3/31 2000
 @六本木Pit INN

日本ジャズフュージョン界を代表するベーシスト納浩一のユニット,
B.B.Grooveのライブである。このバンドは結成して一年あまりとな
る。ベース,ドラム,パーカッションの他にバリトンサックスに,
ギターが二本というかなり変則的な編成。ベースとバリトンサック
スでぐいぐいとグルーブをつくり,その上でギターが複雑なライン
を弾くというのが主なスタイル。

普段はインストルメンタルであるが,今回はChakaさんをゲストボー
カルに加えたライブであった。

ライブは最初二曲ほどChakaさん抜きではじめる。いきなり,岡部
氏のパーカッション…というかループドラムというかサンプリング
というか…とにかくちょっと変わったオープニング。そのループド
ラムに合わせて,納氏がウッドベースでリフを引きはじめる。リフ
を引きながらメンバーを一人一人紹介し,そして,ループとリズム
を瞬時に切り替え,一曲目をはじめる。ウッドベースでありながら,
実にクリアでアタッキーなベース。ファンキーである。二曲目は
ディープパープルのブラックナイトをファンク的にアレンジ。とは
いえ,布川氏のギターの音がしっかり70年代していてニヤっとさせ
られる。

三曲目はガレスピーのビバップ,ここでいよいよChakaさん入場。
いきなりスキャットで歌う。四曲目はPrinceのKiss,その後二曲納
氏のオリジナルにChakaさんが詩をつけたというオリジナルと続く。
ChakaさんがB.B.Grooveで歌うのは二回目であるが,私ははじめて
聴いた。以前スタンダードを歌っているChakaさんを聴いたことが
あるが,その時は実に渋くつやっぽくスタンダードを歌っていたの
に対し,ここでは実に力強くファンキーに歌いながら,ボーカルで
バンド全体をグルーブさせる。

ここで盛り上がりつつ前半の終了である。MCでも言っていたが,納
氏はちょっとボーカルものに目が行っているようである。Chakaさ
んの参加ということもあった(というかそれでか?)のもあるが,歌
ものを作曲し,Chakaさんに歌詞をつけてもらい,ボーカルを前面
に持ってきた演奏が,今回は多かった。

それが非常にポップでキャッチーながら,音楽的にも工夫の効いた
サウンドになっており,楽しく踊りながら聴いても,じっくり耳を
傾けてもいいようなサウンドになっている。Chakaさんの声も熱く
シャウトしており,バンド自体がファンクを目指しているので,こ
のバンドに実にマッチしたボーカル,したがって,バンド全体とし
てもすごくポップでバランスのいいバンドに感じた。

後半も同じように最初ボーカル抜きでオリジナルを二曲演奏。その
後Chakaさんを加え,最後まで一気に行く。グラハムセントラルス
テーション,レッドツェッペリンのカバー等をファンクにアレンジ,
大いに盛り上がる。アンコールもエアロスミス:-)。

と曲をみるとハードロックのようであるが,どの曲もファンク的に
アレンジされており,いろんな要素が混じりあった演奏となってい
て,奥の深さを感じさせる。しかもファンクを基盤としていること,
特に今回はボーカルをフィーチャしたこともあり,奥の深さを持ち
つつ,ポップさを兼ね備えた演奏であった。単純に踊っても楽しい。
聴いても飽きが来ない,そういうバンドに仕上がっている。こうい
うと悪いが,六本木ピットインとかではなく,もっと大衆向けに演
奏をしても十分通用するんではないか?。むしろこういうバンドが
メジャーになってくれると日本の音楽界も楽しくなるのに,そう思
いつつ演奏を十分楽しませてもらった。

たろ(http://www02.so-net.ne.jp/~taro-r/)

戻る