Bonnie Bramlett

Favorite People vol.6

*日本でも、そしてきっと世界中でも、白人女性ロック、R&Bシンガーと言え
ば、Janis Joplinが弾トツで有名だと思う。私もJanisのPearlは、高校生の時
に誰かに薦められて、買って持っていた。

*このコーナーだけを読んでいると、CHAKAというと、jazz、黒人、soul、エグ
エグのfunkしか聴かないと思われるだろう。だけど、意外とそうでもない。そ
こで今回は、Janisと同じ時期にも活動していた、白人女性ロック、R&Bシンガ
ーで、CHAKAの一番好きな人を紹介します。たった、1曲で高校生の私の心を虜
にし、もう1曲で、後にこのコーナーに載ることになった人。素晴しい個性と
soulの持ち主、その名はBonnie Bramlettだ!

*大阪・美章園という所にある私立の女子高校に通っていた私。セーラー服で学
校帰りに阿倍野銀座の薄暗いロック喫茶「まんとひひ」や、その近所にある、こ
綺麗なジャズ喫茶「しぶんきゅうふ」や、その2つの店とは少し離れたところに
ある、ちょっとだけ入りにくい感じの「ポルタマリ」などで友達と暇をつぶした
り、練習スタジオへ通ったりしていた頃、私はブルースやR&Bをやるバンドで歌
っていた。何という名前だったか忘れてしまった。そのバンドで 「That's what 
my man is for」という曲をやることになって、メンバーの誰かがカセットにコピ
ーしてくれたその曲を聴いた。ライブ盤。音が悪い。でも、すごいかすれた「ジャ
ジャ声」の女性が何かしゃべって歌い始めた瞬間、わ〜〜お!すごいやんか?っ
てことで、私はその人が大好きになった。独特の大きくうねるビブラートに、ど
うしても真似したくなる魅力を感じ、真似して歌っていた。

*それはDelanie & Bonnieという夫婦duoのバンドで、当時結構人気があった。そ
の曲が入っているアルバムは、ギターにEric Clapton、コーラスにはRita Coolidge
などが入っている豪華なメンバーのライブで、何と言ってもその音の悪さが独特の
臨場感をかもしだしている。今はCD化されたものを持っている。

*彼女がDelanie Bramlettと離れて、ソロで出したアルバムも買った。曲目を見た
だけで、わ〜お、すっごい好きな選曲だし、即買いでしたね。ソロの彼女はJanis
よりもっと黒人のフレーバーを強く感じます。「へ〜、こんな人もいたのか〜」
「CHAKAは高校の時こんなんコピーしてたのか」と思いながら、聴いてみてくださ
い。結構、すぐに私の歌への影響を感じられると思います。

好きな曲
*That's What My Man Is For
*Two Steps From The Blues
*Think
                       etc.

Delanie and Bonnie HP
http://www.cyberpenguin.net/penguin/bramletts.htm

CHAKA

[Prev] [Up] [Next]