てきぱきワーキン▼ラブ トレーディングカード for 竹本泉ファン

 竹本泉ファンのためのてきぱきワーキン▼ラブ トレーディングカードの ページです。
 竹本ファンのために、特化した内容になっています……って、 てきぱきトレカを集めている人って基本的に竹本ファンなんですよね。 だから、別に特化する必要もないのですが、コンコレTCGのページと タイトルを合わせました ^^;


てきぱきトレカをいかにして集めるか

カードの種類

 てきぱきワーキン▼ラブ トレーディングカードは、全144種類で、 出現頻度別に分けると次の3種類になります。

 これらのカードのうちパラレルカードは、ノーマルカードと同じ絵柄で ピカピカ光る加工をしてあるカードです。(45種類のうち2種類は、9枚組 のパズルカードの全体像のカードです。)
 スペシャルカードは、和紙風の加工をしてあるカードで、絵は基本的に 片面だけで、裏面は海面のイラストになっています。
 ノーマルカードは、表裏にイラストが描かれています。表面がわりとしっかり クリーンアップした絵柄のカードが多いのに対して、裏面はモノクロやラフな 絵柄になっています。ピカピカ光る加工がしていないだけで、パラレルカードと 同じ絵柄です。
 カードの裏面には、カードの番号が印刷されています。
 カードの番号は、スペシャルカードが「SP01」〜「SP09」、ノーマルカードが 「001」〜「090」となっています。パラレルカードは、パズルカードの全体像に なっている2種類のカードが「P001」「P002」となっている他は、ノーマル カードと同じ番号が付いています。

 ノーマルカードは次のカードに分類されています。

 パズルカードは、9枚一組で一つのイラストを構成しているカードで 2種類のイラストがあります。
 1つ目のイラストのパズルカードの裏面は、キャラクター紹介のカードに なっています。2つ目のイラストのパズルカードの裏面は、メインキャラクターの 設定のラフスケッチが描かれています。
 キャラクターカードは、ヒカル、ナオミ、エダルト、ナーナのイラストが 描かれているカードで、裏面もそれぞれのキャラのイラストになっています。
 スナップショットカードは、メインキャラクターの集合写真風のカードで、 裏面は表面のイラストのモノクロ版となっています。
 アニマルパートナーカードは、パートナーのじーく菜、ヘルシンキ、セバスチャン を中心にしたカードです。最初の3枚は、ヒカル、ナオミ、エダルトも描かれていて スナップショットカードと同じような印象のカードとなっていますが、残りの6枚は パートナーたちがメインになっています。ちなみに後半6枚の裏面は、パートナー 達のモノクロイラストが描かれています。
 サブキャラクターカードは、文字どおりサブキャラクター達のイラスト入りカード で、裏面もサブキャラクターのイラスト入りになっています。
 温泉カードは、文字どおり温泉に入っているメインキャラクターのイラストが 描かれたカードです。温泉カードの最初の6枚の裏面は、なぜかナオミのエステ イラスト ^^;(この設定、ゲーム中で使っているのかな?) 後半の3枚は、 カードリストになっています。ただし、このカードリストでは、スペシャルカードと ノーマルカードしかチェックできないので要注意です。

カードの稀少度

 てきぱきトレカは、7枚入り400円のパッケージに入って販売されています。 また、15パック入り6000円のボックスと言う形でも販売されています。
 1パックには、ノーマルカードが5枚とパラレルカードが2枚入っているものと、 ノーマルカードが5枚とパラレルカードが1枚、スペシャルカードが1枚入っている ものの2種類があり、スペシャルカード入りのパックは5パックにつき1パック 含まれています。(1ボックス中に、ノーマル75枚、パラレル27枚、 スペシャル3枚が入っていることになります。)
 私が4ボックス買った結果から考えると、1パック内でのカードの重複は無い ようです。また、1ボックス内でのカードの重複も、(1ボックスに3パック 含まれている)スペシャルカード入りのパックを除くと、ほとんど重複しない ようです。
#個人的な印象では、ランダムというより、ノーマルカードとパラレルカードが
#独立した周期で順番に並んでいるという感じがします。
#ボックスを開ける時に、パックの位置とカードの順番を記録するとわかるかも ^^;

カードの集めかた

 てきぱきトレカを集めるために、どれだけの量のパックを買ったら良いかに ついて考えます。
 まず、自力コンプリートする場合ですが、これは、スペシャルカード9枚が 揃うかどうかにかかっているものと思われます。1ボックスに3枚のスペシャル カードですので、最低でも3ボックス購入する事が必要です。トレード相手が 十分いるのであれば、3ボックスでのクリアもそれほど難しくありません。 現実的には、4〜5パック購入して不足分をトレードで補うのが適当でしょう。 私の場合、4ボックス購入時点で不足カードは、スペシャル1枚とパラレル4枚 でした。ただし、自力コンプリートしようとした場合、6ボックス購入しても コンプリートできなかった人がいます。
 ボックス単位で購入するか、パック買いするかですが、ボックスの中のカードは 適当に分散する(というか順番に並んでいる?)ので、ボックス買いを個人的には お勧めします。(箱も手に入るし…… ^^;))
 基本的にノーマルカードと同じ絵柄であるパラレルカードと、希少度の高い スペシャルカードも揃える事をあきらめた場合、ノーマルカード90種類を 集めれば済みます。このとき必要なパック数は、18パックとなります。 ノーマルカードなら余っている人から比較的容易にトレードしてもらえそうです。 ノーマルカードだけを集める場合は、ある程度自力で集めるのならば 2〜3ボックス程度、積極的にトレードする場合では1ボックス程度買えば 何とかなりそうです。(パラレルカードをあきらめて、パラレルカードを 放出する変わりに必要なノーマルカードを複数入手するという手もあります。)
 シングルカード購入で揃えるという手もありますが、モンコレのように欲しい カードが非常に少ない場合と違って、あまり大きなメリットは感じられません。
#もちろん、最後の1枚とかを入手するためなら有効な手段だとは思います。

てきぱきワーキン▼ラブ トレーディングカードを売っているお店

 秋葉原・お茶の水方面と地元の大宮で、てきぱきトレカを売っているお店です。
#フューチャービー以外未調査です……。


自家製「てきぱきトレカ」のチェックリストを ダウンロードする。


[signed box] 「まぬけ」か「マニア」かその両方の証(その2)


竹本泉のページに戻る
トップページに戻る
Kazutoshi Suzuki - Aug. 29th 1998 - suzuki@ask.ne.jp