CHAKAライブ レポート

1998年2月19日 日清パワーステーション
【ライブメンバー紹介】
植田ヒロシとPoolside
ドラム:横銭ユージ
ゼンちゃんこと横銭さんは、近田春男さんのVibrastoneのメンバーで、
最初に知り合ったのは、AFRIKAの丸さん(Get Real等の作曲&プロデ
ュース)を通して、でした。とっても気さくな話しの楽しい人で、酔
っ払うとすごいことが!彼の熱いプレイが大好きです。

ベース:植田ヒロシ
何故かバンマスということになってしまいました。Earth, Wind and
  Fightersの人で、私も時々セッションでご一緒します。実はとっても
巧いのに、それを優しさでコーティングした様なベースは、彼の人間
性の反映だと思います。これからもずっと一緒に唄っていきたい。今
回はP-Funk medleyとGet Realのアレンジもやってもらいました。

ギター:西山'はんこ屋'史生
はんこ屋さんは、私のツボを誰よりもついてくれるギタリストなんで
す。どんな時でも来て欲しいところに必ず来てくれるすごいミュージ
シャン。それからPoolsideは「いい人」の宝庫だけど、はんこ屋さん
はその中で1〜2を争う人。大好きな人です。

キーボード:KO-ICHIRO (from SKOOP)
KO-ICHIROさんは穏和で柔和で、でもまっすぐな自分を持ってる人。
かっこよくて、優しくて、CHAKAのfavorite guyです。自ら唄う人だ
けあって、彼のキーボードは唄いやすいんだよね。今回はアレンジも
やってもらいました。 SKOOPは私の大好きなグループで、今回こうい
う形で支えてもらって感謝してます。

ボーカル:TAKE (from SKOOP)
with friendsのHuckleberry Friendsでもちょこっとコーラスしてくれ
てることみんな気付いてた?TAKEは、私がNo.1Japanese male singer
だとあちこちで自慢しまくってる素敵なコ。かっこよくて、とても男
らしい唄を唄うコです。ホント「いい奴」で。TAKEが他の人とDuetし
たらきっと焼きもち焼くなぁ。

ボーカル:川村結花
所属事務所が同じということで知り合った彼女とは、もう何度かラジ
オの番組などで一緒に唄ったりしてます。Funkは唄ったことないと言
ってたけど、楽しんでくれてたみたいなので良かった。Poolsideは関
西の人が多いけど、彼女も大阪の人です。ノリとしてはすごく面白い
人なんだけど、実はね、心の奥にとてもロマンチックな「女の子の部
屋」を持ってる感じがするんだよなぁ。そこで、あの素敵な曲を作っ
てるんだよ、きっとね。

サックス:渡辺'団長'ファイアー
実はPoolsideというのは、植田さんの別のセッションの時、団長が何
げなく言った一言なんだよね。だから、名付け親ですね。結構長いこ
と団長とは共演してますが、まだまだ彼のキャラクターの半分もみん
なには伝わってないと思う。すごく面白いし、時にはhyperでcrazyな
人なのだ。ステージ上もいいけど、オフステージが面白いんですよ!

トランペット:寺内茂
彼の両親が京都でライブハウスをしていて、昔は何度も出演させて頂
いて、家族ぐるみで仲良くしてもらっています。寺内は本当にいい奴
で、私はもう十数年つきあってるけど、彼に嫌な思いをさせられたこ
とはただの一度もないことに気がついた。彼は私のことどう思ってる
かわからないけど、私は彼のこと、弟だと思ってます。

トロンボーン:小坂武巳 
爆発シーン連発の映画、格闘技、Funk、爬虫類、水族館、ゲームetc.
が大好きなヤツ。で、実は音大卒という、そのギャップが愉快なヤツ。
Hornアレンジもいつもやってもらってますが、Funkと言えばこの人だ
と私は信頼しています。

【曲目】
 1. Make My Day
 2. 私の犬
 3. I Wanna Try That Love Thang
 4. 誘惑のハンマー
 5. P-Funk medley〜Get Real
 6. Endless Love (duet with Take)
 7. プロポーズ
 8. Dawn
 9. はずれくじ
10. Spring Is Here
11. ディスコっぽいよね
12. Lady Marmalade
13. Trust In Me
14. Magic Carpet Ride
15. Life Is A Funky Train

encore:
 1. Gonna Make You Love Me
 2. 見上げてごらん夜の星を

from Mami 'Chaka' Yasunori

戻る