CHAKA with friends in ARENA 1999/12/18,19

1999年12月18日、19日に二子玉川のアレーナホールで行われました「チャカ
with friends in ARENA」に行って来ました。
アレーナホールは、客席がステージを正面と左右に取り囲むようになってお
り、ステージと前席の段差がなく、演奏をより身近に感じることができる
空間でした。

まず1日目です。開演の時間となり、ステージ上に出演者のみなさんが登場
されました。今回は、いつもの昆虫採集のメンバーと違い、ギターは中野督
夫さん、キーボードは広瀬千代さんでした。始まる前から、どんな演奏、ど
んな曲を、歌われるかと、とても楽しみでした。
まず、1曲目は河村隆一さんの「チエロ」で、とっても”せつなさ”が感じ
られ、ちょっとしんみりしました。そして、2曲目は五島良子さんの「ハミ
ングバード」でした。ギターを演奏されている中野さんは、オリジナルでも
演奏されているので、チャカさんはこの曲が一緒にできることを、とても喜
ばれていました。この曲は、秘めた心地よい力強さが感じました。次の「サ
ンフランシスコ・ベイ・ブルース」はチャカさんが、中野さんの好みそうな
曲として選曲されたそうです。なかなか渋い曲で、中野さんも気に入られて
いたみたいでした。
この曲が終わると、1人目のゲストの種とも子さんが登場され「白いブラン
コ」を歌われました。歌い終わった後のMCでは、ブランコというテーマか
ら、種さんがお子さんと公園では真剣勝負!と語られていたのが印象的でし
た。次に「ダウン」そして、「ラストクリスマス」を寂しいヴァージョンで
歌われました。ここで、2人目のゲストの楠瀬誠志郎さんが登場。3人で、
チャカさんの選曲で、山本リンダさんの歌われたのを聴いたのが初めてとい
うペギーマーチさん「ブンバカブン」を歌われました。MCでは、 種さんと
のシークレットライブの話やモンゴルの民族音楽ホーミーと、いろいろな話
題が、飛び交っていました。モモンガまで出てきました。種さんがステージ
を後にされたあとの楠瀬さんの一曲目は、「スイートメモリー」ととっても
意外でした。いつも、チャカさんが歌われるを耳にしていましたが、楠瀬さ
んが歌われるのを聴くの初めてで、とっても新鮮!でした。チャカさんのコ
ーラスも、よかったです。次も楠瀬さん選曲で、細野晴臣さんの「イエロー
マジック・カーニバル」でした。南京ベルをならしながら歌われ、会場は一
気に”中華”です?!でも、コテコテの中華ではありませんので、あしから
ず。楠瀬さんの最後の曲は、CMでよく耳にする「道」を歌われました。天
使の歌声だけあって、すがすがしい気分になりました。いつ聴いても、いい
声されていますね。
昆虫採集のメンバーだけでのMCは、リハーサルのことを話されていました
。リハーサル中は、一曲終わるごとに、普段の出来事などを話をして進めら
れたそうです。ギターの中野さん、このことの大切さについては、とっても
納得されていました。目には見えなところでのコミニュケーションが、アコ
ースティックライブの隠し味の1つになっているようです。次の「Keep
Christmas With You」はセサミーストリートを見て覚えられたアメリカ手話
を交えて歌われました。そして、次の好きで歌い続けて、アルバムにも入れ
ることができた「渡浪瀬橋」は、聴く度に涙してしまいます。本当にいい曲
ですね。

アンコールは、ゲストの種さん、楠瀬さんを再び呼ばれ、アニメの”秘密の
アッコちゃん”から「アッコちゃん、すき、すき」を歌われました。チャカ
さんはブルース風に、広瀬さんのキーボードは激しく、とてもかっこよく決
まっていました。それに、凄かったです!この日、最後の一曲はチャカさん
自身で作詞作曲された「call me」を歌われで締めくくられました。とても力
強さを感じました。

2日目も、1曲目は「チェロ」、2曲目は「ハミングバード」でした。3曲
目の「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」は、行ったことはないのです
が、隅の方にアップライトピアノ、床がきしむようなカウンターのある酒場
の雰囲気がしました。次にアメリカ手話を交えた「Keep Christmas With You」
を歌われました。この曲は個人的にとても好きです。それに、この曲で1語
だけですが、”クリスマス”のアメリカ手話を覚えました。
本日のゲスト BEGINで比嘉栄昇さん、島袋 優さん、上地等さんが登場され
ました。ゲスト迎えての1曲目は、「むかしかいしゃ、いまかいしゃ」”か
いしゃ”とは沖縄の言葉で”きれいなもの”といことだそうです。そのこと
から、曲は”昔のきれいなもの、今のきれいなもの”ということで、沖縄の
きれいな風景を歌われていました。曲が終わってからは、沖縄の話題で、
イナップルを食べ過ぎると口が切れ血塗れになるとか、想像するだけでも痛
いMCでした。そして、いつもは、楠瀬さんデュエットされている「Loving
Feet」と栄昇さんとデュエットされました。いつもとは違った感じで、よ
かったです。次に「みんなの願い」を歌われました。曲中では、枡席を控え
て貯金するとか、チャカさんならではのアドリブも盛り込まれ、とても楽し
く盛り上がりました。次は森山良子さんが亡くなられた弟さんのことを歌わ
れた「なだそうそう」が、とても悲しいかったです。チャカさんはリハーサ
ル中涙したことなど話されていました。
そして、今日も「call me」を歌われました。でも、この曲は聴く度に、着
実に育てていかれているような感じを受けるます。今後どのように、歌わ
れていくか、とっても期待の一曲です。今日も、あっという間に最後の一
曲になって、終わったしまいました。後半は、曲名いくつか失念してしま
いました。すみません。でも、どの曲も、聴き応えのある曲ばかりでした。

アンコールは、BEGINを再び呼ばれ「みんなの願い」 を”みんなの願い
は、、、”とステージ、客席と一緒に歌って盛り上がり、とても楽しかった
です。最後の曲は「渡浪瀬橋」です。やっぱり、聴く度に、心に響いて、
ジーンとしてしまいました。

両日ともに、とってもよく、言葉では言い表せない部分が多いですが、とっ
てもいい時間と空気を感じられるライブでした。ほんとうによかったです。
これからも、どんな曲が飛び出す緊張感のあり、 暖かみのある、親しみやす
いアコースティックライブはずっと続けていってほしいです。

まよい雲

戻る