竹本泉情報バックナンバー

 以前、竹本泉のページに載せていた情報のうち、古くなったものをこちらに 移しました。
 元のページには、なるべく新しい情報だけを載せるようにしたいと思います。


1996年分


連載終了('96/5/27,'96/11/19)

 コミックガンマの休刊にあわせて、さよりなパラレルの連載が終了。
 残念ながら、急な連載終了の感は否めない。
 先月号(5月号/No.33)での定価の変更とページ数減で休刊もありうると 覚悟はしていいたものの、さよりなパラレルの他にも気に入っていた作家/作品も あったし、やはり淋しい。
 さよりなパラレルの単行本4巻が7月下旬に発売予定という告知と、8月の ガンマのフルリニューアルに期待をつなげたい。

 が…、11月現在未だに発売されていないような…

サイン会情報('96/10/12)

 『さよりなパラレル』第4巻の発売を記念して、7月30日13時から八王子の まんが王で竹本泉先生のサイン会が行なわれました。
 私は用事があったので、サインをいただいた後、すぐに立ち去らなくちゃいけ なかったのが残念でした。

単行本情報('96/10/12)

 『ばばろあえほん』(発行:宙(おおぞら)出版/発売:主婦と生活社)
(8月6日発売のコミックス単行本)
『ルププ・パウ▽』の続編である『ババロア絵本』『森にはおばけ』の他に、 『アニーパトロール』、『アイ・アイ▽アイランド』、『唄う盗賊』、 『クリスマス クリスマス』が収録されています。

単行本情報('96/10/12)

 『てきぱきワーキン▽ラブ』第1巻(アスキー)
(8月22日発売のコミックス単行本:雑誌「コミックビーム」に連載された漫画)

原画展情報('96/10/12)

 8月18日〜9月14日の間、まんがの森の各店で竹本泉先生と近藤るるる先生の 原画展が行なわれました。

日程     Aグループ   Bグループ
8/18〜8/24  吉祥寺店    上野店
8/25〜9/31  渋谷店     川越店
9/ 1〜9/ 7  横浜西口店   池袋店
9/ 8〜9/14  大宮店     町田店
 私は、池袋と大宮(地元)で原画を見てきました。池袋で見た原画は非常にきれいで 大宮で見たものはちょっと色の塗り方が雑に見えてしまったのですが、私だけがそう 感じたのでしょうか?
 ちなみに、Aグループは、カラー原画2枚+見開き2枚、白黒原画8枚、 Bグループは、カラー原画6枚+見開き1枚、白黒原画10枚でした。

イベント情報('96/10/12)

 8月22日〜24日の3日間、東京ビッグサイトで開催された 「TOKYO GAME SHOW’96」にて、ゲームアーツが 製作中のゲーム『だいな▽あいらん』の限定版ポスターが2種類 (B全サイズと等身大)販売されました。
 また、『てきぱきワーキン▽ラブ』の猫サイボーグ「じーく菜」 のぬいぐるみも販売されまいたが、たちまち売り切れてしまった ようです。
 他にも、「だいな▽あいらん」うちわなどが配られました。

新作情報('96/10/12)

 『わきみをしてないときもある』
(9月24日発売のアップルミステリー11月号掲載の読みきりコミックス作品)

新作情報('96/10/12)

 アップルパラダイス『ねこのなは』で、ついに猫の名前が決まりました。
(9月発売のコミックマスター48に掲載)

新作情報('96/10/12)

 富士見ドラゴンブック「ゲームのタネ!」の表紙と挿絵を竹本泉先生が 描いています。本自体は、RPGのゲームデザインについての読みものです。 挿絵は、章毎に1頁イラストが1枚ずつ入って合計22枚です。 (著者:山北篤/F.E.A.R、文庫判 600円)

連載情報('96/10/12)

 今月(11月号)の「コミックビーム」連載の『てきぱきワーキン▽ラブFX』は お休みです。(でも次号予告は載っていました。)
 12月号では、カラーページがあるようです。

おまけ情報('96/10/20)

 さいとうちほさんの『青りんご迷宮』(小学館文庫)の巻末に竹本先生のエッセイ 『ある日のさいとうちほさん〜今に至る』が3頁載っています。
 このエッセイによると、さいとうちほさんと竹本先生は、同年代で漫画家デビュー も同じころだったそうです。『あおいちゃんパニック!』では、さいとうちほさんが お手伝いをしています。お互いにアシスタントをしていたそうです。
 ところで、竹本先生は「ちゃお」を買っているのでしょうか?

新作情報('96/10/12,'96/12/9)

 テックウィンの「公式マルチメディアメーカー講座」というコーナーで、 竹本泉先生のホームページを作ることになったらしい。詳細は不明ですが、 ’97年1月号でURLを発表するとのことです。
(テックウィン’96年11月号137頁を参照のこと)

 12月7日に、テックウィン’96年1月号をちらりと立ち読みしてみた 感じだとURLが載っていなかったみたいなんですが…。せっかく、URLが載って いたら買って帰るつもりだったのに…。

連載情報('96/11/19,'97/2/21)

 今月(12月号)の「コミックビーム」の『てきぱきワーキン▽ラブFX』は、 見開きの扉を含めて4ページがカラーです。
 今月のプレゼントは、「コミックビーム」創刊1周年記念で豪華。
 じーく菜ぬいぐるみが5名、サイン色紙が3名にあたるので、応募するべし。 応募〆切は、12月11日必着。…と書いている自分が応募するのを忘れるんだ よなあ。きっと。
>
……しっかり忘れました……。

CD情報('97/1/2)

 サターン用ゲーム「だいなあいらん」の音楽CDが、 ポリグラム より、2月26日に発売予定。
 オープニング・エンディングに挿入歌の合計11曲と、曲間にオリジナルドラマが 収録されるそうです。詳しくは、 ゲームアーツの最新情報 のページを参照して下さい。

新作情報('96/11/30,'97/1/25)

 『さよりなパラレル・外伝 マヤヤイリリぱにっく[上]』(竹書房ガンマ文庫) が発売されました。内容は、『さよりなパラレル』に登場する双子の少女盗賊に スポットを当てた番外編となっています。
 竹本先生は、まえがきマンガ(カラー)、あとがきマンガ、表紙(カラー)、 挿絵を描いています。
(著者/工藤治・イラスト/竹本泉)

 1月25日には、下巻が発売されました。 (私は「24日に購入してしまいましたが)

連載情報('96/11/30,'96/12/8)

 『アップルパラダイス』を連載してる「コミックマスター」 (発行:ホビージャパン)が50号をもって、最終号として終了。
 多くの連載作品に“TO BE CONTINUED”と書かれていたり、ストーリーが 途中までとなっているなどの点から、急な決定だったものと思われます。
 50号に『アップルパラダイス』は掲載されていませんが、執筆陣からの メッセージとして、竹本先生のメッセージが1/8ページのスペースに載っています。
 「RPGマガジン」2月号(12月27日発売予定)より『アップルパラダイス』 の連載が継続されます。
 「RPGマガジン」は850円なので、ちょっと支出を押さえられるかな?  でも、人によっては興味のあるページが減ってかえってコスト高になるのかも。 ちなみに、「RPG」マガジンの判型はA4なので、ちょっと置き場に困って しまうかも。

 1月号では、東京ゲームショウで売っていた「だいな▼あいらん」のポスター 2種のプレセントがあります。

新作情報('96/11/30)

 『ねこめ〜わく …ようよう 〜冬の扉のすきま〜』
(11月24日発売のアップルミステリー1月号掲載の読みきりコミックス作品)
 巻頭カラー61頁(カラー4頁、白黒57頁)で、カラーのうちの1頁は、 『ねこめ〜わく …すごくすこし 〜ヘンリヒのてれか〜』という、テレカプレゼント の宣伝となっています。(白黒頁も2頁がなかがきになってたりするし… ^^;)
 巻頭カラー記念特別テレカ100名プレゼントもあります。絵柄はヘンリヒ+ 百合子、シマシマ、クロフです。

おまけ情報('96/12/2)

 コミッカーズ12月号に、藤子・F・不二雄氏への追悼文が数行載っています。

おまけ情報('96/12/24)

 投稿CG集「色数向上委員会  AGRIA Vol.2」(CD−ROM)のパッケージのカラーイラストを描いて います。また、CD−ROMには、パッケージイラストのBMPファイルとインタビュー が載っています。

新作情報('96/12/24)

 『くしゃくしゃのなかみ』
(1月24日発売のアップルミステリー3月号掲載の読み切りコミックス作品)



1997年前半分


新作情報('97/1/25)

 アップルミステリー4月号(2月24日発売予定)には、『夜明けのゴースト』 が掲載される予定
 去年('96)は隔月掲載でしたが、今年('97)は2回掲載1回休みの予定だそうです。
 ということは、3・4・6・7・9・10・12・1と掲載されるということかな。
 ともかく、「アップルミステリー」に掲載される作品は、好きになる作品が多いのでう

新作情報('97/2/15)

 コミックビーム3月号によると、次号(4月号)のてきぱきワーキン▽ラブFXは 巻頭カラーの予定。

新作情報('97/2/15)

 待ちに待ってたサターン版ゲームソフト『だいな▽あいらん』がついに発売され ました。
 昨日、会社の有休を取って秋葉原に出かけて入手しました。 (地元の大宮のソフマップに予約してた分も購入したけど…)
 秋葉原で見かけた販売促進グッズは、ポストカード(3枚組)・パワーメモリー シール・ポスターの3種類でした。 (ポスターは抽選だったからどういうものかは不明)
 「だいな▽ウォッチ」プレゼントの応募に必要な予告編の方も結構売っているのを 見かけました。 (セットで値引きとか… でも、ちゃんとバラ売りもしていました。)
 私はおまけのポストカードとシールにつられたのと、予告編を買っていないという 友人に布教するために、再安値ではない店で予告・本編セットを買ってしまいました。  ちなみに秋葉原の売値は、私が調べた限りでは、最安値5,500円、相場6,120円で した。
 ちなみに、1回のプレイ時間は1時間程度とちょっと物足りないかなという感じも ありますが、動きとか雰囲気とはバッチリ大満足の出来です。アニメとどこが違うの かと聞かれると困ってしまうかも ^^;
 今、達成率は「カートリッジRAM」の「リ」の下あたりですが、ちょっと長めの マニアックな分岐を見つけてひっくり返っているところです。
#ロボットアニメ風デーマ曲は燃える… ^^;

新作情報('97/2/15)

 「ゆみみみっくす」スクリーンセーバーがゲームアーツから発売予定となりました。 詳細は不明ですが、スクリーンセーバー・壁紙・ジグソーパズルをまとめたWINDOWS用 ソフトとのことです。
最新情報は、ゲームアーツの 最新情報のページ

単行本情報('97/2/21)

 『ねこめ〜わく2』(発行:宙(おおぞら)出版/発売:主婦と生活社)
(3月6日発売のコミックス単行本)
 単行本『ねこめ〜わく』の続巻です。
 2月発売のミッシィコミックスに挟み込まれている新刊案内「あっぷる夢通信」 で、3月の新刊として紹介されています。  「くいしんぼの百合子様がたくさん怒っている1冊です」って、シマシマ大丈夫?
#『幻獣の國物語』第12巻を買い忘れていて、単行本発売情報を見逃してた…。

サイン会情報('97/2/21,'97/2/28)

 『ねこめ〜わく2』の発売を記念して、3月9日13時から京都のBIG BOSS で、竹本泉先生のサイン会が予定されています。

 『ねこめ〜わく2』の購入(予約)者先着150名に整理券が渡されます。
 また、(もう間に合わないけど)2月28日必着のはがきで、アップルミステリー 読者に対する整理券プレゼントをやっていました。
 京都のBIG BOSSの住所・地図・問い合わせ先が、アップルミステリー 4月号 558ページに載っています。

CD情報('97/2/28)

 サターン用ゲーム「だいな▽あいらん」の音楽CD 「だいな▽あいらん音径(さうんどとらっく)」 が、ポリグラムより2月26日に 発売されました。
 オープニング・エンディングに挿入歌の合計11曲と、曲間のおしゃべり (ゲームからのピックアップ)、おまけにCM4バージョンが収録されています。
 あああ、ロボットアニメ風テーマ曲「無敵のヒロイン」は燃える……

新作情報('97/2/28)

 『夜明けのゴースト』
(2月24日発売のアップルミステリー4月号掲載の読み切りコミックス作品)

新作情報('97/3/1)

 『ある日のFF VII』
(3月1日?発売のテック・プレイステーション創刊号(1997年4月号)掲載の ゲームエッセイ漫画)
 「もっともっとファイナルファンタジーVII」と題する特集で、ファイナル ファンタジーについて8人の漫画家がカラー2ページずつ描いたエッセイ漫画の うちの一つ。苺タイムズ風(というか、そのまんま?)のエッセイ漫画になって います。

ゲーム情報('97/3/2)

 秋葉原のゲームソフトを扱うお店によっては、てきぱきワーキン▽ラブ (PC-Engine CD-Rom2)の予約が可能になったようです。予約特典は、お店に よりますがポスターと下敷があるようです。
 一方、ぱらPAR∀パラダイス(FM-TOWNS)の方は、ソフマップで出している カタログ「ソフマップワールド」4月号のP153に、発売元のファミリーソフトの 広告が載っています。通信販売での申込み先と通信販売予約特典(Tシャツと コースター5枚)のお知らせが載っています。予約申し込みの〆切は発売予定日 (3月14日)の前日までだそうです。

サイン会情報('97/3/22)

 『ねこめ〜わく2』の発売を記念して、3月9日13時から京都のBIG BOSS で行なわれた竹本泉先生のサイン会は無事終了しました。
 「アップルミステリー」で告知されたはずなのに、なぜか男性ファンの比率が 多かったです。
 サイン会のスケジュールが押してしまって、結局16時近くまでサインされた 様です。竹本先生、ご苦労さまでした。
#私は、ケーキ食べ放題オフにつられて、早々にサイン会会場を後にしてしまっ
#たので、最初の方の様子しかわかりません。

ゲーム情報('97/3/22)

 ぱらPAR∀パラダイス(FM-TOWNS)が無事(?)に発売されました。
 私の場合は、3月10日に通販予約して、14日に届きました。おまけは、 Tシャツとコースター5枚とテレカサイズのカレンダー。
 私は、TOWNSを持っていないので、ゲーム内容についてはコメントできませんが、 浮動小数点演算ユニットが必要(CPUが386SXの場合)とか、ゲーム中にエラーが出て 続行できないとかの問題があるようです。そのような不具合が発生した場合は、 ファミリーソフトのサポート窓口に相談すると良いでしょう。
#TOWNSを持っていない私はどうするべきやら…

連載情報('97/3/22)

 『ひよどりにっき』を連載してる「覇王マガジン」(発行:講談社)が5月号を もって、休刊。
 今後は、「週刊少年マガジン」の増刊として、随時発刊されるらしいです。
 『ひよどりにっき』の今後の掲載については特に記述がないため不明ですが、 連載終了の可能性が高そうです。

連載情報('97/3/22,'97/4/12)

 ついこの間、「RPGマガジン」に移動した『アップルパラダイス』ですが、 4月号の扉ページのハシラに「いよいよ感動の最終回…!?」と書いてあったとおり、 連載終了の模様。(京都のサイン会で竹本先生本人に確認した人がいるとか。)
 「RPGマガジン」で新連載の予定があるのかどうかは不明です。

 「RPGマガジン」5月号を買いましたが、『アップルパラダイス』は載っていま せんでした。告知記事も特に無かった様です。おそらく、連載は4月号で終了し、 特に新連載の予定も無いものと思われます。

連載情報('97/3/30)

 「月刊コミックノーラ」で、6月号より新連載『乙女アトラス』が開始されます。
 なお、5月号には1ページの予告漫画が掲載されています。

新作情報('97/3/30)

 最後(?)のPCエンジンSuper CD-Rom2 System用ゲームソフト 『はたらく少女 てきぱきワーキン▼ラブ』が予定通り28日に発売されました。
 またもや、会社の有休を取って秋葉原に出かけて入手しました。  秋葉原で見かけた販売促進グッズは、湯飲み、下敷き、ポスター2種類、設定資料集 でした。
 私は、湯飲みにつられて、予約をしたのとは別の店で購入(6,311円+消費税)して しまいました。その後、予約した店で購入(6,979円+消費税)しました。こちらでは、 湯飲みの代わりにポスターが2種類になっていました。
#その後、元の店でもう一枚、湯飲み付きを購入してしまいました。 (当日売り最後の1枚?)
#予約した店が、同じ値段で売ってたら焦って買わなかったんだけど…。
 ちなみに、販売促進グッズのうち設定資料集は、ゲームソフトに同封されている 応募券を送料同封で送るともらえるものです。(その場でももらえるってことは、 郵送で応募しなくても手に入るし、応募すれば2つもらえるってことか…)
#私が予約したお店では、やってなかった…。
 肝心のゲーム内容のほうは、旧世代機のため、アニメーションに関しては、「ゆみみ」 や「だいな」にはかなわないものの、ツボを押さえた出来になっていて、遊んでいて、 なんか楽しいです。途中のイベントも乱数の要素があるうえに成功・失敗で別のオチが 用意してあるらしく、意外と飽きずに楽しめます。(全イベント全分岐クリアは、 難しそうだけど)
#育成画面が単調で飽きるかと思ったけど意外に退屈しないですみます。

新作情報('97/4/12)

 『ある日のとぅーむれいだーす』
(3月29日発売のテック・プレイステーション(1997年5月号)掲載の ゲームエッセイ漫画)
 「コミックレビュー」というコーナーで、ゲームインプレッションエッセイ漫画 をカラー2ページ描いています。
 前号と同様に、苺タイムズ風のエッセイ漫画になっています。
 連載ということなのだろうか……?
#ふゅん菜(仮称)の出番が少ないぞ……

新作情報('97/4/26)

 『あいの嵐』
(4月24日発売のアップルミステリー6月号掲載の読み切りコミックス作品)

おまけ情報('97/4/26)

 アップルミステリー6月号に執筆された漫画家の各先生の近況がわかるコーナー 「先生、最近どーざんす!?」(P616)で、竹本先生がイラストを描いたマグカップの プレゼントの告知をしています。
 このマグカップは、竹本先生のお友達が始めたインターネットショップ「 ニューロンネットワーク 」から購入することができます。(写真も見ることができます)

 私も、3種類1個ずつ購入しましたが、もったいないので、まだ箱から出さずに しまってあったりします。熱い飲物を入れると取手の所が熱くなり易いという話も 聞きましたが、まだ実際に使っていないのでなんともコメントできません。 ^^;
 インターネットで買物をしたのは初めてでしたが、お店からの申込み確認のメールも 翌日に来ましたし、振り込みしてから商品が届くまで1週間かからず届いたと記憶 しています。(正確な日付を忘れちゃったので曖昧でごめんなさい)

おまけ情報('97/4/26)

 『はたらく少女 てきぱきワーキン▼ラブ』の設定資料集が届きました。
 これは、以前にもちょっとだけ書きましたが、ゲームのパーッケージに添付 されている応募券を切手同封で送るともらえるものです。
#雑誌の全員プレゼントみたいな……
 郵送で送られてくるので、結構ボロボロな状態で届くことを覚悟していた のですが、実際にはクッション材付きの封筒で送られてきたので、資料集はかなり きれいな状態で届きました。(本屋さん並 ^^; にきれいですね。)
 内容自体は、すでに人から見せてもらっていたのですが、なかなかの力が入った 出来になっています。もうちょっと厚かったら、売り物として本屋に並んでいても おかしくないかも知れません。

連載情報('97/5/26)

 「月刊コミックノーラ」で、6月号より新連載『乙女アトラス』が開始されまし た。

おまけ情報('97/5/26)

 「だいな▼あいらん Wキャンペーン」で申し込んでいた「だいな▼ウォッチ」 が届きました。応募してから1ヶ月ぐらいかかりました。(待ちくたびれた^^;) 封筒の宛先の住所が間違っていたのは、私が記入ミスをしたのだろうか?
 とにかく無事に届いてなによりでした。
 悩んでいた2つ目の応募は、結局、抽選のない「だいな▼ウォッチ」にしました が、申し込みの締め切りを1日間違えていて、14日の夜に出すことになってしま いました。消印は、15日になってしまうだろうから、あとは「ゲームアーツ」の お情けにすがるしか……

 そういや、「てきぱき」の声優クイズの答えはわかったけど、まだ応募していな いや……。毎日鞄に入れて、書き足して投函できるように持ち歩いてるんだけど ^^;
#セーブ・ロードを繰り返してなんとかパーフェクトクリアしました。

新作情報('97/5/26)

 『下を向いて歩こう』
(5月24日発売のアップルミステリー7月号掲載の読み切りコミックス作品)

おまけ情報('97/5/26)

 地元、大宮のアニメイトに「アップルミステリー」を買いに行ったら、単行本の パックに「ポスター付き」のシールが貼ってありました。
 試しに「虹色♪爆発娘▼」を買ったら、「ねこめ〜わく2」の宣伝ポスターをく れました。このポスターの存在は知っていたけど持っていなかったので良かったで す。
#予備の本も手に入ったし…!?

単行本情報('97/6/22)

 『アップルパラダイス3』(発行:ホビージャパン)
(6月20日発売のコミックス単行本)

単行本情報('97/6/6,'97/6/14)

 アップルミステリー7月号の『下を向いて歩こう』の扉(P301)の作者名の上に、 コミックス最新刊が7月5日に発売されることが決定したと告知があります。

 6月発売のミッシィコミックスに挟み込まれている新刊案内「あっぷる夢通信」 で、単行本のタイトルがわかりました。

 『むきもの67%』(発行:宙出版)
(7月5日発売のコミックス単行本)

新作情報('97/6/6)

 『ある日のなんか色々TVゲーム』
(5月30日発売のセガサターンマガジン(1997年6月13日号:Vol.19)掲載の ゲームエッセイ漫画)
 「コミック・サタマガ」というコーナーで、ゲームインプレッションエッセイ漫画 をカラー1ページ描いています。
 苺タイムズ風のエッセイ漫画なんですが、あんまりTVゲームネタじゃないような 気がします ^^;
 「コミック・サタマガ」の企画自体は次号に続くらしいのですが、もう一回載る のかな〜
#ふゅん菜(仮称)がいない……
#色があまりきれいじゃない……

 と思って本屋に行ったけど載っていないみたい。

おまけ情報('97/6/6)

 「別冊宝島316 日本一のマンガを探せ!」で、 竹本先生が、“数少ないファンタジーメルヘンの巨匠”として紹介されています。
 『あおいちゃんパニック!』、『魔法使いさんおしずかに!』、『ねこめ〜わく』 の3作品をピックアップして紹介しています。

おまけ情報('97/6/14)

 締め切りオーバーかなと心配していた2個目の「だいな▼ウォッチ」ですが、 今週(6/10頃)無事に届きました。
 一つ目が届いたときに書き忘れていましたが、パワーメモリー用シールが同封さ れています。
 去年の夏のゲームショーで販売していた「だいな▼あいらんポスター」の通信販売 をやっているようで、「だいな▼ウォッチ」送付の案内にお知らせが書いてありまし た。等身大とB全の2種類です。ゲームショーで購入したので持っていますが、B全 サイズはでかいですが、等身大はそれよりもっとでかいです^^;
 家では、まだ丸まったまま置いてあります。
 「だいな▼ウォッチ」は、締め切りギリギリで応募していた他の人のところにも 着々と届いているようです。

おまけ情報('97/6/14)

 「RPGドラゴンNo.13」に、竹本先生が、連載コーナーの白黒カットを3点描い ています。(カットの大きさは小さいです^^;)
 それから、国内の漫画家やイラストレータが描いたイラストの付いた トレーディングカードが発売されるとかいう記事だったか広告だったかも載って いました。イラストレータのリストの中に竹本先生の名前もありました。
 とりあえず、立ち読みで済ましてしまったので、詳しいことはわかりません。 (でも、気が向いたら買うかも)

新作情報('97/6/25)

 『ねこめ〜わく ……ずいぶん』
(7月24日発売のアップルミステリー9月号掲載のコミックス作品)



1997年後半分


新作情報('97/7/3)

 『ある日のポイッターズポイント』
(6月29日発売のテック・プレイステーション(1997年8月号)掲載の ゲームエッセイ漫画)
 「コミックレビュー」というコーナーで、苺タイムズ風ゲームレビューエッセイ 漫画をカラー2ページ描いています。
 先月号には載っていなかったのですが、不定期連載になるのでしょうか?
 それにしても、今回のレビュー対象の『ポイッターズポイント』の紹介が載って いないので、竹本先生が紹介しているゲームのコンセプトを別にすると、どんな ゲームなのかさっぱりわからないんですけど……
#画面写真がどれなのか良くわからないし(それとも載っていないのかな?)

おまけ情報('97/7/3)

 コミックノーラ8月号の『のーら魂』(読者からのお便りコーナー)において、 次次号の10月号で、竹本先生のカラーピンアップ&テレカ全員サービスを予定 しているというおしらせがありました。
 10月号は買い忘れて売り切れにならないように注意しなくちゃ。(でも、例 によって応募を忘れるような気もするけど……)

あまり竹本泉関係でないかもしれないおまけ情報('97/7/13)

 コミックビーム8月号を無事に購入しました。
 休刊中の覇王マガジンの増刊号が発売されていましたが、立ち読みでチェックした 限りでは、『苺タイムス』は載っていませんでした。
 大宮の「まんがの森」の掲示によると、コミックマーケット52のカタログは 20日の午後に入荷するそうです。地域によって数日のズレはあるかもしれませんが 必要な人は買い忘れないように注意してください。

新作情報('97/7/25)

 『世の中な圧力』
(8月23日発売のアップルミステリー10月号掲載のコミックス作品)

おまけ情報('97/7/25)

 アップルミステリー誌上で、竹本泉先生のイラスト(ねこめ〜わく?)を含む オリジナルテレカの全員プレゼントが始まります。
 9月号、10月号、11月号に付く応募券のうち、異なった号のもの2枚と、 500円切手+80円切手で応募できます。
 10月号の応募券が必要なため、まだ応募できません。ちなみに、9月号の 応募券は宝探しになっています^^; 私は見つけることができましたが、根気良く 全てのページの全ての場所に目を通して下さい。

おまけ情報('97/8/1)

 コミックノーラ9月号を購入。テレカ全員プレゼントは来月号ですが、今月も 竹本泉関連プレゼントがあります。直筆サイン(イラスト?)入りスケッチブックと サイン入り特製テレカが各一名。
 来月は、予告通りテレカ全員プレゼントの他に、綴じ込みの書き下ろしポスターが 付くようです。

 スケッチブックプレゼントというと、昔、なかよしでやったアイデアノート プレゼントを思い出します。アイデアノートをプレゼントしてしまって、竹本先生 は困らなかったんでしょうかねえ。

おまけ情報('97/8/1)

 Pretty▽Fan(プリティファン)Vol.5(GAME NAVi 9月号増刊) で、「まるまる▽竹本泉」という特集がカラー9頁を費やして組まれています。
 内容は、書き下ろしイラスト、インタビュー、ゆみみみっくすをはじめとする 竹本先生の関わったゲーム5種の紹介、インターネットショップ「ひまわりはうす」 の紹介です。各ゲームの紹介では、竹本先生の一言コメントが付いています。 (ぱらPAR∀パラダイスのコメントがなかなか……うーむ、うじゃうじゃ)
 それにしても、この号の竹本泉関係のプレゼントはすごく豪華です。イラスト付き サイン色紙5名、てきぱき関係3種7名、ルプ☆さらだ関係3種22名、 はたらきものラミカード5名、ゆみみ&だいな関係6種62名、 ぱらPARA関係4種8名、ひまわりはうすマグカップ2名。 このうち、ルプ☆さらだ宣伝用ポップとゆみみみっくすサターン用オートデモCD あたりがマニアックかも。
 ちなみに、Pretty▽Fanは今号をもって休刊となりました。

おまけ情報('97/8/2)

 ニューロンネットワークの「ひまわりはうす」に注文していた 『AYARIフィギュア』が30日に届きました。
 ちなみにシリアルNo.33でした。
 フィギュアはおろか普通のプラモデルも作ったことがないので、どうしたら良いか 途方にくれています^^;
 パッケージは思っていたよりも小さかったですが、竹本先生のイラストと 組み立て彩色済みの写真が載っていてなかなか良いです。
#うまく組み立てて、きれいに色を塗るとこういう風になるのか…(なぜか遠い目…)

 ちなみに、フィギュアと一緒に注文した『追加のHummマグカップ』はとっくに 届いていて、家で私専用のカップとして活躍しています。

ゲーム情報の修正('97/8/2)

 ファミリーソフトのホームページのトピックスによると、Windows95版の 「ぱらPAR∀パラダイス」の発売予定日が、8月8日から8月28日に変更に なったそうです。(でも、肝心の「ぱらPAR∀パラダイス」の紹介のページの 方の発売予定日はまだ直ってなかった……)
#発売予定日を入れた途端にこれだもんなあ……。一応、このページの発売予定日は 修正しておきました。

ゲーム情報('97/8/19)

 8月8日にソフマップ限定で、PC-Engine SuperCD-Rom2用ゲームソフト「てきぱき ワーキン▼ラブ」が再版されました。
 既にほとんど売れてしまったみたいですが、もしかしたらまだ手に入るかもしれま せん。(大宮店に2枚残っていたのは何時だったっけかな……)
 情報が古くてごめんなさい……

おまけ情報('97/8/19,'97/9/15)

 8月15日〜17日の3日間に、東京ビッグサイトにおいて、「コミックマーケッ ト52」が開催されました。「コミックマーケット52」の西4ホールの企業ブース にNECホームエレクトロニクスが出展して、猫の「じーく菜」と犬の「ヘルシンキ」 のぬいぐるみの販売をしていました。
 今回初売りの「ヘルシンキ」は、1日30体の限定販売でした。「ヘルシンキ」は その大きさ(でかい^^;)と値段(9800円)にも関わらず順調に売れていた様です。 (3日目開場後すぐに、東ホールから西ホールに買いに行ったのですが、値段も大き さも手頃な「じーく菜」は、既に売り切れていました。)
 PC-FX用ゲームソフト「てきぱきワーキン▼ラブFX」の発表もあったはずなので すが、「ヘルシンキ」に気を取られて、聞いてくるのをすっかり忘れてしまいまし た。

 公式発表されているかどうか不明ですが、「てきぱきワーキン▼ラブFX」の 企画は動いているようです。

おまけ情報('97/8/21,'97/9/15)

 2冊目の「てきぱきワーキン▼ラブ」の設定資料集が到着しました。届くまでに 結構時間がかかったかな?
 3冊目の応募も早めにやらなくちゃ。(確か今月締め切りだったような)

 3冊目は、応募したらすぐに届いちゃいました。

おまけ情報('97/8/25)

 ニューロンネットワーク から残暑見舞いのはがきが届きました。
 三つ編み&水着姿のあやりさんのカラーイラスト付きです。ああ、しあわせ^^;

 「ニューロンネットワーク/ひまわりはうす」が,24日に東京ビッグサイトで 開催された「ワンフェス」に出展したそうです。竹本先生のイラスト入りのライター やマウスパッドが販売されていたそうですが、私は用事があって行けなかったのが 残念です。

ゲーム情報('97/9/15)

 Windows95版の「ぱらPAR∀パラダイス」が、8月28日に発売されました。
 TOWNS版の酷さは知り合いから見聞きしていたのですが(ソフトは持っているけど 家にTOWNSがないから確認のしようがない)、ついつい買ってしまいました。
ゲーム途中に「インストール処理」(--#)が入るというTOWNS版に比べたら100倍ぐらい は良くなっているみたいですけど、基本的なゲームシステム、操作性、シナリオ、 ミニゲームなど、どの部分をとっても、10〜15年前の代物にしか思えません。 (その上、竹本ワールドの再現にも失敗している……)
 せめて、10年前に出してくれてれば感動したのに……
#私は基本的にパソコンゲームはしない方だったのですが、PC8801版「ウイングマン」 とかを思い出してしまいました。

カードゲーム情報('97/9/15)

 竹本先生が5枚ほどイラストを描いている 「モンスターコレクションTCG」が、 9月1日に発売されました。
 公式カードリストは、 グループSNEのホームページから 入手できます。
 もし、あなたが竹本ファンで竹本先生のイラストカードだけどうしても欲しい というのであればトレーディングカードのお店で、単品買いするのが一番安く確実に 手に入る方法でしょう。(普通に買うと、カードはランダムに入っているので、 たくさん買うか、持っている人と交換してもらわないとなかなか手に入らない)
 ちなみに、私は「イエローサブマリンお茶の水店」で、4枚購入して4600円でした。 (残りの1枚は普通に購入して手に入れました)

おまけ情報('97/9/15)

 9月は竹本先生が夏休みを取られているようです。
 そのため、次号「コミックビーム」11月号の『てきぱきワーキン▼ラブFX』は お休みです。

おまけ情報('97/9/15)

 「コンプティーク」10月号の『アニパソテクニック’97』というコーナーの カラーカット5点(本文ページ)+3点(扉ページ)を竹本先生が描かれています。
 「モンスターコレクションTCG」の紹介記事と、Windows95版の 「ぱらPAR∀パラダイス」の紹介がちょっとだけ載っています。 (でも、このぱらPARAの紹介は宣伝用文章だなあ……)

新作情報('97/9/27,'97/10/25)

 セガサターンマガジン9月26日号に、 『竹本泉のいろいろのーと #1ある日のSG-1000マークII▽』という半ページの漫画が 載っているらしいのですが、私が探しに行ったときは次の号に変わってしまっていて 確認できませんでした。
 もし、当該号を処分する人がいるならください。m(_"_)m

 その後、古本屋でなんとか入手する事ができました。

おまけ情報('97/9/27)

 コミックノーラ」11月号によると、次号(12月号)の『乙女アトラス』は、 竹本先生の年に1ヶ月の休暇月のためお休みです。
 ちなみに、次次号(1月号)は、表紙らしいです。

新作情報('97/9/27)

 『ねこめ〜わく …うっかり』
(10月24日発売のアップルミステリー12月号掲載のコミックス作品)

 アップルミステリー9月号に掲載された 『ねこめ〜わく …ずいぶん 〜神様の長い足〜』の続編(後編?)です。
 アップルミステリー11月号では、モノクロ1ページを丸々使っています。 ちなみに、巻頭カラー45ページだそうです。それにしても、この予告、わざわざ 「このエージは次号予告です」と断ってある上に2個所に載っているあたりが なんとも^^;
#他にもカラーの次号予告も載ってたりします。

新作情報('97/10/6)

 セガサターンマガジン10月17日号に、 『竹本泉のいろいろのーと #2ある日のカードゲーム♪』という半ページの漫画が 載っています。
 しかし、イラストレータへのお礼に、裁断前のカードを送るか?ふつう?^^;

おまけ情報('97/10/8)

 1998年10月10日(来年だからね^^;)に竹本泉オンリーイベントが、 竹本ファン有志によって企画されています。興味のある人は、竹本泉友の会の 竹本泉オンリーイベント公式ホームページへどうぞ。

新作情報('97/10/25)

 セガサターンマガジン10月31日号に、 『竹本泉のいろいろのーと #2ある日の大戦略』という半ページの漫画が載って います。
 どうやら、隔号掲載のようです。

新作情報('97/10/25)

 『ねこめ〜わく …うっかり 〜ギャンブラーな日々〜』
(10月24日発売のアップルミステリー12月号掲載のコミックス作品)

 巻頭カラーが、なんか番外編扱いなんですけど……^^;
 マイヤーと同様に過去の世界からやって来た宇宙飛行士の登場!というわけで お話が一気に急展開……するかと思ったら、まあ、その、やっぱりいつもの…… てなお話でした。
 いや、まじにもうすぐ終っちゃうんじゃないかって心配だったのよ。

新作情報('97/10/25)

 『ちょこちょこへぶん』
(11月22日発売のアップルミステリー1月号掲載のコミックス作品)
 予告イラストの女の子が妙にかわいかったりしますが……

おまけ情報('97/10/25)

 今月の「コミックノーラ」(12月号)の『乙女アトラス』は予告どおり お休みです。その代わり、来月号(1月号)は、表紙&巻頭カラーの予定です。

新作情報('97/11/15)

 セガサターンマガジン11月14日号に、 『竹本泉のいろいろのーと #3ある日のお風呂』という半ページの漫画じゃなくて コラムが載っていました。週刊なので更新が全然間に合いません……。
 ちなみに、今発売されているセガサターンマガジン11月28日号には、 『竹本泉のいろいろのーと #4ある日の子供と大人』という半ページの漫画が 載っています。あなたは、子供それとも大人? (あるいは「まぬけ」か「マニア」かその両方? 私は……^^;;;)

新作情報('97/11/15)

 宙出版発行のコミックスに挟み込まれている新刊案内「あっぷる夢通信」 によると、『竹本泉ポストカードブック』が12月中旬に発売される予定と なっています。A5判・1500円で、ねこめ〜わくを中心としたイラスト 数十点をポストカードにしたものだそうです。

カードゲーム情報('97/11/15)

 竹本先生がイラストを5点ほど書かれた「モンスターコレクションTCG」 ですが、第2刷が発売されているようです。2刷では、レアリティマークが、赤 から黒に変わっているようです。(絵は同じらしいです)

おまけ情報('97/11/27)

 角川mini文庫から『モンコレ Q&Aブック』という「モンスターコレクション TCG」の質問と回答を集めた本が発売されました。
 残念ながら、竹本カードを使った図版はありませんでした。
 ところで、最後の質問者「成増在住の少女漫画家(マニア誌にも描いています)」 って誰のことでしょう ^^;

おまけ情報('97/11/27)

 コミックノーラで行なわれたテレカ全員プレゼントのテレホンカードが 無事に届きました。
 ちなみに今月(1月号)のコミックノーラの表紙と巻頭カラー(4頁)は、 「乙女アトラス」でした。

新作情報('97/11/29)

 セガサターンマガジン12月12日号に、 『竹本泉のいろいろのーと #5ある日の時差』という半ページの漫画が 載っています。マルチコントローラって意外と対応しているソフトがあるよね?

新作ゲーム情報('97/11/29)

 CRIから、Windows95版の 「ゆみみみっくす」と「だいな▽あいらん」の発売予定が発表されました。
 マウスパッド(3種類から1種類選択)とスクリーンセーバーとして使える グラフィックビュアー、壁紙集が付録としてそれぞれに付くようです。
他に予約者には、ポスターと卓上カレンダーがもらえるようです。
 「ゆみみみっくす」には、「だいな▽あいらん予告編」が収録される予定だ そうです。一方、「だいな▽あいらん」には、ミニゲームや設定資料が収録 されるようです。
 うーん、おまけが豪華だと、「まぬけ」で「マニア」になってしまう…。
 ところで、「ゆみみみっくす」と「だいな▽あいらん」には、メガCD版や サターン版をPC上で動かすエミュレータがフリーソフトで存在するから、 それより良い出来じゃないと、みんな納得しないよ。大丈夫?
#PCだと各人各様に使っているコンピュータの性能が異なるから、想定して いるタイミングで動画を表示するのはいろいろと難しいと思うけど。  あと、WEBページに半角かな文字を入れるのは、みっともない(というか顰蹙) から止めましょう>CRI

おまけ情報('97/12/7)

 11月24日に、水道橋の 「フューチャービー」 でモンスターコレクションTCG関連のイベントとして、竹本泉先生のサイン会が 開かれた模様です。
 現在、モンスターコレクションTCGの竹本先生サイン入りスターターボックスを 限定10箱だけ販売しています。(通常の箱売りと同じ値段です)
#ちなみに、残りが10箱より少ないことは確かです^^;

おまけ情報('97/12/7)

 コミックマーケット53(’97冬)のカタログの発売は、12月7日 (今日だ^^;)となっているようです。

おまけ情報('97/12/7)

 コミックマーケット53(’97冬)のカタログの発売を無事に入手できました。
 今回は分冊無しで、1600円(当日1400円)でした。
 企業スペースに、竹本系を2つ発見。
 一つは、NECホームエレクトロニクス。ついに「セバスチャン」ぬいぐるみが 出るらしい。ただし、限定だから、朝一番に行かないと売り切れちゃうんだろうな あ。誰か代わりに買っといて……(って、誰に言っている^^;)
 もう一つは、ワールドサーフ(株)。「ひまわりはうす」の引越し先と言った方 がわかりやすいかも。オリジナルグッズの発売が予定されています。
 それにしても、今回の企業スペースに、「新日本フィルハーモニー交響楽団」と か「営団地下鉄」とか「JTB」とかがあって、凄い事になっている気がする^^;
 うちの会社(自己紹介参照の事)も、コミケで企業スペース出してコピーサービス やったら、繁盛するだろうなあ…… (でも、その前にあまりの忙しさに死者続出かも ^^;)

新作情報('97/12/13)

 セガサターンマガジン12月26日号に、 『竹本泉のいろいろのーと #6ある日のカードゲームの2』という半ページの 漫画が載っています。先週、東京水道橋のカードショップに行ってきました。 『未来蜂歌留多』会社(だっけか?)ですね。竹本先生は、あそこの隣の大学に 通っていたのか……

新作情報('97/12/13)

 ペットコミック誌、コミックプッチィ1月号((株)メディアボーイ発行)に、 『ぺっとたいむ #1ある日に仔猫』というカラー3頁のペットエッセイ漫画が 載っています。なんか、ノリはいつものゲームエッセイ漫画なんですが……。 (もちろんネタはゲームじゃなくて、猫なんですが^^;)
 ちなみに、予告にも名前が載っていて、連載という事になっています。  次号2月号は1月13日発売で、特集は「うさぎ」だそうです。
#これって、もしかして、夏休みに入ったという細かい仕事?

おまけ情報('97/12/13)

 ペット誌関係でもう1誌。月刊キャッツ1月号(ペットライフ社発行)に、 『ネコとマンガ家の不思議な関係』という特集の中にインタビュー記事がわずか 1段分だけですが載っています。竹本先生のイラストは無いですが、一部で話題 (本当か?)の竹本先生の飼い猫の「ツヴァイ」の写真が載っています。
 ちなみに、「ツヴァイ」とはドイツ語で「2」という意味です。
#アインツ、ツヴァイ、ドライ、フューア、フュンフ、ゼックス、ジーベン、 アッハト、ノイン……って書くとどこかで聞き覚えのある……

懸賞情報 ^^;('97/12/13)

 月刊コミックビーム1月号のプレゼントに、 あの「ヘルシンキのぬいぐるみ(大)」が……。家にもありますが、あの目つきの 悪さがなかなかかわいいです。(ヘルシンキは性格は良いんだよ。目つきが悪いだ けで……)
 ところで、表紙にリニューアル第1号って書いてあるけど、どこがリニューアル なんだろう?

新刊情報('97/12/21)

 『竹本泉ポストカードブック ねこめ〜る』が12月17日(?)に 発売されました。(なんか、16日説と17日説がある……っていうか、 アップルミステリー誌上の発売日の予告が2種類あったという…… ^^;)
 A5判・1500円(税別)で、ねこめ〜わくを中心としたカラーイラスト 20点をポストカードにしたものです。(他に表紙カバー表裏で+2点)
 私が最初イメージしていたのは、A5判で1ページに2枚ずつのポスト カードが収録されているものだったのですが、実物ではなんとA5判の ポストカード(^^;)が……。ポストカードとしては、定型外郵便物なので反則 ですが、イラストカードとしてはこの大きさはうれしいです。(ところで、 定型外郵便物なのに「郵便はがき」って宛名面に書いて良いのかな?)
 あと、カードの後ろに2色刷りでカードの縮小イメージと初出が記載されて いるのは、うれしい配慮です。(マニア向けって事か ^^;) ちなみに、書き下ろしは3枚(うち2枚は表紙カバー)だけですが、テレカプレゼント の絵柄も含まれているので、応募し忘れたうっかり者の私にはありがたいです。

新刊情報('97/12/21)

 「モンスターコレクションTCGをはじめて遊ぶ本」に「MC−TCG」 というフルカラー8ページのモンスターコレクションTCGの紹介マンガを竹本先生 が描いています。(発行:富士見書房、A5判64ページ、税別600円)
 いやその、コレクターとかマニアとか深いコレクターになると地獄を見る事に なるので注意しましょう ^^; (私は一度に2箱とか買ったりしないから…… ほんとだってば……)

新刊情報('97/12/21)

 モンスターコレクションTCGのカードリストをイラスト入りで収録した 本が、角川mini文庫で発売されています。「モンコレカードリスト」という タイトルで、発行:角川書店、256ページ、税別600円です。
 2ページに3枚ずつ紹介していて、現在発売中の362枚全てのカードを 網羅しています。普通の文庫サイズよりも一回り小さいMini文庫なので、 イラストも小さいのが残念です。
 モンスターコレクションTCGの竹本先生のイラストを見てみたい人は、わざわざ 何千円(何万円?)もカードを買うよりは現実的な選択でしょう。
 あとは、ゲームをやってみようと思った人が、デッキを組む参考になるでしょう。 でも、友人と2回しかやった事が無いんだけど、その時はサイコロの目に左右され る要素が強いので、双方動かずに膠着状態になってしまいました。なんか、M:tGに 比べるといろいろとルールに一貫性のない部分とか見えてしまって、ゲームをやる 気になれないのがちょっと……。
 1枚制限のコモンカード(そういうカードはレアにしろ!)とか、ゲーム用 のカードにしては超レアカードの稀少度が高すぎる(しかも、種類が多い)っていう のも勘弁して欲しいものである。
#コンプリートする気は、とっくに失せたし。(竹本カードだけ手に入ればいいや)
#超レアは廃止して、通常レア(かもっと頻度の高いカード)の種類をもっと増やして くれたら、いろいろなイラストを楽しめていいんだけど……

スカ(?)情報('97/12/21)

 覇王マガジン増刊号が出ているみたいですが、立ち読みで簡単にチェックした 限りでは、竹本先生は載っていないようでした。

おまけ情報('97/12/21)

 アップルミステリー誌上で行われた、オリジナルテレカ全員プレゼントが 無事に届いています。ちまみに、イラストそのものはポストカードブック 「ねこめ〜る」に収録されています。



1998年前半分


新作情報('98/1/8)

 セガサターンマガジン1月9日・16日号(合併号)に、 『竹本泉のいろいろのーと #8ある日のゲームショップ』という半ページの 漫画が載っています。
 竹本先生の近所とちがって、家の近くにゲームショップって無いなあ……
 ソフマップとさくらやがあれば充分かも……
#グランディア、正月休みに終らなかったし……

新作情報('98/1/8,'98/1/25)

 『魔法少女はウインク』
(1月24日発売のアップルミステリー3月号掲載のコミックス作品)
 ちまちまじっく外伝ですか……(とか言ってみる)
 でも、ちまりちゃんはちょっとしか出ないんだろうなあ……

 というわけで、予想通り、ちまりちゃんは1カットだけの出演でしたね^^;
 でも、あおばさんの出番が多いからから良いか……^^;
#あおばさんを呼ぶときに、「あ」と「お」の間に間を空けないようにしなくちゃ
#と思ったのは私だけ?^^;
 お話も、久しぶりに変な話系じゃなくて、竹本先生お得意のラブコメ系なので 個人的にうれしいです。
 それにしても、あおばさん、最初っからわかっていたって本当?(^^;;;)

新作情報('98/1/16)

 セガサターンマガジン1月30日・2月6日号(合併号)に、 『竹本泉のいろいろのーと #9ある日のページ数』という半ページのエッセイ 漫画(?)が載っています。
 ふだんコマ数が多くなるからって、平均値を下げるために、わざわざ1コマに しなくても……
 グランディアがやっとクリアしました。RPG初心者には、マップとかも親切 だし、細かいところも凝ってたりするのでお勧めですね。世界観も明るいし。
 ただ、ゲームをやりなれている人には、シナリオがちょっと不満だろうなあ。 (特にエンディング)
#最後にいきなり、○ー○が○き○っちゃうのはちょっと……。
#せめて、本編中に伏線を用意して欲しかった……

新作情報('98/1/16)

 ペットコミック誌、コミックプッチィ2月号((株)メディアボーイ発行)に、 『ぺっとたいむ #2ある日にフサフサ』というカラー1頁、白黒4頁のペット エッセイ漫画が載っています。
 今回のテーマは、犬。
 「嫌いが少ない分、犬が有利?」っていうのがなんとも^^;
 ちなみに、私の家では、動物は犬も猫も飼っていません。
 次号3月号は2月12日発売で、特集は「ハムスター」だそうです。

新作情報('98/1/16)

 コミックビームをやっと購入しました。
 あああ、コミケでNEC−HEブースで、セバスチャンぬいぐるみを購入した 身としては、なんか実話臭い気がしてなんか複雑な気持ち^^;
 「私だけはふつう」ってフレーズも、良く聞くようなって……あおいちゃんパニック! にも、同じようなフレーズがあったからなあ。「他の人はともかく、僕はノーマル」
#あっ、竹本先生、新居購入を決意!?

新作情報('98/1/25,'98/2/1,'98/3/13)

 『ぴこぴこるいるい』
(2月24日発売のアップルミステリー4月号掲載のコミックス作品)

 「はたらきものシリーズ」(しかも「せーふくもの」)と言われてもどの 世界なんだろう^^;(火星シリーズもふわふわエレンもあるからなあ……)
 まあ、いずれにせよ、最近の予告カットはかわいい絵が多いような^^; #ピコピコポンを思い出した事は内緒です^^;<たしかNHKでやっていた。
#わかる人いる?

 う〜む、異世界からの侵略者を阻止するもぐらたたきな毎日な話だったのね。
 なんかこの話、ゲーム化したら楽しそうなんですけど。>誰か

おまけ情報('98/1/25)

 昨日(1/24)に本屋を回った時に、大宮のアニメイトに「竹本泉ポストカード ブック はがき判ねこめ〜わく ねこめ〜る」が5〜6冊ほど置いてあるのを 見つけました。大宮近郊の人で、探している人は行ってみてください。
#入り口側から見て、一番奥の左側に平積されていました。
 まだ、残っているかどうかわかりませんが、参考まで。
#私自身は、別の本屋で2冊目を購入できたので買いませんでした。

おまけ情報('98/1/26)

 コミックノーラ3月号を買ってきました。3月号の読者コーナー「のーら魂」 によると、次号(4月号)はクリアファイルを全員サービスするそうです。また、 「乙女アトラス」の単行本が3月末に発売予定だそうです。

新作情報('98/2/1)

 セガサターンマガジン2月13日・2月20日号(合併号)に、 『竹本泉のいろいろのーと #10ある日のレコードプレーヤー』という半ページの エッセイ漫画(?)が載っています。
 あれ?今回はゲームの話が無いぞ^^;
 ちなみに、私の家には幸いな事に(実は不幸だったT_T)レコードプレーヤー が無かったので、LPレコードを聞く事が出来なくて困るという事はないのですが、 竹本先生の所には100枚もあるとか……(それも全部アニメというところが 凄い……)
 それにしても、どうしても残しておきたい3枚のレコードが、「まんが日本史」 「ふしぎの国のアリス」「亜空大作戦スラングル」っていうのが濃すぎるような。
 「ふしぎの国のアリス」って、12チャンネル(関東地方の場合)でやっていた TARAKOさんが主役のアリスの声と主題歌を歌っていたやつだよね。たしか 製作は日本アニメーション。(間違っていたらごめんなさい) 私は結構好きだっ たんだけど、再放送を全然やらないよね。

おわび('98/3/13)

 ページの更新を1ヵ月以上もさぼってしまいました。新作情報とは、なんか おこがましいような気もしますがまとめて追加します。

新作情報('98/3/13)

 セガサターンマガジン3月6日増刊号に、 『竹本泉のいろいろのーと #11ある日の個人的ゲーム色々』が載っています。  なんか、2月3月にかけて色々出るみたいですけど把握仕切れていなかったり して。3冊の単行本って、「てきぱきワーキン▼ラブ第2巻」「世の中なまほう」 「乙女アトラス」の3冊のようです。ゲームもリメイク版が3月から4月にかけて 3つ発売される予定。
 セガサターンマガジン3月20日号(1998 Vol.8)に、 『竹本泉のいろいろのーと #12ある日の気ばらし』が載っています。 あああ、私も酒、たばこはやらないし、カラオケは……この間久しぶりに行ったけど、 アニメもあんまり見ていないし、ゲームはちょっとはやるけど……ってけっこう 気晴らししてるか……
#でも、そんなにゴロゴロしてないか

単行本情報('98/3/13)

 『てきぱきワーキン▼ラブ2』(発行:株式会社アスキー/発売:株式会社アスペクト)
(2月25日発売のコミックス単行本)
 月刊コミックビームに連載中の「てきぱきワーキン▼ラブFX」の1996年7月号 から1997年9月号(1996年11月号は休載)掲載分を収録しています。
 この単行本の発売予定は、本屋さんに貼ってあるコミックス発売予定表に載って いなかったりするので注意して下さい。
 そういえば、いつの間にか単行本の発売元が変わっています。うーん、世の中 いろいろなことが起こっているんですね。

単行本情報('98/3/13)

 『世の中なまほう』(発行:宙(おおぞら)出版)
(3月6日発売のコミックス単行本)
 ちまりちゃんたちがチョイ役に退いて、深太くんとひばりちゃんをメインに据えた 「ちまりまわるつ」の新シリーズを中心とした単行本です。
 カバーを取った表紙とか、なかがきとかあとがきとかいろいろと楽しませてくれ ます。特に今回は巻頭のザイモクと巻末のシャルペロの対比が面白いです。

新作情報('98/3/13)

 『ある日のときめきメモリアル』
(『コナミパロディコミックシリーズ ときめきメモリアル』掲載のコミックス作品)
 題名で想像つくように、ときめきメモリアルを題材としたゲームエッセイ漫画です。 モノクロ4ページの作品なので、これだけのために1300円出すのはためらうかも 知れません。ちなみに私は一度も遊んだことがない>ときメモ
#人が遊んでいるのを横で見ていたことはあるけど。
 コミックマスターに描いていた人が複数登場しているようなので、そちら方面に 興味がある人は買ってもいいかも知れません。
#そういうのに関係なく躊躇せずに買った私って ^^;
 発行はコナミ株式会社、発売元は株式会社毎日コミュニケーションズです。

新作情報('98/3/13)

 ペットコミック誌、コミックプッチィ3月号((株)メディアボーイ発行)に、 『ぺっとたいむ #3ある日のつるつる』というカラー1頁、白黒4頁のペット エッセイ漫画が載っています。
 今回のテーマは、ハ虫類。(とその他いろいろ?)
 それにしても次号予告が無いのは何故?

プレゼント情報('98/3/13)

 アスペクトコミックス(てきぱきワーキン▼ラブ2など)を購入すると 折り込まれている応募用紙と帯に付いている応募券で、オリジナル6穴バインダー 応募者全員プレゼントに応募できます。
 オリジナルバインダーの絵柄には竹本泉先生のものもあります。
 応募は、4月25日〆切。応募には、650円分の未使用切手が必要です。

プレゼント情報('98/3/13)

 コミックノーラ4月号にて、竹本泉先生のクリアファイル全員サービスを 実施中。〆切は、3月25日(当日消印有効)。応募には応募券の他に、1000円 分の定額小為替が必要です。
 そういえば、ノーラの執筆人がかなり入れ替わりそうなんだけど、新年度 になるからかな?
#学習研究社だから、なんとなく……

サイン会情報('98/3/13,'98/4/1)

 まんがの森新宿店にて、3月29日(日曜日)14:00〜16:00の 日程で『てきぱきワーキン▼ラブ』第2巻の発売を記念して、サイン会が行なわれ ます。サイン会整理券は、たぶんもう配布を終了しているものと思われます。 (私がページの更新をさぼっている間に配布を開始していました。)

 サイン会に行ってきました。人通りの多い甲州街道の陸橋の歩道部分に整理券 番号順に並ばされたのでちょっと恥ずかしかったです。会場はすごく狭いので、 数人ずつお店の中に入れられて事務所の中(?)にサインをしてもらいました。 (ちなみに今回はグリーンメタリックのペンでサインしてもらいました。)
 サイン会の後は、竹本泉MLとNIFTY-Serveの竹本ファンの集まり(FTAKE)と 竹本ファンの草の根BBS(ジュライネット)の合同カラオケオフ会となりまし た。総勢38名の大カラオケ大会はなかなか壮観でした。(サイン会定員200名 +αのうちの1/5程が知合いというわけ? ^^;;;)

おまけ情報('98/3/13)

 パソコン雑誌『ASCII DOS/V ISSUE』に、Windows95版の 『ゆみみみっくす』『だいな▼あいらん』の紹介と、数点のCG画像が付録CD に収録されていました。

おまけ情報('98/3/13,'98/4/1)

 セガサターンマガジン3月27日号(1998 Vol.9)によると、東京ゲームショウの ESPブースにおいて、ゲーム関係グッズが限定販売されます。

 ゆみみみっくすREMIX 穴あけねずみのぬいぐるみ 限定700個 1600円
 ゆみみみっくすREMIX ジグソーパズルA     限定500個 1200円
 ゆみみみっくすREMIX ジグソーパズルB     限定500個 1200円
 だいな▼あいらん     ジグソーパズルA     限定500個 1200円
 だいな▼あいらん     ジグソーパズルB     限定500個 1200円

 グッズの写真が載っているのですが、穴あけねずみのぬいぐるみがラブリー▽です。
#ところで、東京ゲームショウの情報が載っていないみたいなんですけど……
#そもそも、いつどこでやるの?^^;
URLだけは載っていたけど……

 ESPでのグッズ販売の他に、フューチャービー(ハドソンブース)でカード類 を3000円以上買うと竹本先生が描いたフューチャービーのポスターを1枚もら うことができました。(6000円分買って2枚もらって、友人と半分こしました。 でも、代金は折半で、カードの端数分は私がもらってしまいました^^;)

 東京ゲームショウの混雑対策は、もうちょっとどうにかならないのかな。事故が 起こってからじゃ取り返しがつかないよ。
 私が会場の幕張メッセに着いたのが午前9時頃。入場まで待たされるのは仕方が 無いと思っていましたが、開場したはずの10時頃から通路幅いっぱいに広がった 行列が全く動かず、整理している開場側の人も見える位置からはやっと1人か2人 程度。それも、タダ居るだけで指示を出すわけでも状況を説明するわけでも無し。 入場ゲート付近でいきなり列の幅を整理なしに狭めるし、そのくせ入場ゲート付近 はガラガラ。結局入場したのは11時30分頃で、ESPブースのグッズ販売コー ナーはあまりの混雑のため新規行列は中止となっていました。スーツ姿で行列整理 をしている人に聞いたところ行列再開予定は未定だとか。
 私は幸いにも、友人から竹本泉グッズを譲ってもらうことができましたが、常識 的な時間に開場に行った人が一番割を食った感じで、ゲームショウに対する印象は 最悪となりました。
#おまけに、ガイドブックに中古品販売が著作権に触れるという勝手な言い分が
#まことしやかに書いてあって、さらに印象最悪。
#現状はゲームソフトは物として流通しているものだし、ディジタルは情報が
#劣化しないというのであれば、それは本に書かれて情報と同等であり、ゲーム
#ソフトに特別な事情があるわけではないですね。
#ゲームソフトの中古品販売が著作権に違反すると主張するなら、ライセンスと
#メディア代金を分離して、別個に購入できるようにしてもらいたいものです。
#限定品とかはメディアだけが欲しいのであって、ライセンスは1つあれば充分
#なんですから (-_-)凸

休刊情報('98/3/31)

 『ぺっとたいむ』を連載していたペットコミック誌、コミックプッチィ ((株)メディアボーイ発行)が、3月号をもって休刊した模様です。
 次号予告が無いと思ったら……やっぱり……

おまけ情報('98/3/31)

 パソコン雑誌『ASCII DOS/V ISSUE』5月号343頁に、 先月号に引続いて、 Windows95版の『だいな▼あいらん』の紹介が載っています。
 ここの編集部かライターの人に竹本ファンがいるのかしら?
 ちなみに、ノートパソコンにまるごとインストールするには、仮想CD-ROMドライバー ソフトとDirectX5対応の音源とディスプレイチップが搭載されていることが必要だと 思われます。(Windows95版『ゆみみみっくす』からの予測)
#Libretto20だとちょっと大変だと思う…

原画展情報('98/3/31,'98/4/19)

 コミックノーラ5月号の目次の欄外によると、3月29日〜4月4日の間、 『まんがの森』横浜西口店と大宮店で開かれている様です。どれくらいの枚数の 原画(原稿)が展示されているかは不明です。
#大宮は地元だから、早々にチェックをしに行きたいのですが……

 って、だーーっ。見に行くのをすっかり忘れていたー (T_T)

新作ゲーム情報('98/3/31)

 東京ゲームショウ'98春の公式ガイドブックによると、竹本泉先生もイラストを 描いているトレーディングカードゲーム『モンスターコレクションTCG』が プレイステーションのRPGゲームになるらしいです。
 ’99年2月発売予定で、価格未定。現在の開発進行度は10%程度とのこと。

新作情報('98/3/31)

 セガサターンマガジン4月3日号(1998 Vol.10)に、 『竹本泉のいろいろのーと #13ある日の個人的ゲームその2』が載っています。
 私の場合、Windows95版ゆみみみっくすをLAOXゲーム館で6142円(税込)、 てきぱきワーキン▼ラブFXをソフマップ13号店で6697円(税込)で購入しました。
 ゆみみ側の予約特典は、ポスターと同梱マウスパッドと宣伝用チラシ。
 てきぱき側の予約特典は、ポスターとクリアファイルと同梱テレカでした。

新作情報('98/3/31)

 『ぴんくのマシンガン』
(4月24日発売のアップルミステリー6月号掲載のコミックス作品)

 

単行本情報('98/3/31)

 『乙女アトラス』(発行:学習研究社)
(3月26日発売のコミックス単行本)

おまけ情報('98/4/1)

 特集アスペクト41『この少女マンガが効く』(発行:アスペクト)に 「ねこめ〜わく」が1/2頁紹介されていました。
 少女漫画が効くと銘打っている割に、少年漫画が結構多く含まれています。
 紹介されている作品自体は、まあ妥当なところかとも思いますが、「xxに効く」 とかいうキャプションは大変恥ずかしい。また、キャプションにこだわるあまり、 作品の本質からずれたところに着目している紹介も少なくない。
 このため、これから紹介されている作品を読もうとしている人に、変な先入観を 与えはしないかとちょっと不安になります。(知っている作品なら、何か無理がある けど、まあそういう見方もできなくはないか……と思えなくもないのだが)

新作情報('98/4/8)

 セガサターンマガジン4月17日増刊号に、 『竹本泉のいろいろのーと #14ある日のテレカ』が載っています。
 竹本先生関係のテレカが22枚もあるとは驚きです。私は何枚持っているだろう か?(雑誌の応募とかし忘れているものも多いしなあ)
 そういや、サイン会の後の竹本泉ML&FTAKE&ジュライネット合同オフ (38人規模カラオケ^^;;)でも、せがた三四郎の曲がかかってました。
#竹本先生、口内炎の手術をしたそうで……。お大事に……

おまけ情報('98/4/8)

 電撃G’sマガジン5月号に、PC−FXのゲームソフト 「はたらく☆少女 てきぱきワーキン▼ラブFX」の紹介記事が載っています。
 PC−FXの特集の一部として、モノクロ1頁のみの簡単な紹介です。 (特集扉にカラー写真はありますけど……)
 また、PC−FX本体、下じき、ポスター、セバスチャンぬいぐるみ、 じーく菜ぬいぐるみなどのプレゼントもあります。(〆切4月28日)

電脳情報('98/4/19)

 って、大袈裟なタイトルを付けましたが、要はNIFTY-SERVEのコミックフォーラム 内に竹本泉会議室が開設されました。場所は、「コミックフォーラム 作家・作品館」 の11番会議室です。(FCOMICA MES11)
 まあ、以前から設置されていてもおかしくはなかったのですが、突っ込んだ話を する人はPATIO(FTAKE PATIO群)の方へ移ったり、インターネット上の竹本泉ML に参加したりしていましたから……。
 ただ、竹本泉会議室が設置されたのはいいけど、なんか一般会議室から追い出さ れたような印象が強くて、なんか後味があまり良くなかったなあ…… #フォーラムスタッフの対応は悪くなかったんだけど……

新作情報('98/4/19)

 セガサターンマガジン5月1日号(1998 Vol.13)に、 『竹本泉のいろいろのーと #15ある日のアニメ』が載っています。
 なかよしのデビューが決まったときの賞金をビデオ購入に使ったという話は、 デビュー時のプロフィール紹介に載っていましたし、早起きして満員電車に乗らなくて 済むので漫画家になった(^^;)という話も読んだ覚えがあるのですが、いい年して アニメを見てても文句を言われないようにというのは、初めて見ました。
 アニメを見ても良い職業に、まんが家とアニメーターの他に、ソフトウェア技術者 も追加してください^^;; (やっぱり、良いソフトを書くには純真な心が……<うそ)
#「みんきーもも」(初代)はいいアニメです^^;; はい^^;;

おまけ情報('98/4/26)

 東京ゲームショウにおいて、ESPブースで販売された竹本ゲーム系グッズ (穴あけねずみぬいぐるみ、ジグソーパズル4種)の在庫分(売れ残り分)が、 ニューロンネットワーク(ひまわりはうす) で販売されています。
 ひまわりはうすって、5000円以上購入は送料サービスだから、電車賃と入場料を 払ってゲームショウ会場で手に入れた人より得する計算になるな……

新作情報('98/4/26)

 モンスターコレクションTCGのパワーアップ カードセットとして発売された『古代帝国の遺産』という拡張セット144種類中 3種類(?)のイラストを竹本先生が描いています

新作情報('98/4/26,'98/5/24)

 『ぴこぴこぶんぶん』
(5月23日発売のアップルミステリー7月号掲載のコミックス作品)

 『ぴこぴこるいるい』と同じ、ピコピコハンマーを持った女の子の話です。 (主人公の女の子は別人ですけど)
 青色とか赤色とか黄色とか緑色とか黄緑色とか朱色とか紫色とか臙脂色とか 萌黄色とか浅黄色とか黄土色とか灰色とかシアン色とかマゼンダ色とかの帽子 もあって、それぞれの色に対応したピコピコハンマーがあって、それぞれの色 専用のピコピコの使命を持った女の子が居るのだろうか……^^;

おまけ情報('98/5/3)

 モンスターコレクションTCGのパワーアップセット『帝国の遺産』の カードリストを作りました。 (協力:七月さん<サンクス)
 とりあえず、竹本カードのリストさえあれば良いのですが、興味ある漫画家さんも 何人かイラストを描いているもので……
 公式カードリストも、 グループSNEのホームページで 公開されているようです。
 なお、「イエローサブマリンお茶の水店」では、『古代帝国の遺産』のレアカードは 基本的に400円で単品販売されているようです。(一部人気カードは高値が付いて いましたけど……)

おまけ情報('98/5/3)

 モンスターコレクションTCGの本が何種類か発売されています。
 そのうち、「モンスターコレクションTCG パーフェクト・カードカタログ」 (1500円・税別)は、A5サイズということもあり、角川mini文庫の カードリスト本より、イラストが大きくて良いです。(でも、イラストは基本セット のイラスト5種類だけですが……)
 『古代帝国の遺産』のカードリストも(イラストレータ名はありませんが)載って いますし、カードの特徴が書いてあるのでゲームをする人にも便利かもしれません。 (私自身は、ゲームはしないですけど……)
 あと、角川mini文庫の「必勝!モンコレ50のヒント」(400円・税別)にも、 カードイラストが3種類載っています。 (こっちも、基本セットのイラストです。)

おまけ情報('98/5/3)

 水道橋の駅の近くにあるトレーディングカードショップ 「フューチャービー」(株式会社未来蜂加留多 の会報誌(300円・税別)の表紙(モノクロ)を竹本先生が描かれています。 (裏表紙も表紙の続きになっている一枚絵です。)会報誌と言っても作りはほとんど 同人誌ですね。
 水道橋の他に、札幌、大阪、高崎、新潟、京都、福山にもお店があるようですので そちらの方でも会報誌は入手できるかもしれません。
 また、竹本先生のイラスト入りのフューチャービー新会員証のモノクロ写真が 載っています。(実物はカラーで、見本がヒューチャービーに貼ってありました。)
 お店の人に、新会員証の入手方法を聞いたのですが、会員証の更新時に特定の 条件(具体的な条件は教えてもらえませんでした)を満たすと、竹本イラスト入り 会員証に更新してもらえるそうです。(ちなみに、私の会員証の有効期限は9月まで)
 数はあるから、9月の更新時で大丈夫とは言われましたが、品切れとか言われたら 怒るからね……^^; >お店の人
 あと、ゲームショウで、商品購入者にプレゼントしていた竹本先生イラストの ポスターは、会員証の更新時に選択すればもらえるようです。

コレクター向け情報('98/5/3)

 「神世紀エルジェネシス」というTRPG(定価4500円らしい)の テンプレートのうちの1枚『龍と話せる少女』のイラストを竹本先生が描いている らしいです。ちなみに、テンプレートはランダムで入っているので、買ったとして も竹本先生のイラストが手に入るとは限らないそうです。 (確率は1/2だとか……)
 ところで、テンプレートってどういうもので、何に使うものなんでしょう^^;
#文章を読めばわかると思いますが、この項、伝聞情報のみで書いています ^^;

おまけ情報('98/5/9)

 今日、本屋で立ち読みした「コンプティーク」のプレゼントコーナーに Windows95版「だいな▼あいらん」関係のプレゼントが載っていました。 (販促用ポスターだった気がする……)

新作情報('98/5/9)

 セガサターンマガジン5月22日号(1998 Vol.15)に、 『竹本泉のいろいろのーと #16ある日のゲームセンター』が載っています。
 前回のアニメの話の続きが半分で、ゲームセンターの話が半分の構成になって います。
 私の場合、アニメは1本(YAT2)しかエアチェックしていません……って いうか気が付いたときには、新番組がたくさん始まっているんだもん ^^; (深夜枠とか多いし。ゴールデンタイムはまだ会社だったりするし)
 竹本先生と同じで、私もVHSのデッキって、最近は全然使っていないや^^; (録り貯めたVHSのアニメのテープはあるんだけど……)
 今回の本題であるゲームセンターの話題は、私自身ほとんどゲームセンターには 行かないのでついていけなかったりして……

休刊情報('98/5/15)

 「乙女アトラス」連載中の「コミックノーラ」が、7月末発売の9月号で 休刊するようです。(7月号から新連載の大橋薫さんのページに情報がありました。)
 うーん、1巻が出たばかりだから、2巻はどうなるのだろう……。
 世界観を共有しているらしい「のんのんじー」も番外編の2話が単行本されて いなんですよね……
 出版社は違うけど、まとめて1冊にして単行本を出してくれないかな……

休刊情報('98/5/15)

 「アップルミステリー」も6月で休刊という情報が入ってきました。
 お気に入りの雑誌だっただけにショックが大きいです。
 何らかの方法で、休刊は回避して欲しいのですが……

新作情報('98/5/22)

 セガサターンマガジン6月5日号(1998 Vol.17)に、 『竹本泉のいろいろのーと #17ある日の店じまい』が載っています。
 竹本先生の家の近所のゲームショップ閉店の話と、雑誌の休刊の話が3つ。
#あとは、切手が裏側に貼られて郵便物が戻ってきちゃう話。
 休刊の話は、3号までで続きが出なかった雑誌というのは「プッチィ」で、 その翌日の休刊の話が「ノーラ」で、3日目の編集長と会ったのが 「アップルミステリー」かな?
#休刊だというのに、「WOWWOWで『どろろ』の放送が」っていう話をするのか
#なあ ^^;
 それにしても、「アップルミステリー」どうにかならないかなあ……

新作情報('98/6/7)

 セガサターンマガジン6月12日・19日号(1998 Vol.19)に、 『竹本泉のいろいろのーと #18ある日の新ハード』が載っています。
 前回の店じまいの話の続きとして、竹本先生行き付けのメガネ屋さんが無く なっていた話と、SEGAの新ゲーム機ドリームキャストの話と、知り合いの 漫画家さんの家の液晶テレビの話^^;
#って、ネタだけ書くと意味不明だな^^;
 しかし、それにしても、その知り合いの漫画家さんの家のブレーカーが100A ってなんがすごいなあ。
#部屋が片付かないのは竹本先生といっしょだ……って自慢にならんなあ……

おまけ情報('98/6/7)

 セガサターンマガジン6月12日・19日号(1998 Vol.19)のP175に、 「有名人・著名人が語るドリームキャストへの応援」として竹本先生のメッセージ が載っています。(Nights風自画像付き^^;)

新作情報('98/6/7)

 フューチャービーの「商品紹介」 コーナーで、「てきぱきワーキン▽ラブ」のトレーディングカードの発売予定を 見つけました。

 コレカラシリーズ「てきぱきワーキン▽ラブ」
 発売日 1998年8月26日
 種別  トレーディングカード
 価格  1パック¥400(税別)※1パック6枚入り
 独創的な竹本ワールドを十二分に堪能できるトレーディングカードです。
 書き下ろし作品も多数収録。

 ということですが、1パック6枚入り400円はちょっと高いなあ。それとも サイズが大きいとか、普通のトレーディングカードとは違う要素があるのかな?
 レアリティが高かったり、種類が多かったりしたら、ちょっと辛いよなあ。
 まあ、とにかく、もう少し詳しい情報が発表されるのを待つしかありませんね。

おまけ情報('98/6/11)

 「ひまわりはうす」の マスコットキャラクター「ひまわりあやり」さんの妹、「ひまわりことり」さんが案内役 「きゃらWeb」がオープンしました。<  登録されているCGを使ったグッズをオーダーメイドで作ることができます。
 竹本先生以外にも、須藤真澄さんや和田慎二さん他、多数のプロの漫画家の方が 参加されていて、商品とCGの組み合わせを考えると150種類以上のグッズに なるそうです。
(アマチュア作家もCGを登録して、売り上げに応じてグッズの印税を受け取ること ができるシステムになっているようです)
 また、グッズ用のCG以外に、バナーやカットなども竹本先生が多数描いている ようです。
 また、「週刊コミックきゃら増刊号」というWEB誌が製作されるようですが、その 連載予定作家として、竹本先生の名前があがっています。残念ながら作品タイトル などの詳しいことは、まだ発表されていません。
#「週刊コミックきゃら増刊号」は、週刊ってタイトルが付いてるけど、不定期刊だ
#そうです。(増刊号だから良いのか? ^^;)
 まだ、全部を見たわけではないですが、CGをオーダーメイドでグッズにする とか、CG作者にグッズ販売量に応じて印税が入るシステムとか、他にないアイデア があって興味深いです。

おまけ情報('98/6/11)

 大宮のまんがの森で、ちらっと見かけた張り紙によると、コミックマーケット54 のカタログが、7月20日頃発売されるようです。(メモしてこなかったから、日付 が正確でないかもしれませんが、その頃にカタログが発売されていないかチェックし た方が良いでしょう)

おまけ情報('98/6/11)

 「アップルミステリー」の姉妹誌「アップル花組」が6月10日発売のNo.41を もって休刊しました。(立ち読みで確認)
 ばんぶーさんと飼い猫の4コマまんがが載っていました。(作者は竹本先生では ありませんが^^;)
 アップルミステリー誌も非公式情報通りに6月24日発売の8月号で休刊して しまうのかなあ……

新作情報('98/6/28)

 セガサターンマガジン7月10日・17日号(1998 Vol.21)に、 『竹本泉のいろいろのーと #19ある日のカラーの仕事』が載っています。
 ゲーム機の本体にいろいろなまんがやアニメのキャラをプリントしたら、 きっと一人1台以上買ってくれるから良く売れるのではっていう話。それにしても 竹本先生が例として出してくるキャラクターがマニア過ぎる。
#タルエルさんよりファブリさんの方が一般受けしそうだが……^^;
#一部オーレリファンの反感を買っているから不利か?
#タルエルさんの小市民的な変わり身の速さにはかえって潔さを感じるのであった。^^;<  ソフトのパッケージに、ゲーム内容に関係ないキャラの絵を付けるのはまずい かも知れないけど、ビジュアルメモリーなら……って思わず思ってしまいました。
#外でなくても、液晶にそのキャラクターを表示でも……って恐い考えになって
#しまった……。(でもって、実際に使わないとどのキャラが入っているのか、
#わからないっていう……)  ところで、竹本先生の近況の2週間で、カラー21枚と1C14枚って、どこの 仕事だろう?
 トレーディングカードと、ノーラのカラーページと、きゃらWebの連載以外にも 仕事が入っているのかな?

休刊情報('98/6/28)

 3号に2回の割合で竹本作品を掲載してきた「アップルミステリー」が、 6月24日発売の8月号にて休刊しました。
 最近では唯一、少女漫画テイストの強い竹本作品が読める本だっただけに、休刊は とっても残念です。
#他の作家さんの作品も気にいっていただけに二重に残念。
#どこかで何らかの形で復活してくれないかなあ……
 竹本先生手書きうちわが2名の人に当たるプレゼントもあります。 (当選発表は、「Hiミステリー」誌上だそうですが、どんな雑誌なのかよく 知らない……)

 

おまけ情報('98/6/28)

 セガサターンマガジン7月10日・17日号(1998 Vol.21)の P8 に、 「きゃらWeb」が紹介されていました。

おまけ情報('98/6/28)

 コミックノーラの全員サービスに申し込んでいた、「クリアファイル」が 届きました。
 クリアファイルは2種類だったのか。全然意識していなかったので、何か得した 気分。
 ところで、コミックビームのはまだかいな?
#ついでに竹本カードじゃないけれど、モンコレTCGのおまけカードも。

連載情報('98/6/28)

 今月の「コミックノーラ」8月号掲載の「乙女アトラス」は35ページと いつもの3ヶ月分?
 さすがにこのページ数だとお話が進むし、ブツ切れと印象は少ないです。
 宇宙船の断食期間も終わったし、来月でまとめちゃうのかな……?
 来月はカラーだそうですが、まさか全部ってことはないだろうし……
#同人誌紹介のページに載っていた山崎てるみ先生の住所って、私の通っていた
#中学校の学区内だ^^;
#あと、トーン処理、ベタ入れ、ペン入れ前の原稿を載せるのがどうかと思うぞ。
#完成していないのなら、休載した方がマシだぞ>某作者&編集者
#コミックガンマの休刊前の頃を思い出してしまった……

トレカ情報('98/6/28)

 「てきぱきワーキン▽ラブ」のトレーディングカードの広告が、次号の アニメージュ(8月号)に載るようです。



1998年後半分


新作情報('98/7/12)

 セガサターンマガジン7月14日・31日号(1998 Vol.22)に、 『竹本泉のいろいろのーと #20ある日のマニア』が載っています。
 今回はいろいろなマニアの話でした。竹本先生のマニアぶりがよくわかると いうか、なんていうか、まあ、「ふつー」ですよね。「ふつー」^^;
 「今は」買っていないと言いつつ、DVDのソフトだけ買っているところ とか、なんとも……楽しいです^^;
#ミネラルフェアで石を買うのが、少女漫画家の証だよねぇ ^^;
 それに比べたら、私なんて、LDなんて「赤毛のアン」しか持っていないし、 ぬいぐるみも10体ぐらいしかないし、DVDなんてないし、ミネラルフェアも 1回しか行ったことないし、石も買わなかったし全然普通じゃん^^;
#比較しようとしたところで既に終わっているという話も ^^;
 ……そうか、ミネラルフェアがあったのか……

おまけ情報('98/7/12)

 先日、コミックビームからバインダーが届きました。
 応募開始直後に出した分も、締め切り直前に応募した分も同時に届きました ので、応募総数が確定した時点で製作を開始して、完成した時点で一気に発送 したのでしょう。
 ビニール製なので、ちょっと安っぽい気はしますが、応募した時に同封した 切手の金額を考えればなかなか満足感のある出来だと思います。
 ただ、同封されていた新聞が訳わからなかったけど ^^;
#ところで、富士見のモンコレTCGのスペシャルカードはまだかいな?

トレカ情報('98/7/12)

 「はたらく少女 てきぱきワーキン▽ラブ」のトレーディングカードの 広告が、アニメージュ(8月号)に載っていました。

 コレカラシリーズ「てきぱきワーキン▽ラブ」
 発売元     株式会社未来蜂歌留多商会
 発売日    1998年8月26日
 価格(予価) 1パック ¥400 (税別)※1パック6枚入り
        1ボックス¥6000    ※1ボックス15パック入り
 カード構成  全126種
        スペシャルカード     9種
        パズルカード      18種
        キャラクターカード   36種
        スナップショットカード  9種
        アニマルパートナーカード 9種
        サブキャラクターカード  9種
        温泉カード        9種
        パラレルカード     27種
 8月13日〜15日のコミックマーケットで先行発売

 やっぱり、問題は1パック6枚で400円とコスト高なことでしょう。
 それでも、納得できるカードの質の高さ(材質じゃないからね^^;)と 3〜4ボックス程度でコンプリートが十分可能な合理的なレアリティ配分に なっていれば良いんだけれど……
#レアリティが高すぎると集める気にならなくなるから……

連載情報('98/7/12)

 「はたらく少女 てきぱきワーキン▽ラブFX」の今回の話。
 やっぱり、「じーく菜はかわいい」と。
 そういえば、「ほこりっぽいじーく菜」を見て思い出したのだけれど、 某所の「ほこりっぽいゆかりちゃんを応援する会」は活動(?^^;)を 続けているのっだろうか ^^;

おまけ情報('98/7/18)

 書き忘れてましたが、コミックビーム8月号と(来月発売の)9月号に 付いている応募券の両方を葉書に貼って応募すると、桜玉吉、須藤真澄、近藤るるる、 竹本泉、馬頭ちーめい、梁慶一の各先生のイラストポストカード6枚セットが もらえます。詳細はコミックビームの応募要綱を参照のこと。
 雑誌の全員プレゼント企画自体は珍しくないけれど、切手同封不要というのが なんとも無謀というかなんというか……(だって、1件の応募に対してポストカードの 制作費のほかに80円の郵送料はどうしてもかかるはずだし……。何万通も応募が あったらとんでもない金額になるはず……))
#まあ、雑誌の発行部数よりは少なくて済むのでしょうが^^;
 個人的には、ちーめい先生と真澄先生もお気に入りなので、うれしい企画です。
#でも、1ヶ月も先の話だと応募するのを忘れそう……

新作情報('98/7/18)

 『ある日のスーパーロボット大戦Fってことは やっぱりコンバトラーV だよねってことで 南原ちづるーっ▽ やったーっ▽』
(『スーパーロボット大戦F完結編ギャグウエポンS』掲載の1ページエッセイ漫画)
 タイトルらしきものを拾ったら、こんなに長くなってしまいました。
 「ある日の……」となっていることからわかるようにエッセイ漫画となっています。 掲載はモノクロ1ページ(P92に掲載)と巻末に作者コメント(文字のみ)が1/8ページ だけです。
 竹本先生の世代だと、南原ちづるがツボなんですね。私は本来の視聴者層だった 筈なので、あんまりそういう感覚はなかったような……
 それよりも、ヨーヨーがはやっていたという記憶の方が強かったりします。 (なんか、最近、またはやってるみたいなんですけど……)
 本の発行は学習研究社、ノーラコミックスDELUXE扱いです。

新作情報('98/7/25)

 セガサターンマガジン8月7日・14日号(1998 Vol.23)に、 『竹本泉のいろいろのーと #21ある日のポスター』が載っています。
 漫画家もファンの人のプレゼントに応募するんだ……▽
 冷静に考えれば漫画家同士やアニメのクリエータ同士がお互いに頼み事ができる ような間柄である訳がないので当たり前のことなんだけど。
 家にも、いくつかポスターが丸まっておいてあるし、だいなあいらんの巨大 ポスターなんか、これからも貼る機会なんてあるのだろうかと思ってしまいます。
 ところで、竹本先生が閉店したゲーム屋で購入したというポスター用クリア ファイルって、竹本先生の自画像の大きさと比較して見るとすごく巨大なんですが、 A2とかA1サイズなのかな……
#そういえば、会社でコピーサンプルを入れたファイルを見た事があったけど、
#それが、ポスター用クリアファイルに相当するものなのかなあ。
#(会社の私の周囲でコピーサンプルというとA3よりでかかったりする^^;)

#中古ゲームソフト販売の差し止めを求めて、カプコン、コナミ、スクウェア、
#SCEI、ナムコに続いて、セガも裁判所に訴えを起こしたという記事が
#サターンマガジン6ページ欄外に載っていました。
#著作権の中の頒布権を理由にしているようですが、頒布権ってもともと映画の
#配給にかかる権利を守るために存在していたと聞いています。
#一般の消費者に売るわけでも無かった映画のフィルムの権利を、大量に製造されて
#一般の消費者に販売されているゲームソフトにも適用しようとする考え方には
#無理があると思います。
#セガ以外の5社については、今のところ購入したいと思うソフトも無いし、
#ゲーム機用のゲームソフトに頒布権を一方的に主張するゲームメーカーのソフトは、
#当分の間、購入したいとは思いません。
#(今回の話で、セガもそれに追加しようかと思っているところです。)
#(アーケードゲームの場合は、少し事情が違うかなという気はするのですが……)

連載終了('98/7/25)

 「乙女アトラス」を連載しているコミックノーラが、7月25日発売の 9月号を以って休刊しました。
 それに伴って、「乙女アトラス」も連載終了。
 最終2話で、駆け足ながらなんとかきっちりとケリを付けてもらえました。
#お話としては、一応閉じて終わったし。
#やっぱり、断食サイクル明けの宴は、ハチミツのかかったホットケーキなのかな?
 世界背景は「のんのんじー」とも共通な部分があるし、「働く少女シリーズ」とも 共通な部分があるので、今回の話で謎として想像するしかない部分もいずれわかる ようになるのではないかと期待しています。

おまけ情報('98/7/25)

 休刊号となってしまった「コミックノーラ」9月号ですが、直筆イラスト入り スケッチブックのプレゼントがあります。
#口絵のところの恥ずかしい綴じ込みポスターの裏面なので、見落とさないように
#気を付けましょう。

単行本情報('98/7/25)

 『乙女アトラス』第2巻が9月26日に発売予定です。
 9月号までの単行本未収録分が120ページあるので、1巻並みのページ数とすると 25ページぐらい不足する計算になります。果たして、不足分のページには何が収録 されるのでしょうか。
 9月号の広告のページには「描きおろしページもたくさんあります」と書かれて いますが、まさか全部あとがきじゃないよね……いくらなんでも……。

コミケ情報('98/7/25)

 コミックマーケット54が、8月14日、15日、16日の3日間に、 東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されます。
 コミケカタログによると、企業ブース(西4階)では、 B−1の「未来蜂歌留多商会」(フューチャービー)で「てきぱきワーキン▽ラブ」の トレーディングカードの先行販売が、B−13の「きゃらWeb・ひまわりはうす」で 竹本先生のグッズ類の販売が行われる予定になっています。
 また、竹本先生のFC系サークルは、3日目(16日)の東4ホールの「ユ−28」 から「ユ−37」に主に配置されているようです。

新刊情報('98/7/25)

 コミケカタログの1327ページ付近に、てきぱきワーキンラブの小説と設定原画集 の広告が載っています。
 小説は、新書判定価900円、設定原画集はA4判定価2100円で、問い合わせ先 は、(株)ムービックとなっています。(ムービックが発売元?)
 コミケカタログの広告では「絶賛発売中」となっていますが、実際にはまだ発売 されていないようです。

おまけ情報('98/7/31)

  てきぱきタイムスFXによると、てきぱきワーキン▼ラブのスクリーンセーバー (Windows95,98専用)が9月上旬に発売されるそうです。
 収録されているスクリーンセーバーは7種類で、他にゲーム中で使用された画像を 見ることができるようです。また、オープニングテーマがフルコーラス/カラオケで 収録される他、竹本先生描きおろしの壁紙がおまけにつくとか。
 発売元は、NECホームエレクトロニクスで、予定希望小売価格は、2,980円(税別) だそうです。

 必要スペック
 メインメモリ:16MB以上
 グラフィック:640x480ドット、16Bit色以上
 サウンド:音楽を楽しむためには、WAVEデータを再生可能なサウンドボードが必要。
 CD-ROMドライブ必須

#もしかして、オープニングはオーディオトラックではなく、WAVEデータで収録されて
#いるの?

おまけ情報('98/7/31)

 「てきぱきワーキン▼ラブ」のトレーディングカードの関連商品として、 「てきぱきワーキン▼ラブ ミニカードホルダー」が8月末に発売される予定 になっています。
 発売元は、トレーディングカードの発売元と同じ 未来蜂歌留多商会で、税別380円。
 カードを20枚収納可能で、絵柄は2種類あるそうです。
#てきぱきワーキン▼ラブのトレーディングカードの詳細を紹介するページが
#追加されているようです。(といってもあまり詳しくないみたいですが)

新作情報('98/8/10)

 セガサターンマガジン8月21日・28日号(1998 Vol.24)に、 『竹本泉のいろいろのーと #22ある日のトレカ(2)』が載っています。
#その1は、いつやったんだろう? ^^;(それとも私のの記録ミスかしらん?)
 いや、まあ、それにしても「てきぱき」関連商品がたくさん出ますね……
 トレカ(フューチャービー)に設定資料集(ムービック)に スクリーンセーバー(NECホームエレクトロニクス)に小説(ムービック)……?
 一応、ここでも一通り押さえてあった情報でした ^^;
 このうち、設定資料集だけは既に発売されています。

新刊情報('98/8/10)

 コミケカタログに広告が載っていた、てきぱきワーキンラブの設定資料集が 発売されていました。最近、仕事が忙しいので、昨日、やっと購入しました。
 内容は、設定資料集的な部分と攻略本的部分からできています。
 購入時のおまけで郵送してもらった設定集が竹本先生のラフスケッチを中心に 構成してあったのに対して、今回の資料集はゲーム画面の写真が中心に構成して あります。おまけの設定集にしかないのが、学園物バージョンのラフスケッチとか 絵コンテとかメーキングの寄稿文とかあとがきまんが^^;
 逆に今回の資料集にしかないのが、竹本先生とプロデューサーの高垣氏との 対談やスタッフインタビュー、ゲームイベントのビジュアルや攻略資料など。 FX版の取説マンガもカラーで収録されているのは良いのだけれど、セリフ部分が 全部(パンフレット、PCエンジン版共々)空白になってしまっているのが残念 です。
 攻略資料については、これまでは、同人誌でしか攻略本が出ていなかったので、 そういう意味でも貴重な一冊かもしれません。
 A4判定価2100円(税別)で、発行元は、(株)ムービックです。
#一緒に広告が載っていた小説本の方は、まだまだ先のようです。

おまけ情報('98/8/10)

 フューチャービー発売の トレーディングカード コレカラシリーズ「ホリプロフィルアップシリーズ第1弾  吉井怜」に竹本先生がイラストカードを何枚か描いているそうです。
 1パック400円(税別)6枚入り。詳細は、 フューチャービーの商品紹介の ページへ。
#竹本先生のイラストはなんでも156種類中6種類とか……。
#いくらなんでも、これはパスだな……
#シングルカードで手に入れば買うかもしれないけど……

トレカ情報('98/8/20)

 「はたらく少女 てきぱきワーキン▽ラブ」のトレーディングカードが 8月14日〜16日のコミックマーケット54の企業ブースで先行発売され ました。(本来の発売日は8月26日です)
 当初の発表から1パックのカード枚数と全種類数の変更があり、全144種、 1パック7枚入り400円で販売されました。
 コレカラシリーズ「てきぱきワーキン▽ラブ」
 発売元     株式会社未来蜂歌留多商会
 発売日    1998年8月26日
 価格     1パック ¥400 (税別)※1パック7枚入り
        1ボックス¥6000    ※1ボックス15パック入り
 カード構成  全144種
        スペシャルカード     9種
        パズルカード      18種
        キャラクターカード   36種
        スナップショットカード  9種
        アニマルパートナーカード 9種
        サブキャラクターカード  9種
        温泉カード        9種
        パラレルカード     45種

 カードのレアリティは、ノーマルカードが1パック5枚、パラレルカードか 1パック1枚で、残りの1枚がパラレルカードか、5パックに1枚の割合で スペシャルカードになります。ちょうど、1ボックス105枚(7枚×15パック) 中にノーマルカード75枚(5枚×15パック)、パラレルカード27枚 (2枚×15パック−3枚)、スペシャルカード3枚が入っていることになります。
 カードには通し番号が付いていますが、パラレルカード43種はノーマルカードと 同じ絵柄なので同じ番号が付いています。パラレルカードの残り2種類は、9枚1組の パズルカードの組み合わせ完成図です。パラレルカードとノーマルカードの見分け方は カード表面に光沢があるかどうか(っていうか、キンピカかどうか^^;)でわかります。<  理論上は、最短3ボックスでコンプリートできますが、4〜5パック購入してトレード でそろえるのが現実的なところでしょう。
 カードのチェックリストを自作ソフトウェアの ページに用意しましたので活用してください。
 カードの出現率は私が購入した4ボックスを調べた限りでは、かなり周期性を 持っていました。運が悪いとカードの分布が非常に偏ることになりますが,逆に 運が良ければ3ボックスでほとんど揃ってしまうのではないかと思います。
#実際には、最後の数種類を集めるのに苦労するわけですが……
 カードは、かなり厚くて表面はコートされています。1パック7枚入りと割高ですが このカードの厚さ+表面コートなら許容範囲でしょう。
#あと、必ず竹本キャラというのも嬉しいかも。

 コミケには、14日と16日に行きました。
 フューチャービーのブースでは、14日には、1/4の確率で竹本先生のサイン入り カードが含まれているおまけカードを2ボックス購入者に配っていました。
#それで2ボックス購入……
 16日には、おまけカードは1ボックス購入でもらえるとのことで、2ボックス 買ったら、おまけカード2枚とポスターまで付いて来ました。
 合計3枚のおまけカードをもらってきたのですが、ラッキーなことに3枚とも サイン入りでした。(ただし、カード自体はノーマルカード)
 私は2回に分けて購入したから、それほど不満には思わずに済んだのですが、 1日目に集中して購入していたらあまり良い気持ちをしなかったかも知れません。

サイン会情報('98/8/20)

 8月26日に、てきぱきワーキン▼ラブのトレーディングカードの発売を 記念して竹本先生のサイン会が行われます。
 場所はお茶の水の株式会社未来蜂歌留多商会(フューチャービー)の3階で、 時間は13:00からです。
 サイン会の整理券は、発売当日(=サイン会当日)に1ボックス以上購入する ことでもらえるようです。
 詳細は、こちらの フューチャービーのページを参照してください。

サイン会情報('98/8/29)

 東京のフューチャービー(水道橋駅そば)で行われた竹本先生のサイン会に 行ってきました。
 夏休み中とはいえ、平日でボックス購入がサインの条件だったこともあってか、 本屋で行われたサイン会と違い、サイン会参加者は30人ぐらいだったように 思います。
 サイン会場は、通常はデュエルルームとして使われている場所らしく、長机と 椅子がたくさん並んでいました。竹本先生のサインスペースは、一番奥の机を 少しずらして確保していました。
 ほぼ予定通りの13:00過ぎからサイン開始だったのですが、サイン会に来た 人たちはカードの整理やトレードに追われて、サインしてもらうカードを決めら れない状態 ^^;
 仕方が無いので、てきぱきトレカ製作担当のフューチャービーの人と竹本先生 に対する質問コーナーで時間を持たす事に……
#サインと質問コーナーとどっちが先だったかな?
 サインはカードか箱のいずれかにしてもらうことになりました。
#モンコレの箱に竹本先生のサインがしてある物を持っているので、
#サインをてきぱきの箱にもらっても良いですかと聞いたのは私^^;
 サイン会自体は、普段のサイン会からはとても考えられないほどののんびり ムードで、竹本先生が暇そうにしていたのが印象的でした ^^;
 サイン会終了直前にサインをもらった人全員に竹本先生がイラストを描いた フューチャビーのポスターをプレゼント……のはずが、結局竹本先生の一言で 竹本先生の直筆サイン入りでその場にいた人全員にプレゼントされることに なりました。(ラッキー ^^;;)
 サイン会参加者の中には、北海道から日帰りで来た人や、愛知県から来た 人や、京都から来た人、休み時間だからといって一般の人に混じってサインを もらっていたお店の人とかもいました。^^;

サイン会おまけ情報('98/8/29,'98/9/21)

 サイン会の質問コーナーで出た話題を覚えている限り書いてみます。
 記憶に頼っているので、間違いもあるかもしれませんので注意してください。
#質問の時間が取られるんだったら、メモの準備とかしたのに……

 モンコレ第3弾にも竹本先生のイラストが収録予定(4〜5枚程度?)である。
 モンコレ第3弾は、超レア(クラブマーク)バリバリらしい。
 旧アップルミステリー編集部の人が別出版社から新雑誌を創刊する予定がある。
 でもって、その新雑誌に描くかも。
 竹本先生がテレカの箱の装丁を見たのはサイン会会場が初めて。
 てきぱきトレカのカードリストは落ち着いたら、フューチャービーのWeb上で公開する  こんなに楽なサイン会は初めて。
 サイン会会場に来る前に、池袋のK-Books(ってどんな店?)に寄ったら、てきぱきの スペシャルカードが既に売られていた。(竹本先生談)
 アニメ化の話は、ぼちぼちある。でも、また、ウルトラマンに負けた。

 サイン会に来た人で、他に憶えている事があったら教えてください^^;

 というわけで、忘れていた情報を教えてもらったので追加。

 てきワラの小説を書くのは竹本先生ではないけれど、挿し絵は描く。
 てきワラの小説が出るのは、もう少し先になりそう。

サイン会情報('98/8/29)

 8月26日に行われた竹本先生のサイン会の席上で、9月6日に京都と 大阪のフューチャービーでも竹本先生のサイン会が行われる事が発表されま した。
 京都は、9月6日(日)の13:00から
 大阪は、9月6日(日)の16:00から
のダブルヘッダーです。
 サインをもらう/サイン会整理券をもらう条件などは、 フューチャービーの各お店のページを 参照してください。ひまわりはうすの「ひまわり伝言板」にも情報が書かれてい ます。(最初、京都と大阪のサイン会の時間がかちあっていたので、 京都フューチャービーのお店の人から訂正がはいりました。)
#サイン会整理券をもらう条件は、「ボックス1箱以上購入する事」だったと
#思います。

新作情報('98/8/29)

 セガサターンマガジン9月11日・18日号(1998 Vol.25)に、 『竹本泉のいろいろのーと #23ある日のアイドル』が載っています。
 今回の話題は、吉井怜のトレーディングカードのイラストを9点描いたという こと。竹本先生に電話したのは某氏だな……こりゃ ^^;
 いやあ、それにしても竹本ファンにとって悩ましい物を発売してくれるもので す。モンコレもつらい物がありましたが、他にも興味の持てそうな漫画家や イラストレーターが絵を描いていたから良いようなものの(基本シリーズの レアリティ配分は駄目の一言だけど)、竹本ファンと接点のなさそうなアイドル カードではいかんともしがたいというか……。
 それでも、文句をブツブツ言いながらも買う人がいそうだもんな……

スクリーンセーバー情報('98/9/21)

 Windows95, Windows98用のスクリーンセーバー「てきぱきワーキン▼ラブ  スクリーンセーバー&グラフィックデータ集」が9月11日に発売されました。
 が、既に売り切れ続出で入手が困難になっているようです。
 7種類のスクリーンセーバー、100種類の画像による名場面集、7枚の壁紙、 26曲のオープニング・エンディング・BGMが収録されています。
 なんか、開発元の人が自分用に作ったものを製品化したような感じで、素朴な 手作りのような感じがします。(ただ、竹本先生のファンの人が開発したんだな と思わせるような、ツボは押さえているように思います。)
 値段も3000円以下と手頃なのでお勧めと言いたいのですが、肝心の商品が、 売り切れ続出で入手困難になってしまっているのが残念です。

新作情報('98/9/21)

 セガサターンマガジン9月25日号(1998 Vol.26)に、 『竹本泉のいろいろのーと #24ある日のサイン会他いろいろ』が載って いました。
#更新をサボっている間に、Vol.27が出てしまった……。
 今回の話題は、フューチャービーのサイン会の話。それにしても、大阪と 京都の日帰りサイン会というのは結構強力なスケジュールのような……。
 高崎のサイン会の事も載っていました。(行きたかったよー。でも、てき ぱきトレカは一応コンプリートしてるんだよねー。)
 東京のサイン会の様子は、私も上の方に書いたのですが、参加者の数は 印象だけで書いていたので30人ぐらいと書いてしまいましたが、実際は 40人ぐらい居たみたいですね。ちなみに、私が見た限りでは女性は2人 だけだったと思います。

サイン会情報('98/9/21)

 高崎のフューチャービーで9月20日に竹本泉先生のサイン会が行われました。
 私は、お彼岸の親戚回りをしなければいけなかったので、サイン会に行けません でした。

トレカ情報('98/9/21)

 モンスターコレクションTCGの第3弾「魔道士の黙示録」が発売されて いました。今回は、全170種で、あの凶悪なスペードマークの超レアカードが 復活してしました。
 ちなみに、私が試しに買った中に、竹本先生のイラストカードは、
・カタストロフィ(超レア)
・吾輩は猫の王(レア)
・リュンクス(コモン)
の3種類入っていました。サイン会の時の質問コーナーの時に聞いた話によると、 竹本先生が描いたイラストは4〜5枚らしいので、あと1種類か2種類の竹本 カードが存在しているように思います。
 カードイラスト自体は、「帝国の遺産」の時のイラストよりも今回の方が楽しい 賑やかな感じがして、良いように思えます。

おまけ情報('98/9/21)

 PUTAO10月号(白泉社)の「まんが画集コレクション100」という 特集ページの画集を紹介するコーナー「まんが画集カタログ(2) 友達キャラ編」 に「竹本泉☆WORLD」が表紙のカラー写真付きで紹介されています。 (ただし、スペースは1/20ページだけだけど)

イベント情報('98/9/21)

 アニメージュ10月号(徳間書店)のインフォメーションのページ(P94)の 自主イベントのコーナーに、竹本泉オンリーイベント「うじゃうじゃわ〜るど☆」 の告知が載っています。
 私もイベントスタッフをやっていますので、時間がある方は是非遊びに来て ください。
 ちなみに、同人誌即売会の部は、10:30〜13:30で、それ以降は 交流会の部で事前登録が必要ですので注意してください。
 詳しい事は、 竹本泉オンリー同人誌即売会&交流会『うじゃうじゃわ〜るど☆』へ どうぞ。

新作情報('98/9/27)

 セガサターンマガジン10月9日号(1998 Vol.28)に、 『竹本泉のいろいろのーと #25ある日の武部本一郎』が載っていました。
 竹本先生もお薦め(?)のファンシーララの最終回を見てしまいました。 魔法少女物の最終回(とその直前の続き物の話)は力の入り方が違う。
 ある意味、最終回のために、半年やってきたようなものだからなあ。
 最終回は暗喩とか入れまくりで、子供向けのアニメを超越してしまっていた ような気がするけど、気が付けば凄いと思うし、気が付かなくてもお話自体には 関係ないから良いか。
 どのように、きっちりと終わらせてくれるのかと思って見ていたけど、 単に魔法が使えなくなりましたで終わらず、ちょっとひねってある所がなかなか 良かったです。
 話を元に戻して、今回のいろいろのーとは、武部本一郎画伯の話。
 創元推理文庫SFのバロウズの火星シリーズ(ジョンカーターが主人公)や ハヤカワSF文庫特別版のターザンシリーズの挿し絵を描いている人なんですが、 最近は品切れになってしまっているのか、本屋であまり見かけませんね。
 創元推理文庫のSF部門は、作者番号が601から始まっているのだけれど、 その作者番号601が、エドガーライスバロウズ(創元では、バローズと表記) で、武部本一郎画伯がそのうちの31冊の挿し絵を描いています。
 また、ハヤカワSF文庫はターザンシリーズのために、SF101からSF125までの 番号を特別版として特別に用意しているようです。(他の文庫は刊行順に番号が 付いているのだけれど、ターザンだけは特別な番号の付き方をしている。) ただし、目録では題名だけで解説のないターザンシリーズもあるので、未だに 全部刊行されていないのかもしれません。それにしても、そんな特別なシリーズ のはずなのに、最近の目録からは消えてしまっているのが残念です。
 武部本一郎画伯の影響は、「魔法使いさんおしずかに!」の中のスウの 宇宙もののSFのヒロインに対する偏見に出てきているのかも知れません。
 私は買わなかったけど、知り合いが武部本一郎画集を買っています。時期的に 早川版ではなくて創元版だったのかあ……

単行本情報('98/9/27)

 『乙女アトラス』第2巻が9月26日に発売されました。
 諸般の事情(掲載誌休刊^^;)から、本編は約120ページ分で、描きおろし エピロークが8ページと、豪華な^^;あとがきやメイキングです。
#表紙カバーをはずして見る事も忘れずに^^;>「乙女の事情(2)」と「乙女の事情(3)」<

トレカ情報('98/9/27)

 モンスターコレクションTCGの第3弾「魔道士の黙示録」のカードリスト が載っている「モンコレ カード・リスト 魔道士の黙示録編」が発売されて いました。
 竹本先生のイラストカードは予想通り4種類で、 ・カタストロフィ/ごく稀(超レア)
・カラドリウス/ごく稀(超レア)
・吾輩は猫の王/稀(レア)
・リュンクス/普通(コモン)
でした。
 今回のレアリティは、超レアが24種類、レアが48種類、アンコモンが 48種類、コモンが50種類でした。
 それにしても、24種類しかない超レアに2種類も竹本先生のイラストを 入れるのは止めて欲しいなあ。
#4箱買って、どうにか竹本カードを4種類集めた……
 だいたい、5箱(6000円×5箱=30000円)も買わないと、等価交換トレード ではコンプリートできないっていうレアリティ配分は、どう考えてもおかしい ぞ!!

新作情報('98/10/17)

 セガサターンマガジン10月23日号(1998 Vol.30)に、 『竹本泉のいろいろのーと #26ある日の引越し』が載っていました。
 竹本先生が引越しして、15年ぶりの埼玉県民になるとか。それにしても ふすま12枚分(天袋あり)の荷物って多いよね普通。(引越しした事が ないから実感できないんだけれど……)
 ところで、竹本先生の知り合いのまんが家さんの、要塞の自宅とか、 お城の自宅とかっていったい誰の家なんだろう?
 なんか気になる……

イベント情報('98/10/17)

 今世紀最初にして最後の竹本泉オンリーイベント「うじゃうじゃわ〜るど☆」が、 10月10日(土)に行われました。
 イベントパンフに竹本先生が1ページのイベントエッセイ漫画?を寄稿されて います。
#そうか、オンリーイベントって、そういうものだったのか……って ^^;
#サークルスペースは1スペースで済むんだよね。
#そういう意味の「オンリー」イベントなら ^^;;
 それは、さておき、私は当日、普段は滅多に着ないワイシャツ・ネクタイ 姿で、主に受付を担当してしました。サークル参加された方とは、一通り挨拶を 交わした筈なんですが、よく憶えていません ^^;;;
 それにしても、スタッフってあんなに忙しいものなんですね。(コミケスタッフ って凄い……)
 結局、買い物は、スタッフ内の「買い物隊長」にお願いしてしまい、自分の 休み時間は、会場外のコンビニへ飲み物の買い出しに行っただけ……
 交流会も受付の片づけ等があったため、最後の方しか参加できなかったです が、楽しかったです。
#銘菓「やまあるき」を食す機会が得られたのが嬉しかったですね。
#うわさでは聞いていた「やまあるき」ですが、栗を餡で包んだ和菓子で、
#美味でした。

 サークル参加された皆さん、一般参加された皆さん、ひまわりはうすのみなさん 本当にお疲れ様でした。
 抽選会に景品を提供して頂いたゲームメーカーに皆さん、ありがとうございました。
 スタッフでもないのに企画コーナーの準備の手伝いや資料提供をされた “ふぁじめ”さんとFTAKE メンバーの皆さん、ありがとうございました。
 準備や当日の進行に奔走された私以外のスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 オンリーイベントは大きな混乱もなく、無事に終了する事ができました。
 やっぱり、竹本ファンはみんな良い人ばかりだねという思いを新たにした 意義深いイベントでした。
#イベント形式でなくて良いから、竹本ファン同士で直接会って話ができるような
#場があると良いなと思う。けど、言いだしっぺの法則があるから、言わないで
#おきます ^^;;;

ゲーム情報('98/10/17)

 プレイステーション用ゲームソフト 『エンドセクター』(発売:アスキー) に登場するカードのうちの1枚のイラストを竹本先生が描かれています。
 ゲーム自体は、トレーディングカードゲーム+サウンドノベルRPG形式 になっていますが、竹本先生がイラストを描いている「優しさに包まれて」 (Especiallity for you)は、4枚あるスペシャルカードのうちの1枚なの で、ネームエントリ中にパスワードを入力することで入手できるようになっ ているようです。(多分ゲーム中では入手できないものと思われます。)
 また、エンドセクターの攻略本「エンドセクター公式ガイドブック」 (A5判、発行:株式会社アスキー、発売:株式会社アスペクト、税別1300円) が発売されています。カードリスト(イラスト付き)やスペシャルカードの 出し方もこの攻略本に載っています。(パスワードは、カバーを外した裏表紙 にあります。)
 竹本先生のイラストは、アリス風の女の子2人と猫なんですが、絵が小さく て見にくいのが難点です。(1枚しかないし……)
 いろいろな方がカードイラストを描かれているので、竹本先生の他にも複数 の好きなマンガ家さんがカードイラストを描かれているのでしたら買っても 良いかも知れません。(カードバトルはともかく、サウンドノベル部分は、 今一つ、おまけのようにしか感じられませんでした。)

新作情報('98/10/25)

 セガサターンマガジン11月6日・13日号(1998 Vol.32)に、 『竹本泉のいろいろのーと #27ある日の温泉』が載っていました。
 コミックビーム本誌の方には載っていなかったようですが、11月下旬に 「てきぱきワーキン▼ラブ」の3巻が発売予定だそうです。それから、 10月下旬に、宝島社から発売される「Cos−Play」という少女まんが雑誌 にまんがを描いているそうです。
 なんか、引越しは2回延期になってしまい、まだ引っ越ししていないとか。
 で、温泉という事で(?)、セガサターンマガジンでの連載は最終回だそうです。
 竹本先生の近況を知る事のできる貴重な連載だっただけに、終わってしまうのは とても残念です。
 ドリームキャストマガジンにも連載があるといいんだけど、無理かなあ……

単行本情報('98/10/25,'98/11/21)

 『てきぱきワーキン▼ラブ』第3巻が、11月下旬に発売予定です。
 今月のコミックビーム本誌の『てきぱきワーキン▼ラブ』に単行本発売を 予告するあおり文句が載っていないのは、担当の人も12月発売だと思い込んで いたため? ^^;(編集部の方針なのかも知れないけど……)

 ……と思っていたら、やっぱり12月に発売が延期になったようです。
 12月号の『てきぱきワーキン▼ラブ』の柱に書いてありました。

新作情報('98/10/25)

 宝島社から10月下旬(29日頃?)発売される「COS−Play」と いう少女まんが雑誌に竹本先生がまんが作品を描かれる様です。
 トレカのサイン会の時に話があった、アップルミステリー編集部の人たちが 出版社を移って(夢時館って、もともと外注編集プロダクション?)発行する という雑誌がこの「COS−Play」誌のようです。
 誌名のとおり、コスプレ関係の話題が充実しているような気がしますが、 実際に誌面を見てみないとどのような雑誌になっているのかはわかりません。
 10月10日のオンリーイベントにも、夢時館の方が取材に見えたようなの で、竹本キャラのコスプレ写真も載るかもしれませんね。

新作情報('98/10/29)

 『ぱたぱたガールで14』
(10月29日発売の「COS−Play」Vol.1掲載の読み切りコミックス作品)
 なんか無理矢理のコスプレ漫画のような気もしますが、一応少女漫画ということ で……(最初、外国の時代物かと思ってしまった) ^^;
 雑誌の性格もはっきりしないという事で様子見している感じです。個人的には ラブコメ的要素がもっと強い方が好みなのですが……

 掲載誌の装丁は、平綴じでちょっと薄めの(レディース系?)漫画雑誌という 感じです。表紙のコスプレ写真が少し恥ずかしいかも……。
 ただし、扱いはMOOKなので、補充注文カードが挟まってたりします。 (けど、買った本屋さんは回収し忘れてた)
 コスプレ写真のためにカラーページが多いのですが、それでも雑誌風の装丁に 933円+税というのはちょっと割高感があるかもしれません。ちなみに、発行は 宝島社で、編集はアップルミステリーと同じ(株)夢時館です。
 内容は、半分コスプレで半分が漫画。漫画もコスプレネタが多いですが、 執筆陣は、姫木薫理、秋乃茉莉、高城可奈、ふみづき綾人、TEAM猫十字社 と旧アップルミステリーの人が多いです。
#アップルミステリーで中途半端(や強制終了)になっている作品の続きを
#描いてくれないかな……
 コスプレ関係も、写真を載せるだけでなく、コスプレ衣装の作り方や材料屋 さんの紹介なども載せている所が、専門誌(?)らしいところかも知れません。
#しかし、写真見ても最近のアニメやゲームのキャラなんかわからないよ。
#ボルテスVのコスプレ写真でホッとする始末…… ^^;
 夢時館の方が、10月10日の竹本泉オンリーイベントにも取材に来ていた のですが、竹本キャラのコスプレ写真は載っていませんね。載るとしたら締め 切りの都合で、次号(12月下旬発売予定)かな?
 それから、竹本泉トレーナーが30名に当たる懸賞もあるので、忘れない ようにアンケートはがきを出さないといけないなあ……。

掲載情報('98/11/21)

 コバルト12月号掲載の小説「となりな魔法使い」(作:ゆうきりん)の 扉絵とイラスト6点を竹本先生が描いています。
 ページ数は扉絵を含めて13ページ。そのうちの扉絵と本文中のイラスト6点 を竹本先生が描いています。
#まだ、読んでいなかったりして……
 集英社の仕事は初めてだそうですが、違和感が無いのはスニーカーのイラスト の仕事を見たことがあるからでしょうか?

新作情報('98/11/21)

 ドリームキャストマガジン12月4日号(1998 Vol.3)に、 『竹本泉のいろいろですく #0 ある日のいろいろですく』が載っていました。
 また、P25には、『ドリームキャストマガジンスペシャルレビュー』として、 竹本先生の GOZILLA GENERATIONS に対するレビューが、他の3名のレビューと 共に載っていました。
 『いろいろですく』の方は、第1回なのに、なぜか「#0」
 なにはともあれ、連載復活でしかも1ページにスペースが増えているのは うれしいことです。
#竹本先生の近況もわかるし。
 今回のネタは、コラムの名称変更と、ゲームボーイと、引越しと、その他。
 ドリームキャストマガジンなのに、ゲームボーイの話で良いのかなとも、 思ったけど、読者ページにはファミコンネタでもOKなんて書いてあるから 問題無いのかも ^^;
 てきぱきワーキン▼ラブ3巻の発売日が12月(24日)に延期になった という情報もしっかり書いてありました。(ちなみに、レビューページの 方では、1月25日発売となっています。多分、変更前の11月25日発売 の誤植でしょう。)

おまけ情報('98/11/21)

 コミックビームの全員プレゼント絵葉書が届きました。
 それにしても、いろいろな意味で濃ゆいですね…… この雑誌というか編集長というか……

トレカ情報('98/11/21)

 竹本先生がイラストを数枚描いている吉井怜のトレーディングカードが 発売されていました。パックに竹本イラストが描かれているので、とりあえず 1パック購入。6枚入り400円だけど、私の買ったパックには竹本先生が イラストを描いたカードは入っていませんでした。
#ほとんど集める気もないし、どうでもいいやっていうか……

新作情報('98/11/21)

 ドリームキャストマガジン12月4日号(1998 Vol.3)に、 『竹本泉のいろいろですく #1 ある日のドリームキャスト』が載っていました。
 竹本先生が、キャラデザインを1点だけやってギャラは多くないけど ドリームキャストをもらえるっていうゲームの仕事って、プレイステーションの 「エンドセクター」の事かしら? それとも、ドリームキャストのゲームの キャラデザインでもやったのかな???
 それにしても、星になったせがた三四郎のコスプレ(?)っていうのは、 なんだか濃すぎるような……(詩織ちゃんだから良いのかも知れないけど ^^;)
 それより、同じ構図っていうのがちょっと不満かも>せがた詩織ちゃん
#この構図、コメットさんのお母さんみたい……とか思ったりして ^^;
#(注)2代目大場久美子の方です。念のため ^^;;
 それにしても、竹本先生の新居が「竹本泉太陽電池発電所」だったとは びっくり^^;;
#東京電力に余剰発電電力の売電契約でもしているのかな?

新作情報('98/11/21)

 きゃらWebの竹本先生の書き込みによると、「Cos−play」の 発売が1ヶ月ほど延びるそうです。(来年1月末頃か?)
 また、竹本先生の最近のお仕事は、アスキーと宝島の他に、来年にもう1社別の 仕事をされているようです。「けっこうびっくりな雑誌」だそうなんですが、 どんな雑誌なんでしょう?
 あとは、カラーイラストの仕事がたくさん入っているようです ^^;
 他に、デジタルまんがの仕事もあって、コミケで見本版が売られるそうです。
#でも、どこの出版社なんだか見当もつかない……。

コミケ情報('98/12/6,'98/12/8)

 コミケカタログを購入してきました。(書店売り1800円)
 今回の竹本泉FC系のサークルは、10サークルでした。
 ひまわりはうすが、今回も企業スペースで出展するらしいのだけれど、 カタログだとどこだか良く分からない……。
#きゃらWebで確認したら、「A−8」……って、カタログだと欠番じゃないかー
#竹本先生が少し描いたらしいデジタルまんがの見本版は「D−7」で配布するようです。
 今回のカタログには、前回のコミケ開催日の前日にあった、時限発火装置による 放火事件の詳細も載っています。開催も危ぶまれるような深刻な事態だったようです。
 コミケの規模のイベントは、もはやボランティアベースでないと維持できない ような気がします。(参加者の意識が高くないと成り立たない!)
#今年は行かなかったけど、東京ゲームショーは酷かったなあ……
#(来場者のまずい整理やら、徹夜の奨励やら……、いったい何考えてるんだろう)

トレカ情報('98/12/6)

 フューチャービー(株式会社未来蜂歌留多商会)から、 宣伝んパンフレットが届きました。(私は、フューチャービー会員なので)
 そのパンフレットによると、コミックマーケット55限定(一部通販あり)で、 「V.I.P」(ヴィーナス・イン・パラダイス/98・WINTER)という トレーディングカードが発売されるそうです。リストされているイラストレータの 中に竹本先生も入っています。
#よく見たら、コミケカタログにも広告が入っていました。
 パンフレットの方では、イラストレーターとして32名の名前が書かれていて、 全216種類となっているのに対して、コミケカタログの方は35名のイラストレーター が記載されていて、全180種類となっています。
Webページを 見たら、VIP'98 SUMMERが追加されて、189種類になっていました。

 ちなみに、Webページによると、
 発売日    1998年12月29日、30日(コミケ限定)
        ただし、数量限定で通販あり。
 価格     1パック ¥500 (税込)※1パック10枚入り
        1ボックス¥5000(税込)※1ボックス10パック入り
 カード構成  全189種
        ヴィーナスカード  18種類/テーマ:理想の女性像
        ナチュラルカード  27種類/テーマ:私生活
        コスチュームカード 27種類/テーマ:制服もの
        ファンタジーカード 27種類/テーマ:幻想空間
        VIP'98 SUMMER     9種類/コミケ54プレビュー復刻版
        ノーマルカード   81種類/上記カードの通常版
となっています。(12月6日現在)
 コミケカタログによると、1パックには、ノーマルカード6枚、ヴィーナスカード〜 ファンタジーカードが1枚ずつ入っていると書いてありましたが、種類が増えたので どうなることか……
 コミケカタログ通りなら、3ボックス買えば、あとはトレードで一応揃う可能性 があるということになりますけど……。
 でも、ブースで3万円以上買い物すると、設定ラフ集がもらえるともかいて あるなあ……。(トレカは、もう、食傷気味んんだけど……)
それより、竹本先生は何枚イラストを描いたんだろう?

 

新作情報('98/12/19)

 ドリームキャストマガジン1月1日号(1999 Vol.1)に、 『竹本泉のいろいろですく #2 ある日のドリキャス発売前夜』が載っていました。
 それから、P23の「ドリームキャストマガジンスペシャルレビュー」にも、 「SONIC ADVENTURE」のレビューが載っています。

トレカ情報('98/12/30)

 コミックマーケット55限定(一部通販あり)の 「V.I.P」(ヴィーナス・イン・パラダイス/98・WINTER)という トレーディングカードに竹本先生は、2種類の絵を描いていました。 (コスチュームカードの12番とファンタジーカードの24番)
 ノーマルカードは、ナチュラルカード、コスチュームカード、ファンタジーカードの それぞれについて、特殊効果(半透明とか箔押しとか)を省いた同一絵柄の81種類 でした。従って、絵柄では2種類ですが、カードの種類としてはノーマルカードを 別勘定すると合計4種類となります。
 6箱買ったら、ラフカット集をおまけでくれるというので、ついつい6箱買って しまいました。
#30日に6箱買わなくてもおまけに付けたら怒るからね>フューチャービーの人
 竹本カード4種類は、さすがに無事に入手できましたが、VIPトレカのコンプリートはできず。 ヴィーナスカード1枚(V07)とファンタジーカード4枚 (F02,F06,F10,F20)が未入手となってしまいました。
#なぜ、ファンタジーカードが4枚も無いの?
#一応、1パックに各スペシャルカードが1枚ずつ(合計4枚)入っている感じでは ありました。
 チェックリストも自作ソフトウェアの ページに用意してみました。(ただのテキストファイルだけど……)



1999年前半分


新作情報('99/1/24)

 ドリームキャストマガジン1月22・29日号(1999 Vol.3)に、 『竹本泉のいろいろですく #3 ある日のいろいろいろいろ』が載っていました。
#Webページを更新する前に次の号の発売日を過ぎてしまった……。
 それにしても、モンスターコレクションTCGは何を考えて、竹本先生に ゴブリンとか性格の悪い鳥とかを依頼するんだろう……。
 個人的には、竹本先生の描く、かわいい女の子とかかわいい生き物とか、フサフサな 生き物の方がずっと良いのだけれど……。
#気に入らなければ買わなきゃ良いんだよね……。
#実際トレーディングカードには嫌気がさしているし。

新作情報('99/1/24)

 ドリームキャストマガジン2月5日号(1999 Vol.4)に、 『竹本泉のいろいろですく #4 ある日のゲームライフ(つーかゲームレスライフ)』 が載っていました。
 うーん、結局1998年は1年間で竹本作品を掲載した雑誌が4誌も無くなったのか……

関連商品情報('99/1/24)

 秋葉原のゲームソフト店メッセサンオー本店2階にあるゲーム関連グッズの 販売コーナー「魔法ギルド」で、 「だいな▼あいらん ゆみみみっくす CD−Rレーベル」が売られています。
 CD−Rレーベルと名づけられていますが、別にCD−R用というわけではなくて CDケースに入れるためのCDケース大のカラーイラストです。
 絵柄は6種類で2枚ずつ12枚入って、1200円(税別)でした。(竹本先生 によるお約束の取説まんが(モノクロ)付き^^;)
 6種類の絵柄は、お店に見本がおいてあるので買う前に確認することができます。
#弓美、桜子、りえ、えみり、あんじぇ、ぱりんの6種類。サインによると1998.8に
#描かれたカラーイラストのようです。
 竹本先生関連グッズは、このCD−Rレーベルだけのようです。
#ゲームアーツ関連グッズも置いてあって、ついついプーイぬいぐるみと、船戸明里
#さんの同人誌を…… ^^;;

関連商品情報('99/1/24)

 コミケ配っていた「クリックまんが」をインストールしました。
 竹本先生の作品は「ぱずるのひ」で、クリックまんがのサンプルとして収録され ています。
 私のところでは、コミケで配布されていたCD-ROMとパッチFDからインストール したものの、当初はうまく動きませんでした。
 編集ツールであるクリックまんがSTUDIOを起動して体験版サンプルを 読み込ませようとすると、一般保護違反でエラーとなってしまいます。
 また、クリックまんがのビュアーで見ようとすると、何のメッセージも 表示されずにビュアーが終了してしまいます。
 CD-ROMを入れた状態で実行するか、[コントロールパネル]>[システム] >[パフォーマンス]>[グラフィック]の[ハードウェアアクセラレータ]の 設定を「なし」側に変えると、クリックまんがの体験版サンプルを見ることが できるようになるようです。(コントロールパネルの設定を変える方法は、 竹本泉MLが情報源です。)

連載情報('99/1/24)

 コミックビームに連載中の「てきぱきワーキン▽ラブFX」が、2月号 で、巻頭カラー&倍増24ページになっています。来月以降も24ページで 定着するのかな?
#個人的には、ラブコメ/少女漫画系の漫画作品を読みたいのだけれど……

休刊&新作情報('99/1/24)

 ドリームキャストマガジンの『竹本泉のいろいろですく#4』によると、 「Cos−play」は、1号出ただけで終わりになってしまったそうです。
竹本先生の掲載予定作品(ネームはまだだったらしいけど)は、3月頃に発売 されるぶんか社の雑誌に載る予定だそうです。

新作情報('99/2/6)

 ドリームキャストマガジン2月19日号(1999 Vol.6)に、 『竹本泉のいろいろですく #5 ある日の年寄り(ナイスミドル)』 が載っていました。
 竹本先生も40才になったんですねえ……(しみじみ)
 自分自身は10年前と基本的には変わっていないので、誰でも年齢相当の イメージといざ自分がその歳になったときのギャップがあるのだなと思います。
 そういや就職するころ、同級生が先生になったりして、自分が小中学生の 頃抱いていたイメージと同級生とのギャップを感じたものです。
#先生って自分たちとは別格のすごく立派な人というイメージがあったし。
 26才で「11人いる!」を描くって……。その頃竹本先生は、 「魔法使いさんお静かに!」を描いていたんですね。

新作情報('99/2/21)

 ドリームキャストマガジン3月5日号(1999 Vol.8)に、 『竹本泉のいろいろですく #6 ある日のえーとえーとえーと』 が載っていました。
 今回触れているゲームネタは、セガラリー、ファ○コンウォーズ、SFCウォーズ、 ゲームボーイウォーズ、ピカ○ュウげんきで○ゅう。
 なんでもドリフトして路地を曲がっていく、あのCMって結構面白いと思う。
#小学生の頃、自転車でドリフトして遊んだなあ ^^;
 竹本先生って、簡単なウォーシミュレーションが好きなんですね。
#私も嫌いじゃないけど、時間がかかりすぎるので苦手……
#「簡単」なら問題無いか……^^;
 徳間書店インターメディア、ムービック関係の仕事もしているみたいですね。
 徳間書店インターメディアは、 「クリックまんが」 関係なのかな?
でも、コンテ中のようだからコミケで配布していたのとは別の仕事の様だけど……
 ムービックといえば、「てきぱきワーキン▼ラブ」の小説版って、発売は まだなのでしょうか?
最近、忙しくて落ち着いて大きい本屋に行っていないから、発売に気が付いて いないだけなんじゃないかと心配です。  某まんがタイムでもお仕事したそうです。本屋(含むコンビニ)に寄ったときに チェックするようにしないと、見過ごしそう。それにしても、まんがタイムって、 姉妹誌がむちゃくちゃ多くないか? ^^;
 竹本先生が仕事したのって、どのまんがタイムなんだろう?(本誌?)

新作情報('99/2/21)

 ドリームキャストマガジンの『竹本泉のいろいろですく#8』によると、 まんがタイムにふつうのコマ割り(4コマでない)の漫画を描いたようです。 正確な雑誌名と号数は不明です。
#まんがタイムって、姉妹誌が多かった気がするし、そもそも週刊か月刊かで
#掲載される時期の予想も変わってくるから、ここしばらくは要チェックです。

新作情報('99/2/25)

 3月23日発売予定の「ペットショップオブホラーズ」Vol.2(ぶんか社)に 『きらきらガールも14』が掲載される予定です。
 「ペットショップオブホラーズ」Vol.1の次号予告によると、カラー33ページ (扉だけカラーだと思うけど^^;)だそうです。ちなみに、予告コピーは 「かわいさ満開!ヘンテコ少女物語」となっています。
 予告イラストも載っていますが、「COS−Play」Vol.1に掲載された、 『パタパタガールで14』の続編のようです。
 この雑誌、アップルミステリーで連載していた「ペットショップオブホラーズ」 がアニメ化されるのと連動した企画で発行されているようです。(っていうか、 雑誌名からしてそう考えるのが自然だと思う)それはともかく、雑誌名に なっている作品の作者である秋乃茉莉さんをはじめとして、小栗るみさん、 池田さとみさん、高木可奈さん、姫木薫理さんといったアップルミステリーで なじみのあるマンガ家さんが多いです。(外科医東盛玲の所見やぴーひょろ一家 もなぜか続いてたりします。)
 アップルミステリー、COS−Playと同じ「夢時館」が編集ですから、 雑誌の出版社が変わっても編集者のコネクションのある漫画家さんを起用する のは当然かもしれません。
#個人的には、アップルミステリーが復活したような感じでうれしいです。

新作情報('99/2/28)

 『かわいいや』
(2月下旬発売のまんがタイムオプショナル(まんがタイムファミリー4月号増刊) 掲載の読み切りコミックス作品)
 2色8ページです。4コマ漫画ではありません。普通のコマ割り漫画です。
 雑誌の装丁は、B5判平綴じです。出版社は芳文社で、定価380円です。
#姉妹誌が、月刊ベースで7誌も出ているようなので、間違えないように
#注意が必要です。
#オプショナルの裏表紙が、姉妹誌の広告になっているのでそれで確認する……
#必要はあまりないかもしれません ^^;

待ち情報('99/2/28)

 昨日、秋葉原の書泉ブックタワーに行って、ムービックから出るはずの てきぱきワーキン▼ラブの小説本が出ていないか探したのですが見つかりませ んでした。アニメイトで配っている新刊情報に今月末の発売予定と記載されて いたという情報もあったのだけれど、発売はまだなのでしょうかねえ。
 ポストカードブック「ねこめ〜る」は、まだ、ブックタワーに売っていまし た。
 PCエンジン版のてきぱきワーキン▼ラブのゲームCDの中古を売っている のを見つけました。値段は9000円以上だったので、新品購入時の値段より も高いです。買入価格も7000円とか表示されていましたので、それも新品 の販売価格よりも高いような……

新作情報('99/3/6)

 ドリームキャストマガジン3月19日号(1999 Vol.10)に、 『竹本泉のいろいろですく #7 ある日の近況♪』 が載っていました。
 私も先日の雪の日の夜に、家の前の雪かきをしました。でも、翌日には、 すっかり融けてて、雪かきをする必要がなかったという……。
#会社でも、帰宅を促す放送があったから、ひどくなると思って雪かきしたのに。
 それにしても、最近、面白いと思うゲームソフトが少ないなと思う。
 今、興味があるのは、セガラリー2とエアロダンシングなんだけど、ムキャ(^^;) を買うほどではないのがなんとも……
 ロードが遅い(のが多い?)プレイステーションのゲームも買う気になれないし。
 いっそ、MIndStormにはしるか……。でも、今、あまり暇ないし……。

新作情報('99/3/22)

 「てきぱきワーキン▼ラブ」の小説版が"Movic Game Collection 9"として、 発売されていました。
 原作は、竹本泉/NECホームエレクトロニクス、文は金月龍之介。  発行は株式会社ムービックです。
 竹本先生は、カバーイラスト(カラー)、扉イラスト(カバーイラストと同一のモノクロ)、 各話の扉イラスト、段落間のミニカットを描かれています。
 内容は、短編集形式で、収録タイトルは、「登場人物を紹介してください。」 「アップ・アンド・ダウン」「いかにしてアルラ・ナーナ・Lは土星のリングを手に入れたか?」 「ロケットの魔法」「じゅうじつしたいちにち」「てつがくもの」「スパイガール」 「ホーム・スウィート・ホーム」「教えてラブ▽レター」「チェックメイトだ、グラッグ!」 「アイデンティティ・ゲーム」「歌を売る男と、ギター弾きの少女」「レイニー・デイ」 「サンタクロースになる方法」「その他省さいごの日」の15本です。
 内容的には、竹本先生の「てきぱき」ではないものの、確かに「てきぱき」の雰囲気 は持っています。「てきぱき」の設定の懐の深さのおかげでしょうか?
 具体的な指摘はできませんが、全体的に古典SFの元ネタがあるように感じられます。
#ハインライン、アシモフ、クラークの感じかな……

新作情報('99/3/22)

 ドリームキャストマガジン4月2日増刊号(1999)に、 『竹本泉のいろいろですく #8 ある日のニューハード』 が載っていました。
 ドリームキャストマガジンなのに、なぜかワンダースワン ^^;

東京ゲームショウ情報('99/3/22)

 竹本泉トークショウを目当てに「東京ゲームショウ99春」に行ってきました。
 あまりにも酷い混雑対応で辟易とした前々回と異なって、入場はスムーズに 行われました。幕張メッセに着いたのは開場予定時刻の10:00少し前でしたが、 チケットを買う行列に並ぶのにかなり待たされただけで、あとは比較的スムーズに 入場できました。
 入場後はまず、クリックまんがの徳間書店/インターメディアのブースへ行き、 トークショウに整理券が必要かどうかを確認しました。整理券を配る予定が無いと いうことで、他の竹本関係ブース(?)を見てまわることにしました。
 ゲームショウ1日目の情報をNIFTYやWWW上でいくつか聞いていたので、その情報 を元に、物販コーナーの「魔法ギルド」でゆみみみっくすとだいなあいらあんの テレフォンカードセット(50度数2枚、フォルダ付き各2,400円)を購入しました。 絵柄はそれぞれ、弓美、桜子、えみり、あんじぇでした。
 角川書店のブース(だったかな?)では、富士見書房の モンスターコレクションTCG関連についてチェック。 新エクスパンジョン「空中庭園の降臨」のカードが展示されていたので、 竹本カードが含まれていないかを確認しました。展示場所がステージ上の壁で 手前にテーブルがあるため近づいて見ることができず、確認できたのは◆マーク 2枚のみ。事前情報では、他に▲マークが1枚あるはずだったのですが、近くに 寄って見れなかったので確認できませんでした……。
#スペードと★マークは無かったようだけど……
 モンスターコレクションTCGのカタログによると、 角川mini文庫シリーズ「モンコレポケットガイド 空中庭園の降臨編」が発売予定 となっており、その表紙イラストを竹本先生が描かれるようです。(表紙のカラー 写真がカタログに載っていた……)
 また、プレイステーション用ゲームソフト「モンスターコレクション」が、 1999年初夏発売予定(予価5800円、発売元:角川書店/ESP)です。 ゲームシステムにもよりますが、カードゲームのイラストが使用されている 可能性はあります。(良く見てこなかったからわからないけど^^;)
 クリックまんがについては、1999年夏からプレイステーション版と Windows95/98版が同時発売(一部タイトルを除いて1800円)される予定に なっています。会場では、プレイステーション版のダイジェスト編集版が 体験できました。(実は私はやっていない^^;)
 竹本先生の作品は「クリックのひ」というタイトルで全7話収録(だったと思う) で発売される予定となっています。(まだ、コンテが2話分終わっていないとか……)
 トークショウは、ブースのインタビュアーと竹本先生のトークという形で 行われました。トーク内容は特に記録は取っていなかったので書けませんが、 連載の仕事は、コミックビームとドリームキャストマガジンのエッセイのみ とのことです。漫画関係の仕事では、ぶんか社のPetshop of HorrorsはVol.2で 終わりとなり、別の雑誌が創刊されてそちらで描くことになるかもしれない とのことでした。また、芳文社のまんがタイムオプショナルについても、次号には 描かないがその次には描くかもしれないという話もありました。
#他に、発売未定のドリームキャストソフトのキャラデザイン1点……
 トークショウの最後は、ジャンケン大会で竹本先生との集団ジャンケンに 買った人1名が、好きなキャラのイラスト入りサイン色紙を描いてもらえる というものでした。結局、キッズステッカーは貼っていた男の子(キッズと いうことは小学生か?)が勝ち残ってサインをもらっていました。
#特に指定無しということでクリックまんが(クリックの日)の主人公の女の子
#のイラストになりました。
 トークショウ後は、友人と待ち合わせていた(アニソンカラオケ^^;)ので、 そそくさと会場を後にしました。

新作情報('99/3/22)

 クリックまんが「クリックのひ」(プレイステーション用)、 「クリックのひ for Windows」(Windows95/98用)が、1999年夏に、 予価1800円(税別)で発売される予定です。

新作情報('99/4/3)

 『きらきらガールも14』
(3月23日発売の「ペットショップオブホラーズ」Vol.2 掲載の読み切り コミックス作品)
 Vol.1が出ただけで終わりになってしまった「Cos−play」掲載の コスプレまんが『ぱたぱたガールで14』の続編。
 残念ながら、「ペットショップオブホラーズ」もVol.2で休刊となります。

新作情報('99/4/3)

 ドリームキャストマガジン4月16日号(1999 Vol.13)に、 『竹本泉のいろいろですく #9 ある日のあとがきとか』 が載っていました。
 大学に自転車で通っていた頃は、通り道の本屋と古本屋はチェックしていた のだけれど、最近は行動範囲が狭くてなかなか本屋による機会が得られなくて 新刊チェックとかも遅れがちです。(情報は入っても、実際に本を買うのは 土日まで俟たないといけなかったりする……)
#てきぱき小説版は、地元大宮ではまだ見かけていない……
 竹本先生の新居は、埼玉なのか……。埼玉県民の私としては意味も無く 嬉しかったりする ^^;
 ところで、てきぱき小説版に、竹本先生のあとがきが無かったのって 単に忘れてただけなの?

新作情報('99/4/23)

 ドリームキャストマガジン5月7日号(1999 Vol.15)に、 『竹本泉のいろいろですく #10 ある日の東京ゲームショー』 が載っていました。
 私も、東京ゲームショウのトークショーを見ていました。
 1回目のジャンケンで勝った人は、知り合いに突っ込みを受けていました^^;
#ジャンケン前に冗談で、「勝ったらどうするの?」っていう話はしていたけど、
#すこーんと2〜3回で決まってしまったから、勝った本人もびっくりしていました。
 トークショーの会場は、絵の通り、櫓のような感じになっていて、その上に 竹本先生と司会の人が上がって、我々聴衆を見下ろす感じでした。
#節分の豆撒きみたいだな……と今にして思う^^;
 ところで、欄外の「秋のショウでも先生に会いたい人、手をあげて!」って、 アンケートはがきを出すと、実現するってことか? ^^;

新作情報('99/5/16)

 ドリームキャストマガジン5月28日増刊号に、 『竹本泉のいろいろですく #11 ある日のアニメがらみネタいろいろ』 が載っていました。
 ううっ、最近アニメをあんまり見てない……。なんだか仕事が忙しくて 帰るのが遅いせいか、続けて見る&録画する根性がない……
 そういえば、この号の新作アニメ情報のページ(P86)の特集が、 「PETSHOP OF HORRORS」なんだけど、「'95年に『ミッシイコミックスDX』で連載」 って紹介しているけど、「『アップルミステリー』で連載」の間違いなんだよなー。
「ミッシイコミックスDX」って単行本のシリーズ名(B6サイズ版がDX)で 連載誌の名前じゃないんだけど。

おまけ情報('99/5/16)

 アップルミステリーとほぼ同時期に休刊した「アップル花組」が 「二代目花組」(Hiミステリー6月号増刊)として、復活していました。
 P44に竹本先生のコミックス単行本の広告ページが載っています。
 竹本先生の広告につられて買ってしまったけど、あらためて中の漫画を ペラペラめくってみるとすっげー恥ずかしいんですけど…… ^^;;;
#アップルミステリーの作家陣とは違っているみたいなので、作風がわからない
#人のは読まないでおいた方が幸せのような……
 アップルミステリー本誌の方の復活はないのかなあ……

トレカ情報('99/5/16)

 竹本先生が3種類だけイラストを描いている「モンスターコレクションTCG 空中庭園の降臨」ですが、カードは次の3種類です。

 落とし穴のフタ 稀少度 ◆(アンコモン/少数)
 籠の中の小鳥  稀少度 ▲(コモン/普通)
 吊り天井のヒモ 稀少度 ◆(アンコモン/少数)

 私は、イエローサブマリンお茶の水店で、コモン、アンコモンカードの シングルカードとして購入しました。
 ちなみに、各1枚5円でした。 ^^;;

おまけ情報('99/5/16)

 6月発売のコバルト文庫の挿し絵を竹本先生が描くらしいとの情報が あります。5月の新刊を買うと文庫に挟まれているペーパーに情報が載っている らしいのですが、確認するのを忘れました。
 題名は忘れてしまいましたが、作者は竹本先生がコバルト12月号で挿し絵を 描いたゆうきりんさんです。

新作情報('99/5/29)

 ドリームキャストマガジン6月11日号(1999 Vol.18)に、 『竹本泉のいろいろですく #12 ある日のコスプレ』 が載っていました。
 キャラフェスというイベントで、竹本先生がコスプレの審査員をしたという 話。キャラフェスというイベントがあって、そこで竹本先生が審査員をすると いう情報は知っていたけど、出かける根性がなかったのでパスしてしまいました。
 今回も、ゲームの話はほとんどないけど、エプロンドレスのイラストがかわいい から良いか。(ところで、ふゅん菜はエプロンドレスを着せないの?^^;)
#それとも、実はふゅん菜は、「学園」担当なのか? ^^;

新作情報('99/6/5)

 集英社コバルト文庫6月の新刊「魔法な男の子の飼い方」(作:ゆうき りん)の カバー表紙、挿絵を竹本先生が描いています。
 自分で数えた限りでは、竹本先生のイラストは、カバー表紙1枚(カラー)、 登場人物紹介1枚、挿絵10枚のようです。
 コバルトに載った方の話は、文庫版のプロトタイプにあたるようですが、今回の コバルト文庫のお話とは世界観も違うみたいなので、収録されていません。
 この話は、今までの「ゆうき りん」さんの作風とは微妙に異なるようですが、 竹本先生の作品にも共通する何かを感じさせてくれるので、今後も竹本先生の イラスト付きで出してくれれば、是非続編を読んでみたいです。
#実は、紺野キタさんのイラストにもつられてコバルト文庫をもう1冊買っちゃっ
#てたりします。

新作情報('99/5/29)

 ドリームキャストマガジン6月25日号(1999 Vol.20)に、 『竹本泉のいろいろですく #13 ある日のカードゲームまた』 が載っていました。
 モンスターコレクションTCGの次のエクスパンジョンにも竹本先生がイラスト を描くみたいですね。今回の話の通りなら5枚でしょうか? うーん、トレカから は手を引きたいんだけど、竹本先生が依頼されたじーちゃんキャラ全員の後ろに 女の子キャラを描いたラフ画を送ったそうなので、誘惑に負けて買ってしまうよう な気がします。個人的には出費が全然違うので、コモンとアンコモンだけにして 欲しいんだけど、5枚だとレアに何枚か行っちゃうんだろうなあ……。
 トレーディングカードゲームが、Magic:the Gathering しかなかったころは、 デッキ作りもデュエルも楽しめたけど、最近のようにいろいろなトレカが、しかも ひとつのゲームシステムのエクスパンジョンが頻繁に出るようになってしまうと なんかついて行けないというかついていく気にならないというのが正直なところ です。
#バブルがはじけるみたいに、トレカブームもある時期を境に潮が引くように
#去っていくんだろうなあ。
#5年ぐらい経ったら、Ice Ageのシールドデッキ戦でもしない? ^^;

 ところで、6月に立ち上がって、竹本先生の作品が載るかもしれなかった ぶんか社の新雑誌は流れたらしいと欄外に描いてありました。
 竹本先生の本領は、少女漫画にあると思っているので、少女漫画雑誌に作品が 載らないということはそれだけで一つの不幸だと思っていたりします。ああ残念。
#アップルミステリーは復活しないのかなあ……

テレカ情報('99/6/27)

 書き忘れていましたが、「てきぱきワーキン▼ラブFX」のテレホンカード が2種類発売されています。私は秋葉原のメッセサンオー本店の2階で発売 1週間後頃に購入しました。(クリアファイルとシール付き)
 テレカを含めて、竹本グッズの通販情報のURLが、 ひまわりはうす の「ひまわり伝言板」の発言者によって紹介されていますので参照してください。
#それによると、テレカは300枚作成のうちの100枚をメッセサンオーにて販売して
#いるとのこと。

新作情報('99/6/27)

 ドリームキャストマガジン7月9・16日号(1999 Vol.22)に、 『竹本泉のいろいろですく #14 ある日の猫度』 が載っていました。
 猫の話。とにかく猫の話。ただひたすらに猫の話。^^;  はやく帰って、竹本先生に仕事に集中してもらうようにしてください。^^;
 ドリームキャスト値下げということで、買い物に出かけたけど、結局買ったのは パソコン用の机と椅子とOltima Online the Second Age...
#今一つ購入意欲が……。セガラリー2が1980円だったら買っちゃったんだけど……
 椅子は持ち帰り特価1999円だったもので……。でも雨が降り出したのでちょっと つらかったかも。パソコンラックも1999円で売ってたけど19Kgじゃもって帰れない のであきらめて、メーカー直送のものを購入。これで、あと1週間でCRTはじめ 一式の床置き生活とはおさらばか。
 Ultima Onlineは、会社の人に誘われているので……。でも遊んでいる暇が あるかな? 最近、妙に忙しいし……



1999年後半分


新作情報('99/7/17)

 ドリームキャストマガジン7月30日号(1999 Vol.23)に、 『竹本泉のいろいろですく #15 ある日のたまにはドリキャスで遊びたい んだけどなんかないのかい……いや、今回は暑くてちょっと……』 (どこまでが本当のタイトルか良く分からない^^; )が載っていました。
 それにしても、このタイトル、今のドリームキャストの状況を端的に表している ような……。私もドリームキャストが値下げになって買おうかと思ったけど、いまいち びびーっとくるソフトがなかったんだよね。
 今回のネタは、有線放送の番組と最後まで面白かったアニメ(十兵衛:正式タイトル うぃ知らない)の話。
 有線放送で1日中やっていても良い番組といったら、個人的には、「100%堀江美都子」 かな? でも、この場合1日中ずっと違う曲がかかり続けるような……。
 最後まで面白いアニメ(個人的には漫画や小説もそうだけど)ってすごく少ないと 思うのも事実。十兵衛は見ていないけど、最後まで面白いといったら、赤毛のアンとか ペリーヌ物語とかかな。(未来少年コナンも良い)
 途中でコケたのだったら、最近の有名作品なら「エヴァンゲリオン」とか、昔の 作品なら「イデオン」「レイズナー」「はいからさんが通る」「炎のアルペンローゼ」 「マクロス」とかかな……。(注:少なくともこれらの作品の途中まではお気に入り だったということです。最初から駄目ならコケたとは言わない)
 クリックまんがのお仕事もようやく終わったみたいですね。秋頃発売なのかな。
PC用とPS用が出るようです。

おまけ情報('99/7/17)

 ドリームキャストマガジン7月30日号(1999 Vol.23)のP29に、ソウルキャリバー に対する期待についての文章(カラー自画像付き)を竹本先生が書いています。
 プロフィールの所によると、猫が家出をした翌日に猫まんがの仕事を引き受けたとか。 猫まんがの仕事って何なんだろう? ちなみに、猫はまだ家出続行中だとか。

竹本情報じゃないけど('99/7/17)

 紙のコミケカタログの発売日って、今日か明日あたりじゃなかったっけ?
 とりあえず、その手の本屋(ってまんがの森かアニメイト?)へ行ってみよう。
#しかし、最近の仕事の忙しさで全然そっち方面に意識が行っていなかったなあ。

新作情報('99/7/31)

 ドリームキャストマガジン8月13・20日号(1999 Vol.25)に、 『竹本泉のいろいろですく #16 ある日のTVCM』が載っていました。
 てきぱきFXのテレカが、テレカショップで1万円で売られていたとか。
 竹本先生が白テレカに手書きで絵を入れたらもっと高くなるんだろうか?
 竹本先生は、永谷園のゲシゲシ食べるCMが嫌いらしいけど、私は気にならない です。なんていうか、夢落ちも「不思議の国のアリス」だけは許すっていうか、 安易な追随は駄目だけど、最初の分は許すというか……。いずれにせよ、他社で 真似を始めたらインプクトが薄れるから、そろそろ潮時だとは思うけど。
 ちなみに、私は中古品販売に不当な規制(と私は思っている)をしているメーカー のゲームは買い控えしています。というか、最近、面白いと思えるゲームが無い。
 PSの「どこでもいっしょ」はちょっとクラッと来たけど、メーカーがSCEだし、 ポケットステーションは異様に品薄だしで、無理して買ってまで遊ぼうという気に ならないのも事実。
#ドリームキャスト大丈夫?

新作情報('99/7/31)

 8月10日発売予定の「ねこばかコミックアンソロジーねこざかり9」(新声社) に、竹本先生の作品が掲載される予定になっています。
(これが、ドリームキャストマガジンに書いてあった「ねこまんがの本」かな。 パソコン雑誌のふろくまんがというのは、どこだろう?)

新作情報('99/8/20)

 ドリームキャストマガジン8月27日増刊号の、SKY PerfecTV!の特集ページ に、『CSでアニメチャンネルいろいろ』が、カラー1/3ページで載っています。
 なつかしのアニメはだいたい分かるけど、噂のあのアニメはさすがによくわから ないなあ。でも、影絵アニメの猫目小僧は個人的にはなつかしの部類なんだけど ^^;

新作情報('99/8/20)

 ドリームキャストマガジン9月3日号(1999 Vol.26)に、 『竹本泉のいろいろですく #17 ある日の21世紀』が載っていました。
 子どもの頃に想い描いていた21世紀と、あと1年半を切った実物の21世紀 との違いについてですが……。確かに、小学生の頃は、21世紀といえば物凄い 未来社会(ロボット、宇宙ステーションなどなど)をイメージしていたのですが、 現実はなんかまんまり凄いとは感じないですね。でも、良く考えたら、インター ネットやWorld Wide Webとかは、小学生の頃の科学雑誌に影も形も無かった訳で すから,ある部分は子どもの頃に想い描いていた21世紀を超えているのかもし れませんねえ。
#竹本先生、G3マックをついに買ったのかな……

新作情報('99/8/20)

 『ねこだまり ねこどなり』
(8月10日発売の「ねこばかコミックアンソロジー9 ねこざかり」(新声社) 掲載の読み切りコミックス作品)
 モノクロ16ページの読み切りコミックス作品です。
 本の表紙カバーのカラーイラスト(表紙はモノクロ)も竹本先生です。
 作家さんの愛猫拝見コーナーに、家出中のツヴァイくんの写真が載っています。
#ねこめ〜わくの世界はこうして進化したのか ^^;

新作情報('99/8/20)

 『ある日のパソコンゲームいろいろ』
(8月8日頃発売のコンプティーク9月号付録の小冊子コミックティークVol.2掲載の パソコンエッセイまんが?作品)
 タイトルは、パソコンゲームエッセイのはずなんだけど、シムシティ2000しか ゲームの名前が出てこないんですけど…… ^^;
 竹本先生は、マックのG3マシンか……。ビル・ゲイ2を儲けさせたくないなら、 PC-UNIXでしょ ^^;

新作情報('99/9/4)

 ドリームキャストマガジン9月17日号(1999 Vol.28)に、 『竹本泉のいろいろですく #18 ある日も何も毎日ソウルキャリバー』が 載っていました。
 でも、ゲームの話だとさっぱりわからなかったりして……。
#死ぬほど忙しいここ数ヶ月……。なんとかして……T_T

新作情報('99/9/12)

 コンプティーク10月号(9月8日発売)にゲームの夢をテーマにした エッセイまんが『ゲームの夢 いろいろ』が載っていました。
#カラーで面積比1/2ページ程度?
 内容は、まさに夢で見たゲーム。うーん^^;
 そういや、私はゲームの夢を見た事がないなあ……。

新作情報('99/9/12)

 『てきぱきワーキンラブ(4)』
(9月25日発売予定のコミックス単行本)

入手困難情報('99/9/12)

 「ねこばかコミックアンソロジー9 ねこざかり」の発売元である新声社が 9月6、7日頃、倒産したとの情報が入りました。(実際の清算手続きがどうなる かは不明です。)
 それに伴って、書店から返本などが行われ、『ねこだまり ねこどまり』の入手 が困難になることが予想されます。どうしても欲しい人は早めに手に入れるよう努 力する事をお勧めします。

トレカ情報('99/9/12)

 モンスターコレクションTCGのパワーアップカードセット 「黄金樹の守護者」が発売されているようです。竹本先生も数枚イラストを描かれ ている様ですが、まだ現物を見ていないので良くわかりません。

新作情報('99/9/19)

 ドリームキャストマガジン10月1日号(1999 Vol.30)に、 『竹本泉のいろいろですく #19 ある日のまたテレカとかいろいろ』が 載っていました。
 竹本先生は、JGCというカードゲームとかボードゲームのイベントでサイン会 をされたようです。(でも、事前に竹本泉MLとかで情報がキャッチできていなかっ たみたいなので、大多数の竹本ファンはサイン会の事を知らなかったような気が……)
 竹本先生も、会場のモンコレの先行販売でカードを3箱買ったらしいので、やっ ぱり、トレカは悪魔の趣味だと思う今日このごろ。
#給料を自分の所のカードにつぎ込んだという某トレカ会社の担当さんって、未来
#蜂歌留多商会の人かな…… ^^;
 ギャラがテレカ状態という話は置いておいて、雑誌との打ち合わせが3誌あった ということは、どこかの雑誌に3回は何かが載るということなのかな?
#そのうちの一つは、「まんがライフ11月号」と思われますが。
 てきぱきワーキン▼ラブあわせのサイン会については、電話で問い合わせした人の 話ではサイン会開催が間に合わないとかいう話もあるみたいですけど、どうなるんで しょうか。

新作情報('99/9/19)

 現在発売中の「まんがライフ10月号」(竹書房)の次号予告ページに竹本先 生のモノクロの予告カットが載っていました。
 予告によると、10月18日発売予定の「まんがライフ11月号」(竹書房/定 価270円(税込))に読み切り10ページが掲載されるようです。
#竹書房といえば、「コミックカンマ」どうなっちゃったんでしょうねえ……

新作情報('99/9/26)

 『てきぱきワーキンラブ(4)』(9月25日発売のコミックス単行本)を 入手しました。やっぱり、ラブコメが無いのが今一つ物足りない理由だよね。

トレカ情報('99/9/26)

 モンスターコレクションTCGのパワーアップカードセット 「黄金樹の守護者」に竹本先生がイラストを描いているカードを手に入れました。
 「樫の杖のエンチャンター」、「樫の杖のソーサラー」、「樫の杖のウィザード」 「樫の杖のイリュージョニスト」、「ボム・ドラゴン」の5種類でした。
 「ボム・ドラゴン」だけが稀少度が稀(レア)で、残りのカードは普通(コモン) でした。
#水道橋フューチャービーではシングルカードの扱いはしていない模様で、お茶の水
#イエローサブマリンで購入。「ボム・ドラゴン」1枚100円。
 樫の杖シリーズに出てくる魔法使いのマントの色が、使用可能なスペルの色に あわせてあるあたりが芸が細かいなと思ったりします。(もう一色は、後方の女 の子のマントの色(=茶色)ですね。)

トレカ情報('99/9/26)

 未来蜂歌留多商会が、夏コミケで発売した、V.I.P.99 Summerのカードに 竹本先生が描いているカードをシングルカード購入してきました。
 カードの絵柄は1種類で、加工効果の違いで、ノーマルカードとパラレルカードの 2種類となっています。
 私が購入したのは、水道橋のフューチャービーとお茶の水のイエローサブマリン。
 フューチャビーでは、ノーマルカード100円、パラレルカード160円(税別)でした。 イエローサブマリンでは、パラレルカードのみで100円でした。
 ちなみに絵柄は、三つ編み、眼鏡とか書くと反応する人がいるような気が……^^;
 あと、竹本先生が描いたフューチャービーのポスターと同じ絵柄のミニカード ホルダーを見つけました。在庫処分だったみたいで、1個100円でしたが、私が 最後の2個を買ってしまったようです。(奥にまだ在庫がある可能性は否定できない が……
#サプライ品を買いに寄った、「ミント」で名作劇場トレカのノーマルカードセット
#81枚組3200円(税別)で買ってしまうあたり、トレカは恐ろしい ^^;

新作情報('99/10/10)

 ドリームキャストマガジン10月15日号(1999 Vol.32)に、 『竹本泉のいろいろですく #20 ある日のうちの猫』が載っていました。
 ねこ帰る ^^;
 サイン会はやっぱり延期になったそうです。
#次回時期未定とか。

新作情報('99/10/23)

 『てけてけマイハート』
(10月18日発売の「まんがライフ11月号」(竹書房)掲載の読み切り コミックス作品)
 カラー4ページ、モノクロ6ページの読み切りコミックス作品です。
 他に、創刊15周年の竹本先生のコメントがP116に、先生にきいてみなくちゃね♪ という質問コーナーのコメントがP187に載っています。

新作情報('99/10/23)

 ドリームキャストマガジン11月5日号(1999 Vol.34)に、 『竹本泉のいろいろですく #21 ある日の近況とかいろいろ』が載っていました。
 お仕事の予定やら発売の予定やら、てんこもりの内容。ゲームの話は1コマ? ^^;
 新声社倒産の影響は、竹本先生にとっては原稿料が入らなかった(でもテレカは たくさんもらった)という程度で済んで何よりでした。
#原稿も手元に戻ってきたようですし。
 惜しむらくは、ねこアンソロジー本が入手困難になってしまったことでしょうか。
 それにしても、景気が底を打ったと言われつつも、なんだか景気の良くない話 ばっかりです。
#そういえば、NEC−HEがなくなっちゃうんですよね。てきぱきワーキン▼ラブ
#の行方も気になるところです。
 さて、今後(今?)の竹本先生の仕事ですが、
 現在    まんがライフ「てけてけマイハート」(竹書房)
 10月下旬 クリックまんが「クリックのひ」(PS用、Windows用)(徳間書店インターメディア)
(10月28日発売予定、税別2000円。プレイステーション版はゲームショップ、
パソコン版は書店で購入出来るようです)
 11月上旬 新創刊誌「○ラッパー」(不明)
 11月下旬 ねこめ〜わく総集編「ねこめ〜わく いろいろ(?)」(宙出版)
 その他   小説の挿し絵
といった仕事をされた(ている)様です。
#クリックまんがにはマニュアルまんが、ねこめ〜わく総集編には描き下ろしが
#あるようです。
 PC-UNIX(FreeBSD,Linux,NetBSD)なら一昔前のPCでもスピードがはやいですよー ^^;

新作情報('99/11/14)

 ドリームキャストマガジン11月19・26日号(1999 Vol.36)に、 『竹本泉のいろいろですく #22 ある日のあんまりネタがないのごめんねー』が 載っていました。
#次の号(増刊号)が出ちゃったはずなんで、時期遅れ情報になってしまった。
 今回は、小ネタ多数 ^^;

新連載情報('99/11/14)

 新連載『トランジスタにヴィーナス』がコミックフラッパー12月号(創刊号) (発行:メディアファクトリー)に掲載されました。
 連載陣は、竹本先生の他に、新谷かおる、島本和彦、和田慎二、ますむらひろし と人によってはとっても豪華な顔ぶれ。
#少女漫画系のお気に入りの漫画家さんも参加していたらもっと良かったんだけど。
 イントロの5ページは、いつもの竹本先生らしからぬシリアスさを感じさせる 印象的な導入部になっています。ただ、その後がいつもの感じに戻っちゃうんです けど ^^;
 まだ、導入部なのでこれからどういう方向に話が展開していくのかが見えていま せん。てきぱきワーキンラブのようなショートショート形式ではなく、もっとじっ くりとしたお話になるのを期待しています。
#ラブコメ的展開は絶望的かな……(少年/青年誌的な作りだし……)

新作情報('99/11/14)

 クリックまんが「クリックのひ」(発行:徳間書店/インターメディア)が 10月28日に発売されました。
 Windows95/98版は書店で、Playstation版はゲーム屋で入手できるそうなんですが、 Playstation版は、発売後の日曜日に秋葉原で探したものの見た店全てで売り切れ または入荷せずでした。
 Windows版は、秋葉原の書泉ブックタワーで購入することができました。 『クリックのひ』はコミックのフロアには陳列されていませんでしたが、お店の人に 尋ねたら、どこからか(別のフロアか倉庫からか?)持ってきてくれました。
 書店で見当たらない場合でも、お店の人に尋ねてみると良いかもしれません。
 クリックまんがのページで通信販売を 行なっているようなので、入手できなかったPlaystation版を12日に申し込みまし た。ちゃんと入手できるかな?
 ちなみに、Windows版に付いている取説マンガがPlaystation版には付いていない という話を聞いています。Windows95/98のインストールされたPCを持っている人は Playstation版より入手しやすいWindows版を入手するのが良いでしょう。

#動作条件:OS  Windows95/Windows98日本語版 DirectX5以降
#     CPU Pentium 133MHz以上(Pentium 200MHz以上推奨)
#     メモリ 32MB以上(64MB以上推奨)
#     ビデオ 640x480dot 16bit色以上
#     CD-ROM 4倍速以上(8倍速以上推奨)
#     Sound  WAVE再生可能なサウンドカード

 Macintoshな人は、PCエミュレータで動く……のかなあ。
 とりあえず、問題はDirectX5以降が安定して動作するかだよなあ……

新作情報('99/11/14)

 竹本先生の小説の挿し絵の仕事は、ゆうきりんさんの「魔法な男の子の飼い方」 の続編(12月初めの発売?)の小説の挿し絵のようです。

新作情報('99/11/18)

 ドリームキャストマガジン12月3日号(1999 Vol.37)に、 『竹本泉のいろいろですく #23 ある日のあとがきとかまた』が 載っていました。
 竹本先生、あとがきが好きですねえ^^;
 ところで、来年の春ごろ予定(目標?)でリニューアルする予定のあるコミックス 8冊ってどれなんだろう?

新作情報('99/12/5)

 ねこめ〜わく総集編と噂されていた本が発売されました。
 「ねこめ〜わく …とかいろいろ」(L・Caya1月号増刊/宙出版/税込590円)で、 B5判の平綴じ雑誌形式です。(単行本の装丁ではないので注意)
 ねこめ〜わくの新作『ねこめ〜わく …やれやれ 〜にんげんなひとねこなひと〜』 (巻頭カラー)が収録されています。
 他の収録作はカラー扉付きの作品の再録で、 『ねこめ〜わく …ときたま 〜夏休み夏休み〜』、 『ねこめ〜わく …うっかり 〜ギャンブラーな日々〜』、 『3/4くるく ちまりまわるつ』、 『前むき100%』、 『ぴこぴこるいるい』、 『ぴこぴこぶんぶん』、 『世の中な圧力』 です。
 また、新作綴じ込みカラーポスター(表裏)、テレカ全員プレゼント (2種類あるので注意)、直筆サイン本&CDプレゼント(計50名)、 キャラクター辞典、単行本リスト、インタビューなど、まるごと1冊竹本泉と 銘打つだけあって充実しています。
 インタビューで竹本先生が注目している漫画家として挙げている「紺野キタ」 さんは、私もお薦めです。「ひみつの階段」(偕成社)が代表作ですが、 実際にはもっと広い作風を持っている方です。同人活動(サークル名「サリーガーデンズ」) もされています(今回の冬コミは落選したので不参加だとか……残念)し、 Webページ(御本人のものとファンの方のもの)もありますので、検索してみて ください。

CD再発売情報('99/12/5)

 ねこめ〜わく総集編(?)「ねこめ〜わく …とかいろいろ」によると、 データムポリスター発売のCDが、値段を下げて再発売されるそうです。
 再発売されるのは、「音盤ねこめ〜わく」「音盤はたらきもの」の2枚で、 発売日は2000年1月13日、特別価格1800円(税込)です。この2枚 は、とても出来が良いので竹本ファンにお薦めです。入手できなかった人は 値段も手ごろになることですし、是非入手して聴いてみて欲しいと思います。

新作情報('99/12/5)

 集英社コバルト文庫12月の新刊「魔法な男の子の飼い方2 奇跡の大地に見る夢は」 (作:ゆうき りん)のカバー表紙、挿絵を竹本先生が描いています。
 自分で数えた限りでは、竹本先生のイラストは、カバー表紙1枚(カラー)、 登場人物紹介1枚、挿絵6枚のようです。

新作情報('99/12/5)

 ドリームキャストマガジン12月17・24日号(1999 Vol.39)に、 『竹本泉のいろいろですく #24 ある日の枕』が載っていました。
 ……枕……(コメントしようがない ^^;)

新作情報('99/12/5)

 コミックフラッパー1月号が発売されていました。今回は巻頭カラーでの 掲載です。
 少女系でないことを意識しているのか、編集部の方針なのか、やたら露出度の 高いキャラクターの巻頭カラーになっています。
 でも、竹本先生のカラーにはあんまり合わないし、個人的にもせっかくの 巻頭カラーにもかかわらず、あんまり嬉しくないです。
 お話の方も設定が明かされていないし、竹本先生らしさもあんまり発揮されて いない気がします。(カラーページを含めて24頁と少ないためか?)
#単行本で一気に読んだときに印象が変われば良いのだけれど……
 テレカプレゼント(30名)がある(応募券不要?)ので、応募する人は 忘れないように気を付けましょう。
 創刊号、1月号、2月号の3号連続企画の特製ポストカード全員プレゼント の詳細が不明なのが気になるところです。

コミケ情報('99/12/12)

 コミックマーケット57のコミケカタログが発売されました。
 竹本泉系サークルは、12月26日(3日目)の東地区R33〜R37 に配置されています。

トレカ情報('99/12/12)

 コミケカタログの広告ページによると、企業ブースB−9「未来蜂歌留多商会」 で、「ヴィーナス・イン・パラダイス99/WINTER」と 「ヴィーナス・イン・パラダイス99/ADULT」が販売されるようです。
 WINTERの方に1種類(またはノーマルとスペシャルで同一絵柄2種類)、 ADULTの方に数種類のカードイラストを竹本先生が描くようです。
#WINTERの方は、全192種類に対して、作家90名、絵柄重複のノーマル
#カード72種類なので、作家1名1種類となります。
#ADULTの方は、全129種類に対して作家72名、ノーマルカード54種類
#だから、理論上は最大4種類の可能性があります。
 詳細情報を取ろうと、未来蜂歌留多商会 のページに行ってみたんだけど、まだ情報が無いみたいです。
 ただ、ADULTの方はすべてHイラストってことになっているので、竹本先生の 雰囲気にはあんまり合わないような気がするんだけどなあ……

新作情報('99/12/19)

 ドリームキャストマガジン12月31日号(1999 Vol.40)に、 『竹本泉のいろいろですく #25 ある日の流線形』が載っていました。
 GBウォーズは知らないけれど、砲台は輸送車に積むんじゃなくて、牽引して いくのでは? ^^;
#佐々木倫子の「ペパーミントスパイ」の記憶術を思い出してしまった ^^;
#なんでも持たせたことにしてイメージ>ドナルド
 他のものはともかく、マンガは丸い線の方が暖かい感じがして好みです。



竹本泉のページに戻る
トップページに戻る
Kazutoshi Suzuki - Jan. 7th 2000 - suzuki@ask.ne.jp