CHAKAライブ レポート

1998年9月20日 お茶の水NARU
Webfriendsのみなさんはじめまして。
MINEWと申します。
Chakaさんの歌を愛してやまないファンのひとりです。9月20日、
お茶の水NARUでのジャズライブのレポートをお届けします。

◆ Chaka's Jazz Live at NARU on 1998/09/20

Chakaさんのライブ情報はチェックしてたんだけど、6月の六本木
Alfieでのライブに行けなくてとても残念だったので、またやらな
いかなーと思っていた。
そしたら、Webfiendsのライブ情報に、お茶の水NARUで歌うとあっ
たので、これは行くしかないと心に決めた。しかし「一種のオー
ディションみたいなこと」ってのは何だろう?

お茶の水NARUには2回ほどしか行ったことがなくて、ジャズライブ
店というのもあまり慣れてないので、緊張しつつNARUに入る。ひと
りピアノ脇のカウンターでビールなど注文していたら、以前Chaka
さんのジャズライブで知り合った「迷い雲」さんが偶然やってきた。
並んで座り、開演を持つ。
Chakaさんが通りかかったのでちょっとご挨拶する。
  Chaka: 今日はこのお店で初めてのライブなの。
  MINEW: じゃあ、いいとこ見せなきゃね。
  Chaka: 土俵入りでもやろうかな。(^_^)
などと言っている。
(このお店、このバンドに気に入ってもらえるかどうかの、出たと
こ勝負・テストライブらしい。リハーサルなどなく、曲だけ決めて
いきなり歌うんだって。んージャズってすごい。)

観客は10人もいるだろうか、かなり空いている。ステージ近くの席
にいるのはお店の常連さんなのだろうか。
最初の演奏は少し気を持たせて15分ほど遅れて7時15分から始まっ
た。まずピアノトリオ(*1)でインストゥルメンタルを3曲ほど演奏
し、それからChakaさんが紹介される。登場。パチパチと控えめな
拍手。
ここのお客さんはChakaさんを知っているのだろうか? 知らないだ
ろうなぁ。静かな緊張がChakaさん、バンドメンバー、店内を包ん
でいる。「聴いてびっくりするなよ、ふふ」ニヤリと僕は思う。

ワン・ツーとChakaさんがリズムをとって曲が始まる。
1曲目「Detour Ahead」を歌い出すと、あぁ久しぶりに聴くChaka
さんの歌声、やっぱりいいなぁ。2曲目は「I'm Gonna Sit Down 
And Write Myself A Letter」。ここでちょっとChakaさんの語りが
入って、やっと雰囲気がほぐれてきた。
3曲目「Willow Weep For Me」は両手を前に揺らして幽霊(?)の振
りつきで歌う。笑いも出てきた。3曲歌って第1ステージは終わる。
約45分。

次のステージは8時30分から。同じくインストゥルメンタルの数曲
のあと、Chakaさんの歌だ。
「What A Difference A Day Made」あなたの愛で世界がこんなに変
わってしまった、という幸せに満ちた歌だ。Chakaさんの歌う明る
い歌を聴くと、それだけで元気が湧いてくる。いい歌を、いいシン
ガーが歌う、ということの威力は計りしれない。
次に、最近歌っているという「渡良瀬橋(森高千里)」。切なく、
強い歌だ。これはしみた、ジーンと来た。まいった、涙がポロリと
出ちまった。僕は原曲を良く知らず、森高千里のポップなイメージ
が無いぶん、歌詞がそのままChakaさんの歌でストレートに入って
きた。Chakaさん自身にはこの歌に出てくるようなオトコは居なかっ
た、ということだが、なんでここまで表現できるのか。
3曲目は「When You're Smiling」君が笑うと世界も一緒に笑って
いるよ。明るく恋人をたたえる歌。ここまでくるともう、店内は
Chakaさんの発散する雰囲気が広がって、心地よい感じにノってき
ている。明るい歌はにこやかに、辛い歌はしみじみと、空間を満た
す。バンドメンバーの表情も楽しげ。

3回目のステージは10時ちょうどからで、電車は大丈夫かなどうし
ようかなと思ったが、迷い雲さんがギリギリまで聴いて行くという
ので一緒に残ることにした。ここで帰っていたら、悔しい思いをす
るところだった。
1曲目に「Vanity」、そして2曲目にバンドメンバーからのリクエ
ストということで「Lately(Stevie Wonder)」を歌った。この歌
は個人的に良く知っている歌で、これを聴けたのはとても嬉しい。
内容は、一緒にいる恋人の浮気の気配が強くなってきて別れの不安
に襲われる、という切なくやりきれない歌なんだけど。
最後の曲はシナトラも歌っていたという「Please Don't Talk 
About Me When I'm Gone」別れたあと私のこと言いふらしちゃダメ
よ。ノリがいい、スキャットも軽快に回っている。

ここで今夜のステージはおしまい。パチパチパチパチ。3曲を3ス
テージ、全部で9曲歌いました(*2)。あー終わっちまった。楽しか
った、来て良かった。次はもっといっぱい歌って欲しい。またNARU
でやるのかなぁ。
電車に遅れないよう店を出て、さっき聴いた歌を口ずさみながら、
気分良く神田への坂道を下ってゆきました。

    1998/10/09
    MINEW (Takakuni Minewaki)
    http://www.asahi-net.or.jp/~pw2t-mnwk/Music/
____

(*1) この日の出演メンバー
  Drums  吉尾公弘
  Piano  大徳俊幸
  Bass   佐藤恭彦
  Vocal  Chaka

(*2) この日歌った曲
 1-1  Detour Ahead
  1-2  I'm Gonna Sit Down And Write Myself A Letter
  1-3  Willow Weep For Me
  2-1  What A Difference A Day Made 
  2-2  渡良瀬橋 / 森高千里
  2-3  When You're Smiling
  3-1  Vanity
  3-2  Lately / Stevie Wonder
  3-3  Please Don't Talk About Me When I'm Gone

戻る