モンスターコレクションTCG for 竹本泉ファン

 竹本泉ファンのためのモンスターコレクションTCGのページです。
 竹本ファンのために、特化した内容になっています。


竹本泉イラスト入りカードをいかにして集めるか

竹本カードの種類

 竹本泉イラスト入りカードは、モンスターコレクションTCG(以下MCTCG) の362種類もあるカードのうちのわずか5種類しかありません。
 竹本先生がイラストを描いているのは、下記の5種類です。「/」の左側が カードの名前で、右側が出現頻度です。

 また、1998年4月23日に発売されたMCTCGのパワーアップカードセット 「古代帝国の遺産」では、144種類のカードのうち4種類だけです。

 また、1999年5月頃に発売されたMCTCGのパワーアップカードセット 「空中庭園の降臨」では、3種類のカードのイラストを描いています。

 また、1999年9月に発売されたMCTCGのパワーアップカードセット 「黄金樹の守護者」では、172種類中の5種類のカードのイラストを描いている らしいです。(そのうちの4種類は実物で確認しました。)
なお、ボックスのパッケージに1枚イラスト(樫の杖のウィザードの一部)が載っ ています。

 また、2000年3月に発売されたMCTCGのパワーアップカードセット 「太陽王の覚醒」では、4種類のカードのイラストを描いています。

 2000年9月に発売された新しい基本セットである モンスターコレクション2では、4種類のカードのイラストを描いています。
 シングルカードでの収集に切り替えてしまったので、パック購入した場合の 入手性の考察はしていません。次章以降の説明は、モンコレ2の説明では ありません。(参考になるとは思いますが……)
 私の場合は、イエローサブマリンお茶の水店で、レアカードはシングルカードとして、 それ以外は、コモンパック(ランダム詰め合わせ)、アンコモンパック(ランダム詰め合わせ) として入手しました。

カードの稀少度

 MCTCGは、60枚入り1300円のスターターパック(ゲーム説明書付き)と 16枚入り400円のブースターパックの2種類があります。これらに含まれている カードは(少数の例外を除いて)同じものです。しかし、中のカードの種類は、外から は見えないようになっていて、中に入っているカードはランダムに1種類ずつと なっています。
さらに、カードには稀少度というものが設定してあって、稀少度によって、1パック に含まれるカードの枚数が異なっています。このため、特定のカードが欲しくても そのカードの稀少度と運によって、何パックもカードを買い続ける必要があります。
 カードの稀少度とパックの中味の関係は次の通りです。

           極稀: 稀:少数:普通:固定
 スターターパック   1: 5:12:32:10
 ブースターパック  1/3?:5/3?: 4:10:0

 また、カードの稀少度別の種類は、

 きわめて稀(極稀) 64種類
 稀(レア)     96種類
 少数(アンコモン) 96種類
 普通(コモン)   96種類
 固定地形(固定)  10種類(スターターパックに各1種類1枚ずつ入っている)

となっています。
 したがって、一番稀少度の高い1枚を集めるために、スターターパックを1つ 買ったときに当たる確率はわずか1.56%しかありません。しかも、カードが重複する 可能性もあるので、たとえ64パック買ったとしても、集まる保証はありません。 (まさに、運しだい)

 パワーアップカードセットである「古代帝国の遺産」では、基本セットに 追加して使用するカードであるため、スターターパックは存在せず、ブースター パックだけが発売されています。「古代帝国の遺産」でのパック内のカードの 稀少度の割合は、ごく稀カードは存在せず、

           極稀: 稀:少数:普通:固定
 ブースターパック   0: 2: 4:10:0

となっています。
 また、カードの希少度別の種類は、

 稀(レア)     48種類
 少数(アンコモン) 48種類
 普通(コモン)   48種類

となっています。
稀(レア)カードが48種類で、1パックに異なる2種類の稀(レア) カードが入っているため、nパックに稀(レア)カードである「不思議な卵」も 「パンドラの箱」も入っていない確率は、((46/48)*(45/47))^n となります。
 これを、計算すると15パック(1箱)で27.5%、30パックで7.6%、45パック で2.1%となります。ちなみに、私は45パック購入した時点で、2.1%の不幸な人の グループに属していました。(T_T)
 ちなみに、同様のやり方で、アンコモンカード「七色の火口箱」と コモンカード「コンフュージョン」の不幸率を計算すると、それぞれ、15パックで 27%と3%となります。
 竹本レアカードを2種類手に入れる確率は後で計算してみます。
 60パック購入で、竹本レアは1枚のみ。すでに141種類カードがあるんで すけど。(和田慎二先生のレアカードなんか6枚もあるのに……)
 ちなみに、次の項目で書くように不足3種類のカードはカードショップで シングルカード購入をしてコンプリートさせてしまいました。

竹本カードの集めかた

 竹本カードだけを集めるなら、パックで買うことはお勧めできません。
 ちなみに私の場合、スターター10パック、ブースター30パックで、 竹本カードは「サティロス」1種類だけでした。その後、スターター10パックを 追加購入したら、運良く「ベルバの箱庭」以外のカードが入っていました。
 スターターは10パックで1箱、ブースターは15パックで1箱になって 売られています。(つまり、箱で買ったわけです。)
 これまでの投資金額は……あんまり考えたくありませんね……
 そこで、特定のカードを1枚だけ購入する、あるいは、 交換することをお勧めします。
 特定のカードを購入することは、普通のお店ではできませんが、カード専門店 の中には、人気の高いカードや不要なカードを買い取って、1枚ずつばら売りして くれる所があります。そういうお店では、稀少度と人気によって、プレミアがついて 高値で売られたりしますが、特定の数枚のカードが欲しいのであれば、欲しいカードが 出るまでパックを買い続けるよりはずっと安上がりです。
 また、交換するときは、交換相手が竹本ファンで無い方が良いでしょう。それから、 交換するときは、なるべく同じ稀少度のカードと交換するようにした方が、公平感が あって良いでしょう。残念ながら、私はカードの交換の経験がほとんど無いので (仲間内でちょっとだけ交換してもらったぐらい)具体的な注意事項は書けませんが、 くれぐれもトラブルが起こらないように注意しましょう。
 ちなみに、私が1997年9月13日に「イエローサブマリンお茶の水店」で 購入した金額は税別で、

 カントリーロード/きわめて稀 2300円
 虹のつまった指輪/きわめて稀 1200円
 ぬいぐるみ/稀         800円
 ベルバの箱庭/稀        300円(レアその他扱い^^;)

でした。(値段は、人気などによって日々変化しますので注意してください)
 1998年3月2日に「イエローサブマリンお茶の水店」で 購入した金額は税別で、

 カントリーロード/きわめて稀 2000円(基本セット/初版:見ただけです)
 虹のつまった指輪/きわめて稀 1200円(基本セット/初版:見ただけです)
 不思議な卵/稀         400円(古代帝国の遺産)
 パンドラの箱/稀        400円(古代帝国の遺産)

でした。これ以外のカードは在庫なしの様でした。
 1999年9月26日に「イエローサブマリンお茶の水店」で 購入した金額は税別で、

 ボム・ドラゴン/稀         100円(黄金樹の守護者)

でした。コモンカードやアンコモンカードは、それぞれ一枚ずつセットにして 売られていた様でした。(バラ売りもあったかどうかは不明)
 2000年4月2日に「イエローサブマリン御茶の水店」で購入した金額は税別で、

 シャムシャム伯爵/稀        100円(太陽王の覚醒)

でした。コモンカードやアンコモンカードは、それぞれビニール袋にパックして 売っていました。各一枚ずつ入っているのだと思っていましたが、実際には適当に ランダムに入っているようでした。(入っていないカードや複数枚数入っている カードがある。)
 初版(希少度マークが赤色)の方が入手困難で高値となっていることが予想され ますが、絵柄自体には違いがないはずなので、イラストが目的ならば2版以降の カード(希少度マークが黒)を入手するようにしてみてはどうでしょうか?
「サティロス」は、稀少度が低いので、ベルバの箱庭よりも安く手に入る でしょう。(普通にパックを買っても、比較的容易に集まります)
 最近、希少度が半端に高い「ぬいぐるみ」「ベルバの箱庭」の方が入手が 難しくなってしまう(金額的には安いのでしょうが)かもしれないと思いはじめ ました。

MCTCGを売っているお店

 秋葉原・お茶の水方面と地元の大宮で、MCTCGを売っているお店です。


自家製「古代帝国の遺産」カードリストを 見るダウンロードする。
公式リスト(基本セット、「古代帝国の遺産」とも)は、 グループSNEの モンスターコレクションTCGのページにあります。


[signed box] 「まぬけ」か「マニア」かその両方の証


竹本泉のページに戻る
トップページに戻る
Kazutoshi Suzuki - Sep. 23nd 2000 - suzuki@ask.ne.jp