました。

このカナート洛北でのLIVE、この日でちょうど100回目だったそうです!
100回も続けてこられた山口武さん、すごいなぁと思いました。

LIVE中、音楽に吸い寄せられるように
ステージに近づいていった1歳くらいのお子さんがいて
お母さんも一緒にそのままステージのすぐ前で音楽を楽しんでました。
椅子に座っている白髪の女性が体を揺らして聴いていたり
自由な感じが良かったです。

LIVEが終わってカナートを後にすると
京都の空は、とても神秘的な夕焼けに包まれていました。




from CHAKA
山口武さんが、約八年間続けてこられて、今回100回目を迎えたという
カナートでのジャズコンサート。プロの演奏が無料で、15時/ 17時の
2回公演で楽しめるということで、人気があります。私が出させて頂く
のは3回目。通常のライブには来て頂けない層かな?と思うお客様にも
楽しんで頂けてるかな?って思います。これからも、ずっと続いていく
と、いいな。そして、また私も出せて頂けたら嬉しいです。きみたぬき
ちゃん、来てくれてありがとう、そしてレポートもありがとう!

戻る